スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TSUTAYAの店員の不手際について。

なんで喫煙者の居場所が減ってきた世の中に、若い人でタバコを吸う人がいるんだろ。

かっこいいとか思ってるのかな。

最終的に顔はシワだらけになって、シミでいっぱいになるのにね。

内臓悪くしようが、顔をシワクチャにしようがそれは勝手だけど、副流煙とかマジ勘弁。

女性でタバコ吸ってる人は妊娠した時とかどうするんだろ。

部屋も車もヤニ臭くなるんだろうな。

とかまぁ、こんな感じのことをさっき考えてた。

どうもkeiです。

タバコはこの世からなくなればいいのにね。

いいこと一つもないんだから。



TSUTAYAに行ってきた。

Wiiはまだ持ってないけど、バイオハザードWiiザッパー(Wiiコントローラーがガンコンになるアイテム)同梱版を予約するためだ。

マリオギャラクシーも欲しいけど、多分クリアできないし、やる暇もなさそうだからやめておいた。

だが、オレは気分屋なので、マリオギャラクシーが発売される前にWiiを購入できたなら普通に発売日に買うと思う。

っていうかまぁ、バイオハザードの後にせよ前にせよ買うとは思うけど。


とりあえず、今回は予約するためにTSUTAYAに来た。

レジに向かう前に一通り、回ってみる。

お、バンプの新曲出るのか。

「メーデー」と「花の名」か。

二枚同時リリースね。珍しい。

まぁ、両A面シングルじゃないからいっか。

予約しとこう。

これで、予約するものはバンプの曲とAcid Black Cherry(ABC)の曲とバイオハザードか。


レジに向かう。

「予約お願いします」と云って、事前に書いてあったメモを見せる。

メモには商品のタイトルと発売日と品番を書いてある。
(CDの場合はアーティスト名、ゲームの場合は機種を書いている)

口で云うのが面倒なオレはいつもこういう風にして、予約を行う。

予約の用紙が手書きになる時も店員が書いてくれるし。

で、今回メモに書かれてあるのは、ABCのシングル限定版とバイオハザードWiiザッパー同梱版だ。

バンプのは専用の簡単予約用紙があったのでそれを渡した。

渡した店員は女性。

割と若く見える。

20代前半であることは明らか。

隣には若い男。

KAT-TUNの亀梨みたいな雰囲気の人だ。

女性はレジで予約をしようとキーをポチポチいじり、男性は横でそれを見る。

ネームプレートに実習中の札がないから、そこそこの動きはできるのだろう。

が、やたら遅い。

女性は「え?なんでできんのーん」とか云ってる。

男性も混じるがまるで意味なし。

「これなんでできんのん?」

「ここ押してこうしたらできよ?」

「できん。もう予約したなーい」

次にちょっとベテランらしき男性が来て、発売日が入荷日になっていると指摘。

そりゃ出来ねぇよ。

はぁ…、こいつ大丈夫か?

レジから予約用のレシートが出てくる。

「こちら受け取り用のレシートです」

レシートを受け取るが、話し方からして仕事終了みたいな空気だ。

メモも渡しただろ。

「あの、このメモのほうの予約もお願いします」

「あ、すいません」

マジっすか。

こいつは酷い。

女性はレジを操作し、ABCのシングルを予約しようとする。

しかし、出来ない。

出来ないというか、ページが表示できてない。

で、ベテランでも亀梨でもない男性に聞いてやっと出来る始末。

しかも「Acid…これなんて読むん?」とか聞いてた。

ブラック(Black)だよ。

酷過ぎる。

あと先ほども書いたが、メモには「CD+DVD」と書いている上に品番まで書いている。

それなのにこの女はこう云ってのけた。

「限定版と通常版がありますがどちらがいいですか?」

……お前は何を見て予約をしようとしているんだ?

「限定版で」

なんかもうこの女やばいわ。

メモの意味がない。

次にバイオハザードの予約に取りかかる女。

これは三度目もあって、すぐにページの表示を完了し、レシートを発行した。

しかし、それが「Wiiザッパー同梱版」なのかどうかは怪しいものだ。

この女はメモのタイトルのところくらいしか見ていない気がする。

レジから離れてレシートを確認するが、Wiiザッパー同梱版らしき表記はない。

これはやられたな。

しかし、あのレジにまた行くのは気が引ける。

正直、無意味な気がしてならない。

また、後日にするか。

…しかし、それは面倒だ。

しょうがない、またあの女に聞いてみるか。

オレはレシートを取り出し、レジに向かった。

「あの、ちょっと聞きたいんですけど」

「はい」

「この商品のWiiザッパーの同梱版の方の予約はできませんか?」

「あぁ、それは予約中止になってできないんですよ」

それを云えよ。

お前、お客様のお求めの商品が予約中止になってるのに、それを云わずにお求めじゃない商品の予約を勝手にしてたのかよ。

すごいなお前。

神経疑うわ。

オレは「じゃあ同梱版を買うにはここじゃダメなんですか?」と聞こうとした。

が、女がその前に「ちょっと待って下さい」と云ってレジをまた操作し始めた。

「予約中止よね…」とか一人で云って、ベテランを呼ぶ。

「この商品を予約したいそうなんですけど、予約中止ということは予約できないんですよね?」

「いや、できるよ」

「え?」

ベテランはレジじゃなく、PCを操作しだした。

その後、ベテランがレジを操作すると、

「はい、できた」

普通にWiiザッパー同梱版が予約できたのだった。

聞いといてよかったと思った。マジで。

女は「度々、すいません」と云って新しいレシートをオレに渡した。

その「度々、すいません」の言葉がなかったら多分オレはクレームの電話をかけていたと思う。

途中で呆れてしまうくらい、酷かったからな。

というか、この若い店員たちは私語が多すぎるし、声がでか過ぎるし、こんなんでいいのかよと思う。

私語は構わないが、声は小さくしてもらいたいものだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。