スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散髪した。

ひぐらし放送再開してた。

そもそも打ち切りにする時点で間違ってるよな。

どうもkeiです。



今日、銀行に行った。

雨の降る中、原付で行ったので、カッパを着る羽目になった。

で、銀行について、機械が空くのを待って、お金を卸ろした。

給料日から1週間後のことだった。

お金を卸ろした後は、通帳記載を行い、現在の貯金額を確認する。

大阪と松山旅行がたたって、そこまで増えてなかった。

まぁ、同年代からすれば多い方だろうが。

とりあえず、オレは機械から離れて、イスに座って、お金を財布に入れた。

で、ふと前を見ると、オレより前にいた人が機械の前に噛り付いている。

一体、何を操作するのにそんなに時間がかかるのだろうか。

オレは2分もかからなかったというのに。

まぁ、オレがするのは預け入れと引き出しと記載だけなので、他にも何かがあるのかもしれないが。


外に出て、原付のおいてある屋根のある所に向かう。

まだ雨は降っている。

で、原付の鍵を差した瞬間、後ろからおばちゃんの声が。


「姉ちゃん、姉ちゃん、そこのくん?」


…姉ちゃん?

おばちゃんの発言に思考が停止しそうになるが、なんとか「はい」とだけ答えて、急いでカッパを着て退いた。


姉ちゃんとかありえんだろ。

後ろから見ても絶対、女性には見えない。間違いなく。

前から見るなど問題外だ。

それなのに、姉ちゃん。

そういえば、年寄りの連中は「髪長いから女かと思った」などと口にする。

それはちょっとまずい。

なんか、うん、男して。一応。


よし、髪切りに行こう。

おばちゃんの発言で、髪を切ることを決意した日だった。





髪の毛を切った日は大体「切るんじゃなかった」と後悔するもので、ぶっちゃけかなり後悔している。

前の記事であったあの長い後ろ髪も今は可愛らしいものになった。

量も全体的に減った。

頭が軽くなった気がするが、前の髪のほうが好きだったかもしれない。

まとまっている時は。

まとまってない時は最悪だが。


まぁ、切ったものはまたいずれ生えてくるから、2、3か月で戻るのだろうが、やっぱりやるせない。

切らなかったら切らなかったで、重たいのだろうが、何か複雑な気分だ。


スポンサーサイト

CCFF7 レビュー

タイトル:CCFF7(クライシスコア FF7)
製作会社:スクウェアエニックス
機種:PSP



FF7の核の事件を深く解き進むため、ザックスを主役にしたお話。

FF7自体はPSで出ているが、ザックス自体のことはあまり語られていない。

まぁ、FF7の補間みたいなものだ。


コンピレーションオブFF7は一応出揃ったようだ。

AC(アドベントチルドレン)

BC(ビフォアクライシス)

CC(クライシスコア)

DC(ダージュオブケルベロス)

最後はECでシメるのだろうか。

シメるのならPS3リメイクで決まりなんだろうな。


さて、以下はいつも通りの書き方で書いていこうと思う。

と云っても、FF7自体のことを掘り下げて書くと、何時間も掛かるので、適当に省きながら書くつもりだ。


続きを読む

・カラオケ ・コンビニ ・髪 ・携帯

斧で人を殺したらひぐらし放送禁止。

じゃあ、バットで人を殺したら野球アニメ放送禁止か?

あ、ひぐらしはバットでも人殺してたな。

…まさに逃れられない袋小路の迷路。

どうもkeiです。




・カラオケ

CCFF7をクリアした。

予想以上に感動してしまい、いっちょスクエニ商法に乗せられてやろうとポーション購入を決意。

ただ、通販くらいしか扱ってなさそうなので、Oに頼むことにした。

その後、Oが金の徴収に来て、外で少し雑談した。

で、1時間くらい話して、場所をOの家に移動した。

Oの家ではニコニコ動画のMP3抽出方法を教えた。

が、Oの家ではできなかった。

理由はよく判らんが、それっぽい動画のページを教えたのでヨシとしよう。

というかニコニコ動画のお気に入り99件も入れててワロタ。


その後、カラオケに行くことになった。

カラオケは平日だけあってガラガラ。

だから、一番いい部屋に入ることができた。

歌った歌はまぁ色々。

ニコニコ動画に汚染されて、らき☆すたやらハルヒやらの歌を歌っていた。

主にOが。

あと、ふぃぎゅ@メイトとか歌ってた。

Oが。

そういえば何故かOに創聖のアクエリオンを歌わされた。

何故だろうか。よく判らん。

とりあえずオレは、最近覚えたモノマネを披露してふざけた。

ちなみに遊戯とニャンチュウだ。

遊戯は「腐ってるぜ貴様!」とか「海馬ぁ!」とか「ブラックマジック!」とか云ってた。

ニャンチュウは「お姉さん」とか「ニャンチュウだよ」とか云ってた。

モノマネの評価はOのブログから引用することにしよう。


>今日の話になるけどkeiとカラオケに行ってきたよ。
>なんか歌ったら嫌な事なんて忘れるね゚+。(・∀・)゚+。
>今回カラオケに行って意外だったのが、keiがハルヒやらき☆すたの曲を知っていたこと。
>あと遊戯王とにゃんちゅうのモノマネが上手すぎてワロタwwww
>もうニコニコにうpしたい位でしたwwwww
>2人だったけど楽しかったからまた行きたいねwwww


どうやらニコニコにうpしてもいいくらいのレベルらしい。

まぁ、うpの仕方を知らんし、知っていたとしても叩かれそうなので、うpは自重するが。

あと、

>今回カラオケに行って意外だったのが、keiがハルヒやらき☆すたの曲を知っていたこと。

これについては、やっぱりニコニコ動画の影響だろうと思う。


そんな感じで、7時頃解散した。



・コンビニ

Oがコンビニでバイトしているとのことなので、外出したついでに覗いてみた。


「いらっしゃいませ、こんばんは。……お会計○○○円になりまーす」


おぉ、本当にやってる。

声だけじゃなく、姿を確認してみる。

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \   お客さんに上手く
    /   ///(__人__)/// \  対応することができたお!!!!!
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


何やら、バイトを始めてから自信がついている模様。

お客がいない間は隣にいた女の人と色々話していた。

Oの胸にトレーニング中のプレートがあるから、先輩みたいなもんだろう。

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |  l^l^lnー'´       | なるほど。へぇ。そうやるんですか。
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


全く、ニヤニヤしやがって。

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \      
    / (●)  (●)    \      
    |   (__人__)    u.   | 小銭こぼしたお!    
     \ u.` ⌒´      /
    ノ            \
  /´               ヽ


ほら、云わんこっちゃない。

油断するとそうなるんだ。

さて、そろそろオレも姿を見せるかな。

         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  
          |     (__人__)  
             |     ` ⌒´ノ  
              |         }
              ヽ        }    
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |  ほんとに来やがった!
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  
          |     (__人__)  トレーニング中とかすごいな。 
             |     ` ⌒´ノ  トレーニングて。
              |         }
              ヽ        }    
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!

トレーニングって、訓練、鍛練、練習って意味だろう?

