スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯のアドレスの聞き方。

昨日は9時半くらいから寝た。

朝起きると8時半だった(途中、何度か起きたが)。

いい目覚めだ。

そんないい目覚めの前に見た夢は、ゾンビに襲われて逃げまくってる夢だった。

大人、子供も容赦なくオレを追い掛け回す、最悪な展開。

唯一救いなのが、ゾンビみたいにグロくないこと。

見た目は普通の人間。

で、夢のオチはオレが窓の柵に乗って、追い詰められて終わり。

心が病みそうな夢だった。

だが、体調は全回復。




さて、いつもの日記の方だが、今日は大体勉強していたので、特に書くようなことはない。

だから、ふと思いついた『携帯のアドレスの聞き方』について書いていこうと思う。


携帯のアドレスを聞くのって、何気に緊張するものッスよね?ね?

アドレスを聞くってことはその人のことが少なからず好きなわけだからね。

ラヴにしろライクにしろ好奇心にしろ。

で、勇気を出して聞いてはみたものの、断られでもしたら鼻血もの(意味不明)。

もう「振られた」や「嫌われてる」に匹敵するようなものだからね。


とまぁ憶測で(笑)書いていきましたがどうなんでしょうか。

自分もアドレスを聞くことは少ないのでよく分かりませんが。

自分の場合、アドレスを聞くっていうよりは、「用件を伝えてくれ」と別の人にメールした際に、「自分でやれ。アドレスはこれだ(許可済)」的な感じで教えられる方が多いです。

その他はなりゆきですかね。

何かを教える時とか(狙ってやってるわけじゃねぇ)。

じゃあ次は本題の『アドレスの聞き方』を書いていきましょうか。


・携帯の機種を聞くタイプ。

「ねぇ、○○の携帯の機種何?え?au?オレもオレも」

的な会話から始まるのがそのタイプ。

無理やり携帯の機種の話に持っていき、あわよくばアドレスを聞こうってわけ。

ただ、同機種じゃないと話が発展しにくい上、携帯の知識を持ってないと話が終わることうけ合い。

が、例え、知識があって話が弾んでも成功率は低いので、あまりオススメはできない。

(携帯の知識だけで勝負してるからね)


・携帯の機種を聞かせるタイプ。

自分の携帯をチラつかせて、携帯の機種を聞かせるタイプ。

無駄に携帯をチラつかせている場合、こう云ってほしいやつが多い。

珍しい形の携帯だとその確立はグンと上がる。

まぁ「携帯何?」と聞かれて「docomo。○○は?」と返事をするので、聞くタイプとあまり変わらないと云えば変わらない。

(他に、「携帯何?」と聞かれたあと「docomo。この携帯ね――」と感想を述べるタイプもいる)

え?成功率?

聞くタイプよりは高いハズ。

少なからず興味があるってことだからね。

携帯に(笑)


・何かを教えるタイプ。

「面白いサイトを見つけたから送るよ。あ、送ろうにもアドレス知らないや」

的な会話から始まるのがこのタイプ。

オレじゃねぇよ。

成功率は何気に高い。

経験上(墓穴)。

高い理由はお互いが既に仲良くなっている場合が多いから。

つまり、ある程度の話術と一般的な(?)笑いのセンスがあれば誰でもできる。

まぁタイミングを掴み難いのも特徴といえば特徴か。

「そのサイトのアドレスだけ教えて」とか云われたら、もうその手は使えないわけだし。


・しょうがない場合に聞くタイプ。

「バイトで、次、何時に入ればいいか分からない時があるからその時、教えてもらえたら助かるんだけど」

的な会話から始まるのがこのタイプ。

さらにこのタイプは二つにわかれる。

○ 利用目的の人。

(本当に分からない場合しかメールしない人)

○ きっかけが欲しかった人。

(教えた時以来、頻繁にメールを送ってくる)

どっちがいいとか悪いとかはどうでもいい。

今回はあくまで、『アドレスを聞く方法』だから。

まぁきっかけが欲しい人には使えるかもしれない。

欠点はしょうがない理由がある場合じゃないと使えない。

成功率は相手が親切ならば高い。

(不親切なら面倒で断られる)


