スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯のメールについて。

◇前書◇

 今回はメールの内容とかその辺のことについて。

前はアドレスの聞き方だったんで、今回は中身を埋めようと思います。

まぁ、あんまり参考にはならn以下略。



◇受信◇

 メールが来るとまぁ、当然メールを見る。

で、普通に返事をして、普通にメールのやりとりをすればよし。

っていうのが必ずしもできるわけではない。

「このメールを送ってきてオレにどうしろと云うんだ?」

というのがたまにある。

 例をあげるならこんな感じだ。


―日記的メール

―実況メール

―相槌メール


 日記的メールは「だと思った」とか、こちらに何も問い掛けることなく終わるメールのこと。

正直返事のしようがない。

自己完結してるし、こちらの意見聞いてない感じだし。

 日記的メールを送る人は自己中な人が多いのだろう。

返事しなかったらしなかったで怒るし。


 実況メールは聞いてもないのに「○○と××が△△した!」とか逐一報告してくるメールのこと。

頼んだのならともかく、そんなこといちいち云われたってしょうがないと。

自分がいかに面白い状態かを自慢しなくていいからと。

本人は「してあげてる」と思っているのだろうが。

 実況メールを送る人はおせっかいな性格な人が多いと思われる。


 相槌メールはこちらのメールにそのまま相槌で返してくるメールのこと。

例えるなら「今日、猫を見た」と送るとする。

すると「今日、猫見たんじゃあ」と返信してくるわけだ。

返事のしようがない。

 相槌メールは人の意見を聞いてない人が多いのではないかと。


 以上、3つを例に出したが、どうだろうか。

対処方法は「教えてあげる」「メールをしない」「放置」だろう。

オレの場合は大半メールしないに入るが、そこは人それぞれ。

まぁ、上記3つとも本人の悪気が無いから、そこが微妙なんだけど。



◇送信◇

 送信メールは無論、自分で作成するわけだが、気をつけないといけないことがある。

「受信」で紹介したあのメールにならないこと。

 後、オレが最近、気付いたんだが…。

少しでいいから口調に気をつけること。

自分の送信メールを見て、ムカついたのはオレだけかな?

