スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無痛 感想。



“見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、

「痛み」の感覚をまったく持たない男、

別れた妻を執拗に追い回すストーカー、

殺人容疑のまま施設を脱走した十四歳少女、

そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条―。

神戸市内の閑静な住宅地で、これ以上ありえないほど凄惨な一家四人残虐殺害事件が起こった。

凶器のハンマー他、Sサイズの帽子、LLサイズの靴痕跡など多くの遺留品があるにもかかわらず、捜査本部は具体的な犯人像を絞り込むことができなかった。

そして八カ月後、精神障害児童施設に収容されている十四歳の少女が、あの事件の犯人は自分だと告白した、が…。 ”


以下、反転。

あらすじに惹かれて購入したが、物語と合っていなかった気がする。

だが、グロテスクな表現は何とも生々しかった。

特に生きたまま人間の解剖をする描写などははっきりとイメージすることができた。

グロいのが苦手な人はこの本を読むことはオススメできないな。


主人公は診断能力に優れた医者だが、特殊な能力はそれだけ。

一般的な物語では主人公が異常なまでの活躍を見せるが、今回の主人公は現実的な行動をして、現実的な言動をして、リアリティを損ねないように関わっている。

そのせいかは分からんが、主人公の性格が掴み難い。

「主人公はどんな性格?」と聞かれると、上手く答えることはできない。

妙に皮肉っぽくなったり、寛大な態度を見せたり。

あと、何故か注射器(ビタミン剤)を持ち歩いていたが、医者だからって注射器を常備装備しているものなんだろうか?


犯人は誘拐してきた人間を手術のように解剖していくという仕事っぷりを見せるが、最後だけ妙にトロトロしているように感じた。

最後というのは主人公が犯人によって拘束され、解剖されかけている男の子を助けようとしている所だが、このシーンでは妙に犯人が素直に耳を傾ける。

犯人は先天的な病気で痛みを知らないらしく、そこに付け込んだ主人公が犯人に「メスをコンセントに刺せ」と命令したのだが、普通聞くだろうか?

犯人は幼いころ教師に「あなたは痛みが分からないからどんなことにも注意していかなきゃダメよ」的なことを云われていたのに、そうやすやすと受け入れるものかと疑問に感じた。

ましてや電気だ。

教師が危険なことを教えていないはずがない。

だが、本当に驚くのはこの後で、感電した犯人がまだ生きていること。

いくら無痛だからと云って、内臓まで無痛ではないと思うのだが。


若干、リアリティとズレるところはあった気がするし、もう一人の医者の役割がうまく掴めないところもあったが、読みやすい文章と巧みな表現が素晴らしかった。

評価:3.5





明日から、4時に仕事を上がれる。

今までは4時45分だった。

マジで嬉しい。

職場にも大分慣れたし。


ともかく今は体を休めておこう。
スポンサーサイト

・仕事帰り ・RADWIMPS NEWシングル ・価値観

私はトッペマ、あなたのしもべ

だけど何にも役にはたたない

だって、私はただのマペット



幼いころこの歌が流れた映画をよく観ていた気がします。

知っている人はいるでしょうか。

知らない人は検索でもして、頑張ってください。

どうもkeiです。


・仕事帰り

5時20分。

仕事場から帰っているとき、武を見た。

前は問を見た。

多分、この帰り道は誰かに会うだろうと思っていたが、早くも会うとはね。

(会うと云っても見かけただけだが)

今日見かけた武は入り口でストリートダンサーのような涼しげな服を着て、突っ立っていた。

目が合ったが、まぁどうでもいいか。


・RADWIMPS NEWシングル

「有心論」(ゆうしんろん)

7月26日発売


ドラゴンボールに出てきそうな名前ですね。

ふたりごともまぁまぁよかったので、次のCDも期待しよう。

ちなみにふたりごとは以下で全部聴けます。

リンク


・価値観

恋愛論を語っていたやつが語らなくなった場合、その者には既に彼女がいる。

ってことなので、今のうちに語っておこう(何故


オレの好きなタイプは、

・面白い

・優しい

・話が合う

だったっけ?

まぁこんな感じだろう。

あとね、尽くしてくれる人に弱いらしい。

(なんかの占いによれば)

つまり愛されたいってことかね。

よくわからんが。

オレは誰にも愛されちゃいないからな!!!(泣)


そういえば、職場で結婚する人が2人いると聞いた。

結婚式も挙げるらしい。

結婚式ってめんどいなぁ、って思うオレはダメですか?

ダメですよね…。

たった一日のために何百万も消えるのが、すげぇ勿体ねぇと感じるのはオレだけですか?

女って絶対結婚式挙げたいもんなの?

よくわからんので、機会があれば誰かに聞いてみよう。

いや、結婚式反対してるわけじゃないからな(弁解)

・リンク ・日曜日 ・前髪 ・自己―事故 ・会話

「居ても居なくても一緒」の人間は問題ではなく、

「居ない方がマシ」な人間の方が問題がある。

オレは後者ですが何か?

どうもkeiです。



・リンク

新ジャンル「o(´□`o)ぽんぽん!」

かわいいねぇ。

でも、考えているのは所詮、なんだろうなぁ。

あぁ、ちなみにオレは顔が可愛いとかは云わないが、行動や仕草が可愛いと云ったりはする(聞いてない


-SoaR-

ハンケンパロディとモノクロヨンコマが面白い。

モノクロヨンコマのムゥミンが最高。

久しぶりにイラストサイトで笑った。

大笑いした。


カルチェラタン

葉月ゆらという人の歌系サイト。

ネットで活動して、(確か)メジャーデビューを果たした。

何かアニメっぽいイラストがあるが、アニメ関係ではないらしい。

「はつ恋」とかは一般人でも、気に入ると思う。

ときたま、受け付けない曲もあるが。


・日曜日

日曜日はTが帰ってきたので、遊んでいた。

オレの染めた髪の毛を見たいがためnどうやら荷物を取りに帰ってきたようだ。

しばらく会ってなかったが、以前からの変態っぷりは健在なようで何より。

メールでも「べ、別にアンタのために染めたんじゃないんだからねっ!!」とツンデレ風に送ってやったら何故か照れていた。

…うん、でだ(無理やり)。

その後、オレはTの運転する車に乗り込んだ。

で、スーパーに行って、買い物して、ラーメンを食べた。

ラーメンはオレが奢ってやった。

いつも奢られる側だったが、今度は奢る側になるのだな。

まぁいいか。

で、ラーメンを食べ終わった。

だが、特に行くところもない。

とりあえず夢の下(通称)に行った。

夢の下というのはオレが刀でぶった切っていたビルの下の部分だ。

(まぁ、そのビルの駐車場も夢の下と云っているが)

