スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのスノーボード。

年賀状を出しました。

ワタクシのきったない手書きのコメントつきです。

あまり字は書きたくないのですが、コメントのない年賀状などただの紙なので、ちゃんと書きました。

元旦に届く年賀状を少しばかりの楽しみにしてくれればなと思います。

ちなみに宮に書いたコメントは以下の通り。


あけましておめでとう!

べ、別にアンタのために作ったんじゃないんだからね!


以上。

案外、宮のが一番ふざけたコメントだったしてます。

後は割と普通です。たぶん。

っていう感じでどうもkeiです。



朝6時半に起床し、7時ごろにTがうちまで迎えに来た。

そして、車に乗り、目的地に向かって出発。


T「朝早く起きたけん、親にびっくりされたし」

kei「はっ」

T「わくわくが押し寄せてくるって思ったし」

kei「ハチャメチャだろ」

T「! うわ間違えとったし!」


kei「オレが歌った白夜を聴いたことがあるだろう?」

T「ああ」

kei「似ているか?宮本に」

T「宮本の声を知らん」

kei「リンク貼ってただろう。まぁ似ているからってあまり嬉しくはないが」


T「思ったより早く着いたな。テンショウの家に行くか。あぁ、その前に彼女にPS2持って帰ってって云われとるけん取りに行ってええ?」

kei「あぁ。PS2なんかやるんじゃな。ソフトは?」

T「天誅」


kei「ほぉここが。入ってえんかね」

T「ええよ」(←合鍵持ってる)

kei「ほーーー。思ったより普通」

T「えぇとどこかな」

kei「ピアノあるや。弾けるんじゃ」

T「弾けるよ」

kei「PCあるや。ネットできるんじゃな」

T「できるよ」

kei「へぇ」

T「メモカー一個しかない。ま、えっか」


T「テンショウに電話して」

kei「オレオレオレオレ」

テンショウ「もしもし」

kei「オレオレオレオレ」

テンショウ「もしもし」

kei「家どこぞ?行ってやる」

テンショウ「そっちはどこよ?」

kei「どこよここ?」

T「まだ○○くらい」

kei「駅に行ったらええか?」

テンショウ「あー」

kei「判った」

T「着いたら連絡するって」

kei「着いたら連絡する」

テンショウ「聞こえとる」


kei「着いたぞー。何分かかる?」

テンショウ「10分くらい」


テンショウ「久しぶり」

T「なんで手ぶらなんぞ」

テンショウ「家寄ってくれる?」


kei「テンショウ、スノボーやったことあるん?」

テンショウ「ない」

kei「よしっ!」

テンショウ「あるん?」

kei「ない」


kei「うわー高そうなマンション。鍵刺さな扉開かんし」

T「カメラあるカメラある」


kei「ほぉ、ここがテンショウの部屋か。割と綺麗だな。麻雀入門?麻雀するんかい」

テンショウ「友達と」

T「オレもやる」


kei「PCあるや。ネットできるんじゃな」

テンショウ「課題するのに使う」


kei「一人暮らしってええなぁ。家事は面倒そうなけど」

T「慣れるよ」

テンショウ「慣れる」


kei「で、道判るん?」

T「判る判る」


T「あぁ見えた見えた」

kei「あれかー」


T「あれ?どうやって行くんだろ?」

kei「階段あるけど、歩いていけってか?」

T「歩いていく距離か?」


T「あの車について行こう」

kei「細い道だな」

T「車って細い道も走れるんよね」


T「お、ここっぽい」

kei「おぉーっぽいな」


kei「着いたー、風強っ」

T「誰もおらんぞ」


受付を済ませて、着替え完了。

そして、無料スクールを受ける。

やったことはボードの付け方、滑り方、バランスのとり方など。

初心者はこういうのを聞かないと絶対にできない。

断言しよう。

で、それを1時間ほどやったあと、飯を食って、ひたすら滑り続けた。


スノーボード用の靴は歩くのにすんごい違和感。

例えるなら、かかと落としをかます時の足で歩く感じ。

アキレス腱伸びっぱなし的な?