         ____
       /      \
      /  ⌒    ⌒\
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    | そんなことはどうでもいいから何か買って行けお。
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


オレは店内を一通り見てみるが、これと云って欲しいものはない。

まぁ、デザートくらいは買っていくかと思い、財布を取りに行くために、外に出た。

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
  |    ー       .|
  \          /


  ::::::::  ::    ::     :::::  ::  :::
  ::::::  ::   ____   :::::  ::::  :::
  ::::::  :::: /  :::  \ :::   :::   ::
  ::::  ::::/   ::     \::  :::  ::
 ::::  /:::    ─    ─ \ ::  ::
 :::  |  ::   .(○)  (○)  | :  ::::
  :::   \     (__人__)  ,/ :  :::  何も買わずに帰って行くお…。
  ::  ノ      ` ⌒´   \ :   :::
  /´               ヽ  :::
 |    l              \:::
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


財布を手にし、もう一度店内に入る。

      +  ___
        /⌒  ⌒\   +
 + .   /( ●)  (●)\      +
     / ::::::⌒(__人__)⌒::::: \ いらっしゃいませー!    
    |      |r┬-|     |
     \       `ー'´     /  +


デザートを手にして、レジへ。


           / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  
          |     (__人__) これ美味いのか? 
             |     ` ⌒´ノ  
              |         }
              ヽ        }    
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


       ____
     /⌒  ⌒\
   /        \  すごく美味いんだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



           / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  
          |     (__人__) 食ったことあんのかよ? 
             |     ` ⌒´ノ  
              |         }
              ヽ        }    
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |   お会計200円になります。
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))  



           / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)  
          |     (__人__) 食ったことないんだろ。 
             |     ` ⌒´ノ  
              |         }
              ヽ        }    
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!



    ∩ _rヘ       / ヽ∩
  . /_ノυ___ιヽ_ \
  / /  /⌒  ⌒\   ヽ \
  (  く  /( ●)  (●)\   > ) そんなこと
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /
    ヽ|     |r┬-|     |/
      \      `ー'´     /



 (( (ヽ三/)        (ヽ三/) ))
  .  (((i )   ___   ( i)))
  / /  /_ノ   ヽ_\   ヽ \
  (  く  /( ●)  (●)\   > ) こっちは
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /
    ヽ|        ̄      |/
      \              /



   ∩∩∩    .    ∩∩∩
  .∩_:||_:|_:|        |_:||_:|_:∩
  │ ___  つ      ⊂  ___ │
   ヽ   ノ  ___   ヽ  ノ
  / /  /_ノ  ヽ、_\   ヽ \
  (  く   o゚((●)) ((●))゚o   > )  知ったことじゃないおwww
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /
    ヽ|     |r┬-|     |/
      \    | |  |     /
          | |  |
           `ー'´


          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)  売ってしまえば
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //  もう返品はできないんだおww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))






という一部(全部?)脚色の混じったものになったが、まぁ、頑張っているようだった。

最後に「頑張れよ!」と声援を送ると「おう!」と返事をしてくれた。

接客業とかもう二度としたくないなと再認識した日だった。



・髪

髪の毛が大分伸びた。

後ろ髪も結ぶのは余裕だ。

さすがに全体の髪型は晒せないが、後ろくらいは晒してみよう。

こんな感じだ。



で、結ぶとこんな感じ。




先に結んでから撮ってしまったので、

結んでないほうは髪の毛が飛散してしまった。

まぁ、毛先も傷んでる風なので、変わらないか。

近々、空かす程度に切ろうとは思う。


色はもう大分落ちて、ほぼ黒。

染めた当初はモカ色だったのだが。


ちなみにオレの髪は男の割には結構サラサラだと思う。

昔、髪の多い人の頭を撫でた時、ゴワっとして驚いた覚えがあるくらいだ。

ちなみに男女両方。

テンショウなどオレの髪の柔らかさに驚愕していたからな。

ま、柔らかすぎて、ワックスで髪の毛をセットすることができないんだが。


っていうかオレ、昔書いた理想の髪型になっているのか?



・携帯

携帯のカメラの画質が低下している気がする。

何かぼやけているっぽい。

そういえば大阪旅行くらいから、気にはしてた。

何かぼやけているような…?

実際、低下しているのかもともとこの画質なのかは知らんが、さっきの髪の画像を見比べてみたら、はっきり判ると思う。

結んだ髪の毛がオレの携帯。

結んでない方が人の携帯。

全然違うだろう?

さすがにこれ以上、酷くなったらDocomoに行こうと思う。

キングダムハーツの情報。

キングダムハーツの新作の正式発表があったので一応紹介します。


KINGDOM HEARTS 358/2 Days
(スリー ファイブ エイト デイズ オーバー ツー)

【ストーリー概要】
トワイライトタウン。いつものように駅の時計塔から夕日を見つめるロクサスとアクセル。
機関に属する2人の任務は、ハートレスを討伐し「ハート」を回収する事。
任務の終わりにはいつもこの駅の時計塔で落ち合い、一緒にアイスを食べながらその日の任務について語り合っていた。
夕日ってどうして赤いか知ってるか?
光にはいくつか色があって、その中でも赤が一番遠くまで届くからなんだってよ。

どうしてアクセルが得意気なんだよ。

心を持たないはずの彼らが好んで繰り返す、他愛のない会話。
語られることのなかった、ロクサスのXIII機関時代の物語─。


対応機種:ニンテンドーDS
各ディズニーワールドを巡るシングルプレイモードに加え、DSの機能を生かし、複数人でミッションをこなすマルチプレイモードを搭載している。

操作キャラはロクサス。
他にもシグバール、サイクス、アクセルの使用が確認されている。



KINGDOM HEARTS Birth by Sleep
(バース バイ スリープ)

【ストーリー概要】
伝説に現れるキーブレードは、大きな力を秘めている。
かつて現れたキーブレードを持つ者が世界を救ったとも、混沌をもたらしたとも伝えられている。
KINGDOM HEARTS<アンセムレポート8より抜粋>
ソラがキーブレードを手にする以前、世界には複数の「キーブレードマスター」がいた。
その中の1人、マスター・ゼアノートは唯一の弟子と共に、忽然と姿を消す。
それはこれから始まる大いなる災いの前兆であった。
いち早くその事に気付いたあるマスターは、自分の3人の弟子達に、マスター・ゼアノートとその弟子を追う様に命じるのだった……。


対応機種:PSP
「KINGDOM HEARTS」の物語の始まりへと繋がるストーリーが描かれる、操作感やシステム、グラフィックスは従来のシリーズを踏襲しつつも、新たな3人の主人公が登場し、3つのシナリオが展開する。

キングダムハーツ2FM+のシークレットムービーの全容となる。
主人公は3人だが、操作できるのかは未確認。
序盤ではまだ、鎧は着けていない。



KINGDOM HEARTS coded
(コーデッド)

【ストーリー概要】
今作は、ジミニー・クリケットが全ての旅を記した「ジミニーメモ」の断片を巡る物語。
「キングダム ハーツII」の後、ディズニーキャッスルに戻ったジミニーは、旅の記録の整理中、1つのページに目が止まる。
そこに書かれた謎のメッセージ。
「彼らの痛みを癒しに戻らなければならない」

 しかし、どれだけ思い出そうとしても、そのページが何なのか思い出せない。
そこで、王様達はジミニーメモをデータ化し、調査を開始する。
ジミニーメモをトレースした世界、デスティニーアイランドで眠る少年が目を覚ます。
データ世界のソラの新しい旅はこうして始まる。


対応機種:携帯電話
さまざまなディズニーワールドを巡る箱庭的世界での冒険を、携帯電話で再現。
ゲーム機にも遜色のないグラフィックスと、新システムを搭載して配信される。
ディズニーのインターネット部門「ディズニー・インタネット・グループ」との初のコラボレーション作品。

デバッキングモードという新しいシステムを搭載。
コマンドを実行すれば、ソラが高速で動いたりする。
今回のソラはあくまで、データ。
また1か2のワールドを違った視点で解き進めていく感じ?