ここは夏はベストスポットになる。

(割と)涼しい、水は出る、人は少ない。

あと影はあるし、広いし、地面はアスファルトだから座ることもできるし。

ここをファミリーで使うことはもうないんだろうな。

そんな胸中になりながらも夢の下に到着した。

懐かしいな。

オレとTは車から出ず、色んなことを話していた。

で、色々な話の後、Tの妹とその友達をジャスコまで迎えに行った。

どうやら映画を観に行っていたらしい。

アッシー君であるTが送り迎えするのは当然というわけだな。

オレはとりあえず助手席でぼーっとすることにした。

で、5時ごろ。

Tの妹とその友達が車に乗り込んだ。

その二人から何故かデスなんとかっていうポテチみたいなのを貰ったが、異常な辛さだったので投げ返したくなった。

しかしそんなことはできないので、(だがTには食わした)Tの家まで二人を送った。

(まぁ、オレはぼーっとしていただけだが)

家に着き、二人を降ろした後、オレはTからギターを貰った。

理由はなんとなく。

趣味を増やしたくなった。

だが、貰ったギターは音合わせもしなければいけないし、しかも相当古いやつなので、途中で挫折しそうな気がする。

まぁ、それは置いといてだ。

その後はヤツの家に向かった。

Tとヤツの意思疎通がうまくできていないのはまぁいつも通りだが気になるが、とりあえずヤツの家に向かった。

ヤツを車に乗せて、Tの親から頼まれた買い物を済ませるためにスーパーに行く。

ヤツはアイスを二つ買っていた。

で、車に戻り、家に行って、買った物を渡した後、ヤツを送り届けることになった。

ヤツが合流して、少ししか経ってないが仕方ない。

だって、6時半だし。

(Tは7時過ぎには家に帰らないといけない)

ヤツの家まで車を走らせ、家の前で停車した。

ヤツは一回、家に戻り、テンショウがオレに買ってくれた誕生日プレゼントを持ってきた。

腕輪(ベルト?)だった。

早速付けてみて、「おー」とか云っていたが、途中から外せないことに気付いた。

kei「呪われとるッ!

そんな感じで、焦りつつも2、3分格闘して、やっと外し方が分かった。

少しびびったがありがたく頂くとしよう。

ありがとうテンショウ。

見てないと思うけど。

で、しばらく雑談した後、解散した。


・前髪

人に見られるのがイヤ+目を合わせるのが苦手なので、前髪を伸ばした。

だが、髪の毛上部が短いので、隠れるには程遠い。

(前髪部分だけなら鼻頭についているが)

そんな感じで、少しうっとおしくなってきたので、家に居るときはピン留めをして前髪を分けている。

切るという考えは(面倒なので)毛頭ない。

まぁ、さすがにボサボサになる前には切るが。


夏は暑いだろうが、髪の毛をもっと伸ばしたい。

地味にロンゲ気味な髪にしたい。

後ろ髪は結べるくらい欲しいね。

あと二ヶ月くらいかかりそうだが。

ちなみにピンは昔、Yから貰ったものだ。


・自己―事故

ブログにタイトルなしの意味不明な文章がUPされている場合は以下の事柄のときだ。

1、オレが精神的にヤバい。誰か助けて。HELP。メールでもなんでもいいから連絡くれ。

2、頭に思い浮かんだ言葉を書いているだけ。

3、物語のメモ。又は伏線。

大半は1が多いが、昨日は2だった。

(まぁ、1になりつつもあったが)

どうやら、目を合わせようとしない話し方をしている場合は1になりかけらしい。

だが、昨日の「死ねるのかな」的な記事を書いた次の日(つまり今日)、本当に死に掛けたので少しびびった。

死に掛けたって云っても事故りかけただけだが。

本当に「あ、オレ死ぬかも」って思ったね。

真後ろからいきなり車が現れたし。

しかも、まだ保険に入ってないから(契約はしてるが、まだやることがある)医療費もバカにならんし。

有給も少ないから、しばらくタダ働きになるだろうね。

っていうか最悪クビ。

まぁ、そんな最悪の事態は免れたので、よかったが。

オレはまだ生きていたいんだ。


・会話

上司1「オレ、kei君と二人で仕事しよっても絶対怒れんわぁ」

上司2「息子みたいで?」

kei「ハハハー」


kei「上司3さんは休みの日なにしてるんですか?」

上司3「パチンコ、女遊び、酒」

kei「ハハハ、一体どれが本当なんですか?」

上司3「ゴルフじゃゴルフ」

kei「上司4さんは何をしてるんですか?」

上司4「日曜日は大体息子のソフトボールに付き合いよるね」

kei「おぉ。何歳ですか?」

上司4「小4」

kei「上司4さんは野球できるんですか?」

上司4「○高野球部のOBじゃけんね」

kei「なるほど」


kei「働いて金使わずに貯めていきよるけど、このまま貯めてオレは何をしたいんだろう。働いても使わんかったら意味ないよな」

T「それって30とか40歳の人が云うことじゃないか?」


T「楽しみってあるん?」

kei「ないね」


T「休みの日なにしよん?」

kei「本読むか、映画見よる。しかないもんやること」


じじくさー!!!