まぁ、足首から脛の半分まで固定されてる。


kei「テンショウ、オレとTどっちが上手いか見てくれ」

テンショウ「どっちの方が上手いと思っとん?」

kei「……」

T「……」

kei&T「オレだろ」


まぁ、正直一番上手くなったのはオレだ。

はっきり云える。

スケートでは負けたがスノボーでは勝ったぜ。


オレはもうボードを縦にしてそれっぽくは滑れる。

Tとテンショウは横のまま滑っていた。


オレは最後のほうではずっとジャンプ台(小)でジャンプしていた。

8回くらい跳んで、1回だけ着地できた。

後は全部腰を強打。

さらに足がぐにゃっと。

骨が軋む音ってリアルに聞こえるんだな。


やべぇよ、スノボー。

スケボーと感じが似てるから割と早く滑れたけど面白いわ。

でも、次の日の筋肉痛が半端ない。

腕と太ももがああああああああ。


滑走できる距離が150mしかないから少し物足りなかった。

もっと長い間滑ってみたいと思った。


ボードを横にしたま滑る練習(前向き)はしたが(後向き)はしなかったので、ターンができなかった。

こんな感じじゃね?っていう風に適当ターンをやったら雪の地面でブレイクダンスをする羽目になった。

後は停止が出来るときと出来ないときがあって、尻餅をつくときがあったり。


まぁ、面白かったわ。

室内スノボー場だったけど。

室内だろうが室外だろうが、今度はもっと長い距離が滑れるところに行きたいな。


4時半頃にスノボー場から出た。

テンショウを駅で降ろして、帰路に着く。


帰りにラーメン屋によってラーメンを食べた。

ちなみにスノボー場で食べた昼飯もラーメンだ。


ラーメンを食べた後、ジャスコに行く。

ジャスコのレストランに行って、パフェを食った。

美味かった。

その後はゲーセンに行って、ふらふらした。


kei「魅力は大事だろ。Tには話術、テンショウには独特な空気。オレには…話術か?あぁ、かわいさか。キモッ」

T「自分で云うな」

kei「あぁ、あれだ。特定の人物に話しをさせるのは得意だ」


kei「テンショウは独特の空気がある」

T「あるな」

kei「テンショウはSっ気のある女に好かれるタイプじゃわ」


kei「まず、性格を治すこと」

T「あとは服装」

kei「口の聞き方も」

T「清潔感もいる」

kei「何路線で行くか。(かっこいい系、かわいい系)」

T「中途半端やな」

kei「デリカシーを持つこと」

T「髪も切ったほうがええな」

kei「話上手にならないかんよな。雑学は知っといたほうがええ」

T「雑学はええよな」

kei「それで話できるしな」

T「二万払ったら本気でプロデュースしてあげるのに」




思ったより、腰に痛みはなかった。

とりあえず筋肉痛がすごいが、それに見合う面白さがあった。

また行きたい。
スポンサーサイト

物語の予告。

苦手な教科は英語です。

しかし中学のときの成績は4でした。

どうもkeiです。



物語を製作中。

現在、7作できている。

目標は10作だが、もう少しかかりそう。

ちなみにその10作は全てある一定の共通点があり、さらに愛憎がテーマ(の予定)になっている。

前にも書いた通り、歌詞的な書き方なので具体的な内容はあまり書いていないが、イメージだけでも伝わればいいなと思う。


アップするときは10作まとめてアップすると思うが、その際は「表紙」を作り、クリックしてそのお話を見るようにするつもりだ。

下線はなしで別窓もなし。

まぁ、ブログなので、下押したら全部見えるわけだが、それだと次のページに行くことになるのでできればクリックして読んでもらいたい。

表紙にはそれなりのコメントを容易するつもりだ。

ジャケットイラストも欲しいがそんな技量はないのでカット。


現在の目録はこんな感じだ。

タイトル:未定

01 RS
02 WW
03 FR
04 CH
05 CS
06 PS
07 FT
08 ??
09 ??
10 ??

(タイトルもお楽しみにしたいので、英語にして頭文字を取ったものにしている)

最初に書いておくが01と02は抽象的表現が多く、さらに形が似ているものになっている。

同じような単語が出て、その単語は別の意味であったりする。

まぁ簡単に云えば、「人形」は「人間」「死体」とかそんな感じ。

そこら辺は個人の解釈に任せたい。


05と07は誰でも知っているキャラクターが出ている。

少々アレンジを加えているが、こういうのもいいんじゃない?的に書いたのでそのキャラを当ててもらえるかどうかは不明。

正直不安。

だがまぁ、判りやすいフレーズやタイトルを選んだので大丈夫だろう。多分。


あとはアップを待ってもらいたい。

もしかしたら目録の順番を変えてあるかもしれないが。

さぁ、残り3作。

いつできるかな。



あぁ、そういやクリスマスのことを書いていなかった。

今年のクリスマスは一人じゃありませんでした。

以上。

・更新頻度 ・厄日 ・スノボー

Romanが1月1日からDAMで全曲歌えるようになる。

これは楽しみだ。

どうもkeiです。



・更新頻度

最近の更新頻度が遅い件について。

まず第一の理由。

自分のPCを買ったはいいが、LAN本体が壊れてしまって修理。

ケーブルを繋げてはやれていたが、その前にうちのPCが帰ってきて、オレのPCは立ち退き。

ケーブルは一本。

だからやる時間は限られていたと。

(もう修理は完了している)

