スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーカブトのぼっちゃまと口癖について。

祭囃し編読み難い。

どうもkeiです。


仮面ライダーという単語は誰しもが聞いたことがあると思う。

とりあえずは変身して、敵をやっつける正義の味方だ。

だが、必ずしも変身しなければいけないわけじゃない。

何故なら今やっている仮面ライダーカブトでは、主人公が某事情によりライダーになるためにいるアイテム(ゼクター)を全部奪っていっている。

つまり変身したくてもできない。

が、中にはお金に困っているライダーもいて、普通にアイテムを250万か300万で売却した奴がいる。

それがぼっちゃまだ。

ぼっちゃまは今まで、ライダーになり敵を倒すことで生計を立てていた。

だが、ZECT(敵を撲滅する組織)に「もう要らない」と云われ今はそれができない。

家は借金だらけで、姉を殺した敵も見つけられないまま、とりあえず「全てのワーム(敵)はオレが殺す」宣言をして、今日に至る。

今のぼっちゃまの生命エネルギーは敵撲滅。

そんなぼっちゃまがライダーになるためのアイテムを売ってどうやって敵を倒すのか。

ぼっちゃま曰く、「そんなものなくとも、名剣ディスカリバーがあるじゃないか」。

いや、ちょっと待て。

ライダーは敵を倒すために作られた機械だ。

それが名剣如きに代わりができるなら、ライダーなんて要りません。

しかし、ぼっちゃまはやってくれました。



ぼっちゃますげぇえええええええええ。

ライダーシステムを根本から覆す荒業。

ぼっちゃまとディスカリバーがあれば、ライダーなんていらないんじゃね?

いやマジで。

ぼっちゃまはこれからはずっとディスカリバーだけで戦って欲しい。


さて、ぼっちゃまはとりあえず置いておこう。

次はキャラの口癖。

仮面ライダーカブトのキャラ達はやたらと口癖が多い。

「おばあちゃんが云っていた」

「じいやが云っていた」

「オレは○○においても頂点に立つ男だ」

etc。

まぁどれもこれも実際には使えないようなセリフばかりだ。

そして、最近はそれらに聞き飽きてどうもマンネリ気味。

だが、製作者はそんなオレの声を聞いてくれたのか、新しい口癖というか新キャラを用意してくれた。

いや、新キャラというよりは最初の方に出たエリートが不良になって帰ってきた感じだが。

それがこいつだ。



やべーよ、こいつ。

マジでかっこいいよ。

なんで足しか使わないんだ?

喋る言葉が素敵過ぎる。

「どうせ俺なんか…」

「今、誰か俺を笑ったか?……お前か?」

「影山、俺と一緒に地獄に落ちよう」

「天道、お前はいいよなぁ。どうせ俺なんか…」

病んでるキャラって素敵だよな。

いいねいいね、オレも実際に云いたくなるよ(笑いながら)。

だが、こいつはやられ役だろうな。

ライダーシステムは基本的に脱皮(キャストオフ)がある。

しかし、こいつにはそれがない。

つまり、最初からキャストオフなのか、欠陥ライダーなのか。

まぁなんにせよ、長くは持たない気がする。




とりあえずライダーは見るべきだ。
スポンサーサイト

Sound Horizon 情報。

SHのNewシングル「少年は剣を…」が10月4日になったのはご存知のことと思いますが、さらに続報が入りましたので紹介します。



5th story CD

Roman ~僕達が繋がる物語~



Newアルバムキター!!

発売日は11月22日!

値段は、

初回限定盤  3500円

通常盤    3000円

となり、収録曲数は全11曲!

発売日が待ち遠しいですなぁ。

ところで、初回限定版にはなにが…?


ちなみに漫画も出ます。

アブラカタブラ

ボンボンって久しぶりに見た気がする。

・生活サイクル ・DS ・リンク ・コウモリ



かまど大好き。

どうもkeiです。


・生活サイクル

最近の生活サイクルが地味に狂ってきてます。

今までは、


6時半起床

16時まで仕事
(残業あるかないかでかわるが)

23時半くらいまで自由


という感じでした。

しかし、今は、


6時半起床

16時まで仕事
(残業によってry)

