スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法使いの弟子 レビュー

魔法使いの弟子の感想です。

ネタバレ有りなので、続きを読むに収納します。





魔法使いの弟子はミッキーのアニメ映画が原作らしいです。

モップや箒が歩き回るのはこのアニメが元ネタらしいです。




PVを観る限りでは、ハリーポッターとドラゴンボールを出した感じかなーと思っていましたが、

大体そんな感じでした。




選ばれた主人公が魔法使いの素質を持っていて、魔法の練習を始めて、最終的には敵をぶっ倒すというシナリオです。

あと主人公は最後のほうでプラズマを放つ魔法を使うのですが、構えがかめはめ波もしくは波動拳に似ていましたね。

プラズマを出す様はPS3のインファマスを想像しましたが。




主人公は小学生のころに、魔法の戦いに巻き込まれ、頭がかわいそうな子供扱いを受けて育ちますが、

そのせいで(?)本来あるべきはずの主人公オーラが微塵もありません。

吹き替えの方には悪いですが、声質も主人公の声ではありませんでした。

どちらかという、チンピラに絡まれて速攻でやられる被害者Aみたいな役割の声です。



主人公の性格も顔も主人公向きではなくて、本当にただの物理オタクで弱虫です。

色々と異色な主人公ですが、最終的には魔法を使いこなして、見事悪を倒すことには成功します。

それのギャップがいいんでしょうが、個人的には鬱陶しくてイライラするところ多かったですね。





映像のほうは、CGがすごかったというのが第一印象です。

車が吹っ飛んだり、変形したりは、さすが今の技術力といったところです。

シナリオは、ほんとにハリーポッター似ているようなところはあります。


うん百年間封印していた悪の魔法使いが地上に現れ世界をうんたらかんたらで、

魔法の素質のある主人公がその野望を喰いとめるというような話です。

色々簡略化してますが。




感想としては「まぁまぁ」かなと思いましたが、映画制作側は続編を作る気満々なようです。

スタッフロールの後に、倒し損ねていた悪の魔法使いが現れる映像がありました。

まぁ、この悪の魔法使いはラスボスではなく、ラスボスを復活させようとしていたやつですが。




さて、色々と書きましたが、

やっぱり映像は綺麗ですし、紙吹雪の嵐やドラゴンの出現はすごかったです。

あと、魔法は科学と共通する部分があるというのは現実的でしたし、

勉強が得意な主人公だからこそできる魔法使いの抵抗もよかったと思います。


決して面白くないわけではありません。

しかし、かなり面白いわけではありません。

続編でどう転ぶかでこの映画の評論が変わってくると思います。

個人的には中間よりやや上の位置の面白さというところでした。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。