スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The 3rd Birthday レビュー

The 3rd Birthday (サードバースデイ)の簡単な感想です。





一応、続きを読むに収納します。



■良かった点
・服装を変えることができる。
・ダメージで服が破れる。
・服装の変化でボイスが変わる。
・武器が豊富。
・オーバーダイブという斬新なシステム。
・シャワーシーンがある。
・イベントシーンのグラフィックが綺麗。
・ロックオンがあるため、初心者にも攻撃の動作は速くできる。



■悪かった点
・物語が難解。FF13の匂いがする。
・主要キャラが死んでもプレイヤー側からしたら、浅い付き合いなので感傷にも浸れない。
・クライマックスや感動するポイントがない。
・あるのかもしれないが、プレイヤー側には伝わってこない。
・世界観を読み物で補足させている。
・単にシナリオに組み込む時間と労力がなかっただけでは?
・リアルを意識したせいか、敵がかなり固い。
・アサルトライフル系は弾数は多いが、攻撃力が低すぎるので使い物にならない。
・移動の操作性が悪い。
・戦闘の爽快感は皆無。ただこなすだけ。
・ミッションのスタートからゴールまでが長い。しんどくなる。
・周回プレイを前提として作られたため、シナリオは短い。
・コスチュームビューを見るにはそのコスチュームだけを使用して本編クリアする必要がある。面倒。
・シャワーシーンをvideo logに入れるには本編を50回クリアし、video logに入ったシャワーシーンを10回見る必要がある。かなり面倒。やってられるか。
・マゾゲー。
・2週目クリアで見れるシークレットムービーは、しょうもない意味不明な内容。
・海外ドラマのように見せている印象があるがB級映画のよう。



こんな感じです。

キャラクターは非常によかったのですが、その調理方法がダメでしたね。

折角いいキャラクターが揃っているのに、シナリオが短く難解なせいでどのキャラにも感情移入できません。

これはシナリオを改訂すべきでした。

勿体無い限りです。


戦闘システムは初心者にもやり易いシステムではありますが、敵が固く曲者が多いのでそれでも難しいです。

あまりに固いので倒す気力もなくなる程でした。

歯応えを求めるというより、マゾな人が好んでやるゲームです。

KHのようなアクションが好きな人には絶対にオススメできません。

日本語が変な気がしますが、事実です。


シャワーシーンがすごいことや、服装を変えることができるのはよかったのですが、その後のビューモードの開放条件が酷いです。

服装:ビューモードを開放したいその服装だけでクリアする。

これは見たい服装の数だけクリアしなければいけません。

途中で服を変えてミッションに出動するとノーカウントです。


シャワーシーン:本編50回クリア。video logで10回閲覧。

まずここまでやる人はいません。

いいとこ10回じゃないでしょうか。それでも多いですが。

何を考えてこんな設定にしたのか理解に苦しみます。


ゲーム自体はノーマルで1度クリアした後、シークレットムービーのためにハードで2週目をクリアしました。

ゲームを2週したからと云って、物語が1週目よりずっとよく判るとかはなかったです。

シークレットムービーも時系列がよく判りませんし、意味合い的には「次回作を出したい」という願望の表れのように見えました。

このシナリオでこのシステムの据え置きのゲームなら絶対に売れないでしょうね。



ちょっと辛口コメントが多くなりましたが、思ったのはこんな感じです。

評価:★★★☆☆
(5つ星満点)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。