スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰風

手を伸ばして掴んだ
――そうしないと離れてしまいそうな気がした
強く強く抱きしめた
――そうしないと何処かに行きそうな気がした

私はいつだって彼と共にいた
彼と共にいられることが幸せだった

彼はいつだって彼女と共にいた
彼女と共にいることが幸せだった

私には我慢できなかった...
彼にとっての太陽が彼女であることに...
嗚呼...彼女は私から彼を奪った風だ...

いつだって共にいられるのは太陽の権利
風である貴女にその権利はない
私から彼という太陽を奪わないで
彼にとっての太陽は私なんだから...

それから
私はいつだって彼と共にいた
彼と共にいられてとても幸せだった...

これから
彼はいつだって私と共にいる
私と共にいられる彼はきっと幸せ...

私には我慢できなかった...
彼にとっての太陽が私でないことに...
嗚呼...彼女さえこの世にいなければ...そうだ...殺そう...

いつだって共にいられるのは太陽の権利
風である貴女にその権利はない
返り血を浴びた私を見た彼の顔は
涙を流してしまうほど嬉しそうだった...

そして彼は私に背を向けた
私から去ろうとした...

手を伸ばして掴んだ
――そうしないと離れてしまいそうな気がした
強く強く抱きしめた
――そうしないと何処かに行きそうな気がした

彼は身震いするほど喜んでくれた
なのに彼は私から去ろうとする
ねぇ...私から離れられると思って?

貴方の太陽は私なの
これからは...ずっと...
私は貴方にとって...太陽でしかないんだから...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。