スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪旅行 ~お土産編~

割とオレは焦っていた訳だがTはそうでもないらしい。

オレは会社の人にお土産を買っていかないといけないからな…。ヤツもだが。

地下鉄に行き、最初に大阪で降りたバス停を目指す。

全員「…道が判らない」

葵が積極的に駅員さんに聞いてくれて、最終的には辿り着けた。

葵は本当に大人だと思う。マジで。

まぁ葵がいなかったらこの役はTになるのだろうが。

で、目的の場所が目に見える場所(現在は地上)にあることが判ったので、オレとTはおみやげを買うために地下鉄に戻った。

ヤツは景品を運ぶのに疲れたから座って動かなかった。


Tの先導のもと、お土産を売ってそうなところへ向かう。

それっぽいところを見つけた。

この時点で4時半。ギリギリ。

Tはサクサク決めているが、オレは人の好みまで気にしてしまって時間がかかる。

kei「(キャラメルプリンケーキとか○○はダメだろうなぁ。お、○○はこういうのが好きそうだな)」

とりあえず、会社の人用1、2、会社で個人的に御世話になっている人用、知り合い1、2、3、家族の分を買った。

(ちなみにこのお土産を持っている状態で、ヤツの1日目の荷物より軽かったりする)

個人的に特別なお土産を買っていきたい人はいたのだが、これといっていいのがなかったので、諦めることにした。

kei「ヤツはどうすんだろ?」

T「高速のパーキングエリアで買うんじゃない?」

kei「なるほど」

はて、大阪で最も近いパーキングエリアには自販機しかなかったように思うが…?


お土産を持ってヤツのところに行くと葵が消えてた。

kei「葵は?」

ヤツ「さぁ」

kei「さぁって…」

お前、そりゃないだろ。

せめて行先だけは聞いて欲しい。

いきなり消えてしまったのならしょうがないが。

ともかく、オレらはバス停に行かないといけない。

もしバス停が違ったらえらいことになるからだ。

オレはバス停に向かう途中、葵に電話をしたが、葵は出なかった。

どこ行ったんだろ?とか思った矢先、Tが葵を見つけた。

横断歩道で普通にすれ違いかけていたのだ。

大阪は本当に人が多い。

そういや葵はどこに行ってたんだろう?

見ると、葵は手に袋を持っていた。

袋の中にはお茶が4本。

葵は1本ずつオレらにお茶をくれた。

そう、葵はオレらにお茶を買いに行ってくれていたのだ。

大人過ぎるよ葵。

素直にお礼を云って、バス停に向かう。

何とか間に合った。

バスもまだ来てない。

とりあえずバス停付近で荷物を置いた。

ヤツ「トイレ知らん?」

kei「トイレなら来る途中、(建物の)中の右側にあるのを見たよ」

ヤツ「マジで」

ヤツはトイレを探しに行った。

が、数分後、戻ってきてオレにこう告げた。

ヤツ「ないぞ」

kei「あるって」

オレも一緒に行って、トイレを探してやる。

kei「ほらあそこあるや」

ヤツ「中かや」

kei「中って云ったやん」

人の話をマジで聞け。

オレはバス停のところに戻って、Tにさっきのことを話す。

T「そういや何故か地下に降りて行きよったな」

kei「オレの話聞いてないんかな」

右側だけのヒントでも、トイレくらい見つかると思うんだがな。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。