【参考】

GAME Watch

FF7-reunion 東京TGS2007より スクエニ:クローズドメガシアター内容

ITmedia





公式発表が出た訳ですが。

まさか、隠しムービーの内容をPSPに持ってくるとは思いませんでした。

普通にPS3だろうと。

アルティマニアか何かで、KHの最初の物語を見せるには大容量のスペックがいるって書いてたもんだからてっきり。

じゃあ、20時間ぐらいでクリアかなー。

主人公の名前は、テラ、ヴェン(略称らしい)、アクアの3人で決定でしょうね。


ロクサス物語はDSで、13機関のキャラも使えるといった何とも素敵な内容。

といっても、13機関で好きなのはロクサスとアクセルくらいしかいない、自分にとっては微妙ですが。

マルチプレイでミッションもこなせるとのことなので、そこはキャラを変えつつやったほうが判り易いんでしょうね。

皆ロクサスだったら、訳判りませんし。

にしてもタイトルの長いゲームだ。


王様とソラの物語は携帯でしたね。

データソラは予想すらしてませんでしたが、まさか携帯とは…。

携帯でプレイするってことは、パケ放題に登録してないと悲惨な目に合う代物ですよね?

あぁ、最悪だ。

このタイトルだけはプレイできそうにないです。

今更、パケ放題にしたくないので。



今回の発表されたタイトルの順番を入れ替えてみるとこうなります。


KINGDOM HEARTS Birth by Sleep

KINGDOM HEARTS coded

KINGDOM HEARTS 358/2 Days


あくまで、自分の解釈なので、絶対って訳じゃありませんが、

サブタイトルがBCDと順番通りじゃありませんか?

次に出るKHがAなのかEなのかは知りませんが、次回作は続くと思って間違いないでしょうね。

Aは案外、KH3のサブタイトルだったりして。

いや、ないか。

2もサブタイトルはなかったし。


ニコニコ動画のリンク。

メールの返信がなかった相手には絶対にメールを送りません。

どうもkeiです。



ってことで(?)今日はニコニコ動画の紹介です。



最初の声がデーモン(閣下)に聴こえた。
歌詞もヴィンセント視点の歌詞。
歌詞とか映像とか意味不明でも普通にいい歌だと思う。
ルクレツィア!




上のヴィンセントのキャラソン作った人の過去作。主にネタ用。
遊戯王の海馬への愛が感じられます(笑)
かっこいいサウンドに間抜けな歌詞が何ともいい味。




らっぷびとっていう、原曲をラップにする人の新作。
「God Knows」「晴れ晴れユカイ」「冒険でしょでしょ?」もラップ化に成功。
今回は絶望先生のOPをラップ化。
原曲と聴き比べてみたけど、らっぷびとの方がいい感じがする。
らっぷびとは初期から知ってたけど、ここまで大きくなるとは思わなかった。感動。




らっぷびとがDIS(さげずむこと)されたのでその反撃に出た模様。
DISした人のは正直、リンクする気にもならないので、興味がある人は「踏んどけ!らぶれたぁ」から飛んで下さい。
にしても歌うまいなぁ。
普通にオリジナルでも受けそうな気がする。
歌詞も韻踏んでるし。
(韻というのは発音が似ている言葉を作っていること)

ちなみに現在らっぷびとは涼宮ハルヒのアルバムをうpする予定らしい。
現在はこの3曲しかないが。
・God Knows
・晴れ晴れユカイ
・冒険でしょでしょ?
他に何が増えるんだろうか。
あと、現在はうpされていないが、「When They Cry」っていうひぐらしのイメージアルバムの曲もラップにしてた。
オレは勿論ゲットしたぜ!!





9月26日発売の2ndシングル「Black Cherry」。
ライヴの映像だけど、音声ははっきりと聴こえるので、どんな曲かを知りたい人はこれで十分だと思う。





※グロ注意!!腹を捌いたり内臓出したりするので耐性のない人は見るな!!!
3でジグソウは死んだから、どうやって4に繋げるのかなーと思ったら、どうも脳味噌を保存するらしい。
いや、はっきりとは判んないけど。
で、胃袋からテープが出てきて、何かのゲーム宣言?
字幕がないのが非常に残念。




バイオハザード3の最新映像。
バイオハザードの映画はゲームとはまた違った展開。
オレは結構このシリーズは好き。
DVD買おうかなと思ったくらいだからな!買ってないけど。
どうせ11月の放映と同時に2はTV放送されるよ。
今回は砂漠が舞台で、2に出てきたキャラはどうなったのか気になるところ。
映画は必ず観に行くつもりだ。



二連休だよヒャッホウ!!

で、三日仕事行ったらまた二連休ヒャッホウ!

連休前はテンションが上がるので、あんまり寝ないで済む。

ただ、寝付けないだけだけどな。


そういえば1週間くらい前、ヤツから電話があった。

ヤツ「松山行かん?」

kei「オレ行ったよ。一人で」

(略)

ヤツ「行かん?」

kei「無理。仕事」

ヤツ「ほうか。まぁまた連絡するわ」

kei「(どうせ連絡なんか来んけどな)」

まぁ、本当に来ん訳ですがね。

ヤツ達は先週の三連休で松山に行った模様。

レポしてくれる人なんかいないので、会った時に話を聞こう。

っていうかオレはいつ香川に行けるのだろうか。

キングダムハーツの新作+追記。

画像

ディズニーキャッスルっぽいところ。
テーブルに着いて、悩んでいるミッキー。傍らにはジミニー。
ミッキー「覚えの無い文章――」

トワイライトタウンっぽいところ。
ロクサスが空を飛んでいる風に見える。
ロクサス「俺を昔、見た事があるって…」

ヴェンに顔が酷似していることの暗示か?


隠しムービーの老人と青年の向かい合っている。
場所は同じく隠しムービーのところ。
「辿り着くと信じていた――」

青年がキーブレードを出すシーン。
「あいつの心に何をした!!」

鎧をつけていない時期の映像だろうか。
キーブレードの形からはKH2FMの鎧の男と同じだが。
名前は2ちゃんでは「テラじゃないか?」とのことらしい。

にしても恐ろしく服がダサい。






画像

・アクセルとロクサスが13機関会議室で、イスに座ってるメンバーを見上げるシーン。「キーブレードに選ばれし者――」

・トラヴァースタウンっぽい所で、サイズの合わない1の服を着たソラと王様がいる。
 王様(コートではない)はソラの前でキーブレードを構え「あの日、僕もここにいた」

・複数のタイトルを開発中。

・機種は一つではない。

・多くの謎が解き明かされる新作ストーリー。過去作やリメイクではない。

・野村氏の直筆コメント
「ついに新しいKINGDOM HEARTSをみなさんに発表することができました。
でも、これはまだほんの少しです。
今回はどんなディズニーの仲間達と出会って、どんなディズニーの世界に行くのか?
続報を楽しみに待っていて下さいね」




