スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28日と29日と30日の出来事。

カラオケでポルノグラフィティの「オレ、天使」って曲を歌おうとしたら、歌うのを止められたことがあるよ

どうもkeiです。



■28日

2時間の残業を終えて、帰ろうとしている際にふと携帯を見ると、ヤツからメールと着信があった。
メールは「晩飯どう?」みたいな感じのメールだった。
とりあえず、ヤツの携帯にワン切りした。
オレはかけ放題もパケ放題も設定していないので、少しでも携帯代を抑えるにはこうするしかない。
月、4千円以下だけど。

数秒後、ヤツから電話が来た。
ヤツ「もしもし」
kei「もしもし」
ヤツ「飯食いにいかん?」
kei「まぁ、ええけど。でもオレ今仕事終わりで、そっから帰って、風呂入ったら7時くらいなるけど」
ヤツ「ええよ、別に。行きたいとこある?」
kei「中華屋行きたいな、最近行ってないし」
ヤツ「ええよ、でも開いとんだろか」
kei「帰りに見て帰るよ」
ヤツ「ふんふん」
kei「で、どうやって行くん?」
ヤツ「オレら今、ネットカフェおるんよ。keiはここまで原付で」
kei「ほぉー、みんなが解散するとき、オレは一人ネットカフェから一人で帰れってわけか」
ヤツ「いや、オレらもkeiの家の前に車停めて待っとったんよ。でも連絡つかんから」
事前連絡なしでそんなもん無理に決まってんだろ。
kei「迎えはなし?」
ヤツ「8時くらいからならいけるけど」
kei「それでええよ。ってか誰がおん?」
ヤツ「○×(名前を適当にあだ名化したもの)」
kei「あぁ、Oか」
ヤツ「よう判ったや」
kei「まぁな。じゃ、帰るから」
ヤツ「あい」
帰路に着いた。

風呂から出たら7時くらいだった。
1時間の暇を潰すために、PCを起動。
どうのこうのする内に8時を過ぎた。
8時20分ごろに、何故かテンショウから電話が。
どうやらテンショウも帰省しているらしい。

kei「テンショウも帰っとったん?」
テンショウ「あぁ」
kei「○○(彼女の名前)ちゃん元気?
テンショウ「ちょ、黙って」
kei「元気なん?」
テンショウ「元気元気」
kei「ほーう」
テンショウ「もうすぐ着くから外出とって」
kei「今どこなん?」
テンショウ「カラオケのところ」
kei「まだまだやん」
テンショウ「まぁ、つくから出とって」
kei「はいはい」

まだまだって云っても3分後くらいには来たが。
ヤツの車に乗る。
kei「あれ?Tは?」
ヤツ「あぁ、バイト入って帰ってこれんってさ」
kei「へぇ。あ、テンショウ元気?」
テンショウ「あ?あぁ」
kei「へー、元気なんじゃねぇ。へぇ
テンショウ「……」
kei「あれ、O久し振り」
O「久し振り」
kei「半年振りくらいか」
O「この前泊まりに来たよな?」
kei「このメンバーじゃあ、一番久し振りじゃな」←無視

ヤツ「で?どこ行く?」
O「行くとこ決まっとんだろ?」
kei「中華屋だろ?帰りに見たけど、開いとったよ」

O「この辺り、警察立っとるから気付けろよ」
kei「あぁ、今交通安全運動しよるな」
ヤツ「まぁ、オレくらいのレベルになったら警察なんか怖ないよ」
kei「ほう、オレは怖いけどな」
O「普通はな」

中華屋到着。
カウンター席しか開いてないので、とりあえずカウンター席に座る。
そういえば、カウンター席に座るとき、ヤツは一番前を歩いていたのに、奥から3番目の席に座るというフリーダムっぷりを発揮した。どうでもいいが。
オレも適当な席に座る。

店員のおばちゃんが面倒臭いのか何なのか知らないが、注文票をオレらに渡して、「決まったら書いてくれる?」とか云いだした。
これは前もあったが、このおばちゃんは4人以上の客にはいつもこうなのだろうか。
接客業としては最悪だが、別に気にしてないので、素直に書くことにする。ちなみに書くのはヤツだが。
オレはいつも通り、からあげ定食を選ぶ。
ヤツが注文票に、からあげ定食1と記入。
(1はちょっと斜めになっている)
Oもテンショウもからあげ定食を選んだ。
Oはヤツが書いたからあげ定食「1」の部分を、なぜ「正」という字を使って書かないのかと小一時間文句を以下略。
書いている途中で、ボックス席が空いたので、席を移動した。

からあげ定食4と餃子を頼むのが決まり、注文票をおばちゃんに手渡す。
おばちゃん「やっぱり」
一同「?」
おばちゃん「この子(オレ)、からあげ定食よく頼むんよ」
kei「ハハハ」
やはり覚えられているようだ。
kei「そろそろオレも『いつもの』で注文できるんじゃないか?」

料理が来るまでずっと雑談。
ぶっちゃけ、まとまりがない。
話があっちこっちそっちどっちもんちっちーってな具合で飛びまくる。
誰かが話している最中に、別の疑問が飛んで話題はそっちに移動なんてのはザラにある。
料理が運ばれてからもそんな感じだった。

O「からあげうめっ」
kei「だろ?オレが一人で飯食いに行くのも納得できるだろ?」
O「あぁできるできる」
やはり、ここのからあげはオススメできる料理のようだな。

話しながら、食べ終わり、会計を済ませる。
ヤツが四人分払っていた。
kei「オレ、自分のくらい金出すぞ」
ヤツ「ええよ」
kei「なに?そんなに金持ちなん?そんなに貯金あるん?」
ヤツ「いや、ない」
kei「ないんなら、おごるなよ」
ヤツ「オレな、あー明日給料日じゃー、あー手元に3万ある、よし飯食いに行こうって全部使ってしまうんよ」
kei「おい

ヤツ「まぁ、オレ28日出勤して、手取りも17万くらい貰いよるし」
O「1、2年目で17なら多いほうじゃな」
kei「…」

ヤツ「で、どうする?どっか行きたいとこある?」
kei「どっかって、もうネットカフェ行って来たんだろ?」
ヤツ「あぁ行った」
kei「じゃあ、もうないや」
O「もう解散でもよくね?」
kei「まぁ」
という訳で帰路に着いた。

kei「マルナカでパフェ食うか」
オレの一言でルート変更し、パフェを食いに行くことになった。

店内に入り、パフェを置いてある喫茶店みたいな所に入る。
適当に席に座り、何を食うか選ぶ。
オレもOもパフェを選んだ。
テンショウはコーヒーを、ヤツはミニ抹茶パフェだったかそんなのを。
Oが店員を呼ぶ。
各々、自分の注文を店員に頼んだ。
にしてもOは店員とよく喋るな。
これは恐らく、オレ、ヤツ、テンショウも不思議に思っていたことだろう。
Oは普通じゃね?と云っていたが。

