スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢。

変な夢ばっかり見ます。

どう模型です。



刑務所?みたいな場所にいて、オレは作業をしていた。

すると、銃を持ったイカレ野郎が現れて、お姉さん風な女を撃とうとしてた。

オレはその銃を掴み、誰もいない所を向けて発砲させたが、発砲した一発がオレの腹に命中。

不思議と痛みはなかった。
(体験したことがないからだろう)

オレは「え…?」と停止しているとイカレ野郎が「お前が悪いんだ!」とオレの胸にもう一発発砲。

イカレ野郎は逃げた。

残されたオレとお姉さんはしばらく立ち尽くしていたが、さすがにオレもやばいと思ったらしく「病院に行かなきゃ」と思い始めた。

だが、オレは重症。と云っても何故か動けるが。しかも無痛。

血が滲みながらも、オレは病院に行こうと歩き出した。

そこへお姉さんがオレにえらく小さな鍵を渡した。

「プリウスの鍵だよ。看板の後ろに停めてあるからそれ使って」

プリウスとはハイブリッドカーのことだ。

「巻き込んでごめんね」

オレは刑務所から出て看板の後ろに向かった。

刑務所はイカレ野郎が銃を持って逃げた直後なので、簡単に抜け出すことができた。

で、車に乗ろうとした直後、またお姉さんが現れ、「連いてこい」的なことを云われた。

連いて行くと和菓子屋みたいな所に着いた。

「オレ、病院行きたいんだけど」

お姉さんは無視して買い物をしていた。

オレはお姉さんを無視して、とりあえず自分の家に帰った。

といってもすることがないので、部屋でボーっとしていると警官が来た。

オレのことを捕まえに来たらしい。

オレは逃げ出した。

で、結局病院に行けずに目が覚めた。



車に乗っているオレ。

運転手は知らない人。

場所は湖の横。

オレはふざけて「ここネッシーがいるんだってよ」とか云ってると本当にいた。

しかも襲いかかって来た。

かなりでかい。

ゴジラくらいある。

道路が破壊されて、車が飛び跳ねた。

それでも何とか逃げ出すことができた。

で、誰かの弟の部屋に入り、「首長竜に襲われた!」と云うとうんたらかんたらで夢が終わった。



どの夢でも襲われてばっかりだな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。