スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震の影響。

TSUAYAで予約したのに…。

Romanの予約特典はなかった。

Boooo!!!

(中指を立てながら)

どうも、今日もノアシス・ケイ・ローランです。

かなり残念(ショック)なんですが。



地震があって、その衝撃で電灯が頭に落下して、

血が出て救急車に乗って、13針縫うケガをした。


という想像をしてしまった。


上記は冗談だが、地震があったのは事実だ。

幸い、ケガはなかった。

が、会社のシステムみたいなのが全停止。

まぁ、例えるならブレーカー落ちましたよって感じ。

で、それを戻すのに相当な時間がかかる。

例えるなら、エクセルを作ってるのがうちの会社ですよ。エクセルが地震でぶっ壊れましたよ。それを直さないといけませんよ。直す専門家はうちの会社ですよ。直さないと会社が動きませんよ。って感じ。

もうね、こうなったら確実に仕事はエンドレスコースになる。

エンドレスコース = 何時に帰れるのか判らない残業

バタバタバタバタ動き回りーの、手伝いしにいきーのと洒落にならん忙しさ。

おまけに「時間があったら(次やる持ち場)見に来いよ」とまで云われる始末。

無理。

自分のところで手一杯です。

そんな感じでバタバタして、一段落したのが夜の9時だった。

マジで疲れた。


新入社員の紹介みたいな紙があった。

23人雇ったらしい。

うちにも新入社員が来るとかなんとか。

正直、顔写真を見た印象としては顔が怖いのが多いというか、なんというか。

ビビリそうなのが多そうというかなんというか。

知った顔が2人いるのがなんというか。

その知った顔がもしも入ってきて馴れ馴れしく話してきたらうぜえというかなんというか。

あぁ、どうなるんだろう。
スポンサーサイト

Roman~僕達が繋がる物語~ ライヴDVD

YEAH!!!!

(親指を立てながら)

どうもノアシス・ケイ・ローランです。

今日はローランです。



RomanのライヴDVD買った!!1111!!!




で、見た。



よかった!!!

