スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原付に乗った。

原動機付自転車。略して原付。

前々からこういうものに乗りたかった。

(一番乗りたいのはバイクだが)


原付の速度はバイクよりはるかに劣る。

だが、二輪(バイク)の免許を取らないオレはこれで我慢するしかない。

原付の法定速度は30キロ。

まぁ普通に自転車に乗るよりは速いけど、物足りない。

とりあえず、原付でオレがどう物足りなかったか、最初から見ていこうと思う。



土曜日の昼。

教習所で原付の教習がある。

「休みの昼とかマジやってらんねーよ、かったりー」

とか思いながら「まぁ原付だし、まだマシか」とかぼやきながら教習所へ向かった。車で(親運転)。

原付はバイクのコースの教習所のところでやるらしい。

オレは一人、少し離れたバイクのコースのところまで走っていった。

誰もいないが、バイクはあった。

バイクを眺めていると、二輪担当の指導員が来た。

教室とは思えない、まるでプレハブ小屋みたいなところに入り、チャイムが鳴るのを待つ。

どうやら原付教習はオレ一人のようだ。

「一人か・・・」とやる気が一気になくなった指導員の声が聞こえた。

で、オレはヘルメットと軍手をして、外に出た後、原付の説明を受けた。

以外に簡単だった。

早速、乗ってみる。

ドキドキするな。

ちょっと回しただけで、原付がグワっと前に行った。

おぉ、怖。

次はちょっとずつ回しながらアクセルを回した。

最初はフラフラしていたが、すぐに慣れた。

自転車乗れたら乗れるって本当だな。

オレは方向指示器を出しながら、適当にコースを回った。

すっげぇ面白ぇ。

なんていうの?

生まれて初めてキックボードに乗ったときみたいな気分?

教習というよりは遊ぶ感じで原付を乗り回した。



しばらくして、指導員が消えた。

おいおい、放置プレイかよ。

最初からやる気はなかったように見えたけど、まさかエスケープするとはね。

で、30キロ以下のスピードに飽きたオレは指導員がいないことをいいことにコースを好き勝手走ることにした(最悪)

だってしょうがないだろ?

バイク乗れないんだから。

(二輪免許を取らない理由:将来的に乗らないから)

勿論、公道ではやりませんよ。

そこら辺の常識はまだあります。

で、オレは原付最高速度の30キロを越した40キロを出して走行した。

いやー気持ちいい。

頭の中ではあの歌が流れる。


地平線にー届くようにー♪

限界までー振り切ってくーれー♪

( L'Arc〜en〜Ciel  「Driver's High」)


ま、原付だけど。

後は適当に休みつつ、8の字やらS字やらクランクやらを走行して、小屋に戻って事故関連のビデオを見て終わった。

原付教習はこんなところ。




最初は面白かったけど、やっぱりスピードって慣れるもんだから、もっと早く早くになっちまうんだよな。

公道では絶対やらないんだろうけど(違反だし

でもやっぱバイクっていいよな(乗ってないけど

オレは車よりバイクが好きだ。

理由は置き場所に困らないから。

自転車置くスペースあれば置けるでしょ。

まぁ勿論かっこいいからってのもある。

オレは仮面ライダーが好きだったからな。

でも将来的に自動車の方が役に立つ。

事故ってもまだ助かる確率は高いし。

それに何を置いても冷暖房が魅力的だ。

自動車って車内で運転するからな。

ま、オレは卒業したらしばらく原付で動くことになるんだろうが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。