次に第二の理由。

物語の創作に時間を割いていた。

現在は7つできている。

もう少しでUPできそう。

次に第三の理由。

PSPのゲームしてた。

終わり。



・厄日

あかさたな占いでは、か行の人の運勢が最悪だった。

それに便乗するかのように今日は厄日だった。

まず、朝。

いつもの通勤ルートを10分ほど進んだ辺りで、社員証のようなカードを持ってくるのを忘れた。

それを取りに戻り、10分のロス。

で、原付のエンジンを再度かけると、ガソリンが少ない時に光るランプが光っている。

ガソリンもない。

最悪。

会社に着いたら着いたで、1日の仕事量を越えた分の仕事をやらされる。

それだけならまだ我慢できるが、午前の最後辺りから異常な腰痛。

座っても痛い、立っても痛い、寝転がっても痛い。

唯一痛くないのは歩いている時だけ。

意味不明。

で、帰り際。

帰りに病院に寄っていくつもりなのに、こんな日に限って残業がある。

しかも予定より30分オーバー。ふざけんな。

腰が痛くて堪らないのをこらえつつ、残業を終える。

で、帰ろうとしていたら、上司の一人に「帰りしに○○やっとくれ」と云われる。

その○○する場所は帰りしにやれるような場所じゃない。

わざわざそこまで行く羽目になる。病む。

しかも行ったら行ったで終わってた。ざけんな。

今日は人生最悪の日だった。



・スノボー

28日はスノボーをしに行く予定だ。

場所は判らない。

目当てのところが今日の雨で雪が溶けて、閉鎖されてしまった。

とりあえずは室内かどっかの場所でスノボーをやるだろう。

人生初で滑れるかどうかは知らないが、楽しみたい。

だが、滑り方を教わらないと「つまらなかった。二度と行きたくない」になるらしい。

滑り方を教わるには金がいるので、最初っから論外だが、こっそりうまい人を見つけて、その人の滑り方をぱくろう。

予定ではこうだ。


メタルスライム(上手い人)を見つけた!

keiはスノボーの滑り方を覚えた!


こうなるはずだ。

バランス感覚は優れている方なので滑れるようにはなりたい。

・アルバム ・年賀状 ・情報 ・カラオケ ・会話

GANTZの最新巻の発売日だ。

買いに行こう。

だって、この巻のためにGANTZ全巻読み直したし。

久しぶりに読んだら無茶苦茶面白かった。

まぁGANTZで一番いいのは主人公の名前が「計」(ケイ)ということだろうな。

ナンダソレ。

どうもkeiです(強調)。



・アルバム

Sound Horizonのアルバムコンプリート!


1st Concept Story (plus)「Chronicle」

2nd story CD「Thanatos」

3rd story CD「Lost」

1st Pleasure CD「Pico Magic」

2nd Pleasure CD「Pico Magic Reloaded」

(以下、「Chronicle 2nd」~以降略)


歌詞はもとから見つけてあるから、あとはボーナストラックの類を見つけるだけだ。

ボーナストラックは非常に見つけ難い。

わざとか何か知らないが外されてることが多い。

とりあえず、ボーナストラックを検索してみた。


「Chronicle」

Audio
見えない扉
小さな番人
モンスターの王様3メインテーマ ~その瞳を開いてごらん~

Vision
夏の時雨(完全版)
月夜に堕ちるモノ


「Thanatos」

ピコマリ
輪廻の逆再生
Thanatos システムヴォイス集


「Lost」

12トラック ???(タイトル不明)

ぴこまり☆ジャンケン
ぴこまり☆ヴォイス集
ピコイリュージョン
ピコフラワー
高速の魔法使い
檻の中の高速
忘レ高速モノ


「Pico Magic」

呪文解明!ぴこ魔神☆
輪廻の逆再生
高速の魔法使い
Chronicle 2nd CM


「Pico Magic Reloaded」

8 ???(タイトル不明)