注文したパフェと他が届き、食べ始める。
ここのパフェは最悪だ。
量は少ない、味は不味い、おまけに高い。
食べる時、容器からパフェがこぼれるこぼれる。
しかも乗ってたバナナまで落ちた。最悪。
で、味のほうは、上の層は普通のパフェなんだけど、その部分を食べつくすとジャムになって、コーンのお菓子になって、またジャムになった。
ジャムとか不味すぎ。
これなら、値段もここより安くて、量もあって、味も美味いジャスコで食えばよかったな。

食い終わった後は、会計を済ませて、駐車場で少し話した後、帰路に着いた。
最初は駐車場から歩いて帰るとOが云っていたが、寒いから乗せて行けという風に意見変更した。
AB型の血を身近に感じた気がした。
で、家まで送ってもらって解散した。


■29日

この日は葵が帰ってくるらしい。
夜に確認のメールをしたら、電話がかかってきた。
だが、一度目は移動中だったらしく、すぐに切れて、またかかってきた。
話の内容は、帰ってきた、昼は先輩らと遊んでた、今からうちに来る?ってな感じだった。
今から移動か…。
もう10時前だよ。
寒いし、眠いし。
あぁでも今日くらいしか、時間ないんだよな。
まぁいいか。
(実際はかなり悩んでいる)
オレはWiiとその他のソフトを持って、葵家に向かった。

葵家について、葵と対面する。
大阪で会ったときと何一つ変わってなかった。
こたつに入り、暖を取る。
葵は別室で何かやってるらしく、ごとごとと音を立てていた。
オレは15分くらいこたつでぼーっとしていた気がする。
そのぼーっとしている間に、Wiiの本体のセットは終えていたが。

葵が部屋に帰ってきた。
掃除をしていたらしい。
で、その後、ノートPCを立ちあげ、いろいろ曲を流した。
前のカリカリ云ってたPCじゃなく、新しいPCを買ったそうだ。
にしてはえらく古そうな型に見えるが。

その後は、歩いてTSUTAYAに向かった。
歩きながらも色々話した。
大阪の彼女のこととか、彼女がオレ達のことをどう思っていたかとか、主にヤツの豪遊っぷりにしか云わなかったとか、金使い過ぎだろとか。
ヤツが、駅で葵と彼女に「二人の馴れ初めを」とか云いだしたのは引いたとか。
まぁ、こんな感じだった。

TSUTAYAに向かう前に中古屋に入った。
適当に見渡して、すぐに出た。
TSUTAYAに向かう。
到着してから、葵はTSUTAYAの変わりぶりに驚いていた。
まぁ、改装したしな。

一通り店内を見渡して、葵はWiiリモコンとカトゥーンのシングルをレンタルしていた。
Wiiリモコンはこれで4つ目らしい。
えらく献身的だと思った。
スマブラ用に、友達が来たとき用に買っておくらしい。

TSUTAYAから出てコンビニに向かう。
コンビニで葵の夜食とお菓子と飲み物を買う。
で、葵家に戻る。

葵家に戻り、とりあえずマリオギャラクシーをやる。
まぁ、オレは一通りクリアはしているので適当にステージをこなすだけだが。
夜食を食い終わった葵に操作を譲る。
難しいらしくかなり苦戦していた。

次に、バイオハザードをやった。
まぁ、一人プレイで一回やっただけだが。
2時くらいになり、葵が眠っていたのでもう寝ることにした。
ごそごそと動いていると葵が起きて、ベッドに移動。
オレはコタツでコートを枕に眠った。


■30日

朝8時に起きた。
なぜか上の服を一枚脱いでいたが覚えがない。
一体いつ脱いだのだろうか。
とりあえず、目を覚ました。

葵は昨日帰ってきてからずっと眠ってなかったようなので、まだずっと眠っているだろう。
オレはチョコボの不思議なダンジョンをプレイすることにした。
30階でクロマにやられた。くそ!

10時頃に葵のオトータマが部屋に来て、葵も起きた。
モーニングを食いに行くらしい。
そういえば昨日の0時頃にもそんなことを云っていた。
オレは遠慮したが、葵に押し切られる形となって行くことになった。

前に行った喫茶店とは違う喫茶店に入った。
葵一家は喫茶店巡りが好きなのだろうか。
この喫茶店の店の人ともよく喋っていた。

オレはサンドイッチのモーニング、葵とオトータマはおにぎりのモーニングを頼んだ。
飲み物はオレはレモンティ、葵とオトータマはコーヒーを頼んだ。
葵とオトータマが色々喋って、オレも少しは喋るが何という居心地の悪さ。
家族水入らずを邪魔している気がしてならない。
とりあえず、料理が来たので、食べることにした。

サンドイッチ…。
出来たてなのは判るが、食べる度に卵がポロポロこぼれるのはどうなのだろうか。
レモンティ…。
なんという酸っぱさ。とてもじゃないが飲めない。
料理の味自体は問題ないけど、上二つがちょっと気になった。
まぁあとフルーツにリンゴがあったっていうのはかなりきつかったが。
オレ リンゴ カナリ キライ。
味じゃなくて、かじった時のシャリっていう音がダメ。
おかしいと思うが、オレはこの音がかなり苦手だ。
黒板を爪でギギギとやる音は平気なのに、この音は苦手だ。
セメントを竹箒でシャーシャー掃く音も苦手だ。
訳が判らん。

料理を食べ終わり、会計を済ませる。
オトータマがオレの分も出してくれた。
オトータマが会計を済ませている最中、葵が他の席に向かって「先生!」とか云っていたので見ると、母校の教師がいた。
教師と云っても、オレの代では生徒指導担当の教師だったが。
オレは会釈だけした。
髪切れとか云われたが無視した。
もうオレは高校生じゃない。

オトータマにお礼を云って、家に帰る。
Wiiを片付け、葵のPCから欲しい曲を貰おうとCD-Rを入れるが、ディスクシステムが作動しない。
本当に買い換えたPC?
壊れるのが早いのか、このCD-Rがダメなのか。
しょうがないので、CD本体ごと貸して貰えることになった。

