スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q&A 感想。



“2002年2月11日午後2時過ぎ、都内郊外の大型商業施設において重大死傷事故発生。

死者69名、負傷者116名。未だ事故原因を特定できず―。

質問と答え(Q&A)だけで物語が進行する、リアルでシリアスなドラマ。

謎が謎を呼ぶ“恩田陸ワールド”の真骨頂。”



恩田陸(おんだりく)の本に手を出すのはこれが初めてだが、立ち読みをして面白そうだったから購入した。

この本はタイトルの通り、Q&A方式で描かれている。

情景描写の部分がまるでないのだ。

例を書くと、


今からあなたに質問をします。よろしければ返事をしてください。

「はい」

それは否定ですか?肯定ですか?

「肯定です」


このような感じだ。

本来、情景描写に使用する場所を、セリフにしている。

これで情景描写を補い、本として成り立たせているのだ。

補うといっても、一時しのぎではない。

セリフなのに、こちらには鮮明な画像が浮かんでくるのが『Q&A』の面白いところだ。


『Q&A』はセリフだけで構成されている。

セリフで、情景描写をし、謎を解き、行動する。

それでもこの本についていけるのは、作者の文才がすごいからだと思う。

この作者の代表作は『六番目の小夜子』だ。


以下、ネタバレあり。そして辛口。

この本は今まで見たことない本で新鮮だった。

だが、最後まで謎はわからないままのが痛い。

なぜビルで死者が多数出たのか、なぜ事件は起こったのか。

それがまるで説明できていない。

本の内容の前半は、何かの組織が、当時ビルにいた人に質問をしているのだが、後半はQ&Aではなくただの会話になっている。

会話では、色々繋がっている部分があり、面白いところもあるのだが、やはり謎はよくわからない。

セリフの節々にそれらしいキーワードが流れるのだが、それが本当なのか嘘なのかは分からない。

最後は未来の人間もやってくる始末なのだが、それもよく分からない。

そもそも、Q&Aの質問者が何者なのかが分かっていない。

質問者は何人かいるのだが、誰もその正体を口にしない。

仕事で調べているとかしか云わないのだ。

(ちなみにアンサーがその質問をすると、答えられないと返事)

そこら辺の謎も解明してくれれば、より面白い作品だったのではないかと思う。

恩田陸はこのようなオチや謎を残す作者らしいが。

だが、読みやすい文章と入り込みやすい話と斬新なネタが面白いので、機会があれば別の作品も読んでみたいと思う。

ここまで辛口の意見を云ったが評価はまぁまぁよかった。



評価:3.5
(満点は5)

購入はこちらから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。