スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁当宅配サービス。

今日、弁当を学校に忘れていることに気付く。

嗚呼、最悪だ。

どこまでボケてるんだろう、オレは。

っていうか弁当箱がないと、明日はキティちゃんの弁当箱を持って、食事をしなければならないので、早急になんとかするべきだろう。

どうする?

そうだ、まだOが学校にいるはず。

オレはOにメールを入れた。

「至急、連絡求む」

それから30分後くらいだろうか。

Oから電話が来た。

kei「もしもし?」

O「もしもし?kei?」

kei「Oか?まだ学校おる?」

O「あぁおるけど?」

kei「頼みたいことがある」

O「どしたん?」

kei「弁当箱を忘れてな」

O「(笑)」

kei「持って帰ってきてくれん?」

O「あぁええよええよ。遅くなってもかまん?」

kei「あぁ、かまん。ありがとう」

O「着いたらメールか電話どっちがええ?」

kei「どっちでもええけど?」

O「おーわかった。んじゃ」

kei「じゃ」

そして、10時半(夜)。

幾らなんでも遅くないか?

何かあったのか?忘れちまっているのか?

忘れたのだろうと推測を立て、Oにメールを送る。

kei「忘れてる?」

するとOから電話が。

すかさず、通話ボタンを押す。

電源を押しかけて切りかけたのは秘密だ。

kei「あぁ、私だ

O「ぶ(笑)あぁごめん。20分後くらいに行く」

kei「あぁわかった」

O「ごめんよ、ごめん」

kei「いや、かまんけど。無理せんでええぞ?」

O「いや、元気元気」

kei「ほう?分かった」

O「じゃあ着いたらワンギリするけん」

kei「分かった。ありがとう。じゃ」

そして20分後。

Oが着た。

学生服を着たまま、この寒空の下どこを歩いていたのだろうか。

O「夜回りしよった」

Oは最近、夜回り先生という本を読んでいる。

それに影響されたのだろうか。

O「シンナー吸いよる子供らを注意しよった」

kei「ほうすごいな」

弁当を受け取り、棒読みでそう伝える。

30秒くらい話した後、礼を云って、Oとは別れた。

Oは夜の闇に溶け込んで、またどこかへ向かった。

次はコンビニか。

頑張れO先生。


ということで寝よう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。