スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お奨めの漫画はLIAR GAME。

人間が悪魔になるには千の悪行を連続して行わなければいけないらしい。

一度でもいいことをしてしまうとその場でリセット。

また最初からやり直し。

そうまでして悪魔になる価値があるのだろうか。

どうもkeiです。



漫画を買ってきた。

「フリージア」と「LIAR GAME」を2巻ずつ。

「フリージア」という漫画は敵討ち法という法律が認められた日本が舞台で、まぁそんな話らしい。

「LIAR GAME」は誰が一番うまく嘘をつきとおせるかを決めるゲームをするお話。

で、読んでみての感想。


「フリージア」

絵が汚い。

カラーは上手く描いてるのに、中身のコマの全てが雑過ぎる。

下描きみたいな。

この人はペン入れという言葉を知らないのだろうか?というくらい汚い。酷い。

話の内容も1、2巻じゃあ意味不明。

主人公は空想の誰か(他の人には見えない)と話したりしてるし。

っていうか登場人物はどいつもこいつも逝ってる。

狂ってる。

まぁ、絵が酷いせいもあってか、全然読む気が起こらない作品だった。

映画化されてたみたいだから期待したのに。


「LIAR GAME」

最初、コミックスカバーの絵を見て大丈夫だろうかと思ったが、素直に面白いと云える漫画だった。

話のスケールがでかくて、一気に話に引き込まれた。

作者、頭いいなと普通に関心する。

物語の内容はライアーゲームに巻き込まれた女が詐欺の天才の男に助けを求めて、二人でライアーゲームから縁を切るってお話。

まぁ男は途中からライアーゲームの実態を暴くという風に変わってしまうが。

ちなみにライアーゲームはトーナメント方式で1巻では一回戦、2巻では二回戦という具合になっている。

1回戦のゲーム内容は1対1の持ち金(1億)争奪ゲーム。

どんな方法を駆使しても構わない、対戦相手から金を奪い取れ、最終的に金を多く所持していた者の勝ちとなる、負けた者は1億の借金を負う。

こんな感じ。

1巻でのオチは何となく想像はつくが2巻以降(3巻まで出ている)のオチは「あぁそうくるか、なるほど」と感嘆する。

それにどのゲームもよくこんなの思いつくよなというルールなので、セリフが多くても読み進めることができるのがすごい。

あと、例え話がかなり判り易い。



「フリージア」は微妙だったんですぐに売ったけど、「LIAR GAME」は今、一番面白い漫画に殿堂入りだな。

それほど面白かった。

頭のキレるキャラの上の上を行こうする展開なんて、素晴らし過ぎる。


そうそう、4月14日からテレビドラマ版「LIAR GAME」が始まるらしい。

まだ3巻しか出てないのに、早くもドラマ化。

主演は戸田恵梨香。

ほとんどオリジナル展開なんだろうけど楽しみだな。

深夜放送?っぽいので録画しよう。

あぁ、楽しみだ。


ということで「LIAR GAME」はオススメ!
スポンサーサイト

理想の家庭。

今まで綿流し編か?と思いながらやっていたシナリオが急に罪滅し編か?と思い始め、

読み進めていくと、ようやく鬼隠し編になった。

今回はタイトルが出たので間違いないだろう。

そして、「どうか嘆かないで」も。

あぁ、楽しみだ。

どうもkeiです。

そういえば魅音はピストルを所持してな(以下略



将来、家庭を持てたらいいなぁとふと思う。

楽しく毎日を過ごせたらいいなぁと思う。

子供も二人くらい欲しい。

女、男の順で欲しい。なんとなく。

名前は最後に「な」がつく名前をつけたい。

ハルナとかセツナとか。

まぁ、ハルナは親戚にいるのでダメだが。

で、嫁さんは結構自由にさせてあげたい。

働きたいなら働けばいいと思うし、主婦でいたいなら主婦でいればいいと思う。

とりあえず料理だけはしてほしい。

オレは料理をしないから、多分死ぬだろう。

餓死する餓死。

小さい頃から料理をやっておけばよかったと後悔するのは餓死直前に違いない。

その時までオレは料理に触れることはないだろう。気が向かない限り。

いや、手伝うくらいはするだろうが。

まぁ、その時が来るのかどうかは知らないけど。

あぁそれとオレの性格上、嫁さんは毎日からかわれていると思う。

前に書いた奴みたいなのも実際にあるのかもしれない。


kei「疲れたー」

嫁「おかえりなさーい」

kei「ただいまー」

嫁「ご飯にする?お風呂にする?それともアタ―――」

kei「風呂

      パーン
(#゚ ω゚)
  ⊂彡☆))Д´)