お腹いっぱいです。はい。

青髪のHiverを見て冷めやしないだろうかと思ってたが大丈夫だった。

っていうかもうSound Horizonはコスプレし過ぎだな。


歌の方は素晴らしかった。

Hiverの裏声は誤魔化して歌ってなかったところもあったけど。

双児の人形の出来もよかった。

双児の歌姫はでかかったけど。

じまんぐの暴れっぷりも面白かった。

かなりしんどそうだったけど。

っていうかじまんぐはヘリウム吸って声を高くして喋ったり歌ったりしてた。


途中、井上あずみも出てきたけど、やっぱりかなり年上だな。

トトロとかの歌を歌ってた人だしな。

RIKKIも30歳くらいだろうか。


まぁ、ともかく全体的にYEAH!ばっかりしているDVDだった。

あぁあと、「11文字の伝言」が終わった後もう一回「朝と夜の物語」を歌ってた。

全員で。サビまでだけど。

「YEAHld」は一人ずつ順番に歌ってた。

アカペラだけどHiverの「StarDust」とかもあった。


前作のライヴDVDよりもスケールはアップしたけど、演出は減少かな。

まぁ、前作のはライヴというかミュージカルっぽかったけど。

変な仮面もあったし。


2期メンバーになって、各々の負担は減った模様。

前作はあらまりがほとんど歌ってたから、相当しんどそうだったし。

と云ってもじまんぐは最後ヤケクソ気味に頑張ってたけど。


購入先はTSUTAYAなので朝色カラーをゲットした。

箱に入っていてそれを出したら観音開き仕様のケースが出てきた。

それの表と裏には歌姫の双児が写っているのだが、照明のせいでムンクみたいになってる。

あと、前作と同じようなブックレットもついてた。

それとパスポートも入ってた。

なんとなく本物のパスポートを意識している作りだが、名前はすでに英語で「ローラン」と書かれていた。

Sound Horizonのイベントに持っていくとハンコでも押して貰えるとかだったかね。

多分、行く機会はないのだろうが。



そういえばRomanの漫画も見た。

原作を知らない人が見たら、さっぱり意味不明な漫画だっただろう。

題名は「プロローグ」だったが、中身は「朝と夜の物語」と「焔」だった。

「焔」の女性の名前はオリヴィアだそうだ。

誰。

オリヴィアというのは「檻の中の花」語りで出てくるモノがあるが…。

>養父『アルマー・オリヴィア』の手による絞殺・死体遺棄未遂事件

養父ではないだろう。

さっぱり意味が判らない。

まぁ、漫画家の解釈が入っているのかもしれんが。

プロジェクトBBを観た。

今の刀持ってるプロフィール画像が自信満々に見えるって云われたよ。

どうもkeiです。



木曜日、Oと一緒に映画を観に行った。

見た映画は「プロジェクトBB」。

ジャッキーチェンの新作映画だ。


広告しか見たことがないので、詳しい話は知らないが、

ジャッキーの映画はいつも星3つ以上の保障は約束されているので、

とりあえずは安心だろう。

オレ、ジャッキーチェン超好きなんだ!



40分くらい前にジャスコに到着する。

Oとは現地集合で待ち合わせた。

店内に入って、ぶらぶらしてるといつの間にかOがいた。

O「後髪長男(うしろがみながお)が!」

Oのネーミングセンスに絶望した。


確かに後ろ髪は伸びた。

普通に髪の毛は結べる長さだ。

おさげにもできる。

結んだ様は変ではないらしい。

で、それ以降気が向いたら結んだりしている。

目標はHiverかな!


ゲーセンに行ったり、ヴィレッジに行ったり、その他もろもろの店を回った。

で、時間になったので映画館に入る。

なんと入場数は4名。

ほとんど貸切。

まぁ、そこまでヒットする映画でもないしな。

予想通りだ。


観た感想は、面白かった。

何というかカンフーを学びたいと思ったし、

子供が欲しいと思った。

ちなみに「プロジェクトBB」のBBはBabyのことだ。

この話の核は赤ちゃんが握っているという。

悪者が誘拐した赤ちゃんによって、

いかに改心していくかが面白いポイントだ。

あぁ、それとジャッキー映画おなじみのNG集は面白かったなぁ。


今回のジャッキー映画も素晴らしいアクションだった。

マリオみたいにピョンピョン飛び跳ねたり、手すりから滑ったり。

まぁ、この映画の感想はOも書いてくれるだろうと思う。

Oは絶賛していたから。


次は「スパイダーマン3」と「パイレーツオブカリビアン」を観たい。

あとはできれば「ラッシュアワー3」(ジャッキー映画)と「バイオハザード3」(11月頃?)も観たいな。

光速の1日。

じまんぐの声真似をし始めたら出せる音域が広がったよ。

どうもkeiです。



すいません。

最近、記事を書いてません。

やりたいことがいっぱいあるんです。

KHもクリアしたいし、本も読みたいし、ひぐらしは机の奥底だし。

とにもかくにも時間が足りない!

いずれは企画モノも復活させたいのですけど、あいにくそれに割ける時間もなさそう。

それでもコスチュームは増える見込みなんですがね…。


物語ももう起承転結の承以外は何となく形になってて、あとは書き起こすだけなんですけど、それも時間がない。

仕事はほぼ確実に残業で、帰るのも遅いし。

社会人は遊ぶ金はあるのに、遊ぶ時間がないという矛盾。


そんなこんなで毎日が光の速さで過ぎていくから、誰かにメールを送ることがなくなった。

送ったとしても最低限のことしか送ってない。

だから自分からメールを送らない気質の人たちとは疎遠状態。

あぁ、こうやって皆離れていくんだね…。

それでも僕達は繋がっているよ。ロマンという絆で。

まぁ、疎遠状態で一切連絡を取らなくなったというのは、

云いかえれば別にオレって大した存在じゃないってことだよなぁ。


時間がない。

今欲しいものは休みだ。

それでもちょっとでも記事を書こうと頑張っている。

だから、

TとOもそろそろ日記を書くべきだと思うんだ。


あぁそうだ。

7月からは仕事がさらに忙しくなるので、ブログがいろいろな時間に更新されるような始末になるかもしれません。

夜中だったり、朝方だったりね。



>こっそりコメントをくれた方。

更新が今以上に遅くなるかもしれませんが、

できるだけ期待に沿えるような文を書いていくつもりです。

ですので長い目でお付き合いしてくだされば幸いです。

いつか企画モノも復活させますので。

では、コメントありがとうございました。

お金を貸しました。

3か月付き合った彼氏がいるわけよ。

もうお互いのことも何となく判り始めたそのくらいの時期に、

彼氏が真剣な顔して…こう云うわけよ。

リッスン…。

「なぁ、オレの恋ってさぁ…

         いつ始まるのかな?