虚言癖型妄想依存症候群 考察。

Kiss me Angel Falling Angel!!

末期ですか?

どうもkeiです。

(ちなみにJanne Da ArcのKiss Meという曲)


今回は以前書いた「虚言癖型妄想依存症候群」の考察をしようと思う。

といってもこんな推理もできるんじゃね?って感じにしていくつもりだが。


ではまず、テープレコーダーを整理してみる。

必要なとこだけを抜き出してみよう。



テープレコーダー①

○加害者○

・優しい性格

・精神の病を患っている

・アリを殺すことさえできない。

・喉元に包丁を刺し続けたのは正気じゃないから。

・仲のよい友達がいる。


テープレコーダー②

○被害者○

・優秀な子供。

・友達も多く、トラブルも起こしたことがない。

・加害者は被害者に惚れていたのではないか。


テープレコーダー③

○加害者○

・目立たない普通の生徒。

・アリの巣に水を入れていた。

・病気なのかどうかは不明だが、何を考えているのかは分からなかった。

・友達はいなかった。

○被害者○

・問題児。

・友達もバカばっかり。

・髪の毛を染めていた。

・加害者をカツアゲしていたのかも。

・親切な人間とは思えなかった。


テープレコーダー④

○加害者○

・動物好き?で本をよく読んでいた。

・優しい性格。

・熱もないのに保健室に行く。

・数名と話しているところを目撃。

○被害者○

・綺麗な人。

・髪の毛は染めていたが、スタイルもよく、皆に人気があった。

・授業は休まずに出ていた。

・テストを見て驚かれていた。

・加害者と話したことがある。

・誰にでも声をかける人。


テープレコーダー⑤

探求者(警察等)の会話なので情報なし。



こんな感じだろうか。

では、次にぶっちゃけの初期設定を公表しておこう。

大まかに頭の中で考えていたのは以下の通りだ。


→加害者が被害者と仲良くなる。

→被害者のことが好きになる。

→告白する。

→振られる。酷いことを云われる。裏切られる。

→持病の精神的な病気を発病。

→被害者を殺す。


まぁ、大雑把な設定だがこれが原型。

しかし、答えが必ずしもそうであるとは限らない。

事実、証言は全部ほのめかす程度でどれも断言できるものがない。

証言で唯一の揺るぎない真実は加害者と被害者がいること。

ただ、それだけ。

さて、後はどんなシナリオが組み込めるか書いていってみるか。


<テープレコーダー①>

→優しい性格の加害者。

→被害者と加害者が何らかのキッカケで仲良くなる。

→被害者が心無いことを云い、加害者の精神の病の引き金を引いた。

→被害者を刺殺する。


<テープレコーダー①+@>

→優しい性格の加害者。

→被害者と加害者が何らかのキッカケで仲良くなる。

→加害者が病気を発病した際、たまたま近くにいたのが被害者で、殺してしまった。


<テープレコーダー②>

→優秀な成績の被害者。

→被害者は友達も多く、問題も起こしたことがなかった。

→被害者は加害者に告白され、それを断る。

→加害者は精神の病を引き起こし、被害者を刺殺した。


<テープレコーダー②+@>

→優秀な成績の被害者。

→被害者は友達も多く、問題も起こしたことがなかった。

→被害者は加害者に告白され、それを断る。

→その返事を認めることができない加害者がカッとなり、被害者を刺殺する。

→しかし、その罪を精神の病で逃れようとしている。


<テープレコーダー③>

→カツアゲやらの問題行動をよくしていた被害者。

→見た感じでもおとなしい加害者を見つけ、カモにする。

→カモにされた加害者が精神の病を発病し、被害者を刺殺する。


<テープレコーダー③+@>

→カツアゲやらの問題行動をよくしていた被害者。

→見た感じでもおとなしい加害者を見つけ、カモにする。

→カモにされた加害者がキレて、被害者を刺殺する。

→しかし、その罪を精神の病で逃れようとしている。


<テープレコーダー④>

→友達の少ない加害者を見て、被害者が声をかけた。

→加害者は被害者に惚れ、告白するが断られる。

→精神の病を引き起こし、被害者を刺殺する。



こんなところか。

後はどの証言を信じるかによって、またシナリオも変わってくるだろう。

少し分かり難いかもしれないが、一応書いてみよう。

同じようなシナリオも出てくるだろうが。


<①+②>

→被害者と加害者は仲がよかった。

→加害者が被害者に惚れる。

→告白するが断られる。

→精神の病を発病し、被害者を刺殺する。
→返事を認めることができず、被害者を刺殺する。


<①+③>

→仲のよい友達とは被害者のことではない。

→おとなしい性格の加害者は素行の悪い被害者に狙われた。

→カモられた加害者(最初は被害者)が被害者(最初は加害者)に襲われた際、精神の病を発病。
→カモられた加害者(最初は被害者)が被害者(最初は加害者)を返り討ち(正当防衛)にした。

→被害者を刺殺する。


<①+④>

→被害者が加害者に話しかけた。

→加害者は被害者と仲良くなったと思い込んだ。

→親に仲のよい友達ができたと発言。

→それが恋心に発展し、被害者にその想いを伝えるが振られる。

→その際に精神の病を発病し、被害者を刺殺してしまう。
→その返事を認めることができず、被害者を刺殺してしまう。


<②+③>

→何を考えているのか分からない節がある加害者。

→優秀な被害者が気に触ったのか、被害者を襲った。
→素行の悪い被害者が気に触ったのか、被害者を襲った。
→たまたま近くにいた被害者の前で病気を発病した。

→被害者を刺殺する。


→目立たない普通の生徒の加害者。

→加害者は不良の被害者にカモにされる。

→その際に病気を発病する。
→絶えられなくなり、キレた。

→被害者を刺殺する。


→罪を精神の病気で逃れようとしている。


<②+④>

→被害者が加害者に話しかけた。

→加害者は被害者と仲良くなった。

→親に仲のよい友達ができたと発言。

→それが恋心に発展し、被害者にその想いを伝えるが振られる。

→その際に精神の病を発病し、被害者を刺殺してしまう。
→その返事を認めることができず、被害者を刺殺してしまう。


→皆に驚かれるほど悪い点数を取っていた被害者。

→外面だけはよく、悪い噂は全くないが、実は加害者をカツアゲしていた。

→その際に病気を発病する。
→絶えられなくなり、キレた。

→被害者を刺殺する。


→罪を精神の病気で逃れようとしている。



やっぱりややこしくなったな。

多分、どっかで矛盾も出ているだろうけど、気にしない。

そして指摘するな!