ってな感じのが。

そのからかいがストレスになることは(若干の不安を持ちつつ)ない…とは思うが、離婚だけはしたくないものだ。

で、そんなにでかくなくていいから、マイホームを持ちたい。

オレはタバコも酒もパチンコもやらないから、それらに金を費やしている者よりかは遙かに貯蓄はできると思う。

それに寂しいことだが、夢もない。

強いて云えば幸せな家庭を築きたい、だがこれは時の運もあるので夢かどうかは微妙なところだ。

第一働いている時点で夢を持つなど無理な話だ。

オレは自分の器と力量を知っているので、無謀な夢など追わない。

夢を追う様はさぞかっこいいのだろうが、夢を追い、成功したその後は?失敗したその後は?

案外、夢を持たずに生きていくほうが楽な生き方なのかもしれない。


と、まぁなんとなく理想を書いてみたが、どんなカタチであれ幸せだと感じることができて、

そして自然な状態でいられる家庭を作りたい。

帰る場所だと実感できる場所を作れたらいいな。

自分の家以上に。





明日は休みだ。

特に用もないので、ちょっと気になってる漫画を買ってみようと思う。

他に外出予定は今のところなさそうだ。

二時間の病。

PS2版ひぐらしはケンタ君人形が、ランディ君人形という名前に…!

あと、鬼隠し編からやろうと思ってたのに、何を間違えたのか綿流し編に…!

選択肢のせいでやたらと時間のかかるゲームになりそう+ケンタ君人形はいろいろ不味かったんだろうなぁ。

だってどう見てもカーネルおじs(ry

どうもkeiです。



昨日は飲み会だった。

一時間半も遅刻して行くオレはどれだけVIPなんだろうか。

まぁ、それには理由もあるので仕方ない。

飲み会よりも大切なものを優先しただけだ。


で、家に帰ったら10時半。

眠ったのが11時半くらいで、飲みすぎたせいかやたらと喉が渇いた。

水を飲んで、眠りにつく。


4時頃にガバっと起きた。

体が水分を欲しがっている。

あと、気のせいかボーっとする。

あぁ、これはまさか…。

そう思って体温計で熱を計ると37度9分。

やっぱりか。

ここ1年(4月から)で4回目の発熱なんだが、耐性も何もできてやしない。

貧弱にして軟弱...病弱にして脆弱...

嗚呼...かつての蛮勇...見る影もなく…


ともかく、明日は普通に仕事だ。

一刻も早く熱を抑えなければならない。


オレは解熱剤を飲み、氷枕を出してまた寝た。

いや、正確には一時間ほどはボーッとして寝てなかったが。

寝たのは5時半くらいからだろう。


オレはいつも6時半には起床している。

その習慣で、あれから1時間しか寝ていないがとりあえず起きた。

体の感じ的に熱はない気がする。

体温計で測ると熱は下がっていた。

これなら仕事に行ける。

オレはいつもより10分遅い出発時刻で家を出た。


その後、普通に仕事をこなした。

昼飯は半分ほど残したが、晩飯は全部食った。

加えて昼飯の残りも食っておいた。

とりあえずは完治したようだ。


にしても二時間で治る風邪?ってなんだ。

かなり迷惑なんだが。

いや、本来なら二時間じゃあ治らなかったが、

オレの白血球、赤血球、その他もろもろの愛が病原体を蹴散らしたのかもしれない。

若さって素晴らしい。


今日はぐっすり眠れたらいいな。

ちなみに発熱した理由は多分、飲み会で色々云われたから知恵熱が出たか、外を薄着でうろついたからか、だろうな。

特別。

もし僕がタバコなら君はライターだね。

なぜって?