ぴこまりんご飴☆
高速...Reloaded
檻の中の高速
高速の檻花
高速澪音


これくらいか。

ないのは「Chronicleボーナストラック」と名前の判らないトラックだけだろう。多分。

どうにしかして見つけたいが検索しても出てこないのは何故だ。

あと、「LiNK」という曲を見つけたが、一体なんのアルバムの曲なんだろうか。



・年賀状

年賀状を作る時期になった。

社会人になってから年賀状が30枚以上当たり前の世界になったので、面倒臭いことこの上ないがまぁしょうがない。

印刷だけすれば問題はないし。

だが、問題は友人関係だな。

年賀状を親しい者に出す際は手書きのコメントを添えるのが常識だ。

字が汚かろうがどうだろうが、書いていないと非常に淡白。愛がない。

オレは毎年書いているが、今年はどうしたものか。

まぁ、それは追々考えるとしよう。

とりあえず、今現在連絡が取れてかつ何度も会った人には年賀状を出すとするか。

さて、あとはギャグだが…。

前は宛名のところを「様」じゃなく「ちゃん」(T)や「閣下」(ヤツ)にして送ったりした。

今回はどうしたものか。

…まぁ、普通でいいよな。

めんどいし。

とりあえずは裏の絵を決めないといけないな。


・情報

□ RADWIMPS
DVD
説明:インディーズ時代からアルバム曲までのクリップを中心にライブやメイキング映像、
レコーディング風景なども収録されていて、
RADWIMPSのヒストリーを伝える構成になっています。
発売日:2月7日

ライヴ映像の愛しがあればいいんだが。

あとはお腹いっぱいになるものがあればなんでも。


っていうか前のアルバム(おかずのごはん)は正直微妙でした。

似たようなゆっくりめの曲調が多くて、遊び心がない。

ボーナストラックはあるけど、バンプ的なノリなのでそこまでいいものじゃなし。

今までに発売された「ふたりごと」や「有心論」がなかったら何ともしょぼくれたアルバムな気がする。

無人島に持っていき忘れた1枚にあった「あぁいい曲だ」という感じが一つもなかった。

何か物足りないアルバムだった。


□ Janne Da Arc
SINGLES 2(アルバム)
発売日:2月21日

収録内容:
【CD】
01.FREEDOM
02.Kiss Me
03.DOLLS
04.ROMANC∃
05.BLACK JACK
06.Love is Here
07.月光花
08.ダイヤモンドヴァージン
09.振り向けば…
10.Destination
11.HEAVEN
12.メビウス


【CD+2DVD】 初回完全限定生産
価格:\3,990
【DVD1】
シングル全12曲のプロモーション・ビデオ他収録予定
【DVD2】
◆ LIVE DVD Janne Da Arc Live2006 "DEAD or ALIVE"
 -SAITAMA SUPER ARENA 0520-未収録曲
 「闇の月をあなたに…」「MISTAKE」「speed」「-R-TYPE「瞳の色」」
◆Stare【Limited Edition Music Crip(仮)】収録予定


【CD+DVD】通常盤
価格:\3,300
【DVD1】
シングル全12曲のプロモーション・ビデオ他収録予定


【CDのみ】 通常盤
価格:\2,500


今までに発売されたシングルを集めたもの。

今回もせこく3タイプ同時発売。

そして、特別新しい曲も入ってないので、買う気はなし。

っていうか普通にアルバム出せばいいのに。

Janne Da Arcは曲作る気ないのだろうか。



・カラオケ

久々にカラオケに行った。

本当に久しぶりだ。

高校の頃など狂ったように行っていたのに。

今回歌った歌は…っていうかあんまりマジメに歌った覚えがない。

ずっとふざけてたな。

まぁ、今回歌った歌は以下の通り。


・君を乗せて

・God Kwos Rap Ver

・天体観測

・Dolls

・白夜

・愛のかたまり

・溺愛ロジック

・あと忘れた。


白夜(宮本駿一)を歌ったときに声が似ていると云われた。

掠れ具合が。

まったく一緒ではなく声の感じが似ているということだろうか。

そういえば宮にも似ていると云われたことがある。

ふむ、自分ではまったくそう思わんが。

ちなみに白夜はこんな歌。

D・N・ANGELというアニメのOPですた。



・会話

kei「もしオレが無実の罪で捕まって牢屋に入れられても、IQ200の頭脳を駆使してオレを助けに来てくれよ。マイケル」

弟「そのまま死ね」


kei「母さんがオレの給料日にとりよる食費はきっと、『ほら、kei。これアンタの食費からちょっとずつ貯めよったお金。アンタのために貯めよったんよ』『うわ!もう100万もある!』ってなっとるに違いない」

父「ないない」

母「寝言は寝て云え」

kei「ドラマではよくあるのに…」


なにこの扱い。

徒然。

kei「ゼクトの諸君!」
(仮面ライダーカブトの新しい敵)