はい、リンリーン!!!

どうですかぁー!!!!!

付き合うって意味知らない彼氏にリンリン来ませんかー!!!!!


どうもたいがー;rkeiです。



弟が原付を買うらしい。

kei「へぇ。で、金は?」

父「貸してやれ」

kei「はあああああ?」

父「貸してやれや」

kei「まぁ、ええよ。貸してあげるよ。弟がオレに直接云ってきたらね」

弟「貸せ

kei「なんで上からの目線なんだよ」

弟「貸して」

kei「…違うだろ?ここはな?『お兄ちゃん大好き♪』だろ?で、貸した後は『ありがとうお兄ちゃん!!』だろ?」

弟「ふ~ん」

kei「よし、それが嫌なら態度で示せ」

弟「ふ~ん」

kei「尚更ダメだ

弟「なんもしてないわ」

kei「その憎しみオレにも分けてくれ。オレは優しすぎる」

弟「意味がわからんわ!」

kei「はいはい、まぁ選びにいけ」

弟「ありがとよ」

kei「だぁかぁらぁそこは――」

弟「死ね

kei「なんだあいつはあああ。全く、オレが弟くらいの時はバイトして貯めた金で原付を買ったというのに。あぁ、オレって何てできた兄貴なんだろう!自分で原付を買ってその1年後にはパソコン買ってバイク買ってその他もろもろの出費があったのに弟に貸せるだけの金は残しているなんて!あぁなんてできた兄貴なんだろう!その上成績は優秀!教習所の試験も一発合格!最後の試験は読書までする余裕っぷり!しかも合格!あぁできた兄貴だ!!格が違うね!!!」

弟「何か云よるよ」

母「ほっとかんかい

kei「酷いぞ!」


という訳で弟に金を貸した。

14万くらいだったかね。

年内には返してくれるらしい。

別に年内過ぎても構いやしないがね。

まだまだ余裕はあるから。



ライアーゲームの公式サイトができていた。

4月14日までもう少し。

期待していいのだろうか。

笑っていいとものスペシャルで宣伝してるし。

原作が面白いだけに期待も上乗せしてしまう。

・Roman ・血液型性格診断 ・もうすぐ誕生日

お前を生きたまま殺してやる。

(精一杯かっこつけながら)

どうもkeiです。



・Roman

【タイトル】
Sound Horizon Concert Tour 2006-2007『Roman~僕達が繋がる物語~』

【発売日】
2007年4月25日(水)

【価格】
初回限定盤(KIBM-90135/6) \6,900(tax in)
通常盤(KIBM-135/6) \5,500(tax in)

【初回版】
ボックスケース入り・観音開き豪華特殊パッケージ仕様
48P写真集ブックレット,Sound Horizon kingdomオリジナル・パスポート入り

【収録内容】
★Disc-1 ゛le discque de la Lune"
1.戴冠式
2.朝と夜の物語
3.焔 
4.見えざる腕
5.呪われし宝石 
6.緋色の風車 
7.天使の彫像 
8.美しきもの
9.歓びと哀しみの葡萄酒 
10.黄昏の賢者 
11.11文字の伝言
★Disc-2 ゛le discque du le Soleil"
1.星屑の革紐 
2.澪音の世界-Savant Hiverの世界- 
3.神々が愛した楽園-Belle Isle-  
4.終端の王と異世界の騎士-The Endia & The Knights- 
5.YEAHld 
PV「終端の王と異世界の騎士」 
PV「見えざる腕」
*特典映像(限定盤のみ収録)「本編未収録ハプニング集」

【オリジナル特典】
タワーレコード:アナザーボックス「夜色」仕様
TSUTAYA RECORDS:アナザーボックス「朝色」仕様(一部対象外の店舗もございます)
とらのあな: パスポートカバー
マグマニ:ブロマイド
メロンブックス:ポストカード
ヤマギワ:ポストカード