それはライターである君が僕のハートに火をつけたからさ。

(3年前にTが送ってきたメール)

どうもkeiです。




今月は全然、ブログを更新していない。

割と忙しいのも理由にはあるが、なんというか書くことがないというのが現状だ。

仕事のことを書いてもしょうがないし。

夢も見ているが、夢のことばっかり書いていると夢ブログになりそうだし。

日々に変化がないのだから、書くことがないというのも当たり前。

全く、やるせないものだ。

それが人生というもの。

自分は特別ではないのだから。


特別といえば、中学の頃、本当に特別な奴がいた。

神の子と云う称号を与えても申し分ないほどの逸材で、マンガに出てくる優秀キャラをカタチにしたような奴だ。

成績も優秀で、性格もよく、さらに美人。

おまけに生徒会長に選ばれるなど、本気で特別な奴だ。

あいにく、オレはその神の子とはあまり関わらないように生きてきたので、話したこともあまりないが、性格はよかったらしい。

オレの場合、何故か「嘘臭」というイメージがよぎって、近づこうとさえしなかったが。

いや、それでも小学生の頃は席が近くのときは話してたな。

小学生のときは何も考えずに過ごしたようなもんだし、人のことについて深く考えた覚えはないから話していたのだろうが。

まぁ、中学に入って話すことはほぼなかった。

オレのことを名前で呼ぶ、数少ない人物の一人ではあったが。

その後、高校に入学し、神の子と会うことはなかったが、奴の噂は何故か流れてきた。


塾も家庭教師もなしで、自らの力だけで、学年3位の成績。

告白されまくり。

東大には行けたが、やりたいことがないから、早稲田に推薦入学。


卒業式には答辞だか送辞だかを全校生徒の前で披露したらしいが、教師、生徒、家族の全員が奴の声に感動したらしい。

もはや別次元の人間のように感じる。

また、これも噂なのだが、将来はアナウンサーになりたいとかなんとか。

何年後かに奴がアナウンサーとしてテレビに映るのか、それとも井の中の蛙オチで他に就職するのかは知らないが、

この地域はやたらとテレビに出る人間を多く出しているなと思う。



おっと、何故か昔話みたいなものを書いてしまった。

もう奴と会うことはないだろうが、奴ほど普通の生き方が似合わない女も珍しいだろうな。

ちなみに中学の時の大半の男子は奴に惚れていました。

僕は他の子に夢中でしたが。多分。

ムカムカパラダイス。

kei「何を覚えているかじゃなくて、これから何を作って行くかが大切だとは思わないかい?」

(相手の誕生日を覚えていなかった時のセリフ)

どうもkeiです。



今日は最高にムカついた。

朝からトラブルの連発で、休む暇さえない。

昼休みも1時間あるのに30分しか休めなかった。

作業効率も悪く、なんかいっぱいいっぱい。

で、残業が確定して、その残業を終えた直後、皮肉な上司が「これやって帰れ、終わるまで帰ったりすんな」的な発言を云ってきた。

明らかにオレの仕事じゃない。

むしろその上司の仕事。

他の人も「そこまでやる必要ない」と云ってる。

マジやってらんねぇ。

この皮肉上司は前からオレを無駄にコキ使いやがる。

本来やる必要性がないものをやらしたりする。

そのコキ使いが無駄じゃなかったらどんどんコキ使ってくれても構わないが、はっきり云って無駄だ。

っていうかこの上司はオレをロボットのようにしか思ってないんじゃないかと思う。

自分が楽することしか考えていないから、NOと云えないロボット(オレ)に仕事を回してくる。

オレ、この人についていく自信ないッス。

この上司の理屈に納得できないから。

他の上司の理屈は納得できるのに。

云ってることは筋通ってるように見えて全部、=上司が楽になる、っていうのが見えてるんだもん。

今日はそんな感じで最高にムカついた。


家に帰って飯食って、風呂入ったら多少サッパリしたので、機嫌は直った。

イライラは覚えていても得なことはないので、すぐに忘れるようにするのはオレのモットーだ。ハゲるし。

で、PC起動させたらOSがVISTAに変わってた。

VISTAはこの前来たのだが、父が入れたらしい。

6時間くらいかかったらしい。ご苦労なことだ。

今まで使っていた形式じゃなくなったので、少しやりにくいが慣れるだろう。

にしてもハイテクだ。

メモ帳でさえハイテクに見える。

メディアプレイヤーに至っては原型すらなかった(苦笑)