 オレはこの記事と同じく、語り口調でメールをしていた(している?)。

「だが」「だろう」「思われる」「じゃないのか?」…etc

なんて偉そうな。

しかも何故かオレのメールには「早くメール終わらせたいオーラ」が出ているという。

文字の印象はここまで読まれるわけだ。

 どう思われてるか分かったものじゃないな。

まぁ、見やすいとは云われるんだけど…。



◇顔文字◇

 顔文字を多様すると何ちゃらかんちゃらっていう心理なんとかがあったけど、あれは正直微妙。

顔文字を使用することで、自分がどんな感情を示しているか教えているわけだから、非に問われることはないと思う。

まぁ、普段顔文字を使ってる人が、顔文字を使用せずにメールを送ってきたら「怒ってる?」とか思うわけだが。


 オレは顔文字を一切、使用していない。

「中身のあるメールだから別になくてもいい」と云われたがどうだろうか。

感情を表すものはせいぜい (笑) くらいしか使ってないと思う。

昔は使ってたが、今は老け込んだのか知らんが面倒になって使わなくなった。

まぁ、これからも顔文字を使用することはないだろう。多分。



◇内容◇

 オレの場合、決めていることがある。

送られてきた行数に近い、文章量で返すこと。

向こうが長文で送ってきて、2、3行で返すのは何となく悪い気がする。

いや、あくまで何となくだから、特に他意はないのだが。


 さて、誰でも送ったことのあるだろうお誘いメール。

その時の内容を書いてみよう。

A「明日暇?」

B「何するん?」

これはきっと数々の心理戦が培われているはずだ。

 双方の立場に立って考えてみよう。


 Aは「明日は暇か」と聞いている。

しかしBは「何するん?」と切り返し、Aの質問を無視。

Bは聞いてから選ぼうとしている。

いわゆる品定め中だな。

 で、Aは釈然としない思いで質問の返事をするわけだが、何となく気分のいいものではない。

Aは「明日暇か?」と聞いただけであって「明日オレと遊ぶことが決まった」と云っている訳ではない。

Aにそんな権限はないのだから、もし断られるなら「暇だけど、気分じゃない」と云われる方がまだ納得できる。

内容を云わされて「でも用事あるから無理」が結構腹立つ。

最初から用事があったのか、後からできた用事なのか。

どちらにせよ、こちらには手間なわけだ。

 断れた後、メールを続けることはほぼないのだから。


 BはAに「明日暇か?」と聞かれた。

最初から何をするのか送ってくれればいいものを、と思いながら返事をする。

だが、「暇だ」と送ると遊びにいくことがほぼ決定してしまうし、断るときにイヤなイメージを与えるかもしれない。

ならまず内容を聞いてからじゃないとこちらは選びたくない。

だから「何するん?」と返事をする。

で、その遊ぶ内容がこちらも楽しいと思えるかどうかを審議して、行くかどうかを決定する。

行くならそのまま「行く」と返事をし、行かないなら「用事があるから」とかの理由で返事をする。

もし用事が本当にあったとして最初から行けないことが分かっているなら、

「明日は用事があって無理。ごめん。何をするん?」

と送っておけば、特に不快な気持ちを与えずに内容を聞き出すことができる。

 行けないけど、仲間が何をして遊ぶのか興味のない人間はいないだろう。


 双方、共になるほどという心理状態であると窺える。

Aからしてみればムカツクことでも、Bからしてみればしょうがなく送っていることだ。

 Aの場合、上から見られている感じでどこか不快。

 Bの場合、最初のお誘いの時点で嘘の「暇じゃない」を選択して、もしそのお誘いが自分にとっていいものだったらガッカリする。

結局はどちらがいいとも云えないのだ。


 オレの場合、暇であるなら即「暇」と送って、その遊ぶ内容が微妙なものでも、自分の意見を云い、自分の遊びたい内容に少しでも近付けるよう努力を試みる。

オレのスキルには、

「流れに沿いながら最終的には、自分のやりたい方向に話を進める」

というものがある。

(まぁ、ファンタジージョブ占いに書いてあっただけだけど)

このスキルを使って、自分も楽しむよう努力はする。

自分がつまらないと思う遊びに参加したってしょうがないだろう?

自分だけが面白いというのも微妙だが。



◇題名◇

 まず思うのだが、題名をつける意味ってあるのだろうか。

オレはほぼ使うことはない。

ずっとReが続くが、このReがイヤだという人も世の中にはいるらしい。

むしろ題名をつけていないメールがムカツクという人もいるらしい。

その心理は全く分からないが、本人がそうならそうなのだろう。

特に否定はしない。

が、強要はしないでほしい。

題名のないメールが来ると死ぬのなら送るが、あまり納得できない理由で怒られても、正直「?」だ。

 テレビで「題名のないメールがムカツク理由」を見たことがあるが、よくわからなかった。

他にも「絵文字を使ってないとムカツク」という意見もあった。

 絵文字も題名もその人の気分次第だと思う。

この結論は最もダメな結論ではあるが、オレにはムカツク理由が納得できないのでこれで結論としよう。



◇後書◇

 今回は「あぁあぁ」と納得してもらえたらこれ幸い。

あと補足として、携帯を所持している人は少なからず自分ルールを持っている人が多い。

「自分からは滅多にメールを送らない」

「返信は一週間後まとめて」

など。

オレは「気付いたら即返信」という一般的なものだが、後回しにする人も結構いるだろう。

だからちょっと考えてみたら多分何かあるのではないかと思う。

まぁオレは「自分からは滅多にメールを送らない」にはあまり賛同できないが。

「自分はメールを送らなくても周りがメールを送ってくれるから送る必要がない」

という風に聞こえて何か自意識高いなと思ってしまう。

うちの母がそうでした。

 ま、賛同できないだけであって、否定をするつもりはない。

自分ルールってそんなものだろうし。

…でも普段メールを送ってくれている人に自分からメールをしてあげると少なからず驚くだろうな。

 携帯にはよくわからない心理もあるようだ。

では、全然まとまってないけどこれで終わるとしよう。

以上で、「携帯のメールについて」を終了する。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。