18時から約1、2時間就寝

21時起床

23時まで自由

1時半就寝


という感じになってます。

まぁ、必ずしも毎日この生活サイクルだというわけではないですが、

ここ二日はこうでした。

仮眠を間にとると、その後の自由時間がやたらハイテンションで過ごせるんです。

といっても仮眠で2時間潰れるのでやれることなんてほとんどないんですがね。

しかし、夜寝るのが遅くなるのはどうにかしたいところです。


・DS

一ヶ月くらい前、ニンテンドーDSでFF3が出た。

オレはFFはクリスタルじゃない世代なので、あまり興味が湧かないがどうやら面白いらしい。

神ゲーとまで称されている。

だが、一回のバトルで敵が2体しか出ないことや、ジョブチェンジシステムというのがどうも取っ付きにくい。

FF3の売りはまさしくジョブチェンジシステムなわけだが、

オレは正直面倒そうで「……」だ。

いちいち技やらなんやらが変わるのがどうにも面倒な気がする。

まぁ、やったことないので、やる前のイメージしか云えないわけだが、

実は今、DSで欲しいゲームが一個ある。

それがこれだ。

すばらしきこのせかい

べ、別にキャラクターデザインが野村哲也だからとかじゃないんだからねッ!

スタッフがKHスタッフだからとかじゃないんだからねッ!


というわけではい、このゲームをちょいとやってみたい。

まだ発売日とか未定なんだが。

だが、DSというのが頂けない。

オレはDSを持っていないから、ソフトを買ってもやれないわけだ。

わざわざこのゲーム一個のためにDSを買うのはなんか勿体無いし。

で、普通の人ならここで「だったら借りたらいいじゃん」とか思うだろう?

しかし悲しいかな、DS持ってる奴何人かに「貸して」と聞いたことがあるんだが、

誰 一 人 貸 し て く れ ね ぇ 。

まさに「すばらしきこのせかい」ですね(皮肉を込めながら)。

まぁ発売日はどうせ来年以降だと思うのでしばらくはどうでもいいですが、

キャラクターの右端のニット帽を被った長袖の女の子の服装は何となく好きです。

手首がダボダボって感じで隠れてるところが特に。

にしても主人公の尖り方は半端じゃないですよね。

とりあえずこのゲームは期待しておこう。

(ちなみにこの記事の横にはKHの最新作とFF12の続編の情報があり、

FF12はもういいよと既に論外扱いしているオレでした)


・リンク

いじめと父とICレコーダーと

感動した。
それと同時に母親と教師と生徒には怒りが湧いた。


母親の差です。

カッコイイ!


スピード違反の男

嘘ついた時点で公務執行妨害って聞いたことがあるが…。


・コウモリ

ある一匹のコウモリと出会いました。

そのコウモリはなぜか喋ります。

それに顔がどことなくTに似ているようです。

そういえば毛のツヤもそっくりです。

そしてそのコウモリは両手をバタつかせ私の前で何かを話そうとしてます。

耳を傾けました。

「邪魔」

コウモリの口からはそれだけ聞こえました。

なぜか無償に腹が立った私はそのコウモリを叩き殺そうとしました。

しかし私は思いました。

世の中に言葉を話せるコウモリがいるでしょうか?

いや、いない。

いるわけがない。

私はそのコウモリを捕まえようと思いました。

「何でコウモリが話してるの?」

私はとりあえず尋ねました。

するとコウモリはこう言いました。

「( ゜д゜)ハア?」

私はまたも腹が立ちました。

「何で話せるのか教えてほしいんだけど・・・?」

怒りを押し殺し、再度聞きました。

「´・∀・)つ”∩へぇ~」









その後、喋るコウモリの行方を知るものは誰もいませんでした。



(ちなみにこれはオレがサイトを開設して初めて作った物語に近い創作物)





さて、TSUTAYAに行って、BUMPの「人形劇ギルド」を買ってこようっと。

一問一答的質問。

僕の世界の中心は僕だ。

どうもkeiです。



Q1 趣味、特技を教えてください。

趣味 読書、PC。
特技 暗記。


Q2 好きな食べ物はなんですか?

アイス。
パピコとレディボーデンのクッキー味が特に。
後はかまど。
(香川県の名物)


Q3 では逆に嫌いな食べ物はなんですか?

なすび。
酢の物。
おでん。
りんご。


Q4 宝物はありますか?

アクセサリーとバイク。
ちなみにバイクの名前はミツバチくん。
いや、ただオレのバイクの車種を日本語にすると「ミツバチ」という意味になるからだけど。


Q5 今、ハマっていることは?

