スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 レビュー

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々を観て来ました。

早速レビューします(`・ω・´)



話は神話をモチーフにした、ファンタジー作品。

何気なく生活しているけど、実は神様が世界を統治している設定。



で、主人公はポセイドンと人間の間に生まれたデミゴッド(神と人のハーフ)。

ポセイドン(海の神様)なだけあって、水中で潜っていられる時間が異常に長かったり、心が安らぐようです。

そんな彼、主人公パーシーがある日、ゼウスの槍を盗んだ嫌疑をかけられ、決められた期限までに槍を返すように命令されます。

槍を返さなければ戦争が始まり、人間界は滅茶苦茶になるとのこと。

で、どうのこうので、パーシーはデミゴッドの訓練場まで辿り着き、訓練場で仲間を増やし、道中で浚われた母親を助けるために旅に出ましたと。





最初の時点でパーシーにはグローバーという親友がいて、その親友はパーシーの守護者で、しかもデミゴッド。

デミゴッドの訓練場でアナベスという少女とも出会い、パーティは最終的に3人に落ち着く。

アナベスは電王の大人のハナさんみたいな感じの女の人でした。


この3人で、浚われた母親を助けるため、旅に出ます。

母親は地獄に捕えられており、地獄に行くには特別な玉を3つ集める必要があります。

(正確には地上に帰るために必要な玉。3ついるのは3人いるから)


で、3つの玉を回収し、地獄に赴き、地獄の神ハデスと出会い、偶然にもゼウスの槍を見つけ(貰った盾に入ってた)、母親を助けて、グローバーを置いてけぼりにし、槍を盗んだ犯人を倒して、ゼウスの槍を返して終了。

んースペクタクル(適当)





とりあえず、面白かったなーとは思える映画でした。

ただ、ツッコミ所も満載で、まず母親を助けに地獄に行くのに、玉は3つじゃダメだろうと最初に気付け(笑)

で、ゼウスも無茶苦茶で、

「槍がない」→「ゼウスの槍は神様じゃあ盗めないよ」→「デミゴッドならできる(お前の子供ならできる)」→「オレの子供を疑うのか!」→「じゃあその子供に槍持ってこらせろ」

という話が通じてない変な神様。

まぁ、ゼウス、ポセイドン、ハデスはこの世界ではかなり偉い神様らしいんで、立場的に危うくされる可能性があるからなんでしょうけど。

恐らくハデスに子供はいないでしょうし。

好きな女性拉致っただの変態だし。


神様って変態ばっかりだな。




あと、主人公がチート過ぎる。

主人公の能力が、

・どんなに傷付いた体でも、水に触れると全回復。

・水を自由自在に動かすことができる。

・タンクに入った水でも水そのものでタンクを破壊できる。

・触らなくても念力で動かせる。

・水に触れている時は、仲間を触ることによって傷付いた仲間を回復させることができる。

ざっとこれだけある。

当然のことながら、覚醒もあり、いきなり剣のレベルがアップする。

こんな奴どうやったら死ぬのかと小一時間以下略。




他に思ったことと云えば、メデューサが出たシーンでパーシーがiPhoneの鏡面を使って辺りを探るんですが、まさかiPhoneでメデューサを倒したりはしないだろうなと別の意味でヒヤヒヤしました。

まぁ、普通に目を見ないようにして、首ちょん切ってましたが。

あぁそういえば、メデューサ戦の時、アナベスの腕を掴んだまま石化したおばさんがいたのですが、グローバーが助けに来て、普通におばさんの手首ぶっ壊してたのには笑いました。

いや、微塵も躊躇なしかと。







ツッコミ所は満載でしたが、話は中々面白く、世界観は判り易かったです。

監督が同じだからか、ハリーポッターと似たような印象を受けます。

空飛ぶブーツとかも登場したので、これから出るだろう第二部でも何かしらの不思議アイテムが登場するでしょうね。

第二部は2012年公開予定らしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。