スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お奨めの漫画はLIAR GAME。

人間が悪魔になるには千の悪行を連続して行わなければいけないらしい。

一度でもいいことをしてしまうとその場でリセット。

また最初からやり直し。

そうまでして悪魔になる価値があるのだろうか。

どうもkeiです。



漫画を買ってきた。

「フリージア」と「LIAR GAME」を2巻ずつ。

「フリージア」という漫画は敵討ち法という法律が認められた日本が舞台で、まぁそんな話らしい。

「LIAR GAME」は誰が一番うまく嘘をつきとおせるかを決めるゲームをするお話。

で、読んでみての感想。


「フリージア」

絵が汚い。

カラーは上手く描いてるのに、中身のコマの全てが雑過ぎる。

下描きみたいな。

この人はペン入れという言葉を知らないのだろうか?というくらい汚い。酷い。

話の内容も1、2巻じゃあ意味不明。

主人公は空想の誰か(他の人には見えない)と話したりしてるし。

っていうか登場人物はどいつもこいつも逝ってる。

狂ってる。

まぁ、絵が酷いせいもあってか、全然読む気が起こらない作品だった。

映画化されてたみたいだから期待したのに。


「LIAR GAME」

最初、コミックスカバーの絵を見て大丈夫だろうかと思ったが、素直に面白いと云える漫画だった。

話のスケールがでかくて、一気に話に引き込まれた。

作者、頭いいなと普通に関心する。

物語の内容はライアーゲームに巻き込まれた女が詐欺の天才の男に助けを求めて、二人でライアーゲームから縁を切るってお話。

まぁ男は途中からライアーゲームの実態を暴くという風に変わってしまうが。

ちなみにライアーゲームはトーナメント方式で1巻では一回戦、2巻では二回戦という具合になっている。

1回戦のゲーム内容は1対1の持ち金(1億)争奪ゲーム。

どんな方法を駆使しても構わない、対戦相手から金を奪い取れ、最終的に金を多く所持していた者の勝ちとなる、負けた者は1億の借金を負う。

こんな感じ。

1巻でのオチは何となく想像はつくが2巻以降(3巻まで出ている)のオチは「あぁそうくるか、なるほど」と感嘆する。

それにどのゲームもよくこんなの思いつくよなというルールなので、セリフが多くても読み進めることができるのがすごい。

あと、例え話がかなり判り易い。



「フリージア」は微妙だったんですぐに売ったけど、「LIAR GAME」は今、一番面白い漫画に殿堂入りだな。

それほど面白かった。

頭のキレるキャラの上の上を行こうする展開なんて、素晴らし過ぎる。


そうそう、4月14日からテレビドラマ版「LIAR GAME」が始まるらしい。

まだ3巻しか出てないのに、早くもドラマ化。

主演は戸田恵梨香。

ほとんどオリジナル展開なんだろうけど楽しみだな。

深夜放送?っぽいので録画しよう。

あぁ、楽しみだ。


ということで「LIAR GAME」はオススメ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。