そうそう、

・仲のよい友達ができた。

・皆が驚くほどの点数を取っていた。

などは色んな意味で捉えることができる。

さらに、

・髪の毛を染めてた。

・優しい性格だった。

など、同じ証言もあり、そこがシナリオをややこしくしている。

髪の毛を染めてるからって、「悪」とは限らないし、優しい性格だからって「誰に対しても」優しいとは限らない。

今回はそこら辺を断言せずに敢えて、どんな表現にもなる言葉を選んで物語を作った。

どんなオチを考えるかは人それぞれだが、この記事で明記したシナリオ以外に何か思いついた人がいたら、教えてほしい。

まぁ、⑤の会話を信じて証言を「全部嘘」にして、全く別のシナリオにするのも一興だと思うが。



さて、考察はこんなところだろうか。

自分の物語を考察するなど滅多にないが、今回みたいなどんな表現でも取れる言葉での物語ならこういうのもいいかもしれない。

ひぐらしの鬼隠し編もこんな感じだったしな。


さぁ、次はどんな物語を紡ごう。

歓迎会。

虹色のひまわりを探す旅に出ます(逝)

どうもkeiです。



昨日は歓迎会だった。

場所はどっかの居酒屋?で7時から。

行きは親に乗せていってもらった。


時間になり、司会の進行のもと、オレが全員の前で適当に挨拶した。

挨拶を終え、適当にメシぱくぱく食ってると、指導員が来て、皆のコップにビールを告げにいけと命令。

まぁ、当然だよな、と思いつつビールを注いでいると、何故か注ぎ返しというものをされ、オレもビールを飲まされた。

3杯は(軽く)飲んだね。

一気で。

不味いったらありゃしねぇ。

上司(初対面)「お前酒飲めるん?」

kei「ほとんど飲んだことないです」

上司「ほとんどってことは飲んだことはあるんだろ?」

kei「ビールは初めてです」

上司「またまたそういうこと云って、本当はかなり飲めるんだろ?」

kei「初めてですって」

初めてだよ、ちゃんと飲んだのは。

もうね、お腹タプタプだよ。

でもね、全然酔ったっていう感じはないんだよなこれが。

で、まぁ、注ぎ終わった後はもう飲みたくなかったので「もう酔ってきましたよー無理無理ー」みたいな演技を始めた。

「もう無理ですもう無理です」(余裕なのに)とか云いまくったり、「お茶ください」(お茶嫌いなのに)とか云ってみたり。

まぁ、「名前覚えとるか」のテストで課長の名前を間違えたのは素だったりするわけだが。

査定に響く。


適当に色んな人と話してると、時間はいつの間にか9時になった。

予定では9時でお開きのはずだが、それで終わるはずもなく2次会を始めるとのこと。

場所を聞くとスナック。

kei「(うわ………)」

リアルの人はオレがやんだ時に浮かべる顔を想像してもらえたら、すごくわかりやすいと思う。

うん、かなりやんだね。

聞いた瞬間酔ってるフリを突き通すことを決めたね。

オレ、女にヘラヘラして金を渡す大人にはなりたくないんだ。


徒歩5分で、上司行き着けの店に着いた。

店に入り、エレベーターで上に上がる。

エレベーターから出て、横を見ると、いわゆるママがいた。

着物着てるし。

その横にはNo2みたいなのがいた。

っていうか上司とママが会った早々、ハグしていたので、オレはドン引きした。

…腐ってるよ。


部屋に案内されると、バーみたいな感じだった。

地味にサイバーダム(カラオケ)まで置いてあるので、歌わされそうな気がする。

で、適当に席に座ると、隣に女が着た。

オレ、さらにドン引き。話す気ゼロ。

何か適当に話してきたけど、愛想(引き)笑いで返した。

ちなみに上司は4、5人で、女も同じくらいいた。


他のお客が来て、オレの隣の女がどっか行った。

かなり嬉しかった。

だが、オレが少し席を外した瞬間、オレの席はまた別の女に取られていた。

已む無く他の席に座ると、No2みたいなのが横にいた。

正直泣きたくなった。

しかもNo2はオレと必死こいて話そうとしてくる。

オレは話す気などさらさらないので、対応に困る話し方をすることに決めた。


No2「趣味は?」

kei「読書」

No2「あーあたしも趣味読書なんよ。家に図書室あるんよ」

kei「おぉー(ふーん。で?)


No2「何の本読むん?」

kei「なんでも読みます」


No2「かわいい顔しとるねぇ」

kei「ハハハ…」

頭を撫でて来るNo2。

kei「(うぜぇ…)」

あぁ…女を殴りたいと思ったのは生まれて初めてだ……。


No2「歌う?」

kei「歌いません」


No2「この子は純粋じゃねぇ」

kei「(あなたは穢れてますよね)」

上司1「オレも純粋じゃって」

No2「○○(上司1の名前)は違うよー」


No2「心を開いたらもっと話してくれるようになるよ。緊張しとんよ」

kei「(うわ、当てられた…)」

No2「年齢も離れとるし、話し難いところもあるんよ」

上司2「ふーん」


こんな感じだったな。

何か無駄に「頑張るための方法」的なアドバイスされたけどとりあえず無視した。

最後のほう、オレ全然喋ってないし。


11時半になり、居残り組みと帰宅組が別れることになった。

オレは当然、帰宅組みに手を挙げた。

で、会計を見ていたが、なんか一人五千円払ってる。

え?あれで?

