スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歓迎会。

虹色のひまわりを探す旅に出ます(逝)

どうもkeiです。



昨日は歓迎会だった。

場所はどっかの居酒屋?で7時から。

行きは親に乗せていってもらった。


時間になり、司会の進行のもと、オレが全員の前で適当に挨拶した。

挨拶を終え、適当にメシぱくぱく食ってると、指導員が来て、皆のコップにビールを告げにいけと命令。

まぁ、当然だよな、と思いつつビールを注いでいると、何故か注ぎ返しというものをされ、オレもビールを飲まされた。

3杯は(軽く)飲んだね。

一気で。

不味いったらありゃしねぇ。

上司(初対面)「お前酒飲めるん?」

kei「ほとんど飲んだことないです」

上司「ほとんどってことは飲んだことはあるんだろ?」

kei「ビールは初めてです」

上司「またまたそういうこと云って、本当はかなり飲めるんだろ?」

kei「初めてですって」

初めてだよ、ちゃんと飲んだのは。

もうね、お腹タプタプだよ。

でもね、全然酔ったっていう感じはないんだよなこれが。

で、まぁ、注ぎ終わった後はもう飲みたくなかったので「もう酔ってきましたよー無理無理ー」みたいな演技を始めた。

「もう無理ですもう無理です」(余裕なのに)とか云いまくったり、「お茶ください」(お茶嫌いなのに)とか云ってみたり。

まぁ、「名前覚えとるか」のテストで課長の名前を間違えたのは素だったりするわけだが。

査定に響く。


適当に色んな人と話してると、時間はいつの間にか9時になった。

予定では9時でお開きのはずだが、それで終わるはずもなく2次会を始めるとのこと。

場所を聞くとスナック。

kei「(うわ………)」

リアルの人はオレがやんだ時に浮かべる顔を想像してもらえたら、すごくわかりやすいと思う。

うん、かなりやんだね。

聞いた瞬間酔ってるフリを突き通すことを決めたね。

オレ、女にヘラヘラして金を渡す大人にはなりたくないんだ。


徒歩5分で、上司行き着けの店に着いた。

店に入り、エレベーターで上に上がる。

エレベーターから出て、横を見ると、いわゆるママがいた。

着物着てるし。

その横にはNo2みたいなのがいた。

っていうか上司とママが会った早々、ハグしていたので、オレはドン引きした。

…腐ってるよ。


部屋に案内されると、バーみたいな感じだった。

地味にサイバーダム(カラオケ)まで置いてあるので、歌わされそうな気がする。

で、適当に席に座ると、隣に女が着た。

オレ、さらにドン引き。話す気ゼロ。

何か適当に話してきたけど、愛想(引き)笑いで返した。

ちなみに上司は4、5人で、女も同じくらいいた。


他のお客が来て、オレの隣の女がどっか行った。

かなり嬉しかった。

だが、オレが少し席を外した瞬間、オレの席はまた別の女に取られていた。

已む無く他の席に座ると、No2みたいなのが横にいた。

正直泣きたくなった。

しかもNo2はオレと必死こいて話そうとしてくる。

オレは話す気などさらさらないので、対応に困る話し方をすることに決めた。


No2「趣味は?」

kei「読書」

No2「あーあたしも趣味読書なんよ。家に図書室あるんよ」

kei「おぉー(ふーん。で?)


No2「何の本読むん?」

kei「なんでも読みます」


No2「かわいい顔しとるねぇ」

kei「ハハハ…」

頭を撫でて来るNo2。

kei「(うぜぇ…)」

あぁ…女を殴りたいと思ったのは生まれて初めてだ……。


No2「歌う?」

kei「歌いません」


No2「この子は純粋じゃねぇ」

kei「(あなたは穢れてますよね)」

上司1「オレも純粋じゃって」

No2「○○(上司1の名前)は違うよー」


No2「心を開いたらもっと話してくれるようになるよ。緊張しとんよ」

kei「(うわ、当てられた…)」

No2「年齢も離れとるし、話し難いところもあるんよ」

上司2「ふーん」


こんな感じだったな。

何か無駄に「頑張るための方法」的なアドバイスされたけどとりあえず無視した。

最後のほう、オレ全然喋ってないし。


11時半になり、居残り組みと帰宅組が別れることになった。

オレは当然、帰宅組みに手を挙げた。

で、会計を見ていたが、なんか一人五千円払ってる。

え?あれで?

適当に話して、適当に歌って、適当な酒とお菓子(味のないポテチは最高だったよ)を出しただけで?

ありえねぇ。

金の使い方間違ってるよ。

大人は皆腐ってるよ!!

オレ、これだけは慣れたくない。

マジで。

ちなみに金は(最初っから出す気はなかったが)上司が出してくれた。


2次会は苦痛でしょうがなかった。

まぁ、酔って気分悪いフリしてたので、オレが一人やんでた時は妥協されてたと思うが。

水持ってこさしたし。

もう二度と行きたくない。

何がパラダイス(極楽)だ。

むしろアビス(奈落)だ。

家に帰った後に、何かにしがみ付きたくなったのは生まれて初めてだよ畜生。

何、この穢された感。

心に傷ができた瞬間だな。


もっとノーマルなところに連れてってほしかった。

上司曰く、洗礼だってさ。

ったく、ふざけんなっつーの。

この2次会のせいで、初めて「会社辞めたい」と思った。

かなり疲れた一日だった。

次の日も仕事だったのにね。


夜の街なんかもう行きたくねぇ…。

ちなみに帰りはタクシーに乗って帰った。

上司持ちで。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。