スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラオケでモノマネ。

バスに乗っていた時、後ろには酔っ払いがいた訳ですが、通路を挟んだ横の席には二次元の女の子が表紙の(どう見ても同人誌系の本を)読んでらっしゃる男がいました。

なんかもう悟りを開いているようでしたね。

どうもkeiです。



ちょっと前にカラオケに行った。

カラオケに行くとマジメに歌ったり、ふざけて歌ったり色々やったりする。

ふざけて歌う時は大体モノマネして歌うのがいつもだ。

カルシファー(ハウルの動く城)とか、ティーバック(プリズンブレイク)のマネとか。

なんか似ているらしい。


まぁ、それまでは今まで通りだが、今回また1つモノマネレパートリーが増えた。

それは…

REMI(SH)

だ。

あの高音域の音程をマネしたのだ。

聞いた人に寄れば、完璧ではないが似ている、っていうか音程が合ってる、らしい。

REMI声で歌うと、結構な高さまで声が出る。

どのくらい出るのかというと、「歓びと哀しみの葡萄酒」を大体歌える。

サビは普通に出るが、途中の「あーあーあー」とか云うとこはまだ難しくてできない。

それ以外は出る。

そういや「石畳の緋き悪魔」のREMIパートをマネして歌っている時も普通に出てた気がする。

採点してやったら、音程の数値がやたら上がっていたし。

そして、最近ではREMI声でビブラートをかけれるようになりました。

オレはどこへ向かっているのだろう。


ちなみに地声の高さは…何と云えばいいのやら。

「呪われし宝石」のHiverパートは歌える程度の音域はあります。

最高で出せるのは「Relations」の「あの海あの街角は~」の「は」の所が出ます。

ただ、歌っていくに連れてどんどん声が掠れていき、バンプやランクヘッドに近い声になります。

地声の歌は(選曲にもよるが)宮本駿一と入野自由を足したような声っぽいです。

なので、宮本駿一の歌は大体歌いやすかったりします。



カラオケって男と行くのも女と行くのも楽しいからいいよな。

女と一緒に歌って、ハモってたらかなり嬉しい。

男と一緒に歌って、ハモることってそうないけど、バカ騒ぎできるから楽しい。

まぁ、最近は友人たちとは一切連絡すら取ってないのが現状だが。

みんな忙しい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。