スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野ブタ。をプロデュース 6話

・金儲け

小谷で金儲けっていうよりは、ブタのキャラクターで金儲けって感じかな。

まさかあれで、200円とは・・・。

皆さん騙されてますよ!


・親子喧嘩

あまり語られていない山下の家庭事情が出てきた。

社長の息子は何故に会社を継げというのだろう。

ウォーターボーイズでもあったよな。


・家出してきた山下

一緒に住んでいるおじさんと喧嘩したのではなく、上記の通り父親と喧嘩して亀梨家を訪ねたわけだ。

亀梨家としては、変な恐怖話にあいまって、前回瓦を割られたから結構、びびってる雰囲気。

っていうかコロッケ多いな!


・進路設計

将来特になりたいものがない三人。

進路の紙で紙ヒコーキを作って飛ばしてる。

あれは「今はまだ考えられない」とか「特に決まっていない」とかそういう理由なのか。

それとも「三人でどこまでも行こう」とかいう意味なのかな。

でも、山下が興味深いことを云っていたので、貼っておこう。

「オレまだ17だよ・・・?

これから何十年も続く人生、なんでいま決めなきゃだめなんだよ。

そんなのひどすぎるじゃんか」

いつかこういうときがくる。

生きていたら必ずね。


・野ブタパワー注入

もう定番になってきているな。

一話に一回これがある。

初めて見た亀梨は驚いていたようだが。


・野ブタキーホルダー Ver1

願いが叶うやらの噂を適当に流し、バカ売れ。

願いが叶うのはプロデューサーの頑張りがあるわけだが、こういうのってヒットしたら面白いくらいヒットするからな。

流行って怖いなー(棒読み)。

で、廃れるのも早いんだよなー。

テツandトモも廃れるの早かったよなー。


・偽野ブタキーホルダー

他の高校で偽のキーホルダーが売られていたらしい。

まぁ誰にでも作れるものだしな。

微妙に違うより、まんま同じにして値段下げたほうバレにくいし、売れると思うんだけどなぁ。


・野ブタキーホルダー Ver2

偽キーホルダーに腹を立てたプロデューサーの二人が暴走する。

前のところでやめておけばよかったのに。

まぁそれが分かれば誰もギャンブルなんてしませんわな。

ちなみに前のキーホルダーの売り上げは10万円です。

この10万円を使って業者に頼んだんだろう、普通に売ってそうなキーホルダーができていた。

まぁこれが売れるはずもなく。

売れなかった理由は『スパイダーマン』の後にできたマーブルヒーローの映画『ハルク』が全くヒットしなかったのと同じ理由ですね。

要は飽きたと。


・教頭のセリフ

教頭がコインの表と裏はどっちか?と聞いて、数字の方が表という山下。

オレもそっちだと思っていた。

「あー、やっぱりそっちを云うか。

本当は桜の絵の方が表なんだけど、今どういう訳か数字の方が表だってみんな思ってるんだよねー。

綺麗な方を表だと思いたいけど、世の中、そういう訳にはいかないみたいね。 

金に浮かれている若者よ!

金には、裏と表があることを、ゆめゆめ忘れることなかれ。

ん?ん?ん?」

予想としては、敵になると思っていたのだが違うようだ。

予告にまんまと騙されたな。


・小谷の友達

友達が本当にできた模様。

それを山下に報告する小谷。

で、タイヤキでお祝い。

このタイヤキは後の伏線になる。


・野ブタキーホルダー Ver2 破棄

キーホルダーがペンキで塗りたくられていた。

まぁ全く売れてなかったからあんまり意味はないと云えば意味はないんだが。

しっかしやることにいちいち手が凝ってますね。

わざわざペンキを用意したり、ラインカーで文字を書いたり、ビラを何百枚も作ったり。


・上原のセリフ

「最近二人(小谷、山下)とよく一緒にいるよね?」

「キーホルダー買ってあげようか?」

何となくここら辺に鍵があるような気がする。

二人といるのはもうチェックしてますよーって云ってるようなもんだし、下のはキーホルダー関連で亀梨が冷たくあしらったことにも関係してそう。


・宝物

小谷が誰かの宝物を発見。

二人を呼んできて、中身を確認させる。

中には懐かしい玩具の他に、野ブタキーホルダーVer1が入っていた。

なぜ開けてもいない小谷が中身を知っていたのだろう?

二人を呼んだときにはまだ土の中だったよな?

何故?

まぁ、一応それは置いて、ここの場面の小谷のいいセリフを貼っておこう。

「あたしたちの作ったものが誰かの宝物になってたんだよ。

誰かの心の中に残ったんだよ。

あたしはそれで充分だと思う」

この言葉で我に帰るプロデューサー。


・自転車置き場

自転車置き場の場面にモッチーとかいうアナウンサー(?)だか何だかの人がいた。

亀梨と山下の後ろほうで変なポーズとっているのがそれだ。

勿論17歳ではない。


・タイヤキ

山下の幼少時の思い出が語られる。

「父ちゃんの宝物って何?」

「お前かな」

そう云ってタイヤキを二つに割って、頭のほうを山下にやった。

だから山下はタイヤキの頭の部分が好きならしい。

大切なものなんだってさ。


・教師の詩集

これは何の伏線なんだろうね。

最初は全く売れなかったものが後になって人気が出る。

何か、商品と流通の世界になってきそうだな。

要するに金儲けは簡単じゃないってことだろうか。


・進路希望

山下
「道端の十円玉」

小谷
「笑って生きる」

亀梨
「ちゃんとした人間になる」

えーと・・・?

もし自分がこれを受け取ったらかなり病みます。

なにこの問題児どもは?

お前らマジメに進路考えろよ、と。

とまぁ現実的に語るのもあれなんで、ちゃんとした解釈をしておきましょう。

決定的なのが三人の『変化』と『成長』ですね。

笑って生きるなんて1話の小谷では到底考えられなかったでしょう。

あとは、紙ヒコーキにしなくなったのが一番の成長といえるかt(ry


・プロデューサーやめたい宣言

山下がプロデューサーをやめたいそうな。

理由は、

「苦しすぎるから。

野ブタが皆のものになるのは苦しい。

野ブタを俺だけのものにしたい。

ほんとは誰かに見られんのも嫌なんだ」

だって。

さて、どうなることやら。






なんていうか、今回は山下がちらほらとメインになってる感じだったかな。

で、今回のテーマは「金」と「夢」か。

そこにタイヤキを入れてもいいかもしれない。

次回の話は恋愛に偏りそうだな。

上原は亀梨に本当の気持ちを問われるらしいし、予告では山下が告ってたし。

修羅場だなー。

来週も楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。