適当に話して、適当に歌って、適当な酒とお菓子(味のないポテチは最高だったよ)を出しただけで?

ありえねぇ。

金の使い方間違ってるよ。

大人は皆腐ってるよ!!

オレ、これだけは慣れたくない。

マジで。

ちなみに金は(最初っから出す気はなかったが)上司が出してくれた。


2次会は苦痛でしょうがなかった。

まぁ、酔って気分悪いフリしてたので、オレが一人やんでた時は妥協されてたと思うが。

水持ってこさしたし。

もう二度と行きたくない。

何がパラダイス(極楽)だ。

むしろアビス(奈落)だ。

家に帰った後に、何かにしがみ付きたくなったのは生まれて初めてだよ畜生。

何、この穢された感。

心に傷ができた瞬間だな。


もっとノーマルなところに連れてってほしかった。

上司曰く、洗礼だってさ。

ったく、ふざけんなっつーの。

この2次会のせいで、初めて「会社辞めたい」と思った。

かなり疲れた一日だった。

次の日も仕事だったのにね。


夜の街なんかもう行きたくねぇ…。

ちなみに帰りはタクシーに乗って帰った。

上司持ちで。

メガネと謎の数式。

厄年でさらに厄日だー。

どうもkeiです。



伊達メガネを買いました。

これでオレもメガドルですね。

…一応云っておきますが、賢くみられたいからじゃないですよ。

仕事で使うんです。

知的な雰囲気を装ったオレが熱心に仕事をする様はとても絵になるでしょうね(死)

最近一日のサイクルがとても早く感じます。


帰り道に謎の数式を見つけた。

※お食事中・前の方は注意。



















つれてかえって うんちくん

みんなが持ち帰れば気持ちのいいまち

うんち + うんち = 2
0   + 0   = 0



ごめん。意味分かんない。

なんでうんち+うんち=2なの?

オレ的にうんち+うんち=うんち2乗にしてくれたほうが(ry

あと、なぜうんちにくんをつける。

うんちくんってこっちにケツ向けてる犬の名前か?

そんなわけないよな?

そんないじめみたいなことするわけないよな。

自分の犬がうんちなんて名前だったら家族の人泣くぞ?

「ほら!うんち!おいで!」

「わんわん!」

「よしよし、こら!うんち!くすぐったいってば!」

「ペロペロ」(既に鳴き声ですらない)

「うんち!お手!」

…んー、地獄絵図だな。ある意味。

ってことで、犬の名前ではない。

ってことは……ってことは………?

このポスターの製作者はうんちにくんをつけて敬意を表しているのか?

ありえねぇ。

そうじゃなかったとしても、このポスターを作った時点でありえねぇ。


よし、一応例のあの人にもメールを送ってみよう。

有名なサイトさんの管理人だから、何かネタにしてくれるだろう。

ダメ元で送ってみよう。

異常。以上。

首輪

僕に首輪をつけられる奴はこの世にいない。

僕は誰のものにもならない。

束縛なんかしても無駄さ。

僕を縛りたいのなら、二度と離さないくらいの気持ちじゃないとね。

そう。

一度握り締めたら、

一度抱き締めたら、

二度と離しちゃ駄目なんだよ。

そうしたら、僕は君の元から消えやしない。

ずっとずっと愛してあげる。

腐敗していくほどに。



っていうのが思い浮かんだけど、よく分からないのでボツにした。

けど敢えて載せてみる。

この物語に関して思うことは特にない。

まぁ、強いて云えば、抱き締めて消えそうだと思ってたのは抱き締めた相手じゃなくオレ自身なのかもしれないってことだろうか。

オレの灯火は小さそうだ。

飲み会。

昨日は歓迎会とは別の飲み会だった。

親の車で焼肉屋に行き、適当に座る。

そして、オレはコーラを飲んだ。

酒を無理に勧められなかったので、それに便乗しよう。

無理に酒を飲ませる時代はもう終わったようだな。

飲まない人は全く飲まないらしいし。


オレは肉を適当に焼き始め、ある程度は話しつつ、とりあえずは閉店時間間際までいた。

迷惑な客だ。

まぁ話すネタもないから最後の方は聞くのに徹してたけど。


その後、ラーメン屋に行くことになり、歩いてラーメン屋に向かった。

歩いている最中、25歳くらいの人が先輩としてのアドバイスみたいなのを云っていたのでちゃんと聞いておいた。

確か、

・質問することは大切。

・この人は信頼できるって人を見つけろ。

・我を出せ。

とか云ってた気がする。

オレが我を出したら、印象ガラっと変わりそうだけどな。


ラーメン屋に到着し、ラーメンを食べる。

だが、目の前にはラーメンだけでなく、少量のビールも何故か。

少し飲んでみろとのことらしい。

本当に少しだけ飲んだが、なんて苦さだ。

これが美味いと思うのは何ヶ月先になるのだろう。

やばいな。

飲み会とか死ぬぞ?