11時過ぎになったのでオレは帰ることにした。
といっても行くところがあるのだが。
葵もこの後、他の友達と合流するらしい。
オレと葵はここで別れた。

オレはその後、また別の喫茶店に向かった。
さっきモーニングを食ったし、そんなに入らないけど、行くことは約束していたので来た。
とりあえず、ナポリタンを頼んだ。
さすがに胃がパンパンだった。

食い終わって、家に帰って、またすぐに遊びに行った。
ずいぶんと充実した休日を過ごしているなと思う。


あ、そういえば中華屋に着いて、車から出る時、ドアを閉めたらOが挟まれてた。
何やってるんだ全く。
じゃないじゃない、オレが挟めたんだ。
オレとOは後部座席に乗っていた。
当然、左右からそれぞれ出るもんだと思っていたオレは普通にドアを閉めたんだった。
その後、謝ったが結構怒ってた。
ヤツの車は何故、片側のドアが開かなかったのだろうか。


あぁあと、こんな会話もあった。
O「宮がインドネシアに行ったお土産あるから、また遊ぼうって云よったぞ」
kei「へぇ」
そんな人づてに云われても…。
オレとOが会わなかったらどうしたんだろうか。

スポンサーサイト

Janne Da Arcの未発表曲。

知り合いと話しをしている最中、あることに気付いた。

kei「(あ、上着のボタンが外れてる)」

これは教えてあげないといけない。
しかし、普通に教えると恥ずかしい思いをさせてしまうかもしれない。
ズボンのチャック開いてるよ、みたいな。
ここは恥ずかしい思いをさせずに、さりげなくかつ、相手を不快にさせないように教えてあげないと。

オレは云った。

kei「わざとボタンを一個外してるところがチャーミングだね」

知り合い「え?…普通に教えろ!余計、ムカつくわ!」

あれ?おかしいな。
目から汗が…。

計画通りに事が進まないことにもどかしさを感じながら、どうもkeiです。





Janne Da Arcの未発表曲を幾つか見つけたので、それを貼っておこう。





救世主~メシア~の歌詞っぽい感じ。
曲自体は全然違うけど。





「らいららい」とか、ABCの1stシングルみたい。
曲も古い感じがする。





音質が悪くて何を云っているのやらという感じ。
オルレアンっぽい感じの曲調。
ハードロックバラードみたいな?(適当



ところで、キーボードとドラムは活動しないのだろうか。

徒然。

年賀状どうしよう。
とりあえず、去年年賀状を送り返してきた人、はがきに手書きのメッセージがある人、今年いっぱいあった人には出すか。
今年あってないのに、来年もよろしくとかよく判らんし。
年賀状送り返してこない人に送る必要もないだろう。
まぁ、そういう人達はメールで済ませるんだろうけど、あけおめメールとか何通も来たら正直うざいよね。

あぁ、そうだ。
去年も何通かあったけど、メッセージに「ブログがんばって」とかそういう類のものは書かないでほしい。
家族にバレる。



チョコボの不思議なダンジョンはあんまり進んでないけど、白魔導士はホーリーまで覚えさせた。
炎の守護者のダンジョンの11階で、デュエルルームに入りまくって、イフリート殺してジョブポイント稼いだ。
でも、何回か入ったら、イフリートじゃなくて、サボテンダーみたいなのが出てきた。
遠距離攻撃でちょっとずつダメージ喰らわして殺したら、結構な経験値くれた。
なんだったのだろうか。
また出てくれるといいのだが。

あんまり白魔導士以外のジョブは使ってない。
白魔導士は攻撃力が若干低いけど、ケアルとかプロテスとかある分、進めやすい。
このままジョブ変えずに行くか、ちょっとは変えて進むか迷う。
変えたら、攻略に時間かかるだろうなぁ。



レンタルビデオ店が破格のレンタルをしていたので、DVDを借りに行った。
とりあえず、観たい映画はなかったので、海外ドラマの「LOST」を借りた。
「24」も見てみたいと思っているが、シーズン7?くらいまであるので、さすがに手がつけられないなと思ってやめた。
いつか見てみたいとは思う。



明日はBUMPのアルバムの発売日だ。
その前にうちの祖母にボーナスのおすそ分けをしに行かないとな。
前期のボーナスはいとこに、後期のボーナスは祖母におすそ分けと決めてある。
結婚するまでは続けるつもり。

チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮 ジョブ一覧。

■すっぴん

平均的な能力。
その代わり、ずば抜けた能力はない。

入手法:最初から持っている。



■白魔導士

魔法防御が最高クラス。
回復や補助系の魔法が数多く使え、非常に倒されにくいジョブ。
しかし、やや攻撃力が低い。

入手法:自然に手に入る。



■ナイト

HP、防御、魔法防御がトップクラスな上、攻撃力もそこそこある。
しかし、満腹度が減り易い。

入手法:自然に手に入る。



■黒魔導士

打たれ弱く、回復手段も少ないため序盤は苦労する。
しかし、レベルが上がると、大量の的を殲滅できる力を持つジョブになる。
魔法攻撃に特化した大器晩成型。

入手法:自然に手に入る。



■竜騎士

HP、攻撃力、防御力ともに中の上程度。
ナイトのような特化ジョブではなく、すっぴんのようなバランス型のジョブ。
しかし、便利な戦闘向けアビリティを覚えるため、戦闘は得意。

入手法:自然に手に入る。



■シーフ

HP、防御力は低いが、回避率はトップクラス。
敵をステータス異常にするアビリティや、ダンジョンの探索に便利なアビリティを覚える。
敵からアイテムを盗むことも可能。

入手法:ダンジョン内にあるモーグリショップから盗み、逃げ切る。
→コツ:モーグリはヘイスト状態なので、1ターンに二回動く。
    そのため、まず一歩後ろに下がる。
    この時に、モーグリがチャージをしなかったらおk。
    (チャージしたらエスケプでもしない限り、避けられない)
    次に、モーグリにスロウをかける。
    そして、モーグリの後ろを取り、階段に背を向けた状態にする。
    で、わざと攻撃を受け階段の所まで吹っ飛してもらう。
注意点:モーグリの攻撃力は異常に強い。
    モグビームはほぼ即死してしまうので、必ず避けること。
    モーグリにスロウをかけて、吹っ飛ばされずにそのまま階段に向かうと、
    モーグリは瞬間移動をして、攻撃してくるので必ず吹っ飛ばされること。