とまぁ、以上がDVDの詳細。

オレは既にTSUTAYAで予約してしまったので、朝色仕様なのだが。


収録内容で気になるのは、「澪音の世界-Savant Hiverの世界-」と「YEAHld」だな。

見た目から察するに、澪音の世界-Savant Hiverの世界-は領主さまとじまんぐが歌うんだろう。

YEAHldはYEAH!しながらYieldを観客全員で歌うのだろう。

超楽しみだ。

あと、領主さまがどう歌うのかも楽しみだ。



・血液型性格診断

自分の周りの人間を観察し、血液型性格診断を書いてみよう。

ちなみに男女の違いなく、すべて一貫して記すつもりだ。


【A型】
几帳面ではあるが、それは自分に関係あるもののみ。
約束事は守るが時間にはルーズ。
責任感がある。
様々な環境に慣れ易い。
世話好き。
仕事はきちんとこなすが、たまにヘマをする。
穏やかな人が多い。
決断力がある。
集中力がある。
平気で嘘を吐く。
前ふりが長い。
後先を考えない。
器用に立ち回る。


【B型】
自己中。
自己完結型。
メールは面倒だったり、自己完結したら返さない。
輪から外れる節がある。
いじられ役。
自分の云いたいことだけ云う。
不満があれば何もしない。
陰口、悪口を云う。
嘘を吐くのがヘタ。
結論を先に云うし、求める。
一癖ある人が多い。
敵が多い。
短気。


【O型】
おおざっぱ。
「いつかやろう」などの言葉を用いた際は実行に移すことはない。
口だけ。
基本的に面倒見はいいが、自分の行動を顧みない。
人の気持ちを判っているつもりでいるが判っていない。
発言面でも人を傷つけ、行動面でも人を傷つける。
話を聞かない。
忘れやすい。
面倒くさがり。
人を怒らせるのが上手。
云うことが理に適っていない。
人のことについて話すのが好き。
いじり方がヘタ。
いじられ方もヘタ。
人任せ。


【AB型】
冷めている。
人、気分によって接し方が違う。
意見をころころ変える。
自分のことでも客観的。
色々な顔がある。
いじられるし、いじれる役。
毒を吐く。
孤独でも平気。
理屈っぽい。
話の中で矛盾がない。
損得勘定で動く。
掴みどころがない。
慣れている人にしか本性を出さない。
人を見下す。
話の流れを汲むのが得意。
人に厳しく自分に甘い。


という感じだろうか。

オレ視点で云うなれば、


A型とオレは基本的に相性はいいらしい。

長く付き合える人が多い。


B型とオレは微妙だ。

B型側が避ける節があり、それ以上の進展もない。


O型とオレは相性はよくないらしい。

いちいち勘に触ることがある。多分全員。


AB型とオレは普通。

仲のいい人は仲良くなれるが、そうでない人はそのまま終了する。


って感じだ。

少しでも当てはまることがあればオレの観察眼も中々だろう。



・もうすぐ誕生日

あぁ、もうすぐ誕生日だ。

もう成人か。

何か悪いことをやっても、もう少年Aくんでは通じないわけだな。

はぁ。

これで10代最後と思うと何か虚しい。

後はもう下って行く一方なのだから。

まぁ、いいか。

大事なのは実年齢じゃなく見た目だろう?

オレはまだまだ10代で通すぜ。


今年の誕生日プレゼントはどうなるだろう。

去年はもらう数よりあげる数のほうが多かったが。

まぁ、ないならないでいい気がする。

もう20歳なのだから。

それにプレゼントはあげなければいけない義務ではなく、

あげたいと思う気持ちがあって初めて成立するのだから。

アッチャンカッコイイー!!(古)


そういや「もうすぐ誕生日」って感じのタイトルの記事は毎年書いている気がする。

漫画バトン。

ネウロの作者の犯罪者の心理は、オレの書く物語の狂ったキャラに似ているような気がする。

こんなんで人殺すのかよ、みたいな。

で、今、ネウロでやってる事件の犯人は孫っぽい感じがする。

じじい鬱陶しかったとかの理由で。

トリックとかは思いつかんが。

どうもkeiです。



以下、漫画バトン。


続きを読む

人間できてますか。

焼き肉食って次の日、胃もたれ。

昼食も夕食もろくに食えません。

どうもkeiです。

歳か!?