遂にキターって感じですね。

予想通りというか、まぁアルティマニアに書かれていたことそのままですけど。

機種は携帯機なので、DSとPSPはほぼ間違いないでしょう。

ロクサスストーリーはPSPで、王様ストーリーはDSだと思います。多分。

他に出るとしたら、せいぜい携帯で配信くらいしかないでしょうし。


KINGDOM HEARTSにはもともと3つの空白の時間があって、ロクサスストーリーと王様ストーリーは空白の時間に当てはまります。

他にも新作が出るのなら、あと一つの空白の時間になるでしょう。

まぁ、リクのストーリーだったと思いますが。


後は、謎の回収も行われると思います。

なぜ、ロクサスがキーブレードを2本使えるのか?など。

キーブレードは人工物っていうのは結構重要なキーワードらしいです。


DSで出るにせよ、PSPで出るにせよ、隠しムービー的なものはあるでしょうね。

KINGDOM HEARTSは続編が出たのにこけなかった良作RPGなんで、期待は高まります。

・指導員 ・幽霊 ・運動会 ・記事

T「家庭に問題あるやつって笑っとる顔見たら判るよな」

kei「あぁ、嘘臭い笑顔しとるもんな」

ヤツ「?」

なんていう会話を昔、したような気がします。

どうもkeiです。



・指導員

会社で新しい仕事をする時は大体、指導員のような教える人が付いて教えてくれる。

1、2ヵ月前、オレは新しい仕事を覚えるため、指導員と一緒に仕事をすることになった。

とりあえず指導員の名前を適当にAとしておこう。

Aは25歳くらいで若く、仕事は(若い人の中で)一番できる。

オレはあまりAと話したことがないのでよく判らんが、性格は一癖あるのは知ってる。

そんなAとオレは8日の間、一緒に仕事をしなければいけない。

(一緒にというかオレは教えてもらう立場だが、ちなみに8日以降は指導員が変わる)

最初は、Aと少しでも距離を縮めるチャンスだと思えば…なんて思っていた。

少しでもポジティブに考えないとやってられないからだ。

で、Aと一緒に仕事をした当日…。

少しでもフレンドリーになる計画は露と消えた。アーメン。


オレは教えてもらう立場だから、大袈裟に云えば、何も知らない状態なのは周知の事実。

そんなのはAも知っているだろう。

だが、Aはオレに何一つ教えようとはしない。

勝手に仕事を進めている。

オレの予想としては、Aが知っていることを説明してくれるものだと思っていた。

だが、Aの思考としては、オレが聞くのを待っているらしい。

はい?

オレから仕事のやり方を聞くんですか?

え?オレに説明はせずにオレからの質問を答えるだけ?

マジっすか。

こんなやり方じゃあ、絶対に判らない所が出てくるだろう。

ズブの素人ができる質問などたかが知れている。

外面を削ったような質問しかできないのは判っているのに、何故内面の説明をしてくれないのだろうか。

しかも、このA、かなり短気。

これはあくまで例えだが、時計の針が11時59分で止まっているとする。

オレはその時計の数値、つまり11時59分をメモしなければいけない。

で、11時59分とメモをしたら、Aは若干キレながら「11時59分かぁ???」とか云ってくる。

オレは時計の真正面で確認しているので、時間は間違いない。

Aも真正面で時間を見て、自分の間違いに気付いた。

「あぁ、11時59分か」

なんだコイツ。


極めつけとしてはこれが印象的だ。

これもあくまで例えになるが、AがPCの画面を見ていたとする。

オレが「何を見ているんですか?」と質問すると、こう云って来た。

「別に」




え?

別に?

あぁそうですか。

明らかに仕事に関係しそうな、画面で「別に」ですか。そうですか。

なんかもうどうでもいいや、

こいつに教わることは何もないな。

「判らんことあった聞け」とか云ってくる癖に「別に」だもんな。

こっちは基本的に判らん状態なのにね。

あれだよ。

PS2のコントローラーのボタンを質問でいちいち聞かないかん感じだよ。

「□ボタンって何ができるんですか?」

「パンチ」

「○ボタンって…」

「キック」

終いには、「十字キーの←って何ができるんですか?」とかも聞かないかん状態な訳よ。

コントローラーよりも聞くこと多い訳よ。

聞くことなんか山のようにあって、数なんか数えれないくらい多い訳よ。

しかもオレが質問できるのは「□ボタンって何ができるんですか?」くらいまでで、「実は□ボタンと△ボタンを同時押ししたら…」とかは全く予想だにしない訳よ。

そういう予想だにしない点をAは教えてくれないんだぞ?

だから、そういう点を含めて、真面目にこう云いたい。

いちいち聞いてられるかと。

あぁそれと、人が近くにいる時だけ、熱心に教えたりとかはやめて頂きたいものだ。


Aに仕事を教えてもらう8日の間は、人生で初めて胃痛を覚えた。

ストレスが溜まる、溜まる。

Aとは根本的に合わないんだろうなと思う。

オレが指導員だったら:1から説明を始め、要所要所で説明。

Aが指導員の場合:勝手に仕事始め、途中で姿を消すなんてザラにある。質問した内容にしか答えない。

Aの指導が普通なのだろうか。

オレはそう思わない。

事実、次の指導員は、オレの理想通りの指導をしてくれた。

要所要所、ポイントを掴んで、判るように教える。

オレの考えと同じだ。

指導員が変わらなければ、オレは胃に穴が開いて、仕事も何もできない人間になっていただろう。

指導員が変わってくれて本当によかったと思う。


まぁ、指導員が変わっても、やったことのない仕事を残して、一人でやれって感じになってしまったのはどうかと思うが。

実際、やれる時が少ないからしょうがないが、口頭の質問では限度がある。

そこは少し不安だ。



・幽霊

新しい仕事は他の人と離れて行うため、一人になることが多い。

まぁ、別室みたいなものだと思ってくれればいい。

その別室では、怪奇現象が起こる。

最初は冗談で云っているのだろうと思っていたが、マジで起こったので洒落にならん。

以下、起こった怪奇現象。

・ラップ音。

・喫煙室の扉が勝手に開いていた。
(誰も入っていない)

・人為的な物音。

・足音が聞こえる。

・視界の端で何かが動く。

何も悪さはしてこない幽霊のようだが、イタズラが多い。

誰かのイタズラならまだ可愛いものだと思う。


ラップ音は「パチン」とか、部屋に入って来たときに出る独特の音が鳴ったりとか。

最初は誰か入って来たのかと思った。

当然誰もいない。


喫煙室の扉は2日連続で開いた。

最初はAの次の指導員が、オレに「喫煙室の扉を開けたか?」と聞いてきたのが発端。

その質問には「開けてない」と答え、何かの勘違いだと思っていたが、次の日。

喫煙室の扉が閉まっているのを確認して、少し外出すると何故か扉が開いていた。

人が通れる隙間ではなく、中途半端に開けているのが気になる。


人為的な物音は、イスから立ち上がる時の音が窓の外から聞こえたり、冷蔵庫の上部を叩く音が聞こえたり。

冷蔵庫の上部を叩く音はオレとAの次の指導員が一緒にいたときに聞いたので間違いない。


コツン(冷蔵庫上部から音)

kei「!」

指導員「!」

kei「何か音したんですけど」

指導員「よくある。お前も幽霊と仲良くせえよ」

kei「嫌ですよ」

ゴツン!!(冷蔵庫上部からさっきより強い音)

