スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルティギアイスカをプレイしてみる。

冗談冗談。

オレは悪魔だけど鬼じゃないからそこまで酷いことはしないよ。

(メールで送った文章)

悪魔のほうがタチ悪そうですよね。

どうもkeiです。


先日、ギルティギアを借りた。

しかもイスカだ。

イスカといえば4人同時対戦ができる「うわ、対戦ゲームで4人とか意味わかんねぇ。真ん中にいたらタコ殴りじゃん」っていうシステムを取り込んだゲームだ。

ゴチャゴチャしそうな感じがするが、まぁ、とりあえず起動してみる。

んー、手始めにアーケード(1人用)でプレイしてみるか。

キャラクターはソル。

選んだ理由は最初にセットされていたから。

さぁ、おっぱじめよう。

まず波動拳コマンドを連発。

ソルは何か飛び道具を出してる。

次に昇竜拳コマンドや竜巻旋風脚コマンドを連発。

まったくコンボは決まらないが、いい感じにダメージが減ってオレが勝った。

弱いな。まぁ最初の敵なんかこんなもんだろ。

勝利に安堵しつつも、気になった点が幾つか出てきた。

まず、イスカだからだと思うんだが、HPゲージが見にくい。

2人で戦ってるときも、4人分わかれてるから、小さい小さい。

あと、敵の後ろに回ると普通は自動で敵の方向を向けてくれるけど、イスカは前を向いた(敵に後ろ姿を見せた)まま。

R1で向きを直さないといけない。

慣れるまで時間が掛かりそうだな。

ボタンの配置も慣れるのに時間が掛かりそうだが。

実を云うとオレはストリートファイター系の対戦ゲームしかやったことがないので、

□-弱パンチ

△-強パンチ

×-弱キック

○-強キック

の、配置がインプットされていて、蹴り技をするのに、○ボタンを押すことがしばしばある。

ちなみにギルティギアのボタン配置は、

□-殴る

△-斬り

×-蹴る

○-大斬り

になっている。

その癖が直らないまま、二回戦突入。

二回戦も苦戦しながら、何とか倒した。

三回戦。

普通に戦闘を開始していると、挑戦者が現れた。

CPUの分際で乱入してくるとはいい度胸だ。

対戦キャラを見ると、何故か敵が2人。


は?


あーはいはい。

そういうこと?

2人しか戦ってないときでも、あまりのHPゲージが上空に存在するのはそういうこと?

3人同時に戦えと?

無理だろ。

だが、そんなことも云ってられないので、とりあえず戦闘を始める。

開始5秒でボッコボコ♪

くそう、敵が複数になると全然ダメージを与えることができない。

CPUの2匹、オレ基準で攻撃してくるし。

ほんの少しのダメージしか与えることができずに、やられてしまった。

そしてすぐさまコンティニューで挑むが、勝つことはできなかった。


アーケードを諦めて、トレーニングをすることにした。

見た目でキャラを選び、コマンドリストを見ながら、ひとつひとつ技をチェックしていく。


・ソル

明らかにコンボ技が多い。

隙の多い技が多い。


・カイ

ソルに比べ技が少ない。

だが、使いやすい。


・チップ

技は出しやすい。

使い勝手が悪い。


・ファウスト

ユニークな技が多い。

だが使い難い。


・バイケン

ガードキャンセル技が多い。

出し所が難しい。


・ポチョムキン

遅い、重い、でかい。

使い難いこと山の如し。


・ジャム

スピードが速く技も簡単でコンボが繋げやすい。

使いやすい。


・スレイヤー

技が簡単。

直進的な攻撃が多い。


・ブリジット

トリッキーな技が多い。

使いやすい。


・ザッパ

ユニークな技が多い。

運便りな所があり、その都度技の出し方も変わるので使い難い。


・アバ

技が繋げ難い。

遠距離の技が少ない。


・ディズィー

敵で出てきたら最悪な技(見分け難い似たような技)が多い。

ザッパ同様、必殺技名は面白い。


・テスタメント

罠を仕掛けたりできる。

だが、扱い難い。


・ロボカイ

カイの技の大半が違うが、ミサイルが撃てる。

しかし、どことなく使い勝手が悪い気がする。


さすがに、全キャラを操作する時間はないので、見た感じ気に入ったのを選んでみた。

どうやら、カイ、ジャム、ブリジットの3人と相性がいいらしい。

(1、ジャム 2、カイ 3、ブリジット)

早速アーケードモードに戻り、対戦を始める。

(そういや、これにストーリーモードはないのか?)

キャラクターはジャムを選択。

順調に倒していき、また3人バトルになった。

オレはさっきよりは明らかにコンボの繋ぎができるようになっていたが、結局は負けてしまった。

こんなにも難易度の高いゲームだとはね…。

コンテニューを押し、キャラクターをカイにして、再戦を試みる。

何とか勝つことができた。

その後、何回か勝ち、またも3人バトルになった。

しかも何か明らかにレベルが上がっている。

速攻で負けた。

真ん中に挟まれてなす術なしだ。


カイが負け、次はまたもジャムを選択。

3番手のブリジットをとって勝てる気がしねぇ。

以下、この後戦って全部負けた対戦相手。

イノ&ミリア

メイ&スレイヤー

ディズィー&テスタメント
(作為的なものを感じる)