■学者

パラメータは平均的でやや攻撃力に欠ける。
しかし、SPの回復が早い。
また、アイテムの効果をアップするアビリティを覚える。
鑑定なども可能で、シーフよりもダンジョン探索は得意。

入手法:?
(まだ入手していないので不明)



■暗黒騎士

攻撃力はトップクラス。
HPを引き換えに大ダメージを与えるアビリティや、防御力を犠牲にして攻撃力を上げるアビリティを覚える、攻撃型のジョブだが、その反面防御力は低い。

入手法:?
(まだ入手していないので不明)



■忍者

攻撃、防御、ともに高水準。
アビリティも遠距離、近距離、状態異常、さらには逃走までも備わっている優秀なジョブ。
しかし、SPの回復が遅い。

入手法:?
(まだ入手していないので不明)



■踊り子

やや打たれ弱く、魔法攻撃力と回避が高め。
他のジョブとは違う、一風変わったアビリティを覚える。
隠しジョブ。

入手法:公式サイトの暗号を解読する。
→暗号:「ぴ○○○○」と「ば○○○○」を合わせた文字。バレエ用語らしい。
    恐らく「ピルエットバットマン」だろうと予測。
    (あくまで予測なため、あってるかどうかは不明)



入手法は判り次第追記する予定。

ひぐらしのなく頃に 語咄し編2 感想

■りかさとうぉーず

梨花と沙都子のケンカから仲直りするまでの話。
安定した面白さがあり、文章も読みやすい。
しかし、オチが読みやすく、これといった展開もみせないために無難な作品とも云える。

が、ネタ的な会話などもあるため、無難ではあるが、一定量をきちんと超えた作品である。
梨花と沙都子のケンカの会話とその後の後悔の描写はよかった。

評価-★★★★☆


■雛げし編

魅音が雛見沢から離れて、受験勉強している設定。
さらに、なぜ鬼ヵ淵から雛見沢という名前になったのか?の説明を雛人形のアイディアを取り入れ、独自にこなしている。

また、この作品はひぐらしのルール的なものをちらほら見ることができる。
雛見沢症候群発症のきっかけも判り易く、納得がいく。
しかし、オチが弱い。

話の感じ的には鬼隠し編と似たようなものがある。
ちょっとの誤解から、疑心暗鬼に陥り、雛見沢症候群発症と。
ま、今回は発症までには至らなかったけど。

評価-★★★☆☆


■嘘塗し編

悟史が目覚めて、疑心暗鬼に取りつかれ、また雛見沢症候群を発症する話。
時系列は勿論、7月を越えている。

悟史が目覚めて、何故、疑心暗鬼に至るのか?
詩音の心理描写などの表現は上手かった。
それに悟史が詩音のスタンガンを装備しているのは一種のサプライズに思えた。

が、最後のほうはオヤシロ様の助け(?)があり、強引にハッピーエンドにした感じがある。

評価-★★★☆☆


■お漏らしで泣く頃に

梨花がお漏らしをしてしまい、それをどう隠すかというお話。

単なるお漏らしに力を注ぐのはネタ的にはいいが、「惨劇を乗り越えた仲間たちなら~」とかの表現が多い。
しかも単なるお漏らしで惨劇もくそもないだろうと思う。
冷めて見たら、そこまで面白くない。
オチのほうもイマイチだった。

評価-★★☆☆☆


■皆殺し編:限定補完オークション

皆殺し編で書かれてなかった部分の補完パート。

皆殺し編の沙都子救出イベントを終わらしたところで、わいわいするのはいいが、少しネタに走り過ぎた感が否めない。
ありえないものが出品されたりとか。
あと、魅音の描写に多少違和感がある。

まぁ、圭一のずる賢さとか、オークションを部活にするとかそういう所は原作っぽくてよかった。

評価-★★★☆☆


■里恋し編

鉄平が改心して戻ってくるお話。

鉄平は原作で殺したいキャラぶっちぎり1位の人間なので、改心するというこの話に惹かれる人は多いと思う。
しかし、描写がちょっと「?」な部分もあったりする。

まぁ、それを見過ごしてもいいくらいの見やすさはある。
といってもオチは読めるし、展開も誘拐とかそんな感じなので、一定の面白さでしかない。

評価-★★★☆☆


■胡蝶の夢

梨花にとって最悪の世界のお話。
圭一は雛見沢には来ない。
レナ、魅音は暴れん坊で犬猿の中。
沙都子は鉄平によって監禁状態。
詩音は生まれた瞬間に殺されている。
羽生は実体化できない上に血肉が大好き。
その他もろもろ。

夢か現実なのか結局よく判らない話だった。
連続怪死事件の内容もほとんど変わっている。
綿流しは従来の腸流しに戻り、希望が何一つ持てやしない。
最後は羽生に腸を食われてるし。

原作ぶち壊しの作品ではあるが、好き嫌いが別れる作品であると思う。

評価-★★★☆☆


■あるスクラップブックが示す断片的な顛末 あるいはある神の末路を記す断片的な記録 

スクラップブックの内容を提示しているだけの文章。
しかし、アイディアが面白い。

最初は何のことだがチンプンカンプンだが、読み進めていく内にあぁなるほどと思う。
さらに、本当にスクラップブックのような書き方なので、ミステリー風な印象を受ける。
例えば (ここは掠れていて読めない) とかの表現があったりする。

純粋にすごいと思える作品だった。
話的には惨劇後の鷹野たちの動きだろう。

評価-★★★★☆


■祭囃子その後に

実は「ひぐらし」は役者の演じるドラマ(映画?)だったという設定。
だから富竹も本当の名前は違うらしい。
で、富竹は圭一から次回作の脚本を見せられる。

完璧にギャグ。
富竹フラッシュ!とかある。
話も無茶苦茶で、富竹の語り口調もなんか腹立つ(笑)
でも普通に面白かった。

「君も頭まで筋肉になったのかい?」
は、名言。

評価-★★★★★


■百年目の恋

梨花が圭一に恋をするお話。
ちなみに他の3人はとっくに圭一に恋をしている設定。

書き方は丁寧で、恋愛系ひぐらしとしてはいい感じだと思う。
だけど、梨花が恋をするというのが個人的には「?」なのでずっと違和感があった。
まぁ個人的な意見ではあるが。

だが女キャラ4人の「前原圭一被害者の会」とかの話や、魅音の動かし方は上手いなと思った。

評価-★★★☆☆


■地獄のかぁいいレッスン

レナが先生になって、かぁいいものを提出しろ!というお話。

ギャグとして書いているのだろうが、ギャグにしては陳腐。
レナの「かぁいいは爆発だよ」とか意味不明だし、レナの云ってることに矛盾があったり、校庭に爆破装置しかけたり、もう無茶苦茶。

何を楽しめばいいのか、どこに浸ればいいのかさっぱり判らなかった。

評価-★☆☆☆☆

メルト 歌詞。



朝 目が覚めて 
真っ先に思い浮かぶ 君のこと

思い切って 髪形を変えた
「どうしたの?」って聞かれたくて

グレーのジャケット ドクロのシルバーリング
つけて 出かけるよ 
今日の僕は かっこいいんだ!

