スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親戚の猫。



親戚が子猫を連れて家に来ました。

まだかなり小さくて20センチくらいしかないです。

かなり可愛いです。



で、この猫は首ではなく耳の辺りを撫でられるのが好きみたいです。



こうやると気持ちよさそうに目を細めます。

あと、女性の太ももが好きらしく、自分からよちよち歩いて太ももで寝てたりしてました。

性別は一応メスらしいですが。





将来は絶対に猫を飼うと強く思った一日でした。

スポンサーサイト

ハイチュウの山。




ゲーセンで300円くらいで山を崩して落としました。

しかし、残った山を崩そうとして800円くらい使ってしまいました。

しかも崩れなかったという。

ちょっと残念ですが、まぁ取れたのでよしとします。


ちなみに写真は山分け後の写真なので、実際の収穫数はもっと多いです。

イマジンガイアメモリ。



ウラタロス、キンタロス、リュウタロスのガイアメモリをゲットしました。

一回300円のガチャガチャで、900円(三回分)の出費で手に入れることができました。

割と気に入ってます(笑)



実は、他の日にもエクストリームとキバもゲットしてたりしますが。

イドへ至る森へ至るイド 購入。

Sound Horizonの「イドへ至る森へ至るイド」のCD、購入しました。

限定版を購入したんですが、その後の情報で4曲目が違うというものを見つけたので通常版も買いに走りました。










聞いた感想は、もう素晴らしいとしか云いようがないです。

1曲目からかっこいい曲で、2曲目、3曲目も歌うと絶対気持ちいいんだろうなという曲ばっかりです。

というか初音ミクが登場してたりで、どんどん豪華になっていってますね。

まさかクリプトンも味方につけるとは。



わざわざ考察はできませんが、相変わらず謎の多い感じで終わってます。

7thアルバムの序章に過ぎないらしいんで、次回のアルバムは前作を大きく上回ってくれそうです。

今回も男の歌が多かったらいいんですが。



あぁ、あと4曲目ですが、確かに曲は違います。

通常版だと「復讐劇へと至る物語…」というタイトルになってました。

限定版ではタイトルは表示されず。

一体なんなんでしょうね。





っていうかイドイドも早くカラオケで配信してください。

必ず歌いに行きます(笑)

キーブレード…?




キーブレードをゲットしました。

これで自分も勇者になれますかね?

