スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 デスノート 後編 感想。

デスノートの後編の感想。

もろにネタバレするので注意。

観終わった後の感想は「ふ~ん」って感じだった。

原作の最終回と似た雰囲気。

以下、原作と違うところと気になったところ。


・第三のキラは女。

・第三のキラは高田。

・ヨツバは出ない。

・全編の最後のポテチはこれといった意味はない。

・ミサが最初に月を見るのはサクラTV局内。

・サユの出番が多い。

・ミサに殺されるのはウキタではなく摸木。

・車で突入は局内ではなく、大型テレビを破壊するだけ。

・突入時にはサユが現場にいる。

・レムがデスノートを渡すのは高田。

・所有権を回す時の説明はなし。

・高田は火口と同じように罠にかけられるが、局内で取り押さえられる。

・高田のキャラが原作より壊れている。

・出目川はいるが細い。

・高田が嫌いなキャスターがいる。

・高田は大学にはいない。

・月が腕時計に仕込んだノートを書くのは普通に表向きで。
(ノートで腕を隠しながらではない)

・Lは大学にいる際、ひょっとこのお面を被っている。

・レムがワタリとLの名前を書いた後、一緒にノートを燃やして砂になった。

・レムがデスノートに名前を書いても、Lは死ななかった。

・Lはデスノートに自分が23日後に死ぬと書いていた。
(=23日間は絶対に死なない)

・ワタリが死んだ後、原作ではLも死ぬが映画では演技。

・Lが死んだ後は月が本部で本性を晒すが、それはカメラと盗聴器で捜査員に筒抜け。

・総一郎は死なない。

・腕時計は松田の射撃で破壊される。

・最後のセリフは原作デスノートの月対Nの会話に似ている。

・Lは事件を解いてから死ぬ。

・ミサは死なない。
(原作では自殺していたらしい)

・月は原作と同じでリュークのデスノートに名前を書かれる。

・etc


前編は金曜ロードショーでやって二度観る機会ができたが、よく考えると飛躍過ぎる場面があった。

部屋に誰かが入っている形跡があるだけで、カメラと盗聴器が仕掛けられていると思うだろうか?

普通は親が掃除したとか、妹が参考書でも取りに来たのだろうとか思うんじゃないか?

まぁ、前編のことは今はもういいが。


とりあえずは原作のセリフが大量に使われていたり、Lは敗北じゃなかったりと、原作の最後とは微妙に違うところがあった。

ただ一つ不満があるとすれば、

CMで見たLの場面が最後のほうまでなかったので、「あ、絶対L死んでないな」と読めたところだ。

そこは流さないで欲しかった。



月曜日はSAW3を観にいこうと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。