っていうかここのラーメン不味ッ。

その後は11時半くらいまでそこにいた。


店の外で、迎えを待った。

オレは25歳くらいの人の迎え(彼女)の車に乗って帰らしてくれるらしい。

ありがたく便乗し、車に乗った。

で、一緒に乗った上司の一人を降ろして、次は25歳くらいの人の兄とその友達を迎えにいった。

なんと双子らしい。


数分後、兄とその友達を拾った。

本当にそっくりだった。

メガネをかけているので、なんとか見分けがつくが、メガネを外して服を変えると多分分からないだろうな。

オレは挨拶もそこそこにその場の流れに身を任せた。

またラーメン屋に行くらしい。

オレはもう何も食えそうにないが。


ラーメン屋に行き、オレはまたコーラを頼んだ。

他はチャーハンやらラーメンやらを頼んだ。

オレは数分後に出てきたチャーハンを少しだけ食べたが、すぐに友達のほうにパスした。

正直、これ以上食ったらリバースするね。


オレはもの凄く眠たかったが、会話はなんとかこなした。

25歳兄「タバコすん?」

kei「しません」

友達「酒飲めんのん?」

kei「ほとんど飲んだことがないんです(ビールは)」

25歳兄「パチンコは?」

kei「いや、全く」

25歳弟「真面目だろぉ」

25歳兄「どうやってストレス解消すん?」

25歳弟「読書よ読書」

kei「いや、読書は違いますよ」

25歳兄「真っ白じゃね」

25歳弟「これからどんどん汚れていくよ」

kei「えぇー」

オレのストレス解消法は信頼できる誰かと話すことかな。


その後、12時半までいて、帰ることになった。

友達のほうを先に降ろし、オレは近くの駐車場で降ろしてもらった。

で、家に帰って、速攻で寝た。

すごく疲れた。

一日でコーラ5杯はキツい。



今日は9時半に起きた。

一回、7時半に起きたが、二度寝した。

明日、仕事っていうのが信じられない。

誰かオレを癒してよ つД`)゜

だが、それよりも今日仕事が入ってる25歳弟の人の体力には驚きだ。

オレにはそんな体力ないね。

虚言癖型妄想依存症候群

■ テープレコーダーに記録された会話①


「私の息子はとても優しい性格の持ち主です。

外にいるアリ一匹殺すのにさえ、躊躇ってしまうような子供です。

そんな息子がどうやって、正常な心で人を殺すことができましょう?

私の息子は病気なんです。

加害者は息子ではありません。

加害者は病気です。

被害者の方には申し訳なく感じておりますが、病気に苦しみ続けてきた私も息子も、被害者なのです。

どうか、私たちを責めないで下さい。

勝手な言い分だというのは分かっています。

しかし、私たちはただ平穏な生活をすることを望んでいただけなのです。

私たちはそれ以外に何も望んでいません。

ただ、普通に生きていけたらよかったのです。

なのに、何故こんなことになってしまうのでしょう?

息子が人を殺すなど、誰が想像できますか?

アリを殺すこともできない子供に、どうやって人が殺せますか?

虫を殺すことができない子供に、どうやって人が殺せますか?

どうやって喉元に包丁を刺し続けることができますか?

何度も言いますが、息子は病気です。

精神の病気なのです。

正気を失うと、自分をコントロールすることができないのです。

だから、息子は自分から………自分から望んで人を殺したわけではありません。

むしろ………むしろ、息子は被害者の方と仲良くなりたかったのだと思います。

息子からよく話は聞いていました。

仲のいい友達ができた、と。

もしかしたら、あの日、被害者の方とのいざこざがあったのかもしれません。

被害者の方が息子に何か傷つくことを言ったのかもしれません。

私には息子の気持ちが分かります。

病気に苛まれ続け、ろくに幸せも感じることができなかった今まで。

その今までを否定され、誰が正常でいられましょう?

少しの幸せしか噛み締めたことのない息子が、どうやって正常でいられましょう?

お願いします。

私はどうなっても構いません。

お願いですから、息子は、息子だけは助けて下さい。

息子のためならば、この残り少ない命、喜んで差し出してみせます。

…あと、最後になりますが、被害者の方には、お悔やみ申し上げます」



■ テープレコーダーに記録された会話②


「私の娘は優秀という文字を絵にしたようなそんな娘でした。

成績もトップで、友達も多く、特にトラブルを起こすことなく、今までを無事に生きてきました。

それが一人の、頭のおかしな男のせいで、私の娘はその尊い命を失いました。

誰が許せるでしょう?

たった一人の娘を殺されて、誰が『はいそうですか』と許せるでしょう?

自分の娘を殺されたと知って、誰がその者を憎まずにいられるでしょう?

病気がなんですか。

そんなことは知ったことじゃありません。

病気だろうがなんだろうが、殺ったのは加害者です。

加害者がどんな寄生虫に寄生されていようが、殺ったのは加害者本人なのです。

正気を失おうが失ってなかろうが、私の娘が死んでしまったことには変わりありません。

それに加害者は正気だろうがそうでなかろうが、きっとうちの娘を殺していたでしょう。

喉元を包丁でめった刺しにして、殺すでしょう。

うちの娘が加害者とどんな関係があるのかは知りません。

加害者がうちの娘に好意的な思いを寄せていたのかもしれません。

ですが、もううちの娘は帰ってくることはないのです。

あの日、何があったかを教えてもらうことはできないのです。

頭のおかしな男にあの日、何があったかを聞いても、狂言めいたことしか喋らないでしょう。

いや、むしろ、加害者はうちの娘だなどと言いかねない。

……私は許せません。

加害者が今ものうのうと生きていることが許せません。

それに病気を言い訳に、罪を逃れようとしているのも許せません。

…もし、私がここで、加害者を殺しても、娘を失ったショックで精神が壊れていたということになり、私は無罪になるのでしょうか?

それが可能ならば、私は加害者の喉元をめった刺しにします」



■ テープレコーダーに記録された会話③


Q「加害者について教えてください」

A「えーと、特に目立たない普通の生徒だったかな。

クラスでも何人かいる地味な奴」


Q「性格は優しい性格でしたか?」

A「さぁ。あんまり話したことないし。

あーでも、アリの巣に水入れてたのは見たな。

でもそれくらい誰でもやったことあるでしょ」


Q「加害者は精神の病気だということを知っていますか?」

A「え?何それ。

おとなしくて、何考えてるのか分からないってとこ以外は普通だったと思うけど」


Q「加害者に友達はいましたか?」

A「誰かと話してるとこなんかあんまり見たことないからいないんじゃない?」



Q「被害者について教えてください」

A「あーあいつかー。あいつは問題児だったよ。

クラスでも何人かいるでしょ?