某人をいじめること。


Q6 小さい頃はどんな子供でしたか?

今と180度違う性格だった。
明るく元気で、誰とでも話して、わいわい騒いでた。


Q7 では、今はどんな性格ですか?

気分屋で人見知り。
冷徹な面が多い。


Q8 あなたの弱点を教えてください。

学校のベランダを箒でシャーシャー掃く音が耐えられない。
黒板をギギギーとするのは平気なのに。


Q9 人とは違うなと思うところはなんですか?

年齢の割に冷めすぎてるところとか。
関節がおかしいところとか。
興味の対象が人と違うところとか。
あと、昔、スコップを持って歩いていて、
目の前を歩いている人の首筋にスコップを叩き込んだら…
と考えてしまったところ。


Q10 社会人になって一番驚いたことはなんですか?

こんな田舎に夜の街があること。


Q11 最近で一番腹が立ったことはなんですか?

当たり前のことを当然のようにしない奴がいて、それにこっちが迷惑こうむっていることに気付いていないお気楽な能天気さんが近くにいることが一番腹立ちます。


Q12 最近の悩みを教えてください。

夢がないこと。


Q13 将来の夢はなんですか?

夢はないが目標はある。
毎年最低100万は貯金。
そして、いつかは自立する。


Q14 一生に一度は云ってみたいセリフを教えてください。

体重を気にしている女性の前で
「あ~太りたい!」


Q15 自分はおいしい立場にいるなと思ったことはありますか?

高校生の頃は基本的においしい立場でした。


Q16 初恋の人を教えてください。

小学生の頃に仲のよかった女子がいた。
多分、好きだった。


Q17 好みのタイプを教えてください。

相性がいい人。
(いかにストレスが少なく過ごせるか)
面白い人。
(一般的に面白いのではなく、オレが面白いと認めた人)


Q18 一番印象に残っている出来事は?

何故か、オレには付き合っている人が何人もいたこと。噂によると。
実際は電波的な彼女が一人いただけだったのにね。


Q19 貴方は怒せたらどうなりますか?

殴りかかったりはしないが、口で徹底的に叩く。
年上にはやっぱり立場的に云えないところもあるが、
知り合いで、しかも前々からムカついていた人にははっきりと云う。
云い返されても、それに負けない理論がオレにはある。


Q20 貴方の苦手なタイプを教えてください。

DQN。
人の噂話でキャピキャピ云ってる人。
自分勝手な人。
考えなしに行動する人。
バイクに乗って騒音発生させる人。
(あんなのはクラッチ握ってアクセル吹かせるだけで誰でもできる。しかもガソリンの無駄)