バイケン&アバ

ABA&ロボカイ

ファウスト&ポチョムキン

ジョニー&アクセル

キャラクターの名前と顔がほとんど一致してな(ry

勝てない。

全く勝てない。

こうまでレベルの高いゲームだとは…。


オレが何度か再戦している最中、弟が来た。

オレは(オレよりは)遥かに上手いだろう弟に助言(?)を求めた。

kei「お前、何使うん?」

弟「さぁな」

kei「プッチ?プッチ?」

弟「何ぞそれ」

kei「プッチだろ?」

弟「チップかよ

kei「で、お前なら次何使う?」

弟「ソルじゃな」

kei「ソルか。よしわかった。ならオレはカイをとろう」

弟「なんぞお前」

kei「にしてもおかしいって。これほとんど1対2やん。勝てるか」

弟「それは腕次第だろ」

kei「キャラだろ」(あくまでオレが弱いとは云わない)

弟「腕だろ」

kei「キャラだろ。でもええ味出しとるザッパが使い難いとは」

弟「そうか?」

kei「使い難いし、アバも輸血パックとか意味が分からない」

弟「諸刃モードとかいうのがあるんじゃって。っていうかあいつ人間じゃないし」

kei「はぁ?何でや、試験管ベイビーかよ」

弟「そう」

kei「でもアバ声低いな」

弟「怖いな」

kei「……あー、負けた」

弟「何回目でや」

kei「黙れ。しょうがねぇな。チップ使いのkeiの実力を見せてやるぜ」

弟「………………」

kei「………………」

弟「………………」

kei「……………ジャスト1分だ

弟「1分で負けたな

kei「黙れ。ふー。さーて本気出すかなー。ソル使いのkeiの実力を見せてやるぜ」

弟「はいはい」

kei「ん?おいおい、対戦キャラはあの有名なブリジット兄弟じゃねぇか」
(適当に云ってるだけ)

弟「死んだな」

kei「黙れ」

オレは弟の予言を外すべく、ブリジット兄弟を倒すことを決める。


レディゴー!とかいう感じの戦闘開始の合図が鳴った。

開始1秒でこれ。



飛んで来てるんですが。

なぁ、お前ら?

同じキャラだからってタッグ組むのはせこくね?

あわよくば同士討ちして、負けてくれね?

な、頼むからさ。



お前らオレの話聞けよ。

こっちは横柄な態度で平和的解決をしようとしてるんだぞ?

いい加減にしろよ。

お前らがそんな卑怯で姑息な手段ばっかり使ってるとこちらもそれ相応の態度で臨むぞ。

そうだな。

まずお前らを血祭りにあげてやる。

二度と立ち向かって来れないくらいに、オレの拳をお前らの体に刻んでやる。

っつーわけでお前らボコ決定!



…………どうだ!

オレの目にも止まらぬ最速コンボは!

オレを本気にさせたが最後、お前らの命運は尽きたも同然。

ハッハッハ、相手が悪かったな。

自分の運の悪さを呪うがいい!

ハッハッハッハ!



ハーーーー。

え?画像と文章が一致してなかったと?

………気のせいですよ。

(ちなみにブリジットは男)


と、ご覧の通り全く勝つことができない。

しかも「倒せる!」って思ったときに限って挑戦者が出てくる。

ブリジット兄弟に負けた後はジャムを選択して、ボコボコにしてたらボコボコにされてたら、またも挑戦者が現れた。

kei「またかよ、うぜぇ」

と、愚痴りつつ、挑戦者を見る。

………何か、見たことのないキャラクターがいるんですが。

名前、LEOPALOON(レオパローン?)。

レベル99。

身長、一般的キャラの二倍(画面に顔が飛び出すときがある)。

技、畳替えし的なもの、メテオボール的なもの、他。

意味不明。

だが、レアそうな感じのする相手なので、早速立ち向かうことにした。

だって、レベル99の敵を倒せば、オレのレベル少なくとも95ってことじゃん?(意味不明)

ともかく、喰らえ。

飛び蹴り。



あれ、コンボで返されたよ。

っていうかこいつダメージ喰らってねぇよ。

オレはその後もほとんどダメージを喰らわせることができず、負けてしまう


弟に代わってやり、敵を観察するもやはりダメージは受けていない。

むしろこのメテオボールをどうにかしたいところだ。



避けれやしねぇ。

弟もあっけなく殺られた。

オレは何度かキャラを替えて立ち向かった。

(この敵になってから、ずっとこの敵が出るようになった。いつもはコンティニューする度、ランダムで変わってたのに)

どうやら有効打は存在するらしい。

さっきよりダメージは喰らっている。

kei「………あーわかった」

オレは敵の弱点を見つけた。

こいつには本体がある。

オレが4コンボ喰らっている画像を見てほしい。



茶色のゴーグルつけた犬みたいなのがいるだろう?

こいつが本体だ。

外の気持ち悪い表面は着ぐるみだったってわけだ。

なるほど。

これで倒せるんじゃねぇ?

オレはジャムのジャンプ攻撃を主流に戦うが、あのメテオボールにどうしても邪魔をされる。

うぜぇ。

弟はファウストのどこでもドアみたいなのと、上空チョップみたいなので戦ったがそれでも負けた。


11時になり、さすがにもう遅いので諦めた。

次こそは倒したいものだ。

いや、むしろアーケードをクリアしたい。

くっそーーーー。


実はプレイしたのは昨日だったオチ。

(オチじゃねぇ)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。