問題起こして、謹慎になったりする奴。

まぁ、あいつは謹慎になる前に何とか回避してたみたいだから、親にバレることはなかったみたいだけど」


Q「被害者は優秀な成績でしたか?」

A「問題児が優秀だと思う?

あいつの友達は揃って問題児だからバカばっかりだし、いい成績を修められたとは思えないな。

髪の毛も染めてたし」


Q「被害者と加害者が話しているところを見たことがありますか?」

A「さぁ、そこまではちょっと。

でもあいつはカツアゲもしてたって噂だし、もしかしたらカツアゲされてたのかも」


Q「加害者はよい人間ではなかったのですね?」

A「何がよい人間かは分からないけど、親切な人間とは思えなかったね」


Q「この会話は記録されていますが、発言に嘘偽りはありませんか?」

A「多分ね。信じるのは人それぞれでしょ」



テープレコーダーに記録された会話④


Q「加害者について教えてください」

A「えぇと、飼育係りとかを進んでやる、動物好き?の人でした。

あとよく教室で本を読んでいました」


Q「性格は優しい性格でしたか?」

A「あまり話したことはありませんが、動物の世話をしていたし、優しい性格なんだと思います」


Q「加害者は精神の病気だということを知っていますか?」

A「え?そうなんですか?

…そういえばよく学校を休んでました。

あ、あと熱もないのに、保健室に行くので先生が怒ってると聞いたことがあります」


Q「加害者に友達はいましたか?」

A「数名とはたまに話しているみたいでしたが、友達かどうかは分かりません」



Q「被害者について教えてください」

A「綺麗な人でした。

髪は染めてたけど、サラサラで、それにスタイルも良くて、皆にも人気がある人でした」


Q「被害者は優秀な成績でしたか?」

A「授業は休まずに出てましたし、成績はそこそこよかったと思います。

詳しくは分かりませんが、確かあの人のテストを見て皆が驚いていたのを見たことがあります」


Q「被害者と加害者が話しているところを見たことがありますか?」

A「何回か話してるのを見ましたよ。

『美人なあの人が何故あいつに?』って感じで皆不思議がっていましたから」


Q「被害者はよい人間でしたか?」

A「何がよい人間に分類されるのかは分かりませんが、私の目からはよい方に分類されると思います。

美人だし、友達も多かったし。

それに誰にでもよく声をかけてましたしね」


Q「この会話は記録されていますが、発言に嘘偽りはありませんか?」

A「私自身の考えではないと思います」



■ テープレコーダーに記録された会話⑤


「一体、どれを信じればいいんでしょうね」

「どれも妄想だったりしてな」







どれが嘘でどれが本当かは好きなだけ考えて下さい。

ちなみに答えはありますが、知りたい人はいないでしょうね。

その答えも妄想に過ぎませんから。

それぞれの解釈で答えを導きだして下さい。

ドコモショップにて。

午前中、親とドコモショップに行った。

しかも今日オープンの店。

店に入ると、ドコモガールから引換券(クレープかたこ焼きを貰える)と名刺を貰った。

名刺の裏には抽選番号が書かれてあった。

来週の土曜日に発表があるらしい。

(貰えるものはドコモダケのようだが)

オレはカウンターに座り、メニューが開かないという旨を告げた。

しかし、それはただメニューの切り替えを押せば直るとのことだったので、修理するまでもなかった。

多少の恥を感じつつも、次の用件に移る。

次の用件とは母の携帯の機種変更だ。

母と父が店員と喋ってる間、オレは店内を観察した。

観察してオレはある店員に目がいった。

その店員は、確か同じ高校の女(イレギュラー)。

マジかよ、髪を染めたその日に会うなんて。

最悪だ。

向こうは既にオレの存在を見つけているはずだ。

なんせ客だしな。

オレはその女のほうに顔を向けないようにずっとテレビを見ていた。

30分後、ようやく機種変更が終わり、店に出た。

店に出て、オレはクレープをもらった。

母は父の分の券を預かり、たこ焼き屋でたこ焼きが出来上がるのを待っていた。

オレは車に戻り、車内でクレープを食った。

食べ終わり、まだたこ焼きを待っている母の側に行くと、たこ焼きはまだできていないようだ。

そりゃあそうだろうな。

なんせ、作ってる人がおばさんと小学生の女の子。

んー、役不足だ。

オレは待ってる間、駐車場を見回した。

駐車場には何かがいた。



あの着ぐるみでいいから欲しいな。

中の人は大変そうだ。

いや、中の人はいないのかもしれないぞ。

だって、ディ○ニーの着ぐるみに人は入ってないしね。

まぁ、ともかくお仕事頑張って下さいな。

オレは心の中で青いのに激励して、車に戻った。

たこ焼きもできていた。

車に乗って、ドコモショップを見ると、なんと隣にはauショップがあった。



ドコモショップのせい(?)で、客が一人もいないauショップ。

ドコモめ、これが狙いか?

きっとauを潰す気だな。

まぁ、どうでもいいけど。

その後、色々寄り道をして、家に帰った。

たこ焼きは不味かった。



そうそう、話は変わるが、チロルチョコの新しい味があるらしい。

それはなんと………

チロルチョコカキ氷味

実に興味深い。

きなこもち味は美味しかったが、これはどうだろうか。

多分、ジャスコの駄菓子屋にはあると思うので、いつか買ってみよう。

髪の毛を染めた&観たい映画。

A「kei君。柳生十兵衛って分かる?」

kei「…歴史上のですか?」

A「……………」

B「十兵衛で焼肉食べよや」

kei「(焼肉屋かよ!!)」

A「……………」

kei「…………あ、はい」

セーフセーフ!!!

Aはきっと柳生じゃなくて焼肉って云ってたんだろうな。

…耳鼻科に行くべきか?

