スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンコック レビュー

映画「ハンコック」の感想です。

ネタバレありなので、続きを読むに収納します。


見どころはやはり、アクションシーンでしょうか。

空中を飛び回ったり、車を持ち上げてコンボかましたりとか、かっこいいことをやってました。


予告とかCMで判ってると思うんですけど、ハンコック(主人公)は嫌われ者です。

その理由は力を空回りさせているからです。

犯罪者の車を止めたのはいいものの、その後、わざわざビルか何かの高いところに突き刺したり、

列車に轢かれかけた車を助けるのに、車を放り投げて、列車を止めたり。

単純にバカなんでしょうか。

飛ぶときや着地するときも道路を破壊しますしね。


物語のほうは、嫌われ者のハンコックをある男が人気者のハンコックにしてやるみたいな感じです。

で、そのためにハンコックは刑務所に入り、2週間くらい牢屋で過ごします。

ハンコックが刑務所に入った後、街の犯罪率は30%増加。

よくも悪くもハンコックには犯罪の抑制効果があったもようです。

そして、警察から呼び出されたハンコックは黒いタイツのような制服を着て、銀行強盗と戦い、見事街の人の人気を得ることができました。


で、話はすっ飛んで、ハンコックの力を持った女が登場します。

いや、最初から登場はしているんですけどね。

その女はハンコックの元妻で、ハンコック自身はそのことを忘れていました。

ハンコックは記憶喪失だったみたいです。

年齢は軽く三桁の数字を超えてたような。忘れましたけど。


ハンコックと女は惹かれ合う運命のようで、必ず出会ってしまうらしいです。

ですが、ハンコックと女が近付くと、力がなくなってしまい、ハンコックも女も普通の人間のようになってしまいます。

普通の人間として生きるようにと定められた鎖なのかもしれません。

しかし、結ばれかけては殺されかけるので、未だにハンコックは女とは結ばれていない、という訳でした。

最終的に、ハンコックはヒーローになり、女は別の男と付き合っています。


最後のほうは敵がしょぼかったですが、まぁ、中々に楽しめました。

ちなみにハンコックと普通の人間の違いですが、

・力が強い(列車を片手で止めます)

・飛べる(ジャンプではなく普通に浮いてます)

・肌が頑丈(拳銃が効きません)

こんなもんです。

まぁハンコックが結局、何者なのかは曖昧でしたが。


はい、では評価ですが、

★★★☆☆
(5点満点中)

こんな感じでしょうかね。

最後がもう少しラストっぽくなってくれたらよかったんですが、リアリティを求めたらいきなり強敵も出せなかったんでしょうね。

ですが、ハンコックが同じ力を持った女の正体を確かめるために、台所の道具で刺したりしてたのは面白かったです。

観客が何人か笑ってましたから。


観ても後悔しませんし、すんごい面白かったということもありません。

ただ、ジャンパー同様こんな能力あったいいなと思いました。

アクションとか好きな人にはオススメできると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。