弟「うるさい」

今のカブトの敵、オレ的にかなりツボなんですけど。

「オレのこと笑ったか?」のネガティブライダーより好きなんですけど。

っていうか主役の子供っぽい演技は正直違和感むんむんです。

どうもkeiです。



何故か知りませんがTの誕生日プレゼントとして皆で金を出し合ってPS2を買うらしいです。

メモリーカードも買うみたいです。

ちなみにオレの誕生日プレゼントはギルティギアでした。

Tとヤツの二人で買って、せいぜい5千円ってところでしょうか。

つまり二人で2千5百円です。

で、Tの誕生日プレゼント費用が一人あたま5千円なわけです。

なにこれ。

いや金のないときとはいえオレの中ではすんげぇ葛藤。

別に金が勿体無いわけじゃない。

いや勿体無くはないな。

まぁ、すんげぇリッチなプレゼントだよなと正直羨ましいわけです。

ヤツが決めたことなので何も云いませんが、

皆が金を出すという前にTに話しをしておくその度胸はすごいものだと思いました。

っていうかヤツのプレゼントは誰が企画するんでしょうね。




現在、物語執筆中。

SHに感化されたので歌詞的な書き方です。

で、アルバムチックな構成にしたいので、一貫性のあるものを目指してます。

ちなみに人はかなり死にます(笑)

もう5作できました。

できれば10作くらい作りたいものです。

Romanについて。

青い空 白い雲 ビーフシチューいただきます。

古いネタだ。

どうもkeiです。



Romanについて。

Romanには予約特典がつく。

店舗は以下の通り。


タワーレコード オリジナル”Revo Special Remix CD”(受付終了)
タワーレコード Sound Horizon Special Event 参加応募ハガキ(先着順)
TSUTAYA オリジナルyokoyan描き下ろしアナザーブックレット
とらのあな オリジナルRevo編集ダイジェストCD
ヤマギワ オリジナルポストカード
ゲーマーズ オリジナル色紙
マグマニ オリジナルジャケットブロマイド
アニメイト アナザージャケット


オレはTSUTAYAで買ったのでブックレットだった。

これはタワーレコードのRevo Special Remix CDと組み合わせて初めて一個になるらしい。

つまり、手元にはブックレット(歌詞カード)があり、曲がない状態。

タワーレコードで買った場合はその逆だろうか。

まぁ、というわけで、オレはCDがない。

(他の店舗の特典のポストカード等は無視)

そのCDは朝と夜の物語 Another Roman Mixというものが入っているらしい。

うわぁ、聴きてぇ。

超聴きてぇ。

で、その曲をどうにか入手したいオレは約1名に聞いてみた。

だが、無理らしい。

畜生。

というわけで、オレはネットワークの全てを駆使して、情報をかき集めた。

そして…




ゲットした。

取れなかったら最悪オークションで3000円払って取るつもりでした。

やべぇよ、この曲。

壊れ方が半端ねぇ。

ここまで壊せれるなんて。

やっぱりRomanいいよ。

領主さま歌うめぇよ。

最高だよ。


オレはネットワークの全てを駆使して、インディーズの数曲を集めることに成功した。

まぁ、最初のインディーズは歌はないのが多いがそれでも構わない。

とりあえずぴこまりじゃんけんをゲットできたのが衝撃的で。




SHを聴いたら、それに感化されて歌詞的な書き方で物語を紡ぎたくなる。

一度、アルバムチックにまとめてアップするのもいいかもしれない。

いつかやろう。

質問シリーズ。

・お名前は?

kei。



・誕生日は?

5月5日。



・血液型は?

AB型。



・星座は?

牡牛座。



・好きな言葉は?

一石二鳥。
天衣無縫。
棚からぼた餅。
漁夫の利。



・嫌いな言葉は?

二度手間。
熱血。



・癖は?

骨をポキポキと鳴らす。
髪の毛を触る。



・口癖は?

へぇ。
ふーん。
メールでは「まぁ○○じゃないか?」とかいう感じで、とりあえずまぁを使う。



・特技は?

暗記。
人の思考を読む。



・趣味は?

なし。
暇つぶしにPCと読書と物語創作。



・好きな色は?

黒、白、藍色。
落ち着いた色。



・嫌いな色は?

ショッキングピンク。
濃い紫。
派手な色。



・性格は?

二面性がある。
基本的にはおとなしい。
親しくない人間には素の自分を見せない。
気分屋。
悪戯好き。
案外シャイ。



・自分を漢字で表したら?

純粋悪。
気分屋。



・好きな番組は?

僕の歩く道。
僕の生きる道。
僕と彼女と彼女の生きる道。
女王の教室。
基本的に学園ものは好き。



・好きなアニメは?

スクライド。
ドラゴンボールZ。



・好きな漫画は?

GANTZ。
DEATH NOTE。
先週から始まったジャンプのラル グラドも結構好き。



・好きなアーティストは?

Sound Horizon
RADWIMPS
Janne Da Arc
BUMP OF CHICKEN
LUNKHEAD



・欲しいものは?

PS3。
Wii。
SHの全てのアルバム。



・今年、一番嬉しかったことは?

ボーナスが多かった。
あと給料の最初の数字が2になったこと。



・今年、一番悲しかった、又は嫌だったことは?

