スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後。

金曜日の放課後、何気なく遊んでいたらヤツがお礼状を書いていた。

今日はここで時間を潰そう。

そう思い、雑談していると、ヤツの紙袋から青いペンギンの着ぐるみを発見。

どうやら生徒会が参加する防犯パレードのために用意されていたらしい。

広げてみると、すごく長くダボダボな感じで、着ぐるみというよりはパジャマ。

後ろはファスナーで閉めて、顔が丸見え(タイツみたいだ

遊園地にあるものとは全然違う。

で、ヤツとこれについて雑談してたら、いきなりヤツがこれを着だした。

教室にいた女子からはビビられる始末。

「キモい」だの「怖い」だの。

そう云われても、気に入ってるのか知らんがヤツはしばらく着ていた。

そこへTが登場。

ヤツが着ぐるみを脱いだので、次はTに着ぐるみを着てもらった。

Tが窓の方を見る。

渡り廊下を渡ったところにある向こう側の校舎から、二人の女子生徒がこちらを見ていることに気付いた。

あ、前に封筒をくれた二人組の女子だ。

ええと、萌え(と仮定する@萌えの名の扇子を持っていたから)とアヤ(と仮定する@今日名前分かった)だな。

二人はこちらの教室にやってきた。

しばらく廊下から教室を窺う二人。

で、もともと教室に残っていた女子の意見。

女子「ヤツよりええわ」

ヤツ「ちょっと待って!それは聞き捨てならん!」

そう云ってまた着ぐるみを着るヤツ。

なんで張り合うんだろう。

しかもやはり「Tのほうがいい」という女子の意見。

ドンマイ、ヤツ。

そこへ浜(名前からモジった)が来た。

着ぐるみを見かけて来たらしい。

で、ヤツはショックを受けたかよくわからんが、今度は萌えに着ぐるみを渡す(萌えが興味を示していたから

そして萌えが着ぐるみを着た。

最初は頭の部分をフードみたいにしていたが、ちょっとしたら全部着た。

周りの反応は「かわいい」の連呼。

着ぐるみって女が着るとかわいくなるからなぁ。

その萌えペンギンが嫌にツボだったのか、携帯で萌えを撮り出すT、ヤツ、浜。

一気に秋葉撮影会と化した教室

そのとき撮れた画像。



顔の部分から出ている三つ編みが素敵だ。

着ている本人も気に入ったのか、恥ずかしそうにしながらもしばらくは着ていた。

1時間くらいだろうか。

暑くなったかなんかで萌えが着ぐるみを脱いだ。

その着ぐるみを受け取り、いつの間にかいたテンショウに「着ろ!」と命令。

テンショウ「keiが着ろ」

kei「じゃあオレが着たら着ろ!」

テンショウ「嫌じゃ」

kei「黙れ」

テンショウに無理やり着せるべく、オレも着てみることにした。

・・・思った以上に恥ずかしい。

最初の一歩がこう、なんとも云えない嫌な覚悟を持たなければ踏み出すことができない。

萌えのキラキラ輝いた目がオレを見る。

kei「そんな期待せんとって」

マジで。

躊躇いを払いのけ、遂にオレも着ぐるみを着た。

顔を出すのは恥ずかしいので、フルフェイス装備(無理やり)だ。

萌えが写真を撮る。

その時撮った写真。



あぁ恥ずかしい。

顔を出そうものなら自殺もんだ。

だが、顔が見えないことで調子に乗ってか、この姿でファイティングポーズをとるオレ。

さらに「カモンカモーン!」と挑発。

5秒後。

男全員(T、ヤツ、テンショウ、浜)にボコられる。

「何かムカつく」という理由で。

(顔は出してないので似合っているとか似合ってないとかは不明@多分似合わないだろう)

そうか。わかったぞ。

このペンギンは着ている人が他の人にどう思われているかで感じ方が変わるんだ。

萌えが「かわいい」だのオレが「ムカつく」だのはそういう法則か。

ペンギン恐るべし。

で、しばらくそのペンギンで暴れまわった。

フルフェイスなので視界が狭まり、さらに遠近感も掴めない。

走り回ったのだが、実は相当怖かった。

怖いといいながらスライディングをするオレは誰だろう。

さすがにヘッドスライディングは怖くてできないが。

疲れまくって、教室に戻ると、萌えとアヤがニックネームを決めていた。

ヤツは初代ペンタンらしい。

萌えとアヤの間ではペンギンの着ぐるみはペンタンという名前になっているようだ。

で、オレだが。

アヤ「名前なんなん?」

kei「kei」

苗字とか名前とかでモジりながら、変な名前をつけていたがそこら辺は拒否しといた。

で、ほっといたら決まっていた。

萌え「ケイタンw」

オレ何歳ですか。

そんな感じでオレも着ぐるみを脱いだ。

暑い。

ちょー暑い。

今時ちょーなんて使わない。

疲れた。

はしゃぎ過ぎて疲れたようだ。

時間も6時半を過ぎていた。

萌えとアヤも帰った。

オレもそろそろ帰りたくなり、どこかに消えたTを探し出して、「いつまでいるのか?」と聞いたら「帰ろう」ということになった。

kei「で、さっきの二人の名前は?

そういえば知らなかった。

T「教えなーい

うざ!

が、なんとか聞き出して覚えた。

人の顔と名前を覚えるのは苦手だから自信がないが。

実際、部活の一年生の名前を早くも忘れた。

まぁいいか。

オレとTが帰ろうとしていたら、テンショウと浜も帰ると云い、ヤツ一人を置いて帰った。

未だにお礼状ができていないのは何故だ。

書き損じたようだな。

浜「もう待てねぇよ」

浜がそう云い残し、帰路に着いた。





日曜日も上手くいけたらこのペンギンではしゃげるかもしれない。

その時はまた、企画モノとして書いていこうと思う。

中々に愉快な一日だった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。