キングダムハーツパズルに挑戦3。

もう生産中止になったキングダムハーツパズルの1000ピースVerを手に入れることができました。

早速、作ります。

人数は二人。


絵柄はこちら。



▲キャラクター大集合。

ちなみにこのソラ、リク、カイリのイラストはゲーム雑誌の表紙にしか載っていません。

アルティマニアにさえ載っていません。

結構、貴重なイラストだったりします。





▲ピース選別。

ピースの選別を行います。

今回はキャラクターが多いので、難易度は低めですね。





▲1時間後。

角を作りつつ、目に入ったキャラのピースを組み立ててます。

もうソラとカイリとリクはできつつあります。





▲1時間後。

かなり進みが早いです。

やはりキャラクターが多いのでピースの選別は容易ですね。





▲1時間後。

もう右半分のほとんどができました。





▲1時間後。

右半分は数ピースを除きほぼ埋まりました。

左側も制作の糸が伸びてます。





▲1時間後。

完成しました。

およそ5時間で終わりました。

今までしてきたパズルは全て10何時間と掛かっているので、本当にこの速さでできたのか疑問に思ってしまいました。





▲角度を変えてもう一枚。

このイラストは賑やかな感じがしていい感じです。

他のキャラのイラストはノムティス様の絵なんでしょうかね。





▲糊付け開始。

全体にまんべんなく糊を塗ります。

光沢が増して、綺麗度が増します。





▲枠付け。

フレームを取り付けました。

フレームの色によって、このイラストの印象が変わるような気がします。

青のフレームにしたらシックな感じになりました。

赤だと賑やかさがプラスされそうですね。

まぁ、何はともあれ完成です。





▲レアなイラスト。

折角なので、レアなイラストのアップをパシャリ。

ソラのところは普通のイラストなのに、ソラの周りはパズルの模様が浮いててまるで合成に見えますね。







とりあえず、キングダムハーツパズル全3種(1000ピース)これでコンプリートしました。

前の2種類作った時に、生産中止のパズルは300ピースか500ピースしかないので諦めていましたが、今回無事に手に入ったのでもう感無量です。

入手に協力してくれたTにはとても感謝してます。




では、折角なので全3種類のパズルの画像も貼っておきます。







綺麗ですなぁ。







キングダムハーツのパズルはもっともっと出て欲しいですね。

その度に作ってやりますよ。

飾るのは知り合いの家になりますがね。

ディズニーのパズルに挑戦してみた。

ディズニーのパズルに挑戦してみました。

人数は二人。


絵柄はこちら。



基本的に緑の色が強くて苦戦を強いられそうです。

ちなみに隠し絵になっていて、模様の中に色々なディズニーキャラが隠れている仕様です。





セオリー通り角から先に攻めます。

この時点で緑多すぎだろ…と嘆いてます。





できそうな所から攻め始めました。

縄梯子なんかは割と判りやすいです。





ここから苦戦を強いられました。





一面の緑のピースが手の平で踊ります。

合わないピースの山の中から合うピースをひたすら探す…。

これがパズルの醍醐味なんでしょうけど、うんざりしてきます。





緑はできる限り避けて、可能な所を埋め終わりました。

次は緑を攻略するだけです。





が、あんまり進んでません。

草の模様でピースを判別できる訳ないので、一つ一つはめ込むしかないです。





特徴的なピースの形もヒントにどうにかここまで来ました。

あともう少しです。





できました。

二日掛かりました。

時間だと多分18時間くらいでしょうか。





最後のピースは二人で同時にはめ込みました。

恒例の儀式みたいなものです。





糊付けします。

この作業は仕上げの作業なので達成感があります。





糊付けでテカテカになりました。

後はフレームに入れて飾ったら終わりです。


この時点でもう遅くなってしまったので、フレームに入れるのは知り合いに任せました。





知り合いが飾ってくれました。

玄関口に飾られているのでいつでも見ることができます。








久しぶりにパズルに挑戦しました。

やっぱりかなり疲れますね。

キングダムハーツの時もなんだかんだで疲れましたし。



まぁ、でも次はキングダムハーツのパズルの記事をあげたいと思います。

ラー油バーガー食べてみた。

スッキリ!とモスバーガーのコラボ商品「ラー油バーガー」が発売していたので買ってみました。

本当は発売日当日には買っていたのですが、忙しくて今日になりました。






見た目はこんな感じです。



半分にぶった切ってみました。




で、肝心の味ですが。

すごく辛いです。

しかし、辛いの好きな人はかなり美味しいと感じるのではないでしょうか。

自分はどちらかと云えば甘党なので、辛過ぎると思いました。

知り合いは「辛いけど、クランチみたいな触感が美味しい」と云っていました。

確かにそんなような触感はあります。

何なんでしょうね。

まさかクランチは入れてないでしょうし。



さて、自分的には飲み物なしでは食べられないハンバーガーでしたが、

辛いのが好きな人は食べてみては如何でしょうか?

辛いのが好きな人は好きになれる味だと思います。

コンバットさんを作ってみた。葵が。

コンバットさんとは?

「マーズ製薬」のライバル会社、「KINRYU」が開発した害虫駆除ロボット。
後発メーカーらしく、ホイホイさんよりさらにミリタリー色が濃い製品に。
狙ってか知らずか、ホイホイさんと同時に起動させておくと、ホイホイさんを害虫と判断し攻撃する。
命令するとそれに対して返答するが、理解・承諾できない命令にも適当に返答をしている。
ちなみに水をかけられると故障する。
(wikiより)





まぁ、要するにホイホイさんのライバルです。

という訳で、「コンバットさん」作ります。

葵が。一人で。



ちなみに自分はというと、ヘビーレインをプレイしてます。

葵が友達から借りたのをやらせてもらいました。

つまりコンバットさんはノータッチです。






▲ 今から作ります。(※葵です)

頑張って!