メルト 溶けちゃいそうだよ
好きだなんて 絶対に言えない…

だけど メルト 目も合わせられない
恋に恋なんてしないぞ
僕は だって 君のことが
…好きだよ


天気予報が ウソをついた
土砂降りの雨が降る

本当はそこらで
コンビニの傘でも 買えたけど
ためいき 気づいた
もしかして
「しょうがないから入ってやる」とかね
耳まで赤いの バレたかな?
恋に落ちる音がする

メルト 息が苦しくて
君に触れた左手が
震える 熱い鼓動
はんぶんこの傘
手を伸ばせば届く距離
どうしよう…!
想いよ届け 君に

お願い 時間よ止まれ 泣きそうだよ
でも嬉しくて 死んじゃいそうだ!


メルト 駅についちゃうよ…
もう会えない 近くて 遠いよ 
だから メルト 手をつないで 歩きたい!
もうバイバイしなくちゃいけないの?
今すぐ 君を 抱きしめたい!
…なんてな

メルト 歌詞。



朝 目が覚めて 
真っ先に思い浮かぶ 君のこと

思い切って 前髪を切った 
「どうしたの?」って聞かれたくて

ピンクのスカート お花の髪飾り さして 出かけるの
今日の私は かわいいのよ!

メルト 溶けてしまいそう
好きだなんて 絶対に言えない……

だけど メルト 目も合わせられない
恋に恋なんてしないわ
わたし だって 君のことが
 …好きなの

天気予報が ウソをついた
土砂降りの雨が降る

カバンに入れたままの 
オリタタミ傘 うれしくない 
ためいきを ついた
そんなとき
「しょうがないから入ってやる」なんて 
隣にいる きみが笑う
恋に落ちる音がした

メルト 息が詰まりそう
君に触れてる右手が 
震える 高鳴る胸 はんぶんこの傘
手を伸ばせば届く距離 
どうしよう……!
想いよ届け 君に

お願い 時間をとめて 泣きそうなの
でも嬉しくて 死んでしまうわ!

メルト 駅についてしまう 
もう会えない 近くて 遠いよ 
だから メルト 手をつないで 歩きたい!
もうバイバイしなくちゃいけないの?
今すぐ わたしを 抱きしめて! 
…なんてね

チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮 ミニゲームの紹介&コツ

「チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮」、数時間やった感想としては面白いと思う。
特にミニゲーム。
いや、本編も十分面白いけど、ミニゲームもいい感じに面白い出来になっている。
以下はその紹介と感想、攻略とコツを書いていこうと思う。


ミニゲームは現在、3つ出ている。

1、ポップアップデュエル
2、バッドシューター
3、キックダーツ


ポップアップデュエルはカードゲーム。
あるルールで勝負する。
これは後に書くとしよう。


バッドシューターはシューティング。
初めてのWiiにある射撃と同じ要領。
スコアは、6000点、8000点、10000点でポップアップデュエルのカードが貰える。
現在は8000点止まりで、どんなコツがあるのかは模索中。
とりあえず早く撃つしかないんだろうけど。


キックダーツはダーツゲーム。
リモコンで標準を合わせて、Aボタンを押した後に振る。
簡単そうに思うが、これがかなり難しい。
標準が何故か二つあり、その両方を合わせないと訳の判らん方向に飛ぶのだ。
しかし、二つ目の標準を合わせるのに手間取っていては、時間が減りスコアが伸びない。
(投げるのが早ければポイントが3倍になる)

ここでオレのコツ(又は攻略法)を書いておこう。
これはほぼ8割の確率で、命中率を上げれるやり方であると自負している。



▲白丸の所に合わせる。

・2つの標準を真ん中の下の赤(白丸)に合わせる。
理由:振るスピードを一定にするために、この白丸に合わせる。
(標準を合わせることができても、振るスピードが違えば命中箇所は必ずズレる)

・素早く振る。
理由:振るスピードを一定にするため。
(ダーツを思い切り飛ばす力には上限があるので、それを利用する)


これで真ん中が狙えるようになったら、後はもう同じ要領でどこに現れるのかも判らないモーグリマーク(高得点)を狙い打つ。
モーグリマークは割かしでかい的なので、さっき掴んだ位置感覚で合わせて狙えれば当てれるはず。

狙う順番は、1ターンでモーグリマーク(×3)、赤(×2)、黄(×1)でおk。
最後のターンはモーグリマークが3回出てくるので、全部仕留めること。
注意することは、同じ個所にダーツを投げても刺さらない点。
投げても、弾かれてしまってポイントにならないので、潔く別の個所を投げるように。

黄(×2)も狙えないことはないけど、ちょっと難しいのでできない人は上記の順番で十分です。
この方法で自分は2100点越えました。


次はポップアップデュエルについて。
ルールが意味不明ワカンナイヨーって人用です。

まずカードについて。
カードには種類がある。

・色
赤、青、黄、緑、無の5種類。

赤=火
青=氷
黄=雷
緑=土
の属性。
まぁ、属性って云っても、「じゃんけん」みたいな関係じゃないので。
属性を持つカードは、そのカードを使用した後にクリスタルとして、ポイントが溜まる。
(これをCP(クリスタルポイント)という)
無はカード使用後、普通に消えるだけ。


・タイプ
剣、盾、槍の3種類。

これは「じゃんけん」に近い。
まぁカードを見せながら解説しよう。



ここにバハムートのカードがある。
色は無。
タイプは剣。
タイプを見分ける方法は、「相手に5ptのダメージをあたえる」という箇所の横にあるマークで見分ける。
さらにこの箇所は同時にカードの持つ攻撃力を見分けるものでもある。
このカードだと5ptのダメージが与えることができる。

で、重要なのがアイコンの位置。
アイコンというのは、上下左右にある丸い箇所のこと。
バハムートの右の緑の丸に剣のマークがあるだろう?
それは剣アイコン。
攻撃する際は、その剣アイコンの位置を相手のカードと照らし合わせて戦う。
ん?意味不明?