もうすぐバレンタイン。

kei「オレ、○○(女の名前)と付き合うことになった時、ほとんど『うん』しか云ってなかったな。まさに『運』がよかった。上手い!」

宮「上手いな」

kei「だろ?だろ?」

宮「でもお前はうざいな」

あれ?宮のほうが上手いな…。

どうもkeiです。



さぁ、もうすぐバレンタインだ。

去年は字を書いた効果もあってか(?)5個ほど貰えた。

今年は字を書く暇などないが、まぁいつか暇があれば何か書きたい。絵とか。


正直云うと、今年のバレンタインはチョコを貰えるアテがほぼない。

去年は学生の立場を利用してた感は否めないが、今年は何故だろう、貰えそうな感じがない。

そもそもバレンタインが平日なのがダメだ。

レディー達がチョコを作る暇がないではないか。

せめてバレンタインの前の日は休みにすべきだろう。


バレンタインで貰うものはやはり手作りがいい。

正直、手作りじゃないといらねぇとか思ったりする。

だって、手作りのほうが手間暇かかってるし、何より愛の大きさが違うだろう。

買うなんて、金さえあれば誰でもできるんだから。



世の男子学生諸君はバレンタインの日にソワソワしたりするものだろうか。

あまりそういう経験はないが、一個も何も貰えないというのは結構虚しいものがある。

こういうのに陥りたくない人はとりあえず女子と仲良くしておけば、義理の一つでも貰えるだろう。

「これからもよろしく」的な感じでくれる女子は意外に多いはずだ。


一昨年はTの机の中にチョコのお菓子をやたらと詰め込んでやった覚えがある。

Tの「虐めか?」という問いかけは今でも忘れられない。虐めさ。

勿論、驚かせた後はチョコを強奪して、お金を出し合った人達でわけた。

Tにやった覚えがない。


というわけでギブミーチョコレート。

つってもオレの机の上に、コアラのマーチ、パックンチョ、アーモンドチョコ、チロルチョコきなこ餅味約260個、エジプトのチョコ(お土産)、とかがあったりする。

チョコじゃなかったらカントリーマァムとポテトチップス2袋。

ちなみにアイスはクランキーチョコアイスバー4本、パピコ4個、クリスピー5個。

一週間前くらいはアイスなんか一個もなかったんだが。

うちの冷蔵庫からアイスが消えたのは10年ぶりかもしれない。

アイスといえば17アイス(自販機のアイス)が全品リニューアルして、値段が10円上がったのはなんでですか。

オレの好きなチョコナッツコーンがないのはなんでですか。
(その自販機だけないのかもしれんが)

一個120円だと高い気がする。


チョコの話がアイスの話になってしまった。

まぁ、云いたいことは、チョコくれよう!!

ってことだ。

ホワイトデーに期待しない人限定で。

・夢7 ・夢8 ・自分説明書3 ・家での会話 ・Vista

オレの将来の家庭像。

kei「疲れたー」

嫁「おかえりなさーい」

kei「ただいまー」

嫁「ご飯にする?お風呂にする?それともアタ―――」

kei「風呂

どうもkeiでっす。



・夢7

ある交差点で三車線の道路に入った。

黄色信号で入り、前方には二台の原付。

で、三車線に入った瞬間、

「ハイ、そこの原付止まってー」

と、警察に捕まる。

それだけ。

しかし、現実には家に「お前は1年、無違反だったぞ」というような通達が来たので違うと思う。



・夢8

ある知り合いの女が失踪した。

オレはその女を捜すが見つからない。

そいつの家に行っても、鍵がかかってるし、人のいる気配もない。

オレはそれでも探し続けた。

すると、家の近くの建物の屋上でそいつが突っ立っていた。

「見つけた!」

オレは屋上まで走って、そいつの前まで行く。

「何やってんだよ…」

半分、呆れ気味にそいつに話しかける。

そこで夢は終了。



・自分説明書3

■お困りの方は…■
Q1:よくからかわれます。
→本製品に大変気に入られています。
 本製品は好きな人に対してよくふざけた言動を発します。故障ではありません。
 尚、本製品には『人の気持ちの解体新書』がインストールされておりますので、からかう限度は抑えられており、
 又、不思議と最後はからかわれた人を笑顔にする技量も持ち合わせています。
 それでも不快感が残るからかわれ方の場合は嫌われている可能性があります。

Q2:何故かDQNに狙われることがありますが。
→本製品は特別扱いを受けることがあり、DQNに嫌われる作りになっています。
 表面上はおとなしい風を装っているので、話しかけられたり、陰口を叩かれたり、で済んでいますが、
 本製品はそれでも非常に不快な気持ちを味わっています。
 その際は一刻も早く慰めるようにしましょう。
(※DQNに狙われたら?)
→本製品は基本的に無視を決め込むことがほとんどですが、法的に見過ごせない仕打ちを受けた際は、
 持ち前の行動力と処理能力で倍返しを行います。
 しかし、今までにそのようなことはありませんでしたので、これからもないと思われます。