kei「怒られた?」

とまぁ、こんな感じ。


足音は蛇口の水で手洗ってたら、後ろから小走りで近付いてくる足音を聞いた。

それも自分の背後でご丁寧に止まるのを。

他にも、歩いている時に急に立ち止まったら、自分の足音より3歩分くらい余分に足音が聞こえた。

オヤシロさまより存在アピールしてくるんだが。


視界の端っこ、つまりそこにある物が何なのか、判り難い視界のところで何かが動く。

そういえばオレは腕のようなものを見たのだが、どうなのだろうか。


こんな怪奇現象が起こるので、あんまりその部屋にいたくないのが本心だ。

マジ怖ぇ。



・運動会。

つい先日、自分の母校で運動会があった。

自分の母校と云ったら、ショボイ運動会&文化祭と勝手に人の写真を学校のHPに許可なく載せるしょうもない所だ。

肖像権(だったか?)の侵害で訴えたら勝てると思う。

今の学校のHPはおとなしいものだが、昔は酷かった。

TOPでは「○○でした☆」みたいなギャルっぽい文字でコメントなどザラにあったからな。

その話はまたいつかするとして、今回は運動会だ。

今年の運動会はなんと、3年のフォークダンスがあったのだ。

今となっては「ええなー」とか思うが、当時のオレは「最悪」とか思ってるに違いない。

何で嫌いな奴らの手握らないかんのだ。それは向こうも同じだが。

さて、フォークダンスだが、女子はTシャツ(何かいっぱい書いてる)にスカート。

男子は体操服。まぁ、男子なんて前菜みたいなもんだからな。

最初にギャル系の女が訳の判らん踊りを見せて、それが終わったらワーっと3年全員がグラウンドに。

で、3、4個くらい円を作って、フォークダンス開始。

最初のギャル系の踊りとは偉くミスマッチで盛り上がる踊りではなかった。

最初のなに?とか正直思った。

男子が腰を横に振る様は何とも云えないものがあった。

で、踊りが終わると、次は大きく円を作り、二十丸みたいな形になった。

2曲目スタート。

1曲目と似たような感じだった。

ただ、ペアになる相手は5人くらい飛ばし飛ばしで進んでいたが。

踊りが終わると、全員中央に寄ってシメだった。

たった2曲か。とか思った。


さて、何でオレがここまで詳しく知っているのかと云うと見ていたからだ。

それは云わなくても判るだろう。

じゃあ、誰と見ていたか?

生徒の保護者(母)と。

まぁぶっちゃけ知り合い程度の仲の人なんで、よもや一緒に見るとは思ってなかったが。



・記事

レビューの記事は以下の3つを書く予定。


うみねこのなく頃に 感想。
(あくまで紹介であって、謎解きやひぐらしの時のような書き方はしない)

CCFF7 感想。
(クリアしたら書きたい)

DOD2 感想。
(クリアしているが、書く時間がない)


企画モノは時間がないし、ネタもないのでやりません。

後は、普通に日常のことを書くくらいです。

物語はいつになることやら。


FFCCリング・オブ・フェイト レビュー

タイトル:FFCCリング・オブ・フェイト
製作会社:スクウェアエニックス
機種:NDS



普通のFFシリーズとは違った作品で、どう違うかと云われると世界観。

4つの種族とクリスタルの存在が絶対条件である。

最近のFFがクリスタル関係なく、シリアスな展開が多いが、

FFCCはどちかと云えばほのぼのした雰囲気が多い。


FFCCの初期作はゲームキューブで出たが、あれはあまり良作とは云えなかった。

・ストーリー性はほぼない。

・キャラクターを四人まで作れるが、一人に絞って進んだ方がレベルが上がるし楽。

・マルチプレイが売りなのに、コントローラーはGBAじゃないとダメ。

・ステージが長い。イライラする。

など、まぁ正直、グラフィックくらいしか好きになるところがなかった。


今作のリング・オブ・フェイトはFFCCシリーズ第二弾となる訳だが、一体どう進化してくれるだろうか。

以下、ネタバレは少なめだが、一応続きを読むに収納。

(ちなみにwikipediaから多々引用している)


続きを読む

松山旅行。

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/09/06(木) 04:13:30.97 ID:KMca3M0fO
教室で地震が起こった時、女の子はキャーキャー泣いて皆パニックになってたけど自分だけ天に手を掲げ「やめてくれ!皆は関係ないだろ!」って言ってた

笑った。

どうもkeiです。



4日は香川に行く予定だったが、

Tが「補講があって無理。予想外やわ」とかってメールをしてきたので、

香川行きの件はボツになった。

あーあ、どうしよ。

せっかくの連休なのにな。

そう思いつつ、とりあえずどこか行きたいなと思ったので、香川ではなく、松山に行くことにした。

松山にはテンショウがいる。

テンショウとはここ最近全く会ってないし、いい機会だろう。

ってことでメールを送る。

幾つかのメールのやり取りで、夏休みは既に終わってるらしいことは判った。

で、テンショウから『何かあるん?』とメールが来たのですぐに本題に入る。

kei『明日オレ連休でな、香川に行こうと思ってた訳よ。香川のT家にね。ここまで云えば判るだろ?』

テンショウ『あぁなるほど。でも金ないから行けんかもしれんw』

kei『テンショウ違うだろ?最後まで話を汲んでくれ。続き↓
で、明日行く予定だったのにTが「補講があって無理、予想Guyやわ」とか云いだしてな。
そんなこんなでオレは考えた。テンショウに会いに行こうと』