ネタがないので、質問シリーズを。

堂本一問一答的な感じで。


ちなみに最近のオレの目標は若さを取り戻すこと。

アクセサリーとかをできる限りつけるようにしようと思う。

学校に行った。

実は昼頃、学校に行ってました。

食堂にいたり、準備室にいたりとまぁふらふらしてました。

教師連中には仕事のことを聞かれたりが多かったです。

明日来たら運動会だったのに、とかも云われましたが、来たら目をえぐると云われてるので無理ですねと答えました。

で、昼休みが終わった頃家に帰りました。

ちなみにバイクで来てたので、帰るとき教室の窓からやたら見られました。

非常に不快でした。

そんなに私のミツバチくんが気になるのでしょうか。
まぁ不快になりつつもちゃっかり知り合いを目撃できたのでよかったです。

で、家に帰ってからは何故かトムとジェリーのDVDを観てました。

果てしなく虚しくなりました。

とりあえず一枚だけは観ましたが二枚目を見るのはいつになるでしょうね。

…さて、今日は飲み会です。実は。

ちょっくら病んできます。

いつもの如く…。

では。

一昨日と昨日と報告と戯言。

おばあちゃんが云っていた。

例え世界を敵に回しても、

守るべきものがある。


久しぶりにまともなことを云ったなぁ。

>天の道を往き、総てを司る男。

でも本名は草壁総司。

どうもkeiです。



一昨日は葵と遊んだ。

葵のお友達一人をアッシー君にして、ジャスコまで行った。

ジャスコではゲーセンにいて、メダルのビンゴゲームやってた。

後はUFOキャッチャーとかしたり、葵の友達はガンコンやら太鼓の達人やらをやってた。

その後はSEGAという別のゲーセンに行った。

このゲーセンでは三国無双のカードゲームが流行っているらしい。

カードを専用の台に置いて、それを動かしながら戦略を考えたりするようだ。

1プレイ300円。高ッ。

ちなみに台は何かの信号でカードを読み取っているらしく、画面には置いたカードが表示されている。

よく判らない世界だ。

ゲーム終了後はカードが出てくるらしい。

まるでムシキングだな。

その台に取り憑かれたようにゲームをしている人がいた。

葵の友達だった。

カードホルダーを異常に持っていた。

一箱40枚だとして、それが少なくとも八箱はあった。

正直引いた。いい歳した大人が…。

隣には学生がいた。

オタクの匂いがした。

っていうかこのゲーセンからはスラム街の匂いがする(スラム街の匂いなど知らんが。

オレと葵はこの三国無双の世界についていけないので、果てしなくつまらない時間を過ごした。

そして、葵の友達にまたアッシー君になってもらい家に帰った。


昨日は会社のイベントでオレは何故かアイスと枝豆を売ってた。

枝豆はほっときゃあいいのだが、アイスはそうもいかない。

お子様たちがわらわらと寄ってくる。

オレはそのお子様たちに、

「(コーン)何色がいい?」

「何杯欲しい?」

とかを聞いて売ってた。

赤字覚悟で。 アイスが高いなんて知らなかった。

そんな感じで、オレは合間合間で売ったり食ったり逃げたりして、9時までやった。

その後はガストに行き、Tとヤツと葵と合流。

1時間ほど雑談して、帰った。

何ともしんどい一日だった。


今日は仕事だったので、特に何もしてない。



<報告>

痴漢男の漫画が更新されていました。

邪気眼などのまとめがありました。



<戯言>

最近は狂ったようにBUMPの曲を聴いています。

特に「車輪の唄」。

素晴らしいですね。これは。

僕の視点でも君の視点でもとにかく寂しいのです。

ずっと頭の中で流れ続けてます。


最近は物語の種がよく思い浮かぶのですが、発芽するまでに至りません。

「僕自身が物だった」というのをテーマになぞらえ様としたのですが、どうにも思い浮かびませんでした。

まぁ、それよりも早めに丘の上シリーズの途中の奴を書き上げたいのですがね。


最近は何でもかんでも「どうでもいい」と思うようになり過ぎてるような気がします。

自分の嫌いな「何でもいい」と同意にならないように気をつけたいと思います。


最近は自分なら絶対やらないと思うことを人にされたらすごく腹が立ちます。

自分の所有物をごちゃごちゃと触られたらイヤになりますよね。

ですのでバイクは絶対に誰にも触らせないようにしようと思います。

信用できる人を除いて。


最近はあらゆる答えを探しているのですが、

その答えは近くにあるようで遠くにあるようです。

あと少しで届くという距離にあるのに、

その答えは伸ばした手のギリギリのところにあって掴むことができないのです。

もどかしい限りです。

優しさは人を惑わすためにあるのでしょうか。



皆は誰かのための特別で在ることができるのに、

僕は何で誰かのための特別で在ることができないんだろう。

蛙を捕まえました。

そして私は蛙に針を刺しました。

針は蛙の腹を貫通し、地面に突き刺さりました。

蛙は手足をピクピクさせています。

私はさらにもう一本針を突き刺しました。

腹に二本の針を刺している蛙はまだピクピクと動いています。

私は次に家からライターを持ってきました。

火が出るかの確認をしましたが、火力は申し分ありません。

早速私は蛙をあぶることにしました。

ですが私もさすがに素手で蛙を触りたくはないので、

腹に突き刺さった針を持ち、蛙を持ち上げました。

そして、ライターに火をつけ、まず足から焼いていきます。

ジリジリジリジリ。

ライターの火力は充分でした。

最初の内は蛙のもつ水分により、焼くことはできませんでしたが、

その水分も次第に蒸発し体さえ簡単に焼くことができました。

黒い煙が蛙から溢れます。

もう死んでいるのでしょうが、私はせっかくとばかりに顔も焼きました。

やはり水分はないのでしょう。

蛙の顔はいとも簡単に炭になりました。

私は蛙の炭になっていない部分を残らずあぶり、

蛙をただの炭のカタマリにしました。

なんて弱い生き物なのでしょう。

ですが焼いたら炭になるのは人間も同じです。

生き物は結局は炭になるべく生まれたのではないでしょうか。

そしていつかはこの地球が炭だらけになって、

黒ずんでボロボロに崩れていくんでしょうね。

あぁ突き刺していた針から蛙がボロっと崩れました。

地球もいつかは…。







地球の環境問題を考えよう。

もう地球は悲鳴をあげているはず。


いつかは皆が蛙になるんだ。

初・バイクでドライブ。

kei「GANTZ終わったよ」(メール)