・他の人のアドレスを聞いておいて、ついでに聞くタイプ。

「○○のアドレス知ってる?」

と、云っておいて向こうが知っていると答えたら、

「教えてくれる?あ、今日ちょっと用事あるからアドレス教えとくね。悪いけど送ってくれる?」

で、向こうが断らなかったら後は待つだけ。

素晴らしい策士。

結構腹黒。

ぶっちゃけ用事なんかない奴が多いしね。

で、アドレスが貼り付けられたメールが着たら、

「ありがとう。ついでに○○のアドレスも登録しとってええかな?」

とメールを送って、フィニッシュ。

ここで、断られる可能性は低い。

○○のアドレスを知っているか?と聞いているのだから、○○とそれなりに仲がいいというのが直感的に結び付けられ、その○○が友達ならアドレスを聞いてきた人も嫌な奴じゃないだろうという心理が生まれる。

欠点は向こうがアドレスを知らない場合。

下調べはしておきましょう。

他に第三者に「急用で○○に聞きたいことあるから、○○のアドレス教えてくれん?」と聞くタイプもいる。

急用というところがミソだろう。

「こっちは急いでるんだ、しのごの云わずにアドレス教えろこの野郎」

的な空気が漂うことこの上ない。

勿論、急用っぽい理由も考えてきているので、聞きなおしたところで「あぁ急用だ」と納得せざるを得なかったりする。

これの成功率については五分五分。

本人の了解を得ずに教えてくれるタイプも入れば、聞いておくよとお節介を焼くタイプもいる。

そんな場合は「いや、秘密の話だから」的なことを云って回避すること。


・普通に聞くタイプ。

「アドレス教えてくれん?」

まぁ普通。

だが、場の空気によることが多い。

お互いが楽しんでたら、それなりに聞きやすいし、シーンとなってたら緊張するし。

このタイプの成功率はどれだけ好かれているかによる。

仲良くもないのに教えてって云われて教えるわけないでしょ?

このように聞く場合はその人との接点を探り、話が合うなと認めさせたところで聞くようにしましょう。

少しの勇気も必要です。


以上、聞き方でありそうなのを模索していきましたが、どうでしょうか。

自分はそんなに頭を働かせて、アドレスを聞くとかはやりませんが、やる人は本当に必死だったりします。

しかし、仲には「オレ、アドレス教えてとか云ったことない」とかいう奴(T)も存在するので、そんな人間になりたい人はTの会話を真似るようにしましょう。

え?Tなんか知らねぇよ?

とりあえず、笑っとけ。

他、携帯で云うことがあるならばアドレスのセンスとかメールの本文とかですかね。

アドレスは自分で決めるものだから結構その人のセンスが分かったりします。

カップルなら、

○○-and-○○-endlesslove@~

とかそういう類のものだったり、変わった人なら、

dondon-oreni-okuttekoi@~

とかだったりします。

カップルのアドレスはいつ破局するかを回りに教えることになるので、よほどの自信がないとできません。

よく分からない日本語のアドレスは変わり者が多いです。

他に、自分の名前や誕生日を入れたり、好きな単語を織り交ぜたりとか。

(Freedom[自由]を単語に入れている人は子供っぽい人かガンダム好きが多いです)

まぁ、こんなもんでしょう。

自分は好きな単語にしています。

後は、メールの本文ですか。

自分の場合、ギャル文字を一切使用せず、また、顔文字も滅多に使用しない非常に簡素なものになっています。

さすがに (笑) や ! は使いますが、他はあまり使いません。

読みやすいとよく云われるのが自分の特徴です。

早く、メール終わりたいオーラが出ているのも自分の特徴です。

(思っているわけじゃないのですが、出ているらしいです)

自分の周りの人は、メール本文も多種多様なので、顔文字を使用する人やギャル文字を使用する人など様々です。

特別、嫌悪感はありませんが、読めないギャル文字が来た場合は一気に面倒臭くなるでしょうね。


携帯についてはこんな感じでしょう。

他に「自分からは滅多にメール送らんタイプ」もいますが、自信に満ち溢れる性格の人が多いようです。

携帯は意外に性格が出るものなので、注意しておくのも一つの手ですね。

では、アドレスを聞きたい人は頑張ってください。

この記事が参考になるとは思えませんが(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。