テンショウ『そうかwまぁ別にええけど』

よし、許可得たぞ。

そんな感じでオレの松山行きは決定した。

前日の夜のことだった。


次の日。

オレは昼の3時頃、駅にいた。

松山行きは決定したものの、テンショウはなんだかんだで学生なので、会うのは夕方になる。

切符を買うのに手間取りつつ、何とか切符を買う。

一人で電車に乗るのが初めてなオレは不安でしょうがない。

駅員に一応確認する。

kei「松山に行きたいんですけど、これで合ってますか?」

駅員「合っとるよ」

kei「乗継もないですよね?」

駅員「ないよ」

まぁ、特急だしな。

普通電車で行くと2時間半くらいかかって、特急の半分の値段で済む。

特急だと1時間で行けるから、オレは金を惜しまず特急で向かった。


電車に乗り、適当に席に着く。

オレも大人になったもんだ。

まさか一人で電車に乗るとは。

まぁ、旅のお供はバッグに吊るしてあるが。



暇つぶしのために持って来ておいた本を読む。

1時間程度なら酔うこともないだろう。

――30分後

酔った。

気持ち悪い。

本をバッグに戻して、iPodに切り替える。

できるだけ上を向いて、吐かないようにだけ注意した。

後、30分で着くんだ…。

そう思いながら。


何とか吐かずに、松山に到着した。

駅から出た風景はこんな感じ。



テンショウに電話をするが、テンショウは出なかった。

が、すぐに電話がかかってきた。

kei「もしもし」

テンショウ「どこ?」

kei「入口おるけど」

テンショウ「あぁおったおった」

背後からテンショウが現れた。

髪が伸びて、伊達メガネをつけて、襟付きのシャツとダメージジーンズをつけたテンショウがいた。

挨拶もそこそこに色々話す。

kei「で、どこ連れてってくれるん?」

テンショウ「どこ行きたい?」

kei「服とかアクセサリーとか見たい」

テンショウ「じゃあ銀天街じゃな」

地下道を移動して、路面電車に向かう。

途中、テンショウが道を間違えたが気にしない。

路面電車に乗り、市駅行きに乗る。

路面電車には初めて乗ったが、どうやらどこからどこまで乗っても、150円で済むらしい。

へぇ、電車もそうだといいのになとか思う。

目的地に着いて、銀天街に行く。

テンショウナビのもと、服売り場とかを中心的に見た。

アクセサリーショップも見て廻った。

いい感じのアクセサリーショップを見つけたので、ここでお土産を購入。

テンショウに「ねぇ、これとこれどっちがええと思う?」とかいうお決まりのことも聞いた。

後は、メロンブックス?とかいう同人とか取り扱ってる店に行った。

ここで、「エアーマンが倒せない」と「うみねこがなく頃に」と「ひぐらしデイブレイク」と「学校であった怖い話」を買った。

エアーマンがCD化しているのは知っていたが、普通に店で売っているとは思わなかった。

思わず買ってしまった。

うみねこは大阪行きの際に買っておきたかったが、まだ発売日じゃなかったので、諦めた。

葵に輸送を頼んだが、多分忘れていると思うので、もう自分で買っておいた。

デイブレイクはOがデイブレイク改(デイブレイクのバージンアップディスク)を買ってくれたので、とりあえず買っておいた。

学校であった怖い話は全く知らない作品だが、絵も綺麗だったし、なにより雰囲気が奇麗な感じがしたので買っておいた。

順番は、うみねこ、学校であった怖い話、デイブレイクの順番でやろうと思う。

FFCCもクリアしたことだし。


見たい所は全て廻ったので、飯を食うことにした。

kei「どこか美味いとこない?」

テンショウ「吉牛とか美味いよ

kei「おい!まぁ、オレ食ったことないけど。あれ?吉牛って牛丼出しよん?」

テンショウ「時間指定で出しとったような…」

まぁ、吉牛はさすがになと思ったので、浪漫停とかいうお好み焼き兼定食屋に行くことにした。

オレとテンショウはからあげ定食を注文。

ちなみにテンショウにはあらかじめ奢ることを約束している。

話をしながら、からあげ定食が来るのを待つ。

そういえば路面バスに乗った辺りから、大阪旅行のことを一通り話していたな。

テンショウは「楽しそうななぁ」とか云ってたけど、オレは松山旅行の方が楽しい。ぶっちゃけ。


からあげ定食が来て、食べながら話す。

オレとテンショウは大体同じくらいの時間に料理を食べ終えた。

会計を済ませて、外に出る。

次はカラオケに向かった。

松山のカラオケは一人30分360円とかだった。

フリータイムは一人780円とかそんな感じ。

ただ、ドリンクとアイスは飲み放題食べ放題。

オレとテンショウはそれ目当てで行った。

ほとんどそれ目当てなので、時間は1時間だけにして、アイスを持って部屋に入る。

アイスを食べて、ジュースを飲んで、ちょっとだけ歌った。オレが。

アイスを食ったら、喉にアイスが固着?して声が出なかった。

これが狙いか。

テンショウに聞くと、アイスを食うか、歌うかに偏るらしい。


1時間後、店を出て、テンショウの家に行くことにした。

途中、スーパーに寄って、ポテチとコーラを購入。

それを持って、話しながら、テンショウの家に向かった。


テンショウの家は割と綺麗な方だった。

これが玄関とキッチン。



で、これが居間。



扉付近にあるバッグはオレのもので、左にある直角に曲がった物体はテンショウの足だ。

あぁ、ここでなら、オレもちゃんと寝れそうだと思った。


PCを付けて、テンショウに面白いページを見せたり、YoutubeのMP3抽出方法を教えたり、暇を潰した。

途中、風呂に入って、寝たのは4時半頃だった。

オレは床で布団被って寝た。


8時頃起きて、着替えとか片付けとかしながら、9時頃外に出た。

テンショウは9時20分から学校で、オレは9時10分頃特急が出る。

短い間だったがここでお別れということだ。

が、路面バスを乗り過ごし、特急の時間が過ぎてしまった。

あーあ。

結局、テンショウも学校を遅刻してくれることになり、次の特急の時間まで時間を潰してくれることになった。

とりあえず松山駅まで行く路面バスに乗って、松山駅まで来て、後はマックで雑談した。



結局、話しこんでしまい、特急に乗ったのは11時のものだった。

故郷に着いたのは12時ごろだった。


どうにもカラオケ行った辺りから喉が痛い。

普通に喉を傷めたか、扁桃腺か。

まぁ、薬はあるのですぐに治るだろう。


以下はテンショウとの会話。

(松山に来た時点での会話であり、マック内の会話だけではない)


kei「で、前に云よったええ感じの子とはどうなん?w」

テンショウ「ハハハー」

kei「え?どうなん?w」

テンショウ「うん、まぁ、うん」

kei「付き合いよんじゃあああああ

テンショウ「あぁ」

kei「え?何か月?w」

テンショウ「いや、最近よ」

kei「最近っていつ?w」

テンショウ「夏休み終わるころ」

kei「1、2週間前やんw」

テンショウ「最近よ」

kei「で、どこまで?」

テンショウ「どこまでって?」

kei「チューした?チューした?チューした?www

テンショウ「してない」

kei「え?じゃあハグは?」

テンショウ「してない」

kei「手繋いだ?」

テンショウ「それはした」

kei「どっちから?w」

テンショウ「オレから」

kei「彼女は初めて付き合うのがテンショウなん?」

テンショウ「いや、知らん」

kei「固い人なん?」

テンショウ「固いね。まぁ色々あった人なんよ」

kei「ふーん。どっちから告ったん?w」

テンショウ「オレから」

kei「またかwもう慣れたろ?緊張もせんかろ?ww

テンショウ「緊張はするよ」

kei「どこで?w」

テンショウ「喫茶店で」

kei「え?呼び出したん?w」

テンショウ「まぁ。時間が合ったときに行こやみたいな」

kei「で、付き合って下さいと」

テンショウ「敬語じゃないし」

kei「付き合ってや、みたいなw」

テンショウ「そんな感じ」

kei「顔は?w」

テンショウ「可愛いと思う」

kei「テンショウからして、だろ?w何回も聞いたよw」

テンショウ「うるさいw」

kei「スカート履く人?ズボン履く人?」

テンショウ「スカート」

kei「ミニ?長いの?」

テンショウ「ここら辺」(膝上10センチ)

kei「ミニじゃんw」

こういう無意味な会話からも性格分析を行ってるオレ。


kei「大阪行ってきたよ」

テンショウ「ほぉ」

kei「一人足りんかったけどな!wオレの隣におる奴がw

テンショウ「あー…w」

以下、大阪旅行の話をグダグダと話した。


kei「テンショウ、就職決まったん?」

テンショウ「とうに決まっとるよ」

kei「え?どこ?」

テンショウ「○○(接客業)」

kei「え?それって今の学校のスキルと何の関係があるん?」

テンショウ「落ちこぼれなんで」

kei「え?ノルマとかあるんだろ?」

テンショウ「ある」

kei「オレに売りに来るよなよ!w」

テンショウ「いや、売りにいくわw」


kei「テンショウってここで服とか買うん?」

テンショウ「基本的に」

kei「休みの日とか?一人で?」

テンショウ「まぁ。でも一人でブラブラしよったら大抵、友達に会う」

kei「『おぉテンショウ!どしたん?ひとり?オレらと遊ばん?』『ええけど』」

テンショウ「そんな感じ」


kei「5月の誕生石はエメラルドか。…ないぞ。他のはいっぱいあるのに」

テンショウ「ないな」

kei「格が違うんかな

テンショウ「あったぞ」

kei「お?…レディースじゃないか…」


kei「トパーズない?ブルートパーズ?」

テンショウ「こことか」

kei「体調を整えるだって。指輪とネックレスどっち買おかな」


kei「PCゲーム売りよるところとかない?うみねこって云うの欲しいんよ」

テンショウ「メロンブックスならあるけど」

kei「あぁあぁ、通販か何かで見たことある」


kei「これがメロンブックスか。入る姿を誰かに見られたくないな」

テンショウ「それは思う」

kei「何か入口にノートあるぞ」

コミュニケーションノートを開ける。

中にはイラストとか文字とかいっぱい描いてた。

客が描いているのだろう。

kei「上手っ」

テンショウ「上手いな」

kei「いつ描くんだろ」


kei「うわ、コスプレグッズとか売っとる。テンショウどれにする?