スナックに連れて行かれたこと。



・好きな人のタイプは?

話が合う人。
モラルがある人。
騒がない人。



・嫌いな人のタイプは?

DQN。
自分からは何もしない人。
モラルのない人。
ものを貰うことしか考えない人。



・貴方にとって非常識とはなに?

相手をしょうもないことで困らせること。



・貴方が腹の立つこととは?

メールを送ってきたくせに勝手に切る(こちらのメールを無視して放置する)こと。
あと、10分おきにメールが来るのもあんまり好きじゃない。



・貴方の服のセンスは?

基本的に黒が多い。
特にブランドにこだわりはない。
センスは普通。
特別おしゃれでもない。



・告白するほうですか?されるほうですか?

8割方の根拠があればさせるほうです。



・最近よく聞かれることは?

「彼女おん?」
「前の彼女はどんな人だった?」
「クリスマスなにかすん?」



・さっきの質問の中でどれかひとつ答えてください。

「前の彼女はどんな人だった?」
頭の回転が速く、文体と思考が自分とほんの少し似ていて、舞台の上で役を演じ、一癖も二癖もあるおかしな人でした。



・苦手なことは?

人前に出ること。
初対面の人と会話すること。



・すごいと云われたことは?

「君は○○してそう」とかいうのが大体当たっていること。
教習所の試験全て一発合格。
最終試験は余裕ぶっこいて、一人だけ読書。その上合格。
給料の8割を貯金していること。



・今までに人に云われたことは?

「先を読んで行動してそう」
「世渡り上手」
「不器用」
「二面性強すぎ」
「言葉の筋は通っている」
「子供みたい」
「クール」
「ドライ」



・貴方の弱点は?

重度の方向音痴。
室内に入れば方向感覚が狂い、自分の向いている方向が北としか思わなくなります。



・貴方の自慢できるところは?

テストで理解せずに全部暗記したら100点取れたこと。
卒業式で3枚ほど賞状を貰ったこと。



・貴方の悪い癖を教えてください。

悪ノリが過ぎるところ。
面倒臭がりなところ。
ポーカーフェイスができないところ。



・貴方の人間関係について教えてください。

自分の性格を知っている人しかメールアドレスは教えていないので割と良好かと。



・メールは送るほうですか?送られるほうですか?

前は送るほうだったけど、自分からばっかり送るのって何か「そうまでして喋りたいの?」って気持ちになるから、今はあまり送ってない。
相手からメールがないということは別に相手は話そうが話さまいがどっちでもいいということだろうし。



・昔の自分を見てどう思いますか?

変なやつ。いや今もか。
お節介。
責任感じすぎ。
ふざけすぎ。
いい人演じすぎ。
人にものあげたり貸したりしすぎ。



・今の自分を見てどう思いますか?

生きがいがない上に無趣味ですね。
でもとりあえず満たされてはいるようです。



・貴方はものを貸すほうですか?貸してもらうほうですか?

両方。
ただ貸す場合はある程度、諦めの境地(半年は返ってこんだろうな)という思いで貸してます。
まぁ必要になれば返品の要求はしますが。



・信用できる人は何人いますか?

ゼロ。
信頼できる人はいるが信用しようとは思わない。
ある人を信用して、で、そのある人を軽蔑した出来事があったからそれ以降信用はしていない。



・将来の夢は?

マイホームを買う。



・最近きついことは?

朝の寒いときにバイク通勤は死ねる。



・見ていてイライラする人はどんなタイプ?

いつまでも現実を見据えないピーターパンな人。



・オススメのお菓子は?

チロルチョコきなこ餅味。



・最後になんでもどうぞ。

今の思考と前の思考が若干変化したので、また質問シリーズをしてみた。
確かに思考は少し変わった気がする。
前までは誰かのために進んで何かをすることが多かったが、今はもう何もしてない。
客観的に自分を見て分析してしまうのも悪い癖のひとつだろうか。
とりあえずはがんばって生きている。

Roman ~僕達が繋がる物語~ 感想

Romanが発売されたわけですが、その頃からPCが壊れてしまったので、感想も何も書けませんでした。

なので、ちょっと出遅れましたが、書いていこうと思います。

ちなみに考察はしませんので。


Sound Horizon 

5th Story CD

Roman~僕達が繋がる物語~


【参加ヴォーカリスト】
Hiver Laurant、RIKKI、KAORI、REMI、YUUKI、井上あずみ、じまんぐ

【参加声優/ナレーター】
大塚明夫、緑川光、田村ゆかり、能登麻美子、Ike Nelson、若本規夫、
飛田展男、Sublime、保志総一朗、深見梨加、ゆかな、皆口裕子、日高のり子


