スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLOOD+って・・・。

完殺者(ジェノサイダー)真魅に似てない?

あ、完殺者真魅を知らない?

知らない人はとりあえず、画像(amazon)だけでも見ましょう(小さいですが)。

まぁ、簡単に完殺者真魅を説明すると、化け物を殺すアクション漫画。

殴るわ、刺すわ、関節決めるわの中々に迫力のある描写が印象的だな。

で、敵の名前はファントム(組織名)。

BLOOD+の(今の)敵の名前とおんなじですな。

ファントムってのは普段は普通の人間だが、自分の意思であらゆる動物の特徴を受け継いだ力を使えるとかなんとか。

つまり、ライオンの特徴を受け継いだなら、牙が生える?みたいな。

ほいで、それをぶっ殺すのが主役の役目。

人間に化けてやがる化け物(あぁだから化け物っていうのか!←違)を見つけて抹殺するために、学校に潜入したりヤクザを敵に回したりと色々やります。

主役の出生は、その動物の特徴を受け継いだ力(これをドーピングという)を開発した親父の娘。

あと弟かなんかがいた気がする。無論母親もいた。

で、親父の方は研究を始めたはいいが、所詮は人体実験。

ファントム絡みで一家は殺される。

しかし、主役だけはかろうじて(?)生き残り、顔を変え、名前を変え、ファントムをぶっ殺そうとする組織に保護され、キリングマシーン(殺人機械)として、ファントムを追うことになる。

まぁこんな感じのストーリーだ。

ちなみに武器はハーモニカ(形見)を改造した刃物(ナイフ)。

えぇと、後はファントムの数は決まっていた気がする。

20体もいなかったんじゃないかな。

あと、主役の目的はそのファントム全体を完殺することだけど、最後はお前ら(殺したファントム)の罪を背負って死ぬっていうことも云ってたな。

作ったのはうちの父だからとか何とか。

奥深い物語なのです。

オチ的に多分打ち切りだったんでしょうが。完殺してないし。



BLOOD+は面白いかどうかよく分かりませんが、ほぼ垂れ流し状態で見ています。

まぁ内容を抑えとけばいいかな程度で。



昨日、今日と、記事を書いていない状態で、カウンターが何故100近く動いているのかが気になりまふ。

こんな弱小ブログに何故・・・?

野ブタの記事はまだのはずだが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。