スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曇った心

私が彼を見つけたのはただの街角
何の変哲もない
私が彼の歌を聴いて惚れてしまったのは
彼が太陽に見えたから

私の心は幼い頃から曇りで覆われてしまっていた...
その曇りを一瞬にして拭い去ったのは彼の歌だった...

彼が歌い終えるまで私は彼の歌をずっと聴いていた
彼は私に笑みを浮かべて歌ってくれた

家に帰ってからも頭に浮かぶのは彼のことだけだった
嗚呼...彼の歌をもっと聴きたい...

歌い続けるのは彼の歌
曇った心に光を射すのは彼が作った歌
彼という太陽から発せられる声という光が私にはこれからも必要...

私は彼に会うために街角に向かった
いつものように彼はいた

私は彼に話しかける
「前も来てくれたね」
私は彼に話しかける
「僕の歌が好きになった?」
私は彼に話しかける
「僕の歌が欲しいだって?」

そして彼はこう云った
「歌はあげられないけど…何度でも君のために歌うよ」
嗚呼...駄目...それだけじゃ...足りない...

歌い続けるの別れの歌
曇った心に光を射すのは彼が作るはずの歌
彼の持つ唇から発せられる声という光が私にはいつまでも必要...

一緒に
歌い続けるのは彼の唇
曇った心に光を射すのは彼の作った旋律

一緒に
歌い続けるの別れの唇
曇った心に光を射すのは赤色の音符記号

そして...
その楽譜の終止線を書くのは彼の唇...
嗚呼...これからはずっと彼の歌を聴いていられる...
私のこの手に...彼の唇がある限り...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。