スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪旅行 ~到着編~

約4時間半の道のりを経て、大阪に到着した。

窓から外を覗くと高いビルがお出迎え。

これ何の建物だよっていうような不思議な形のものもある。

ヤツを起こして大阪に到着したことを教える。

Tは勝手に起きた。

バスから降りるために荷物を手に取る。

乗客があらかた降りたのを確認してオレ達も降りるために席を立つ。

が、ヤツは降りる前にも関わらず、というか席の前方にある網の部分にゴミを突っ込んだまま出て行った。

ありえねぇ。

オレはヤツのゴミを持って、バスから降り、近くにあったゴミ箱にゴミを突っ込んだ。

ヤツ、お前マナー悪過ぎ…。


バス停からフラフラと歩いてみる。

近くにはモード学園HALとブランド物の店。

kei「空気悪っ。人多っ」

とりあえず駅に向かうために何故か知らんが地下に降りる。

どこに行けばいいのかさっぱり判らないので、ヤツが葵に電話をかけた。

だが、ヤツの話し方じゃあさっぱり埒(らち)があかない。

何度ヤツから電話を奪ってやろうかと思ったか…。

でもそうするとヤツは不機嫌になるだろうからやめておいた。

ヤツの電話は全く役に立たず、何度も迷いながらようやく、葵と合流できた。

(葵もヤツの電話対応には少々ご立腹だったらしい。要領悪くて)

挨拶もそこそこに目的のラーメン屋に向かう。

葵の先導で地下街のエスカレーターを上がったり、細い道に入ったりした。

(ちなみに葵に合流する前もずっと地下鉄の駅のホーム辺りをウロウロしていた)

エスカレーターで上がる最中、前を向くと右側に全員寄っていることに気付いた。

あぁそういやテレビで見たことがある。

東京とか大阪は急いでいる人のために片側に寄ってエスカレーターを使うと。

なるほどなるほど。

業に入れば業に従え。

オレは前の人と同じように右側に寄った。

後ろを向くと、Tはちゃんと寄っていた。

葵に至っては現地人なので云うまでもない。

ヤツは……うん、葵がこう云ってたよ。

葵「寄れって

判って貰えたかな?

ラーメン屋に着くとお昼時なので、待たなければいけないらしい。

名前を書いて待つことにする。

ショーウィンドウにはラーメンの展示品が置いてあった。

葵「ここの角煮ラーメンが美味いんよ」

T「へぇ」

葵「私はあんまりスープを飲むことはないけど、ここのは全部飲むね」

kei「Tは基本的に飲むよ

T「おい!w」

葵「ちなみにね、大阪のラーメン屋はメンマとキムチが食べ放題なんよ」

kei「嘘!すげ!」

葵「大阪はサービスがええんよ」

席が開いたので店内に入る。

注文は葵とオレとTが角煮ラーメン、ヤツは冷麺(みたいなもん)を頼んだ。

昼食中の会話は以下の通り。


葵「ここは氷川きよしが宣伝したんよ。写真もどっかにあるよ」

T「おぉ」

kei「(氷川きよし?あぁ歌手か)」


葵「どこに行ってみたい?海遊館か日本橋って云よったけど」

kei「初耳」

葵「海遊館は日本橋の正反対の方向にあって、一日で行くのは無理じゃね」

T「そっか」

葵「じゃあ海遊館は明日行って、今日、日本橋行こう」

T「そうじゃね」

kei「日本橋って…橋だろ?行く意味あるん?」

葵「いや、ただの橋じゃないよ。東京で云う秋葉原みたいなもん」

kei「マジで?中古ゲーム屋ある?」

葵「あるよ」

kei「ドラッグオンドラグーン2探しとったんよね」

葵「私もスマブラDXを探しとったんよ」


ヤツ「将軍(葵のあだ名)の家はこっからどんくらい?」

葵「ここからだったら割とすぐじゃね」

kei「荷物置きたいな」

葵「じゃあいっぺん家寄る?」

kei「うん」

葵「あぁでも遠なるわ」

kei「あぁそっか。じゃあ持っとこう」


ヤツ「葵の彼女と合流するんでしょ?」

kei「彼女おん?」

ヤツ「おるんよ」

(葵はまぁええやみたいな顔)

kei「え?合流すん?」

葵「合流すると云っても12時を超えるよ。バイトしよるしね」

kei「何のバイト?」

葵「ベビー服売りよるよ」

kei「あぁ赤ちゃんの服か」

葵「子供好きなけんね」

kei「なるほど。将来のために子供服をもう選びよるってわけか

葵「ちょww」


kei「どっちから告ったん?」

葵「まぁええやw」

kei「どこで知り合ったん?」

葵「同じ学校だった」

kei「馴れ初めは?」

葵「まぁええやw」

照れてるのか嫌がってるのか今一判らないなぁ。



(ラーメン到着)

T「角煮うめ!」

葵「うまかろ?」

kei「角煮うまいな」

ヤツ「こっちは濃い目の冷麺じゃな。食べてみる?」

全員試食。

葵・kei・T「うん、冷麺」

ヤツ「ラーメン頼も」

ヤツ、ラーメン追加注文。

kei「どんだけ入るんだ

ホットドッグ×2、ラーメン×2って…。


葵「私は角煮ラーメンしか食べたことないね」

kei「オレもからあげ定食かラーメンしか食ってない。中華屋では」

葵「からあげ定食w」

T「冒険せないかんって」


(ヤツの追加のラーメンが来た)

ヤツ「ちょっとそっちと味が違う。濃い」

全員試食。

葵・kei・T「濃いな」


ヤツ「晩はどうする?」

葵「どこかに食べに行ったらえんじゃない?」

ヤツ「なんか食いたいもんある?」

kei「なんでもええよ」

ヤツ「鶏?」

kei「なんでもええって」

ヤツ「やっぱ唐揚げ?」

kei「なんでもええって」

ヤツ「やっぱり唐揚げ?」

kei「話しを聞けえ!!!

いい加減うざかった。


ラーメン屋での会話はこんな感じ。

次は日本橋に行くようだ。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。