じゃあカードを見せながら説明しようか。

  

ちなみにバトルっていうのは先攻後攻にわかれて戦うんだけども、先攻は先にカードを出した方になる。
どっちが有利かというのは、カードと状況次第なんだけど、今回はそれを無視で進める。

まずバハムートの攻撃。
バハムートは剣タイプなので、攻撃可能。
剣アイコンは右側。

対するイフリートの右側には盾アイコンがある。
なので、攻撃失敗。

攻守交代。

イフリートの攻撃。
イフリートは剣タイプなので、攻撃可能。
剣アイコンは上側。

対するバハムートの上側のアイコンは空白なので、攻撃成功。
相手に3ptのダメージ。


こんな感じだ。
(ちなみにptっていうのはプレイヤーのHPで値は20)
じゃあ、このカードではどうだろう?

  

アダマンタイマイは盾タイプ。
盾タイプに攻撃アイコンは備わっていない。
このターンは様子を見るしかない。
しかし、アダマンタイマイは全方位(上下左右)盾アイコンが備わっている。

ミストドラゴンは剣タイプ。
剣アイコンは下側。

対するアダマンタイマイの下側には盾のアイコン。
つまり攻撃失敗。

しかし、アダマンタイマイに攻撃力はないので、このターンはお互いノーダメージの状態で終わる。
ただし、盾タイプ全員に攻撃力がない訳ではない。
上記のように攻撃を失敗させることができれば、カウンターとして盾タイプも攻撃ができる。


流れは大体、判って貰えただろうか?
次に槍タイプだが、槍は画像を表示するまでもない。
自分の槍アイコンの位置に、相手の盾アイコンがあれば攻撃成功となる。

詳しく書くと、
・剣タイプ
剣アイコン VS 盾アイコン =攻撃失敗
剣アイコン VS 剣アイコン =攻撃2分の1成功(3ptだと1ptのダメージ)
剣アイコン VS 槍アイコン =攻撃成功
剣アイコン VS 無アイコン =攻撃成功

・槍タイプ
槍アイコン VS 盾アイコン =攻撃成功
槍アイコン VS 剣アイコン =攻撃失敗
槍アイコン VS 槍アイコン =攻撃失敗
槍アイコン VS 無アイコン =攻撃失敗

となる。
つまり先ほどのアダマンタイトイに槍タイプのカードは最悪の状況となる訳だ。

さて、次にCPだが、先ほどのカードをCPにすると、
左:緑1  右:赤1、青1

となる。
バハムートは無なので、CPにはならない。
ここで仮に左に黄2のCPを与えたとしよう。
するとこのカードが使える。



これは書かれてある通り、CPの数、黄2を消費すれば書かれてある通りの効果を発動できる。
まぁ、使ったとしたら、右は青1のCPを持っているので、3ptのダメージだ。
ちなみに左にCPがなかった場合は防御はできるが攻撃はCPが足りないため発動できずに失敗となる。


はい、まぁ、大体こんな感じなんだけども。
それでも判んねーよ!って方はコメントにでも残してくれればお答しますよ。
できる範囲で。


このカードゲームだけはネット対戦ができる。
自分もkeiと名前を付けて、勝負してみたが中々に熱い勝負ができた。
まぁ、二人しか戦ってないけどさ。

一人目はあんまり苦もなく倒せた。
やたら槍タイプのカードを乱用するバクチタイプなので、特に目立った印象もない。
強いて云えば槍の攻撃は一回も通ってなかったということだろうか。

二人目はかなりきつかった。
二人目は回復系のカードを所持して、HPを回復できるからだ。
ちなみにこちらのデッキには回復系のカードは一枚もない。

さらに云えば、こちらの手札は最初の時点でCPを消費しないと使えないカードが2枚揃っていた。
手札は3枚持ちなので、こりゃ参ったと。
とりあえず、残り1枚のカードを出して、CPを揃えようとするが、最終的にHPは10pt差。
オレが残りHP5の時に向こうのHPは15。
そして、そのターンに出したカードはお互いバハムートの奇襲(上記で出たカード)。
同じ個所に剣アイコンがあるので、お互いのダメージは2。
何とか運で凌げたが、次のターンで終わりだ。
オレの引いたカードを見る。
ラムウの感電(上記で出たカード)。
あぁ、CP足りるから使えるな。
すぐにカードを出す。
すぐに出したため、オレが先攻。
剣アイコンの位置を見る。
攻撃は成功。
ラムウの能力を見る。
「青CPの数×3のダメージをあたえる」
相手のCPを見る。
青CPが5個ある。

勝ったあああああああああああああああああ。

そう、オレはライフ3の状態で、10pt差の相手に逆転勝ちしたのだ。
まさか相手も10pt差で負けるとは思ってもなかっただろう。
しかも、もしオレが後攻だったら負けていたのだ。
まさに一発逆転。
これは熱い。
正直、嬉しかった。

その後、相手が再戦を望んで来たので、受けて立った。
今回の手札はCP待ちではなかったので、順序よくカードを出せた。
相手の回復カードは全て封殺した。運で。
そしてまた勝った。
さすがに3回目の対戦希望はなかった。


とまぁ、えぇ、結構面白いゲームだったわけです。
少しでも興味のある人はニコニコでプレイ動画でも見て下さいな。

以上。

・サンデー ・メルト

チョコボの不思議なダンジョンに出てくるモーグリがケロロ軍曹な件。

あの声のキャラクターは何故かどれも蹴り飛ばしたくなる。

どうもkeiです。



・サンデー

サンデーを読み始めた。
まぁ、立ち読みだけど。

なんで見始めたのかというと、先週から始まった、「焼きたてジャパン」の作者の新連載を見たかったからだ。
今回は医者の話らしい。
1話は中々に面白い感じがした。

で、今週も読もうとサンデーを手に取ると…。





夜神月?

どうやら新しい新連載らしいな。
「LOST BRAIN」ね。
さすがに中身は違うだろう。
とりあえず読んでみる。


…デスノート?