テンショウ「いや、せんし。あぁでも、コスプレしたことはある」

kei「え?なんの?」

テンショウ「文化祭でな。うちの学校1月に文化祭あるんよ」

kei「遅!」

テンショウ「で、そこで女サンタの格好させられた」

kei「女サンタとかww」

テンショウ「しかもそれを写真で撮られてパンフで廻された」

kei「うわww」


kei「うみねこどこだろ」

テンショウ「ここらにあると思う」

探す。

kei「あったあった。お、エアーマンあるし!売りよったんじゃあ。あ、デイブレイクもあるや。買うか。お、なんだろこの学校の怖い話って面白いんかな?」

テンショウ「絵は綺麗な」

kei「こういう時ってネットで検索して、とりあえず評価確認するよな。まぁえっか買おう」

計7000円くらい。

kei「買い過ぎたか?まぁ、普段使わないし、たまにはいいだろう」


kei「雨降りよる」

テンショウ「え」

kei「ドシャ降りじゃん」

(すぐにやんだ)


カラオケ入店。

kei「じゃあ、歌ってもらおうか」

テンショウ「ガンバレー」

歌う。

kei「なぁ、オレ音域上がっとると思う?」

テンショウ「そんなに変わってないと思う」

歌う。

テンショウ「上がっとるわ」


kei「家って近いん?」

テンショウ「割と」

kei「何分くらい?」

テンショウ「20分くらい」

kei「遠いわ!」

テンショウ「そうで?」


kei「テンショウ家の近くってスーパーあるん?」

テンショウ「ない。コンビニならあるけど」

kei「この辺りってある?」

テンショウ「閉まっとるよ。大体9時で閉まる」


kei「あ、ここスーパーまだ開いとるや。お菓子とジュース買ってこ」

ポテチとコーラを購入。


kei「テンショウは彼女を家に呼んだりせんのん?w」

テンショウ「せんね」

kei「なんで?警戒されとん?w」

テンショウ「それもあるだろうし。家でやることがない」

kei「イチャイチャしよったらええや」

テンショウ「外出て遊びたいタイプなんよ。向こうが」


kei「あ、ここか」

テンショウ「ここ」

テンショウ家(マンション)到着。


kei「表札ないよ」

テンショウ「いらんかろ。どうせまた引っ越しするし」

kei「引っ越すん?」

テンショウ「ここからは会社が遠い」

kei「その会社で一生働くん?」

テンショウ「いや」

kei「じゃあ、引っ越しせんでも」

テンショウ「ええとこあったらそっちに行くよ」


kei「部屋綺麗なや。ゴチャゴチャしてないし」

テンショウ「机ゴチャゴチャしとるけど」

kei「いやいやでも綺麗じゃって。葵の部屋見た後、ここ見たらかなり綺麗に思うって」

テンショウ「そんなに?」

kei「モノが多いんよ。葵家は。この部屋の比率で葵家の荷物があるなら判るけど」

テンショウ「マジで?」

kei「正直、4人も寝れるんだろかって思ったね」


部屋ではPC起動させて、ページ見せたり、MP3抽出方法教えたり、オレのブログ教えたり。


kei「ほら、これ。告白の返事は早い方がいいってとこ。あの頃は若かったねw」

テンショウ「あぁw」

kei「お前は待ってる方の~(略)」

テンショウ「すごかったなあれは」

kei「怒って帰ったもんなテンショウwでもオレ間違ってなかったもんなw」

テンショウ「あぁ」

(テンショウは松山に来て、好きな人に告白して、返事を待たされたことがある)


kei「彼女の名前教えて」

テンショウ「無理」

kei「じゃあ苗字」

テンショウ「無理」

kei「苗字ってありふれたやつ?」

テンショウ「ありふれとる」

kei「イニシャルは?」

テンショウ「○○」


kei「風呂入らんのん?」

テンショウ「オレ結構風呂入るの遅いよ」

kei「じゃあ、オレ先に入ってええ?」

テンショウ「ええよ」

kei「一緒に入ら――」

テンショウ「黙れ

kei「バスタオル貸してほしいな」

テンショウ「ほい」

kei「おぉ、ちゃんとたたまれとる」

テンショウ「適当よ」

kei「洗濯、何日に一回しよん?」

テンショウ「毎日しよるけど」

kei「すごいな」

どうしても葵家と比べてしまう…。


kei「Oのマネします」

Oのマネ中。

テンショウ「似とるw」

kei「ヤツのマネ」

ヤツのマネ中。

テンショウ「www似とるわww」

kei「樋のマネ」

樋のマネ中。

テンショウ「似とる似とるww」

kei「Tのマネは…できん。特徴が掴めん」

テンショウ「それはそれで哀しいなw」

kei「じゃあ風呂行ってくる」


kei「ふー」

テンショウ「早っ!」

kei「湯上りのオレ、どう?www

テンショウ「なんて云って欲しいんぞw」

kei「あの風呂場カギの開け方判らんかったからちょっと焦ったぞ」

テンショウ「カギかけとったん?」

kei「何されるか判らんやw

テンショウ「何もせんし!w」


数十分後、テンショウが風呂に入る。

kei「風呂入るん?」

テンショウ「あぁ」

kei「カギ開けとってくれよw」

テンショウ「閉めるしw」

ガチャ。

kei「…ホントに閉めやがった


テンショウ「…」(出てきた)

kei「テンショウ、えろっぽいw

テンショウ「何ぞそれw」

kei「知らんw」


kei「どうやって寝るん?え?一緒に?w」

テンショウ「布団貸してやる」

kei「なんだw」

テンショウ「さっきから何云よんぞw」


ベッドに入るオレ。

kei「ふー」

テンショウ「どけw」

kei「(布団をめくって)おいでw」

キモ☆

テンショウ「ショタ好きには堪らんのんだろうな」

kei「兄ちゃん一緒に寝よやあ」

テンショウ「黙れw」

kei「しょうがないなぁ」

地べたに寝転がる。


部屋の電気を消す。

kei「テンショウ」

テンショウ「ん?」

kei「手、握っていいw

テンショウ「イヤじゃ」

kei「寝るまででいいからw

テンショウ「無理」

kei「お決まりのセリフを云ってやったというのに」


kei「テンショウ、オレは信じとるよ。朝、目が覚めたらテンショウがエプロン付けて、まな板をトントンいわせて朝ごはん作りよんのを」

テンショウ「ないわ」


寝たのは4時半ぐらいだった。


起床。

kei「あれ?なんでオレここまで移動しとんだろ?あれ?」

なんか場所と枕が変わってた。


kei「何時に出るん?」

テンショウ「9時」


kei「じゃあ、行こ」

テンショウ「あ、(植物に)水やり忘れとった」


kei「あの路面電車?」

テンショウ「あぁ」

kei「あ、行ってしまった」

テンショウ「次に来るのは20分じゃな」

kei「特急は?」

テンショウ「13分」

kei「終わった」


kei「学校はいつ始まるん?」

テンショウ「20分」

kei「もう始まるや。間に合うん?」

テンショウ「もう無理じゃな」

kei「先に云えよ!」

テンショウ「だって、置いていく訳にもいかんや?」

kei「あぁ…。でも植物に水やってなかったら間に合っとったよね?