Q3:モノマネで貶されます。
→本製品は『ミッキー』『プー』『グーフィー』のモノマネをすることがあります。
 中でも『ミッキー』と『プー』は本製品のお気に入りであり、
 本来のキャラクターが絶対に云わないようなことを云ったりします。
 又、キャラクターだけでなく、身近にいる人のモノマネも始めたりします。
 他にも、本製品がツボにハマるものは何でもマネしようと試みます。

Q4:その時々に色んな表情があって驚いてしまいます。
→本製品は気分屋で設定されています。
 血液型はABなので尚更です。
 又、本製品は好きな人にほど色々な表情を見せる作りになっています。
 子供みたいに甘える顔もあれば、急に男らしくなる顔もあるでしょう。

Q5:何を考えているのか判り難いです。
→何も考えていない時もあれば、あらゆることに思考を廻らせていることもあります。
 基本的には、ブログのネタ、物語、思い出、これから起こるだろうことを考えています。



・家での会話

kei「あぁー疲れたー、死ぬーーー」

弟「死ね」

父「死ね」

kei「なんぞこいつらー!!!

母「どしたん?」

kei「オレが『疲れたー死ぬー』って云ったら、二人同時に『死ね』って云いやがった!」

母「そうなん?でも私はアンタが好きよ」

kei「黙れ


kei「オレなんのために働きよんだろ。趣味もないし、ただ働いて休んでそれの繰り替えし。しんどいわ」

母「鬱病かい」

kei「人生ってこんなもんか」


父「その携帯の(保護)シール剥がせや」

kei「はいはい」

ペリペリ。

kei「あーあ、剥がれた」

父「当たり前だろ」

kei「これ、死んだ父さんの形見なんだ

父「勝手に殺すな」



・Vista

オレのPCはVista対応だ。

何かのキャンペーン中に買ったので、3万円くらいするVistaが半額の1万5千円で買える。

ただその場合、店で買うのではなく、そのPCのメーカーから直接通販という形になるらしい。

3、4日前に頼んだので、もうすぐ来るような気がする。

しかし、ここで問題が一つ。

オレはipodを持っている。

ipodにはiTunesというソフトがいる。

Vistaを入れるとこのiTunesが作動しなくなるらしい。

なんじゃそりゃあああああああ。

ipodに曲を入れれなくなるが、OSを新しくするか、

OSはほっといて、iTunesがバージョンアップするのを待つか。

何か正直、ちくしょうという感が否めない。

一番好きな肉は鶏肉。

それいけアンパンマンの歌詞って何気に重いよね。

>何のために生まれて 何をして生きるのか?
>答えられないなんて そんなのは嫌だ

>何が君の幸せ? 何をして喜ぶ?
>判らないまま終わる そんなのは嫌だ

どうもkeiです。



最近、休みの日の昼食はどこかで外食をするのが日課になっている。

行くのは大抵、前にも行った中華屋で、頼むのはいつも「からあげ定食」。

他に頼むのはせいぜい「ラーメン」くらい。

だからオレはよく行く店なのにこの店では2品のものしか食ったことがないということになる。

他の物を頼む気はない。

なぜならオレは鶏肉が好きだからだ。

この店の「からあげ」はオレの好みに8割方マッチしており、そのせいで少し遠いがちょくちょく来ては頼んでしまう。

だが、食い慣れたのか少し物足りなくなってきた。

もう少し量を多くできないものか。

一般的に食う分としては申し分ない量だが、慣れたらもう少し欲しい。

なので聞いてみた。

kei「大盛りとかできませんか?」

「ごはんの大盛りはあるけど」

kei「ごはんだけですか?おかずはそのままですか?」

「おかずはできんね。もともと大目に入れてるんで」

kei「そうですか」

「なら、からあげを単品で頼んで、ご飯を頼むっていうのもあるけど」


からあげ定食―840円

からあげ―900円


単品で定食より高ぇ。

これはどれだけ「からあげ」がてんこ盛りになっているのかを期待してライスを注文するか、

無難に「からあげ定食」にしてライスとスープにありつくかは、自由だあああ!

からあげ イズ フリーダム

というわけでオレは無難に「からあげ定食」を頼んだ。

まぁ、いつものことだ。

だが、次は「からあげ」とライスを頼んでみようと思う。

どれだけてんこ盛りなのかを期待して。


あと、この店で「からあげ」を食ったら大抵、口の中を火傷してしまうのもいつものことだ。
プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。