読み進めている最中、いつ「新世界」という単語が出るが期待したがさすがに出て来なかった。
まぁ、出てきても違和感ないくらいの話だったけど。
それくらい似てるんです。

主人公とか髪型ほとんど一緒だし。
設定も何か似たような感じ。

主人公:氷山漣(ひやま れん)
生徒会長。天才。
自分以外の人間はクズだと思っている。
催眠術の力で世界を創りかえる野望を持つ。
力を得た後は性格が変わる(?)

デスノートの代わりに催眠術ッスか。
何か似たような構図も結構あったし。
サンデー始まったな。

詳しくはこちら

来週が楽しみだな。
なんだかんだで面白い作品になりそうだし。



・メルト

初音ミクの曲にプロが歌入りをした。
プロって云っても、そこまで知名度はないんじゃないかなと思う。
聞いたことない名前だし。

でも歌はかなり上手いぜ!
プロだからな!



これは男視点の歌詞なので、原曲とは歌詞が違う。
どっちもいい曲だから是非、聞いて欲しい。

・会社 ・やりたいこと ・バイク ・泊まり

「君がエクスペクト・パトローナムを使ったら出てくるのオレだから」

決まった!!!

どうもkeiです。




・会社

この前、会社で16時間半労働したぜ。

おかしいよね。
基本的に8時間労働なのに。
おかしいよね。
二日分の働きを一日でするなんて。

判り易く書こう。
朝8時から仕事をしたとしたら、通常帰れるのは16時だが、そこからさらに8時間半残業をしたら?

はい、0時半です。m9(^Д^)プギャー
ちなみに次の日も仕事だったよ。\(^O^)/オワタ

さらに詳しく書けば、0時半に終わっても帰宅時間+風呂+飯でさらに睡眠時間は減るっていうね。
睡眠時間はおよそ5時間くらいじゃないだろうか。
睡眠時間は十分じゃね?と思う人もいるだろうけど、帰って寝るだけだから。
パソコンもできなければ漫画も読む暇ない。
当然、テレビも見てない。
人生、会社に捧げた気分に陥ったね。

あれは参った。
さすがに参った。
腹は減るし、眠いし、やってらんねぇし。
次の日、仕事っていうことを考えるとさらに気が滅入る、
まぁ、やるしかなかったんだけど。
トラブルだったし。

まぁ、そんな感じで書く暇もないし、書くネタもないしでブログも更新できなかった。
私生活でやりたいことを優先すると、どうしても記事を書くというのは後手に回ってしまう。

って云っても、TOEYよりは遙かに記事を書いていると思うけど。
放置し過ぎだろ。



・やりたいこと

やりたいことが多過ぎて困る。

ハリーポッター全巻見直したい。
(混血のプリンスしか持ってないけど)

買ってある小説読みたい。
(どんどん増えてる)

ゲームしたい。


ゲーム自体はもう特にやるものはないんだけど、13日にWiiで「チョコボの不思議なダンジョン」が出るからそれを買うつもり。
ダンジョンゲームは3作くらいしかやったことないけど、スマブラまでの暇潰しって感じでゆっくりやろうと思う。

マリオもバイオもとりあえずクリアしたから、やることはないだろう。
誰かが遊ぶ時に部屋を提供してくれたら、そのソフトで遊べるんだろうけど。

でも今売ったら、結構な額で売れるから少し迷う。



・バイク

ミツバチ君(250ccのバイク)に最近、全く乗っていない。
恐らく1ヵ月くらい乗ってない。
季節が冬だからというのもあるが、はっきり云って面倒臭くて乗ってない。

冬だと気温が下がって、エンジンがかかり難い。
これは車もそうだが、バイクだとエンジンがかかっても、急に切れたりする。
まぁ、発進の時だけだが。
一回、走り出せたらとりあえずは大丈夫。

夏は暑い、冬は寒い。
バイクは基本的にデメリットの方が多い。
雨の日などは最悪だ。
滑るし、もし事故ったら恐らく軽傷では済まない。
そんなデメリットの多い乗り物を面倒臭がりのオレが買った時点で間違いだったのだろうな。

オレがバイクを買ったのは、車乗れないけど、バイクは乗れるという言い訳のため。
後、せっかく二輪免許取ったし、何か乗りたいなと。

子供の頃から、バイクに乗るのは憧れていた。
仮面ライダーが好きだったから。
幼少時に憧れたものは、大人になって現実はこうなんだと実感したけど。

どうしようかね。
バイクに乗る気力がない。
クラッチとか面倒で堪らない。
っていうか鞄を背負うのも嫌だ。

バイク売ろっかな。
今なら、25~30万くらいで売れるだろう。
タンクに傷は一つも付いてないし、磨けば光るし。
走行距離も全然だし。
売ったらすぐに買い手が付くくらいの価値はあるだろう。

そんで、どうしよ。
ビッグスクーターでも買おうか。
便利そうだし。
クラッチもないしな。
荷物もいっぱい入るらしいし。

あぁ、でもバイクで二人乗りとかしたかったなぁ。
勿論、後ろは女性で。
男など乗せたくもないわ。
男の憧れであるんじゃないだろうか。
バイクで女と二人乗りとか。

なんか色々、脱線したけど、バイク売るかどうかはまだ決めてない。
よく考えてから決めようと思う。
で、売るなら写真いっぱい撮っておこうと思う。

少しは思い入れだってある。



・泊まり

Oの家に遊びに行った。
行く前にポケモンを持ってきてくれとメールが来た。
まぁ、もうやらんだろうし、一度は貰ったものだが、返すとするか。
売ればニ千円くらいになったけど。

Oの部屋に入り、早速ゲームをする。
アンブレラ・クロニクルズを二人でやってみたかったのだ。

アンブレラ・クロニクルズをやる前に、はじめてのWiiの射撃をやった。
最初は2、30点差ほどの差があったが、オレは最終的に僅差で逆転した。
計画通りだった。

その後、Wiiのデータコピーと、2P登録で多少時間を喰ったが、とりあえず準備はできた。

アンブレラ・クロニクルズは普通にガンコンのゲームなので、一度やったオレは大体パターンが読める。
近くの敵はショットガンでふっ飛ばし、面倒臭い敵はマシンガンで撃ち殺した。
やはり2人でやると、火力が2倍なので、結構楽に進める。
最初から装備している手榴弾も1人2個つまり2人で最低4個あるので、ボス戦ではそれを投げまくって瞬殺。
クリアタイムだけは基本的にSランクだった。

しかし、基本的に画面にずっと集中しなければいけないゲームのため、あまり長時間することはできない。
とりあえず、6チャプターぐらいクリアしてから、次はマリオをやった。