▲ 中のパーツ。

え?ホイホイさんより多い?

頑張って!


ここから自分は葵がコンバットさんを制作する横で一人ゲームしています。





▲ 足ができてました。

制作過程はほとんど見てません。





▲ 体と片腕ができてました。

というか日頃の疲れで眠気が襲ってきました。

ゲームしながら寝たり起きたりを繰り返しています。





▲ 完成してました。

目が覚めたらできてました。

この時点でもうほとんど眠っている訳ですが、何とか写真は撮りました。





▲ ホイホイさんと並べてみます。

背はコンバットさんのほうが高いですね。

でもまぁ、自分はどちかと云えばホイホイさん派ですかね。



で、この写真を撮った後は睡魔に完璧にやられたので、気が付いたら朝でした。

ヘビーレインも警察のところまではやれて、どんなゲームかは判ったので、いつか買ってプレイしたいと思います。



次は「ホイホイさん重装甲板」でしょうね。

葵が作ってなかったらの話ですが。

一撃殺虫!!ホイホイさんのプラモを作ってみた。

一撃殺虫!!ホイホイさんとは?

「マーズ製薬」が開発した害虫駆除ロボット。外見はメイド服を着た女の子。
銃器を駆使して害虫を駆除する他、火災用の水鉄砲も装備可能。
服装、武器などあらゆるカスタマイズが可能で、本来の役割の害虫駆除以外にも人気に火がつく。
後発の機体に比べ、若干スペックは低い。
(wikiより)





