スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原付デリバリー。

 原付は夕方頃に届くらしい。

早ければ3時とかなんとか。

つまりオレは外に出てはいけないということだろう。

今日は遊びにいけないな。

 とりあえず午前中は普通に過ごして、1時くらいから本屋に向かった。

今日発売の本を購入する。

他の本もちょろっと見てみたが興味をそそるものはなかった。

 店を出て、自転車にまたがる。

行きしなも感じたが今日は風が冷たい。

だが、落ち込んだときにはこのくらいの風がいい特効薬になる。

 オレはただ何となくフラっと屋上に向かった。

屋上もよく風が吹き抜ける。

 出入り口にはレンガがあった。



今のうちに隠しておく方が得策だと思ったがやめておいた。

そんな気分ではない。

とりあえず頭を冷やしたかった。

 オレは屋上のさらに上に上がる。



 全てを見下ろしてみた。

高いところというのは何となく愉悦に走れる。

ただぼーっと風を受けるのも一興だな。

 一呼吸して、オレは手すりのないところまで歩いてみた。



 端っこはさすがに怖いな。

ここで突風が吹いてしまえばオレは間違いなく落ちるだろう。

そして屋上で彷徨う幽霊と化すのだ。

まぁ、洒落にもならないので、すぐに屋上に降りた。

 買ってきた本をパラパラと読み、気分が(まぁ少しは)楽になったところで、オレは帰路に着いた。

屋上に一人でいられるのは昼の1時、2時の間だけだな。夕方ポツンと一人でいるのは寂し過ぎる。

呑気にもそんなことを思った。

 家に着いて、本を読み終えた後、玄関を掃除した。

続いて食器洗い。

後はずっと読書に浸りこんだ。

 3時はとうに過ぎたが、原付が届く気配がない。

来る前に電話をするらしいが、電話はまだない。

また、読書に浸りこんだ。

 5時頃に電話があった。

来てくれるらしい。

オレは金を用意した。

今日が18年間生きた中で最大の買い物になるだろう。

万札を手に広げてみる。



 あぁ勿体ない。

これだけあれば他に何が買えただろう。

だが、しょうがない。

就職したらすぐに金を貯めてやる。

 そんなことを思いながらお金を封筒に入れた。

 15分後くらいにトラックが来た。

原付を荷台に載せている。

 店員は原付を玄関前に降ろして、簡単な説明を始めた。

オレはそれを頭に刻んでいく。

 説明が終わり、オレはお金を支払った。

原付の鍵を貰い、少し嬉しくなる。

しかし免許証は学校に預けられているので、乗ることはできない。

早く免許証を返して欲しいものだ。



 今はどんな気分なのかよく分からない。

中間のところを彷徨っている感じだ。

ヘタしたら一番やばいところかもしれない。

鬱系で自殺する人は本当に鬱になる一歩前の状態が多いらしい。

鬱になると無気力になり、死ぬ気も起こらないが、一歩前だと無気力ではないので普通に行動できるのだとか。

 まぁ、今のオレには自殺願望などないので、死にはしないだろう。

屋上から身を投げたら楽だろうなーなんて思ってないですよ?マジで。

 RADWIMPSの歌にありました。

“生きたくても生きれねぇ奴がいるんだって 

そんなんも考えないで生きた気になんなって”

まさしくその通りですね。

だから自殺は自分の中では否定しておきます。

まぁ自殺者は後を絶ちませんが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。