電話が鳴る。

「ケイちゃん!ケイちゃん!」

kei「ん?どしたん?」

「ケイちゃん!ケイちゃん!」

kei「?……はっ!」

判ったぞ!

kei「加藤!加藤!」

「違うよ!オレは伊藤だよ!」

なんて、やりとりをしててワラタ。

どうもkeiです。



今日はあいにくの雨だったが、途中でやんでくれたので、納車を雨の中行うことはなくなった。

そして、きた。

遂に、きた。

オレの、バイク。


オレは一通りの説明を受け、とりあえずは説明書をパラパラと読んだ。

で、昼ごろ、近くの駐車場で乗ってみた。

クラッチの感覚は忘れてなかったようで、エンストをすることは一度もなかった。

ただ、ニュートラルに入れ難いのが少し気になる。

とりあえず、何回か走った後、ガソリンを入れた。

満タンで1500円くらいだった。

何故かガソリンスタンドの店員が集まって、人のバイクをジロジロと見てくるのが恥ずかしかった。

まだ慣れてないんだから、こけるかもしれないだろ!見るな!

そう思いつつ、オレはガソリンスタンドから早々に立ち去った。


そして、家に戻り、バイク用のテントのようなものの中にバイクを駐車した。


夕方ごろ、太陽が沈み、暑くない時間にドライブをした。

バイクはヘルメットやらエンジンやらでかなり暑い。

まぁ、それも我慢でどうにでもなるだろう。


ドライブの最中、やたらと犬やら猫やらの動物が現れた。

猫は大好きなのでそうは思わないが、犬は轢き殺してしまいたくなる。

何故だ。

きっと理由はあれだな。

近所の(ry

ともかくオレには理性があるので、動物虐待は行わないだろう。

でも普通「轢き殺すぞ!」なんて思わないんだろうな。泣けるぜ。


オレはドライブを終えて、またテントに駐車した。



とりあえず傷だけはつけないものだ、と強く心に念じた。

あと、事故にも遭いたくはない。

まぁ、鍵にお守りがついているから大丈夫だろう。多分。

子供の頃からの夢。



世の中金ですよ。

どうもkeiです。



明日からボクはライダーになれるんです。

やっとです。

やっと、ボクは子供の頃からの夢を実現できるんです。

ボクは子供の頃からずっと、ライダーになることに憧れてたんです。

それが遂に、明日、実現するんです。

今度こそ、地平線に届きそうだという歌を唄ってもおかしくないはずです。

あぁ、長かった。


仕事に行き出して全くといっていいほど使わない給料をやっと卸しました。

1ヶ月に1万すら使わない状態で、そのまま放置している銀行口座は親が家賃を勝手に取ったりするくらいしか卸してません。

給料が振り込まれたときに最初に金を卸すのは親です。

オレは口座を放置です。

酒飲まない、タバコ吸わない、パチンコしない。

一番金を使うのはせいぜい、服か、本か、CDか、お菓子か、アイスかのどれかでしょうね。

他は一切使いません。

きっとボクはいい旦那の見本でしょう。

金を使わないし、あまり外に行かないので家族サービスは十分行えます。

趣味も金を使わないような地味なもんですし。

さぁ、今ならお買い得ですよ。

期間限定サービスです。

ただ、中毒性がございますので、用法容量をお守りください。

自分で云うのもなんですが、こんな地味な男普通いませんよ。

倹約家です。はい。


とりあえず、明日の午前中に納車です。

近くの駐車場で練習して、何とか教習所での勘を取り戻そうと思います。

全くもって楽しみです。

昔のこと。

悲しいんじゃなくて

疲れただけ

休みをください

誰に言うつもりだろう


By

BUMP OF CHICKEN 「ギルド」


どうもkeiです。



色んなことを思い出した。

昔のこと。

思えばオレは昔から色々と溜め込んでは勝手にキレる性格だったらしい。

それはいつの頃からだったろうか。


高校生になって、よく遊ぶ友達ができた。

その友達が増えていき、最終的に仲間ができた。

そして仲間のことをいつしかファミリーだなんて呼んでいた。

オレはそのファミリーの中で主催者という立場にあった。

「次は○○をしよう」

