スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国王生誕祭DVD レビュー

3月24日にSound Horizonの映像作品「Across The Horizon」が発売されます。

内容は国王生誕祭と被りまくってるんですが、どうなんでしょう。

買う価値があるかどうかは判り兼ねます。

とりあえず、元々の国王生誕祭は購入しているので、レビューしてみましょう。

今更ですが。
















まず外装です。



見た瞬間「でかっ」と思いました。

判り難いと思うので比較画像も貼っておきます。



名探偵コナンの単行本で比較しました。

大きさは判ってもらえたと思います。






予約特典も付いてきました。

 

木製の縦長DVDケースです。



この紐?の部分を引っ張ると、



こんな感じになります。

いちいちでかい箱を開けて中のディスクを取り出すのは面倒なので、自分はこちらにディスクを入れています。







さて、特典はもうないので、本体の方にいきましょう。

本体は上の画像でも判る通り、かなりでかいです。

正直、アルバムかと思いました。

 

裏は曲目になります。

で、この箱を開けると「あら不思議、そこには一面の花畑が」状態に。



よく見ると、SHの文字ができています。

DVD本編であった、薔薇のモニュメント(?)の画像でしょう。



薔薇の扉を開けると、いよいよディスクのご対面です。



ディスクはなんと4枚組。

今回の生誕祭は2日間行われたので、4枚組となりました。

 

1枚目は本編で、2枚目はアンコール等です。

ちなみにディスクカバーは取り外すことができます。



マントみたいな生地です。

触り心地が素晴らしい。










さて、本編の感想ですが。

本編は今まで発表した楽曲を演奏し、歌い、見る人を感動と笑いに引き込みます。

昔の楽曲が、アレンジされているのは素晴らしかったです。

陛下の歌う「黒の予言書」とか。

じまんぐの歌う「Ark」とか。

YUUKIの歌う「緋色の花」とか。

とにかく素晴らしかったです。




しかも、今回は新曲が用意されていました。

「遺言」

「冬の伝言」

「海を渡った征服者達」

3曲ですが、昔の楽曲がアレンジされているので少ない気はしません。



「遺言」は陛下からのメッセージソングです。

「冬の伝言」は「11文字の伝言」のアンサーソングです。

「海を渡った征服者達」は「聖戦のイベリア」に関係のある曲です。


個人的には「海を渡った征服者達」が一番好きですかね。

大塚さんのセリフは鳥肌ものです。


「冬の伝言」はほとんど日本語じゃないので「ジュセー」とかばっかり云ってる曲だなぁとか思いました。歌詞はいいんですが。

日本語部分は感動するので、全編日本語にしてほしかったです。


「遺言」はサビが粉雪(レミオロメン)みたいに音程が上がる曲です。

歌詞もメロディも覚えやすくいい曲だと思いました。





笑いの部分ですが、所々小ネタを挟んできます。



こんなのです。

コラじゃないのがすごい。

普通にクスリと笑ってしまいます。







感動も笑いも新曲も用意された国王生誕祭DVD。

お値段は高めの設定ですが、SHファンは買って損はないと思います。

個人的には5つ星ですから。


お疲れさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。