テンショウ「あw」


kei「とりあえず駅まで行こう」

テンショウ「あぁ」

路面電車に乗る。

kei「どうする?どこで時間潰す?」

テンショウ「この時間じゃあゲーセンも開いてないしな」


駅前に着く。

テンショウ「マック行こか」

kei「あぁ」


オレはコーラ買って、テンショウはお茶?と朝マックのなんか買ってた。

席に着いて話す。


kei「テンショウは彼女と何話しよん?」

テンショウ「基本的に聞きよる」

kei「『へぇ』『あぁあぁ』『うん』『だと思う』」

テンショウ「そんな感じ」

kei「彼女に何聞かれたことあるん?」

テンショウ「なんだろ」

kei「『テンショウはぁ、私のどこを好きになったん?』」

テンショウ「それ聞かれた」

kei「『えぇと、まぁ、アレよ』『アレじゃ判らん』」

テンショウ「あれ?なんかその会話聞いたことあるんじゃけどw」

kei「『まぁうんええや』」

テンショウ「それは云ってない」

kei「じゃあ答えたん?なんて?w」

テンショウ「たまに乙女っぽい所がある」

kei「乙女っぽいところ?なにそれ?w例えば?w」

テンショウ「云えんわ」

kei「彼女の仕草云うより、どこが好きか云うほうが恥ずかしい思うけど」

テンショウ「あぁ、云って後悔しとる」

kei「で?乙女っぽい仕草って?」

テンショウ「はにかむ時がある」

kei「彼女はそれを自覚しとん?」

テンショウ「しとるようでしてなかった。で、他にもそういうことをいっぱい云った」

kei「『もう云わんとって!』」

テンショウ「云われた。顔真っ赤にしとった。グっときた」

kei「テンショウ、Mなのに。オレもMじゃけどw」

テンショウ「寝言は寝て云え

kei「酷っ!wそれで顔真っ赤にするんだったらハグしたら死ぬぞw」

テンショウ「手繋いだだけで顔真っ赤だったしな」

kei「手繋げてなんでハグできんのん?」

テンショウ「場所がない」

kei「二人っきりになれる場所に誘ったらええや。マンションの屋上で星見ん?とか云って」

テンショウ「ロマンチックじゃな。でも遊園地の夜景は見たいって云よった」

kei「そこは人いっぱいおるだろうな」

テンショウ「ほうで?」

kei「遊園地の夜景は絶対人おるって。で、ハグするん?w」

テンショウ「ムードがあれば」

kei「今週デートだろ?その時がチャンスじゃな」

テンショウ「あぁ」


kei「誕生日いつ?」

テンショウ「9月」

kei「今月じゃん。プレゼント買わないかんなw悩んどんだろ?w」

テンショウ「あぁ。どうしよか思っとる」

kei「アクセサリーだろ?」

テンショウ「まぁ。後は気持で」

kei「頑張れwで、他には何話すん?wまぁテンショウのことじゃし、『私のどこが好きなん?』の後に『そっちは?』とか云ったんだろうけどw」

テンショウ「keiその時、隣おったろ?w

kei「実はねwで、なんて云われたん?w」

テンショウ「癒してくれる」

kei「嫌々してくれるんじゃね

テンショウ「おいw」

kei「『テンショウは他の人とは違う空気がある』」

テンショウ「…はぁ。なんで判るんぞ。もう本当に隣おったろ?」

kei「予想するの好きなんよw大体当たるよw」

テンショウ「怖っw」

kei「で、他には?」

テンショウ「他…なんだろあんま覚えてない」

kei「『テンショウって○○(故郷)出身だろ?○○ってどんなとこ?』『どんな…田舎。何もないよ』」

テンショウ「……デジャヴュが」

kei「オレ、すごいw」

テンショウ「すごいわw電車乗らんでえん?w」

kei「いや、もう午前中いっぱいは聞くよw11時20分に行ったんでえんだろ?学校w」

テンショウ「あぁまぁうんw」


kei「手繋いだ時どこまで送ったん?」

テンショウ「家の近くまで」

kei「で、彼女が『じゃあ、そろそろ…』って云って手を離して、テンショウは内心『あ…』とか思っとったんだろ?wで、『じゃあまたね!w』って云われて別れて、テンショウは電車かどっかで、さっきまで握っとった手を見つめて一回グッって握りしめたろ?w」

テンショウ「あーはいはいそうですよ」

kei「で、おもむろにiPod取り出して、家まで帰ってベッドに座って、『はぁ…』って溜息ついて、風呂入ってPCだろ?』

テンショウ「当たりすぎだろ…wマジでおったろ?

kei「予想予想wそういうの得意なんw」


kei「テンショウの写メ撮っとこう」

テンショウの携帯を操作。

テンショウ「やめてーやめてー」

テンショウ、云うだけで抵抗せず。

アドレス帳を開ける。

kei「○○(苗字)?」

テンショウ「ん?」

kei「彼女の名前、○○(フルネーム)だろ?」

テンショウ「バレた。口外せんとってくれよw」

kei「さぁねwで、なんて呼びよん?名前?苗字?」

テンショウ「色々」

kei「○○(苗字?)w」

テンショウ「苗字では呼ばん」

kei「じゃあ名前か。ちゃん付け?w」

テンショウ「付ける時もある」

kei「○○ちゃんw」

テンショウ「口外せんとってよ」

kei「どうしよっかなw」

まぁ誰にも云わないが。


時間が来たので、駅に移動。

改札でテンショウとさよなら。

kei「車輪の唄でも歌う?w」

テンショウ「ハw」

kei「じゃあ、楽しかったよwありがとうw」

テンショウ「おぉ、じゃあまた」

kei「じゃw」

電車に乗って、帰路に着いた。

帰りでは本は読まなかった。



と、松山旅行はこんな感じだった。


エアーマンが倒せない CD購入。

「エアーマンが倒せない」のCD買ってしまった。

ジャケットはこんな感じ。



えらくかっこいいエアーマンだな。

で、裏ジャケットのほうはこんな感じ。



裏はウッドマンが描かれている。

思ったより綺麗に描かれてたのが印象的。

ケースの中身を開けると、こんな感じ。



同じイラストの使い回しだが、同人のCDにしてはクオリティが高いほうだと思う。

歌詞カードはこんな感じ。



左は歌詞、真ん中はイラスト、右はコメント。

CD取り外したケースのとこは「ウッドマンも倒せない」とか書かれていた。


曲目は以下の通り。

1、エアーマンが倒せない

2、エアーマンが倒せない Acoustic Version

3、エアーマンが倒せない [Off Vocal]

4、エアーマンが倒せない Acoustic Version[Off Vocal]

5、[DATA TRACK]


1番はニコニコやらYoutubeで聴いたのとほぼ同じもの。

2番は初めて聴いた。

何かバラードみたいな感じに仕上がってて、微妙に歌詞も違う。

結構、いい感じのアレンジだと思う。

5番はムービー。

ロックマンのMADみたいなのが入ってる。

著作権は大丈夫なのかなーと思う。

ところで「おっくせんまん!」はCD化されてないよね?


これだけのボリュームで600円という値段はお買い得だと思う。

買った甲斐があった。

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。