M鍋という人が昔、オレのブログに数回出たのを覚え居ているだろうか。

彼はオレよりは劣るが優秀で、同じ会社に勤務している。

と云っても部署が違うので、会うことなど一切ないが。


さて、この彼だが、彼は素晴らしいくらい人間ができていない。

どうできていないって…。

まぁ、幾つかのエピソードがあるのでそれを紹介しよう。


4月の島流しの時、荷物がいっぱいで自転車で行くのは難があるだろうと思ったオレは、親に乗せて行ってもらった。

で、ついでにM鍋も乗せていくことにした。

これはオレの好意だ。

月曜日の朝に行き、金曜日の夜に送り届ける。

ここまで面倒なことをしたら普通親が出てお礼の一つも云うだろう。

貴方のお子さんをわざわざ送り届けてあげてるんだから。

しかし、一週目の月曜日の朝も金曜日の夜も出てきやしなかった。

お礼を云いに来たのは二週目の月曜日だった。

手土産を持ってきたが、別にそんなものはいらない。

お礼じゃなくて誠意が欲しかった。

極めつけのセリフとしては、

M鍋「あんなんせんでええって云ったのに
(あんなん=手土産)

この親にして、この子ありだな。

そのセリフはこちらが云うべきじゃないのかね。

kei「普通するけどな。手土産云々じゃなくてお礼くらいするだろ。普通」

M鍋は全く納得していなかった。


島流しの最中もこんなことを云われた。

傘立てを誰も持っていこうとしないから、オレが率先して持っていこうとしたら、

M鍋「またええ子ぶって

とか云いやがった。

普通、そんなこと云う前に持つのを手伝うよな。


会社のイベント(夏祭り)の時も何かあった。

夏祭りに行く1時間くらい前にM鍋からメールが来て、

「夏祭り行くん?」

とか書かれてたから「行く」と返事をした。

するとどうだろう。

M鍋はもう遠慮もクソもなくこんなメールを送ってきたのだ。

「もし車で行くんだったら乗せていってくれん?」

まぁ、この時点でオレにメールしてくる内容ってこんなんばっかだなと思ってるわけだが。

オレは「あいにく原付で行く」と送った。

で、夏祭りの会場に来たら、既にM鍋がいるではないか。

M鍋は原付も車も持ってないから、自転車で来たのだと思うが、いやに早いな。

「あれ?どうやって来たん?」

「親に乗せてってもらった」

おいおいおいおいおいおい。

え?なんですか?

親が送れないからこっちに乗せてけって云ったんじゃないですか。

は?あれですか?

親が面倒だからこっちに乗せてってもらえって云ったんですか。

何この家族。信じらんねぇ。

意味も判んねぇ。

…OK。百歩譲って親に乗せてってもらえるようになったとしよう。

そう、オレに連絡した後に、親の都合がついた。

そう考えてみようか。

で、多分オレがM鍋の立場なら絶対向こうにこう連絡するね。

「うちの親が乗せてってくれるようになった。乗せてってあげる」

島流しの時は乗せていってもらったんですから。

今度はうちが乗せますよ。

ギブアンドテイクってやつですよ。

って思うだろうね。オレは。

しかし、M鍋一家は一切ない。

手土産で全部済んだと思ってる。

事実、最後の週の金曜日の夜も出てきやしなかった。

普通、礼くらい云うよな?

…なんと云いますか。

M鍋は基本的にギブアンドギブの思考らしい。

つまりはもらうだけ。

もらうだけもらって人を利用しようとしてるのを純粋にやってるから困る。

悪いと何一つ思ってないんだから。


で、半年後、M鍋と会社のイベントで会った。

今回は結構遠い会場で、移動に1時間はかかる。

その上場所も知らないのでオレは親に乗せてってもらったが、M鍋は自分で車を買ったらしく自分で運転して来たらしい。

オレの親はオレを置いて家に帰るのに、また1時間の道のりを行かなければならない。

さらに云えばオレを迎えに来るのに、プラス1時間。

帰宅にさらにプラス1時間だ。

すんごい手間だ。

しかし、目の前にはかつて手間を取らせて送ってやった男がいるではないか。

ならば今度はこっちが利用する番ではないか。

家の方向も大体同じだし、最悪M鍋家で下ろされても、親は10分で来れる距離になる。

とりあえず云ってみた。

「だったらオレを送ってってくれよ」

「ゴメン。ちょ、ちょっと行くとこあるから」

いや、ないだろ。

次の日、出勤でここは君の家から1時間離れた場所。OK?

で、どこに行くんですか?

はっきり云えよ。

面倒って。

「最初から期待してなかったよ^^」

オレはあえて嫌味を云ってやった。



オレ自身、自分が人間できてるなんて思ってないけど、ここまで酷くはないと思う。

まぁ、M鍋を「keiよりは人間できとる」と思っているのだろうが。


人から何か貰ったら、その分何か返す。これ常識。

貰ったら貰いっぱなしで放っておける神経を知りたい。

オレは基本的に何倍にもして返してるし。


それが誠意ってもんでしょ。
プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。