【曲目】
朝と夜の物語

見えざる腕
呪われし宝石
星屑の革紐
緋色の風車
天使の彫像
美しきもの
歓びと哀しみの葡萄酒
黄昏の賢者
11文字の伝言




一通り聴き終わった後の感想はいい意味で豪華、悪い意味で薄い。

豪華なのはやはりキャストが多くなったり、歌い手がいい味を出していたりとここら辺はいい。

だが、今回のアルバムは何というか判り難い。

前のアルバムは非常に判りやすいものが多かったが、「少年は剣を」
以降、比喩的な表現が多くなった気がする。

まぁ、緋色の風車や星屑の革紐は比較的判りやすいが。


さて、歌詞カードだが、前作は黒ページと白ページで上下逆+奇数は前から偶数は後ろから捲る形になっていた。

今回は、月型の穴があり、その穴から覗ける言葉がキーワードになっている仕組みだ。

なので、歌詞には不自然な間隔で文字が書かれているところがある。

そういう遊びができるのは大体のキーワードがどの曲でも出てくるからだろう。

「風車」とかはよく耳にした。

というか、歌詞タイトルのほとんどは他の歌にも引用されている。

あぁあと、暗号もある。

これが読めたら暗号解読は容易いだろう。

『0302・0101・1001・0304・0502・0105・0501・0902・0501・0301・0102』


次に曲。

(ちなみに歌詞カードには担当Voが書かれているが、他の曲でも歌っている箇所がある)


朝と夜の物語
Vo Hiver Laurant

一発目に持ってくる曲だけあって、素晴らしい出来。

正直、感動。

ヴォーカルは新しい歌い手だが、高い音程と裏声がすごくうまい。

ちなみにこのヴォーカルの名前は…これは後で書くことにしよう。




Vo RIKKI

微妙にバックコーラスでじまんぐさんが歌ってる。

この曲は一番にはなれないが、他の曲を持ち上げるよさがある。

1番目の勢いを殺さず、2番目でさらに伸ばしていく、そんな感じ。

個人的には結構好きだが。


見えざる腕

Vo KAORI

Romanの中で1、2を争う曲ではないだろうか。

曲調が凄まじく変わり、感じ的にはリヴァイアサンの「召喚という儀式」みたいな感じかもしれない。

同じメロディのところが一番少ないのはこの曲だろう。

しかもよく聞いたら最初のほうで「アルヴァレス将軍に続けー!」とか叫んでる声が聞こえる。

登場人物は3人のLaurant(ローラント)。

今回のアルバムはLaurantという名の男が何人も登場している。


呪われし宝石

Vo REMI

怪しげな曲調。

微妙に沈んだ歌姫の曲に似ていると思ったのはオレだけ?

この曲には1曲目で歌っていたLaurantの声が出てくる。

登場人物が全員同じ声なら、何か関係があるのかもしれない。


星屑の革紐

Vo Azumi Inoue、YUUKI

Elysionの澪音の世界の澪音の昔のお話だと思われる。

そして澪音の昔の名はエトワール。

ちなみに黒銀の毛並みの犬の親の名はPleut(プルー)。

Pleutは英語に直すとrainになる。

歌詞は姉や妹、少女や犬などの表現があるが、姉は少女のことであり、妹は犬のことで間違いないと思う。

このアルバムの中で一番いいお話。


緋色の風車

Vo KAORI

この曲は「少年は剣を」の2番目に入っていたものだから、聴いたことのある人は多いと思う。

このアルバムの場合だと歌詞に暗号パーツが入ってたり、微妙にあれ?って思う部分があったり。

単純に歌い直しただけではないというのは聴いていたら判る。



天使の彫像

Vo Jimang

じまんぐさんが最初から最後まで歌う歌。

しかも今回は胡散臭くない(笑)

何故ならAuguste Laurantという彫刻家+罪の意識に飲まれた男の役だからだ。

また、Laurant。

曲調はゆっくりめだが、何故だろう、すごく盛り上がるのに、切なくなるのは。



美しきもの

Vo YUUKI

前アルバムにある「輪廻の砂時計」に非常に酷似している。

というより、このアルバムは前作との繋がり部分であろう箇所がかなり多い。

星屑の革紐で「根雪の下で春待つように」とかいう箇所がある。Yield?

