スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cyclone dragon

story1

航海を始めて半年が過ぎた。
私が目指す島はまだ辿り着けそうにない。
予定ではもう到着しているはずなのに何だこの様は!
必ず友を見つけて帰ると約束して故郷を出たのに!
不甲斐ない自分が情けない!
これでは家族に顔向けできない!
だが絶対に私は諦めないぞ!
故郷の風車は私が必ず再建するんだ!


story2

奮起した矢先のことだ。
どうやら私の悪運もここまでらしい。
前言撤回とはまさにこのことだ。
ろくな知識もなく半年も無事だったこと自体が奇跡なのだろうが、よりにもよってまさか海賊に襲われるなんて!
海賊は私の貴重な食料を奪おうとしている。
抵抗したいが、剣の扱いもままならない私が勝負になる訳もない。
もはや諦めるしかなかった。
私の人生もこれで終わりか…。
幼いころに友を育てて、友と過ごして、友と別れて…。
波乱万丈な人生だった。


story3

諦めて途方に暮れていたその瞬間。
何の前触れもなく旋風が起こった。
旋風は海賊とその船だけを器用に巻き上げ吹き飛ばした。
この旋風は見覚えがある。
あぁ、お前は近くにいるのか!友よ!
旋風が収まるとその開けた視界に目的の島が現れた。
あぁ、あれこそが目的の島だ!
遂に会えるぞ!友よ!
約束を果たせる時が近づいてきた。


story4

幼い頃に偶然拾った卵を孵して育て、そして過ごした私の友。
それは翼の生えた竜で、その翼を使って旋風を発生させることができる稀少な存在。
海賊を吹き飛ばした旋風は友の助けに違いない。
探し始めて数十分、遂に友を見つけた。
だが…。
そこに居たのは友の亡骸だった。
なんということだ…。
友とも会えず、家族との約束も果たせない。
不甲斐ない自分を呪いながら私は友の体に背中を預けた。
思いを馳せて友の体に触れてみると、友の体に隠れるように卵が置かれてあるのを見つけた。
その卵は昔見た友の卵の模様とよく似ていた。
私はその卵を手に取り、友の前に掲げる。
友よ、お前が生きている内に会えなくて残念に思う。
もっと早くにこの島に来れば生きているお前と会えたのだろう。
本当にすまない。
だが、お前の分身であるお前の子供はこのままにはしないぞ。
私がまた、お前のように育てていくことを誓おう。
そして、今度は別れることなく、ずっと一緒にいることを誓おう。
お前と過ごした日々、お前の優しい旋風、お前の誇り高き翼を…
私は決して忘れはしないぞ!友よ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。