「場所は○○でいい?」

「時間は○○でいい?」

「メンバーは……」

オレはそれらのことをほぼ一人でやっていた。

メールで一斉送信して、一人一人にその日の日程を送っていた。

で、メールを送ってるわけだから当然、返信があり、その返信(大体が質問)にもちゃんと答えてた。


それらを何回かして、やはりオレも一人では負担があると感じ始め、何人かの者に協力を求めた。

「次は何をしたい?」など意見を聞いたり、「メール回して」など少しでも負担を減らした。

だが、中々うまい風にことは進まず、

「何をしたい?」

と聞けば、

「なんでもええ」

「皆に合わせる」

などという答えしか返ってこなかった時もあった。

で、

「○○になった」

と送れば、あからさまに乗り気じゃない返事をしてきたりと、色々多難だった。

他にも、

「土曜日暇?」

と聞けば

「判らん」

とか。

いやいや、判らんはずがない。

聞けば、

「用事が入るかもしれん」

という返事。

今まさに用事を入れようとしているんですが。

もうここら辺ではピキリと何かが蠢いているけど、いつも「どうでもいい」とか云って誤魔化してた。


ファミリーで遊ぶことは、

少なからずのストレスもあったが、

それに負けない楽しみがあった。


だが、6月に主催をもう絶対しないと心に決めたことがあった。

オレはいつも通り、やることやら何やらを事前に決めていた。

だが、場所提供者がいきなり「場所提供無理」と送ってきて、かなり病んだ覚えがある。

病んだのは「場所提供無理」じゃなく、オレが「場所は事前に許可を貰ったが本当に大丈夫だよな?」という確認のメールを送った後だ。

わざわざ、オレが聞いた。

前々から許可は貰ってるのに確認した。

で、無理。

ハァ?

だったら聞かれる前に云えよと。

その場所が使えないことで後々のスケジュールが崩れて崩れて崩れ去った。

オレはその日のためにわざわざ遠いスーパーに行き、わざわざ危険を冒してまでドリンクを買った。

しかしそれは「いらん」の一言で没にされ、用意したオレの苦労は徒労に終わり、

本来やるはずだったことは、いきなりのナイスアイディアによって進路変更された。

そのナイスアイディアは大勢でやるものではなく、少数の者しか楽しめないもので、

そこからファミリーは2分割。

「え?今日一緒に遊びよったよね?」

と疑いたくなるほど酷かった。

温度差が激しく、

楽しい奴らは楽しい。

つまらん奴らはつまらん。

とはっきりしていた。

このイベントを終えた瞬間にオレはもう二度と主催などするかと心に決めた。


そして、それ以降は「○○やったら?」と意見を云うだけの立場になり、

後はもう全部人任せにした。

その人任せにしてからもストレスは溜まる一方だったが。


そういえば、ファミリーは3分割されたこともあった。

AとBとC。

AとBはお互いに牽制しあい、Cはどっちつかず。

オレはCの立場にいた。

そして、オレはAとBの関係修復に尽くした。

関係の修復は意外にすんなりといったが、

オレは正直「何やってるんだろう」と自分に疑問を思った。


高校を卒業してからはファミリーがちゃんと揃うことはなくなってしまったが、

都合のつく数人で遊んだりするようになった。

ここも色々あって、ストレスも溜まったりで色々ムカつくこともあったが、何とか今に至る。


現在では各々の常識の違いに翻弄されつつあり、

久しく我慢していたストレスも溢れ出し、

魔法の言葉「どうでもいい」が効かなくなってしまった。


そんな感じで毎日、情けないままに仕事をこなし生きている。

こんな状態ではあまり人に会いたいと思わないし。

メッキにセメント塗ったくっても誤魔化せないからな。



まぁ、色々思い出して、さらにストレスが溜まりそうで怖い一日だった。

ストレスって積み重なると半端ないな。

とりあえず、爆発しないように頑張ろう。

アリーヴェデルチ!(さよなら)
プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。