ただ同じ表現を使っただけかもしないが、見えざる腕のアルヴァレス将軍が別人ですとかいうのはあるのだろうか。

さて、この曲の登場人物はモニカとかロランとか。

最後のほうで姉とか妹とか荒野とかの単語が出てくるので「また澪音?」と思ってしまった。



歓びと哀しみの葡萄酒

Vo REMI

オペラ聴いてるイメージの曲。

両手を広げて、観客に自分の歌声を響かせる風景が思い浮かんだ。

このREMIというヴォーカルはこういう曲と声が非常にあっていると思う。


黄昏の賢者

Vo Jimang

この曲を聴いた感想。

「胡散臭ぇえええええええ」

いやいや、じまんぐさんはこうでなくては。

胡散臭くないじまんぐさんはじまんぐさんではない。

この曲はじまんぐさんが歌うためにあるのではないだろうか。

そう思うほど非常にマッチしている。

しかも役はタイトルの通り、賢者。

なんて胡散臭い賢者だ。

だが、今回は害はないので、役としてはいいほうだ。

歌詞の読み方も面白い。

「君の悲しみを因数分解してみようか?」は「きみのかなしみをバラしてみようか?」になる。

他に「幸せの最大公約数を求めてみようか?」とかもある。

まぁ読みかたは「しあわせのかずをもとめてみようか?」だが。


11文字の伝言

Vo RIKKI

子供を思う母の気持ちが伝わってくる曲。

聴いた後は「おかあさああああああん」って感じ。

なんかもうね、感無量。

他の曲で散りばめてある4つの数はこの曲のためにある。




さて、後は少しだけ小ネタを。

Hiver Laurantはヴォーカルの名前だが、これはジャケットの青い髪の男の名前。

じゃあ歌っているのは誰か?

「Sound Horizonの公式HPに行ってもRevoとじまんぐしかいねぇよ」

つまり。

Hiver Laurant = Revo

いや、それだけが根拠ではない。

正直、Hiver Laurantで検索したら領主様(Revo)が正体だというコメントが幾つもある。

実際、領主様の声を聞いてみたが確かに似ている。

それに歌い手が写真で出ていない謎も領主様がいるということで全て解決。

にしても領主様、歌上手いな…。

Hiver Laurantを名乗った理由は歌手Revoで見られたくないからとかそんな理由だろうな。


あと、これは何のためにこうしたのかはよく判らないが…。

RomanをPCに入れてタイトルを見たらこんな現象が起きる。



なぜ?

検索してみたらどうもオレだけではないようだ。

いったい何故にPico Magic?

何かの伏線なのか、ただの手違いかは知らないが、ただひとつ云えることは…

タイトル打ち直すのが恐ろしく面倒だということだろうか。



ちなみに今回はボーナストラックがある。

歌詞カードに小さく書かれてあって、しかも暗号を解読せよとのこと。

1つ目は余裕だったが2つ目は苦労した。

ちなみにタイトルは「truemessage」「yaneuraroman」

「truemessage」は云わなくても想像はつくと思う。

「yaneuraroman」は、「屋根裏」でなんとなく判るのではないかと。

「キャンバス」とか「彼女の笑い声」とか。

まぁ、後は聴いてください。




以上、Romanの感想でした。

ちなみに見えざる腕だけはここで聴くことができます。

ドッペルゲンガー

街角を右に曲がると貴方に出会った
いつもと変わらぬ笑顔で私と話した

(貴方と別れる)

街角を左に曲がると貴方(?)に出会った
いつもと変わらぬ嘲笑(えがお)で私と話した

私は貴方(?)に問いかける
「さっきも会わなかった?」
貴方(?)は答えずどこかに消える

(貴方(?)と別れる)

次の街角に出くわした
右を向くと貴方がいた
左を向くと貴方(?)がいた

『貴方』という存在が怖くなる
何故『貴方』が二人もいるの? 私に何を求めるの?
『貴方』は私に歩み寄る
その手の中には何故か刃物...

貴方(?)は私に問いかける
「どちらかを選べ」
貴方は喋らずただ見つめる

私には選べるわけがない
『貴方』の違いが分からない
私は黙してただ見つめる

貴方(?)が動く
刃物を持つ手に力を込めて
私は怯えて動けない
貴方が動く
刃物を持つ手に力を込めて
貴方は涙を一粒零す

私の前で飛び交う鮮血
『貴方』はお互いを刺している まるで鏡合わせの様に
貴方(?)はずっと嘲笑(わら)っている
貴方は私をただ見つめる

『貴方』が倒れる
貴方(?)の体は消えていく
貴方は倒れて動かない
体に血が染まる
私は貴方に駆け寄り気付く
貴方はもう既に死んでいる...

私には選べるわけがない
『貴方』の違いが分からない
死んだ貴方はどっちの『貴方?』






過去の産物。

「私」は「貴方」と付き合っていたけど、二人とも同じ顔なのでどちらと付き合っていたのか判らなかったっていうオチ。

だから死んだのは本物かドッペルか。

まぁどちらにせよ消えてるんですが。

ちなみに『貴方』の部分は両方(本物とドッペル)を指している。
プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。