スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京少女 感想。



”クリスマスイブの夜、渋谷の街で、モテナイ男・ヒロはデートクラブの美少女と出会う。

クマのぬいぐるみを大事そうに持ち歩いていた姫様。

一度きりのつもりが、ふたりで過ごす時間が長くなればなるほど、姫様と離れられなくなっていくヒロ。

美しくミステリアスなお姫様もやがて、ヒロの純粋な優しさに心を開いていく。”




2ちゃんねるから生まれたから電車男みたいなのかなと思っていたが、大分違っていた。

この本は著者、ヒロ氏が自分の体験談を小説風に書き連ねて進行されていたものらしい。

ヒロ氏は読書家でも小説家でもない。

なのに、情景描写や人の心情、その他の表現が凄まじく上手い。

素人とは思えないが、ヒロ氏は自分を素人と云っている。

これが才能か。_| ̄|○

読みやすい文章なので取っ付きやすい印象だった。

小説の途中で出る、他の人がヒロ氏へ書いた質問をヒロ氏が答えているが、肝心の質問が分からないのでこちらとしては「?」な感じ。

そこはもっとこれを本にした人がどうにかすべきじゃなかったんだろうか。


内容としては、ちょっとの恋物語とちょっとのミステリー。

電車男みたいに壮大な恋物語ではない。

むしろ恋人になっているのかどうかさえ怪しい。

>デートクラブで買った美少女。

付き合うというよりは、付き添うって感じの色が強かった。


ヒロ氏の仲間にオタというものがいるが、このオタはある意味最強。

情報収集のためハッキングもするし、やばい橋も渡るし。

画像からデータ解析もするし。

まぁもともとヒロ氏が美少女の鞄からフロッピーを発見して、それを勝手に見て意味が分からないからオタに解析を頼んだというわけだが。

ちなみにオタはヒロ氏の持っているレアものの靴をもらうことを条件に動いている。

ぶっちゃけ引きこもりのオタクらしいが、最後はかなりいい味を出す人。


美少女はリカだの恵子だの色々な名前を持っている。

フロッピーは麻薬とかそういうことに近いもので、かなりやばい。

一般人が美少女の持つフロッピーを見ても意味不明だが、画像解析をして初めて意味を成すものらしい。

また、過去に弟が死んで、親の愛を知らずに育った悲劇のヒロイン。

この過去の戒めを溶かしていくのが、ヒロ氏の役割。


全体的に面白くはあったが、短いというか、オチが物足りないというか。

現実にあった(?)ものに劇的なオチを求めるのもどうかと思うが、何かすごいオチを期待してしまった。

麻薬系に繋がってる美少女とヒロ氏の最後のオチ。

それはもう期待せずにはいられないだろう。普通。

まぁ終わってない終わり方なので、このオチでもよかったかもしれないが・・・。

自分は終わるなら終わらせて欲しかった。


評価:3.5
(満点は5)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。