オレはアシストを操作してみる。
アシストはどうやら、スターピース発射&回収、マリオをジャンプさせる、敵の動きを止めることなどができるらしい。
まぁ、マリオをジャンプさせるのはヘタしたら、マリオを落としてしまう事が出来る訳だが。
実際、Oに落とされたし。

スター自体は全部集めているので、Oに1つスターを取らして慣れてもらった後はバランスボールのステージとかをやった。
バランスボールのステージは異常に難しく、ムキになってやってしまうので、丁度いいと思った。
だが、Oはすぐに投げだしていた。

次はトイボックスというステージのルイージのパネルステージをやった。
異常に難しいステージの一つであり、ここでは何十回と死んだことがある。
オレもOもやったが、結局スターを取ることはできなかった。

その後は、ゲームをやめて、ビデオを見ながら雑談をした。
ポケモンとかロックマンとか何か色々喋った。

オレのデータの入ったポケモンのパールを起動して、Oが中を確認した。
バクフーンに炎系の技しかないことにダメ出しを喰らったが、ぶっちゃけもうやらないのでどうでもよかった。
その次にOはボックスから高個体値のポケモンを探していた。
Oが探している最中、オレは以下のことを云った。

・一通り、野生で出てくるポケモンはゲットしているが、2、3匹は時間の都合上ゲットしてない。
・ゲットしたポケモンはほとんど使ってない。
・街の住人には全員話しかけて、技マシンとかもゲットしてある。
・技マシンは一個も使ってない。
・伝説ポケモンはパルキアしか捕まえていない。

Oはかなり喜んでいた。
ボックスの中にも2匹ほど高個体値のポケモンがいた様子。
高個体値とか知らないオレには宝の持ち腐れだな。

この機会にOに努力値とか個体値とかのことを聞いてみた。
なんとなく判ったが、オレはポケモンにそこまではまってないのでここでは割愛する。

ロックマンはまぁ、オレはXに思い入れがあるので、何となくやってみたいなとか、こんな話だったとかを喋った。
wikipediaによると、ロックマンシリーズは一応繋がっているらしい。
そういやXを作ったのはライト博士だったしな。
興味のある人はwikipediaで調べてほしい。
繋がっているって云っても、一部矛盾やパラレルも存在するようだが。

まぁその後も色々話した。
オレは途中から色々漫画を読んだ。

6時前くらいになり、意識が夢の中に飛びかけたので、オレは帰ることにした。
家に帰って、コンビニにジャンプとか買いに行って、結局寝たのは10時前だった。


初音ミク オススメのオリジナルソング。



もはや芸術だよな。

どうもkeiです。



今日は個人的にオススメの初音ミクのオリジナルゾングを紹介していきます。



最初のAメロがまんまポルノのアゲハ蝶ですが、普通にいい曲だと思います。
歌詞はとてつもなくエロいですが。
まぁ、ちょっとHなシリーズなので、そこは気にせずに。




ちょっとHなシリーズの作者さんの真面目な作品です。
この作者さんの他の作品も名曲揃いです。




サビが印象に残る歌です。
普通に人が歌っているように聴こえます。




最初から最後まで勢いがいい歌です。
何気に弾幕が飛び交ってます。




今の季節にあった切ない歌です。
サビもいい感じに盛り上がります。



とりあえず、マイページに入っているのは初音ミクの歌はこれだけです。
作者さんの作品の中から一つか二つ選んでるだけなので、気に入った作者さんの歌があれば、作品集を覗いてみるといいでしょう。


あとはついでに、「エアーマンが倒せない」の作者さんの新作が上がったのでそれも貼っておきます。
ちなみに2作品あります。






上側の「クリアまでは眠らない!」はおなじみロックマン系の歌詞ですが、
下側の「シルフィード」はオリジナルの作品です。
どれも聴き応えは十分なので、是非聴いてみてください。

でも、エアーマンが神過ぎたっていうのはちょっと納得できるかも。

オススメのアイスはパルム。

AAを使った記事は無駄に大変だということが判りました。

・AAを探す。
・文章を打つ。

文章は行数が限られるので、ちょっとずつ書かないといけないし。
AAは文章にあった表情を探さないといけないし。

VIPの人達の才能に嫉妬します。

どうもkeiです。



アイス大好きと巷で噂(?)の自分ですが。

最近はパルムのチョコレート&チョコレートバー(表面はチョコ、中身もチョコ)を食べてます。



高校生の頃はクーリッシュをアホみたいに食べてましたけど、今はクーリッシュも新しくなって正直まずい前の味と変わってしまったので、食べることは一切なくなりました。
まぁ、味が変わる前から食べるのやめてましたけど。飽きて。

その後は適当に模索しつつ、レディボーデンのクッキー味→うまか棒とか選んで食べてました。

レディボーデンはカップで売ってるんですが、甘ったるいのと値段が高いのとですぐに買うのをやめました。
普通のカップのアイスよりかはでかいんですけどね。
それに冷凍庫に入る量も限られますし。

うまか棒は12本も入ってるというお得感から買ってましたけど、一本の量が少ないので物足りないという気持ちから買うのをやめました。
今は味にも飽きてしまってます。

で、今はパルムのチョコレート&チョコレートバーを食べています。
あまり中身がチョコのアイスは食べない(表面がチョコのアイスは食べる)のですが、珍しくこのアイスは気に入りました。
味はビターという感じでしょうか。
ほろ苦い甘さという何とも矛盾めいた感想しか云えません。

パルムのチョコレートバー(表面はチョコ中身はバニラ)も食べましたけど、やっぱり中身もチョコの方が美味しかったです。
中身バニラのは食感こそ違えど、そこらのアイスと大して変わりはありません。
まぁ、味音痴な自分が云っても説得力ありませんけど。
ちなみにバニラバー(表面も中身もバニラ)を食べたことはありません。

値段はコンビニでは350円、スーパーでは250円くらいです。
箱売りのアイスで、中身は6個入ってます。
ちょっと値段の割には中身が少ないかなという気もしますが、それに見合った味だと納得できたので、普通に買ってます。

ともかく美味しいアイスなのでオススメです。



では、最後に。
書くまでもないかなと思ったのですが一応書いておきましょう。

パピコだけは飽きもせず食べ続けてます。
パピコ最高。

以上です。
敬語で記事を書いたり、そうでなかったりするのは気分なのであしからず。

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。