スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野ブタ。をプロデュース 2話

亀梨が小谷にまず髪を切ろと命令。

プロデューサーの命令は拒否できないらしい。

で、小谷の返事。

小谷「イヤ」

ソッコー拒否。

亀梨「じゃあもうやめようぜ」

山下「何を?」

亀梨「プロデュースする話全部だよ!」

野ブタ。をプロデュース 2話で完結。

いや、冗談だが。

どのドラマにも大体、挫折という部分が出てくるが、このドラマは挫折が早いな。

小谷は今のところ挫折の人生しかないのだろうが。

小谷が髪を切らない理由については、小学生のころからの友達を残して変わりたくないかららしい。

まぁ友達といっても人形なんだが。



今回のいじめは制服にブスと書かれたこと。

ブスと書いたのはどうやらいじめっこではないようだ。

ブスの字は絵の具で書かれているらしく、洗っても落ちない。

これはチャンスとばかりに私服の許可を出させ、髪を切らせる。

(プロデューサーが変な服を着たのは割愛)

そして服をコーディネートし、いざ学校へ。

やっぱり美人だ。

元がいいから、何着ても似合うんじゃないか。

クラスでも「イイ!」とか「美人!」とかの声が上がる。

小谷はいじめっこに挨拶をして小さくガッツポーズ。

次の日も皆に挨拶をした。

変わりたいからかな?

だが、一人だけ私服なのに不満を持つバカが自分で自分の制服に落書きして、私服申請をした。

そしてそれが受理されなかったことに腹を立て、教師に抗議。

小谷は制服を着てくると発言した。

次の日、ブスの字を背負い注目を浴びながらも登校する小谷。

だが、教室に入る前にプロデューサーの二人が「キザ」(亀梨)と「バカ」(山下)という字が書かれたズボン(制服)を着て、全速力で教室に入った。

その姿がなぜか流行し、制服にペイントする生徒が続出。

一体どんな学校やねん、と。

しかも教師は「ほっとけ、すぐに飽きる」と注意もしない。

すごい学校だ。

本当にすぐ終わったし。

でも、制服につけた色はのかないからみんな買い換えたのかな?

結構な出費だろうな。



今回の小谷の変身っぷりは驚きの一言。

変われば変わるもんだ。

あとは笑顔と、内面を変えれば申し分ないんだがね。


小谷の制服にブスと落書きしたのは、もう一人のヒロイン上原まり子(戸田恵梨香)だと考えるのが妥当だろう。

これがセオリー。

今のところ、怪しい奴は出ていないし。

自分より綺麗になることに苛立ちを覚えたとかそんな感じだろう。

2話も見て、まぁまぁ面白かったから毎週見ていこうと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。