はい、こんな感じです。

ちなみに自分は名前くらいしか知りません。

聞いたところによると「ゴキブリの耐性が強くなって殺虫剤やらなんやらが全く効かなくなった世界で、そのゴキブリを倒すために作られたのがホイホイさん」らしいです。




ホイホイさんのプラモを作ることになった経緯は、葵が誕生日で貰って放置してあって、「暇だしやるか」って流れで作ることになりました。

一年前の誕生日プレゼントというのがミソですよね。

しかも、放置してあるのにも関わらず、

最近になって後2体貰ってたりするのもミソですよね。

つまり合計3体のホイホイさん系のプラモがあります。

とりあえず、今回はホイホイさんを作ります。





▲ 今から作ります(葵)。

箱のイラストはこんな感じです。

横の見本絵を見ると、フィギュアにしか見えませんが、これはプラモです。





▲ 中身。

無駄に細かいパーツで分けられています。

kei「よし、じゃあオレ、パーツ全部切って箱の中で混ぜてあげる」

葵「ちょwwやめてwwww」





▲ 足ができました。

ちまちまとニッパーと挟みを駆使してまず、足ができました。

これだけでも結構な時間が掛かりますが、ガンプラよりはマシな印象です。





▲ 股関節ができました。

これ本当に立てるのかと疑問に思う構造ですが気にせず進めます。





▲ スカートができました。

立つこともできてます。

ちなみに後ろの箱は、作る予定の2体です。





▲ 胸部ができました。

完成系が近付いてきた感じがします。

説明書も若干判りにくいので、葵は説明書とよく睨めっこをしてました。





▲ 肩ができました。

凝ってるのは判りますが、その分手間暇が掛かりますね。





▲ 顔前面です。

瞳の部分は前、左、右と3種類あります。

シールではなく、瞳が付いた骨に皮膚を重ねたような感じなので、表情を変えることは可能です。





▲ 髪が付きました。

髪のパーツも6個くらいに分かれてるので見た目ほど簡単じゃないです。





▲ ドッキング。

できた顔と体を付けました。

髪の毛は非常に付け難かったらしく、葵はしばらく格闘していました。

少しの振動で髪の毛がぽろっと外れてましたから。





▲ 腕と武器を作りました。

最後のパーツの腕を作りました。

ついでに最も簡単なパーツ、武器も作っときました。

武器は刀と銃があります。

はめ込み式ではなく、指のパーツを変えて固定する仕様です。





▲ 完成です。

大体1時間半から2時間は掛かりました。

光の角度が悪くて見え難いですが、後日別のプラモの時にアップします。


見た目はフィギュアに見えますし、出来もいいです。

ちなみに葵はこれをゴキジェットの横に飾ってました。

とりあえずは、まぁ完成です。



次回の制作プラモは、一撃殺虫ホイホイさんのライバル「コンバットさん」になります。

まぁ「コンバットさん」のほうは自分はノータッチなんですが。

クライミングに挑戦してみた。

前の土曜日に、クライミング?をやりにいきました。


部屋自体はそんなに大きくなくて、やってる人も3人程度でした。

ただ、壁はそこそこ高いです。



一番高いポイントは一つだけ仲間はずれになってました。



写真だとしょぼく見えますが、実際見ると「高っ」と思います。

それと判り難いですが、正面の壁は斜めの構造になってます。

足がぶらーんみたいな感じです。



掴むポイントは多いですが、ちゃんと掴めるポイントは少ないです。

腕力ないと掴めやしません。



感想としては、思ったより登れた、でしょうか。

最初は多分一番上まではいけないだろうと思っていました。

掴むポイントを見極めさえすれば後はどうにでもなる感じです。

一応、一番上までは2、3回登りました。

しかし、登ると降りられません。怖くて。

普通に飛び降りてました。

マットがなかったら骨折してます。


あと、腕はかなり張ります。

運動してない人は筋肉痛になる可能性大でしょうね。

自分は筋肉痛にはなりませんでしたが、1時間半くらいやって帰りました。

それが限界でした。



趣味にはなりませんでしたが、まぁ機会があればまたやってみようかなと思います。

最近見たアニメの感想。

最近は色々なアニメを観てます。



・観たアニメ


「電脳コイル」

「クラナド」

「とある魔術の禁書目録」

「カイジ」


で、今は「蒼穹のファフナー」を観てます。

「蒼穹のファフナー」が終わったら、「スクライド」を観る予定です。

その次は「ガンダムSEED」ですかね。

ちなみに「スクライド」を観るのはこれで3回目です。



・感想


電脳コイル

子供たちの間でメガネが流行する独特な設定。
しかしただのメガネではなく、携帯電話+各種アプリのような感じになっている。
メガネを掛けた間だけペットを飼うことができたり、
メガネからビームやらを出して相手を攻撃することもできる。
独特な世界観は面白いが、絵は今のアニメにしては古い感じが否めない。
後半になるにつれ、物語は少々難解になり、置いてけぼり状態。



クラナド

絵がすごく綺麗。
笑う所もあり、感動する所もまぁある。
所謂、萌えポイントも随所にちらほら。
確かに面白かったし、キャラクターもよかった。
いつかは、この続編のアフターストーリーも観てみたい。
しかし、本編よりは外伝?の智代編の方が感動した。



とある魔術の禁書目録

絵は最近のアニメらしく綺麗。
キャラもまぁまぁよし。
しかし、原作は観てないのでアニメでしか主人公を評価するしかないが、若干、地味に感じる。
相手は魔法やら科学の力を駆使するのに、主人公は魔法を消して殴るなどのことしかできない。
主人公の設定上仕方ないのだが、戦いようによってはこの主人公、瞬殺できると思われる。
というか後半はインデックスの存在価値があまりないような…。



カイジ

原作は観ているので、あの絵をよくアニメにできたもんだと思った。
若干、綺麗なカイジ達はまぁ、特に違和感もなく観ることができた。
特に無駄なオリジナル要素もなく、原作の必勝法をちゃんと再現した感じ。
原作を観ていなかったら、「よくこんなの思いつくな」と感心したと思う。





簡単ですがこんな感じです。

蒼穹のファフナーは放送で一回は観たんですが、微かに記憶に残っている程度であまり覚えてませんでした。

スクライドはこれで3回目なんで大体は覚えてます。


ちなみにゲームは、

MGSPW → 5章の途中で戦意喪失、近々やらないといけないなーというとこ。

マリオギャラクシー2 → ラスボスは倒して今は隠しスター集め。


やりたいゲームNO.1はヘビーレイン。

いつかやる予定。


観た映画は、

仮面ライダー電王トリロジー エピソードブルー

ブルーだけ。レッドとイエローは多分観れません。

地域的な理由で。

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。