スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

428 ~封鎖された渋谷で~ レビュー

428

「428 ~封鎖された渋谷で~」の感想です。

ネタバレはクリア後の特典程度しか書いてないですが、続きを読むに収納します。


タイトル:428 ~封鎖された渋谷で~
機種:Wii
メーカー:チュンソフト、セガ


【主要登場人物】

■加納 慎也(かのう しんや)
・渋谷中央署の新米刑事。
・正義感が強く憧れの先輩に近づこうと日々努力している。
・デカ魂メモというメモ帳を持ち、デカの心得を書き留めている。


■遠藤 亜智(えんどう あち)
・渋谷の大きなグループ「KOK」の元リーダー。
・渋谷を愛しており、毎日ごみ掃除をしている。
・困った人を見過ごせないタチで厄介事に巻き込まれるがケンカは強い。
・ただし、考えるのは苦手。
・シャツにはエコ吉のマークがついている。


■大沢 賢治(おおさわ けんじ)
・大企業「大越製薬」の研究所長。
・家庭より仕事を優先してきたため、子供との接し方が判らないでいる。
・上木彩矢のファン。


■御法川 実(みのりかわ みのる)
・フリーライター。
・何かと人を指差す癖を持っている。
・態度は傲慢だが、後輩を励ましたり、先輩の借金を肩代わりしようとしたり、根はいい人。


■タマ
・猫の着ぐるみを着て「バーニングハンマー」というダイエット商品を売るバイトをしている。
・着ぐるみのファスナーが壊れてしまい、しばらくの間、着ぐるみを着たまま行動することになる。



■ひとみ
・マリアという双子の姉が誘拐されてしまい、犯人の要望通りに、ハチ公前に立っている。
・性格はおしとやかで、頭もよい。いわゆる優等生タイプ。
・基本的には亜智と行動を共にすることになる。


■ジャック
・途中から加納と一緒に捜査をする外国のエージェント。
・最初は加納と衝突しあっていたが、徐々に打ち解け始める。


■謎の少女
・変わった形のナイフを持つ、長い髪の少女。



【システム】

■主人公複数性
最初は加納と亜智しか選べないが、後から人数が増える。


■BAD END
数多くあるサウンドノベルと同様、BAD ENDが複数用意されている。
悲惨なものから、コミカルなもの、そしてある意味ハッピーなものまで。


■TO BE CONTINUED
物語は1時間毎に区切られ、読み進めている主人公の話が読み終わると「TO BE CONTINUED」と表示される。
さらに1時間読むためには、他の主人公の物語を終わらせるしかない。
終わらせると、「TO BE CONTINUED」の表示が消え、次回の予告が入った後、読み進めることができる。


■KEEP OUT、JUMP
物語を読み進めていると途中で「KEEP OUT」のテープが貼られ、物語を進めることができなくなってしまう。
「KEEP OUT」のテープを剥がすには、他の主人公の物語を読み進め、赤い文字の場所を探し選択するしかない。
赤い文字を選択すると、今読んでいる物語から、別の物語に飛ぶことになる。
これを「JUMP」という。


■TIP
ゲーム内で使われた用語を解説してくれる。
ゲームの専門用語から、難しい用語、簡単な用語まで解説してくれる。



【TIP】

・KOK
かっこいい、オレたち、(渋谷を)今日も行くの略。
元々は渋谷が好きで集まった集団。
一時期は渋谷の自警団として成り立っていたが、亜智が抜けてからはすっかり不良グループの巣窟と化してしまった。


・エコ吉
渋谷を愛する亜智の服にデザインされた模様。
渋谷では、その服を着る人=亜智となっている。
エコに関係があるらしいが、亜智はエコについては大雑把なイメージでしか捉えていない。



【満足点】
・面白いストーリー。
・魅力あるキャラクター達。
・たまにムービーになる。
・笑える所もある。
・音楽が素晴らしい。
・「加納!」と思わずツッコミを入れてしまう。
・タマの物語は最初からすっ飛んで面白い。
・選択肢により、他の登場人物の行動が変わる。
・いい所で「TO BE CONTINUED」になる。続きが気になるいい使い方。
・ボーナスシナリオがある。
・感動するボーナスシナリオがある。
・シナリオもクリア後の特典も非常に凝っている。


【不満点】
・BAD END一覧を番号順に並べ替えるようにしてほしかった。
・ボーナスシナリオから普通のシナリオに行くにはJUMPしかない…?
・アニメ絵のボーナスシナリオはどこか非現実的。


【備考】
・ボーナスシナリオはアニメ絵のものがある。
・アニメ絵のボーナスシナリオだけセリフのみだがボイスあり。
・大塚明夫が声だけでなく、姿を出して登場する(アニメ絵じゃないボーナスシナリオ)。
・本編終了後はマイナックな428に関するクイズができる。
・428は「渋谷」ではなく「よんにいはち」と読むのが正しいらしい。
・最初は途中途中で入るムービーにも、登場人物の声が入る予定だった。
・登場人物の中にうちの弟の同級生がいる。
・428は来年アニメ化するらしい。



【評価】

★★★★☆
(5点満点中)

評価は4.5くらい。

前評価が高いだけあって、面白かった。

前作の「街」もやってみたい。

「428」は渋谷に集結する物語で、

「町」は渋谷を交差する物語らしい。

「428」が面白かったから、いつか「街」もやってみたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。