どうもkeiです。


髪の毛を予定通り染めた。

理由は何となく。

似合ってるのかどうかは分からん。

オレ的に違和感があるが、まぁ気にしない。

にしても髪質が悪くなった。

ゴワゴワする。

リンスをしていったら治るらしいが、大丈夫だろうか。

とっとと治したい。


以下、観たい映画の紹介。


ダ・ヴィンチ・コード

最近、メディアでよく取り上げられている作品ですね。
原作を見たことがありませんが、そんなにも面白いのなら観てみたいですね。
放映日:5月20日


DEATH NOTE

原作と多少違うストーリーで、どれほどの歪みが生じるのかは知りませんが非常に楽しみですね。
あーそうそう、映画の夜神月は涙を流すそうですよ。
誰か一緒に観に行かない?
放映日:6月17日


TRICK劇場版2

お待ちかね、TRICKの劇場版です。
ムービーを見る限り、普通のドラマと変わらないような雰囲気がありますが、「過去最強」らしいので少し楽しみですね。
放映日:6月10日


ブレイブストーリー

昔も少し書きましたが、もうそろそろ放映日が近いです。
剣と魔法の王道ファンタジーも少しは興味があるんですが、多分観に行くことはないでしょうね。
にしても声優が芸能人ばかりなのは何故でしょう?
放映日:7月8日


そういえば、今日は雨が降ったり止んだり忙しい天気だった。

霊峰ガガゼト山も霧かかってたし。



オレの地域では目の前に山があるのは普通だけど、他の地域の人は物凄い違和感があるんだろうなぁ。


携帯が壊れたっぽい。

メニュー画面が開かない。

明日修理に出そうと思う。


なんかさ、髪の毛染めた後って外出るのイヤだな(苦笑)

ハリーポッターと謎のプリンス購入。

昔、女の子に「オコリザルめ!」と(ふざけながら)云ったことがありますが、僕はこれでもキングオブチキンです。

さすがにゴーリキーとか云うのはまずかったでしょうね。

どうもkeiです。


職場の汚さに絶望した。

前も掃除機をかけたのに、たったの二日で汚れが溜まってる。

しかも今日はお客さんが来るらしい。

オレは勧んで掃除を始めた。

1時間半くらいかけて、丁寧にやった。

靴箱を動かすとホコリのカタマリが見えたり、床の汚れの酷さにやる気を削がれつつとりあえずは一人大掃除を終えた。

仕事で一番、汗をかくのが掃除だな。


オレのノートを見て、上司1が云った。

「キレイな字やね。丁寧に書くね」

オレのノートを見て、上司2が云った。

「すごいなぁ。こんなにも書いて」

オレのノートを見て、上司3が云った。

「小さい字やのぉ。しかも薄いし」

(ちなみにノートの中身は色々なマニュアルなどを書き写したもの)

二週間くらい経って、もうノートが半分なくなった。

ちょいちょい休み休みやってるが、他のことをしたいな。


帰りしTSUTAYAに寄って、ハリーポッターの新刊を買った。

勿論、あの店員の前に行き、一万円札を渡した。

しかし、あの店員は空気が読めてないのかレベルが上がったのか、何もミスすることなくオレにおつりを渡した。

つまらなかった。

とりあえず、風呂に入ったら、読みふけろうと思う。

『無痛』途中になるけど。


金曜日辺り、髪の毛染めてみようかなー。

変だったら日曜日に戻せばいいしな。

覚えてたらやってみよう。

つまんねぇ奴。

KAT-TUNのアルバムの中に怪音(赤ちゃんの泣き声)が入った曲がありました。

…KAT-TUNのアルバムはかなりオススメですね!

いろんな意味で。

どうもkeiです。


仕事場で話した会話でオレはつまんねぇ奴だと思った。

上司A「酒飲むん?」

kei「飲みません」

上司A「タバコ吸うん?」

kei「吸いません」

上司A「パチンコすん?」

kei「しません」

上司A「車買った?」

kei「買ってません」

上司A「休みの日なんしよん?」

kei「休んでます」


つっまんねー。

さすがにこんな会話をしているわけではないが、こんな返答をしているのは確かだ。

まるで話が合わん。

マジメ過ぎて。

そういやこんな会話もあった。

上司B「酒飲めるん?」

kei「微妙ですね。ほとんど飲んだことないです」

上司B「いや、それが普通じゃって」


あぁ確かに。

と何故か納得する自分が何故か悲しい。


って感じで話が合わないけれども、母校の話や仕事の話を持ちかけて、なんとかコミュニケーションを図ってる。

同年代はいないし、近い年齢の人で24歳なので、何とか早く馴染みたいものだ。

ちなみに今はずっとデスクワークをしている。

後は掃除とか。

職場の汚さには正直びびった。

オレが掃除機をかけたり、整理整頓をして、なんとか清潔感を保たせている。

なんたってオレは学校の授業中に唯一掃除機をかけたことのある人間だからな。


そんな感じでいつも日々を過ごしている。

1日のサイクルがとても早い。


そういえばこんな会話もあった。

上司C「何をしたらええか教えてやろ」

kei「はい」

上司C「何をしたらウケるか考えろ。笑いをとれ」

kei「はぁ」


なぜ大企業がオレにウケを求めるのだろうか。

そんなこんなで眠たい一日だった。


帰りしにTSUTAYAに寄った。

RADWIMPSのNewシングル「ふたりごと」を買うためだ。

予約のレシートを渡し、千円札を渡すと、レジには前に一万円札と五千円札を間違えた店員がいた。

kei「(あーまたこいつかよ。大丈夫かね…)」

そう思いながら会計を済ませていると、店員はやっぱりやってくれた。

千円札を渡したのに、レジには五桁の数字。

一万円札出してないんですけど。

このまま一万円札を出した際にもらえるおつりを出してきたらオレは当たり前のように立ち去るが、おつりだけは普通に出してきたので「このクズが!客の金を減らそうとしたくせに、自分の金(?)は減らさんのか!」と思いながらTSUTAYAを去った。

明日もTSUTAYAに行くので、明日はまた一万円札を出して買い物をしてみようと思う。

あの店員のために。

そういえば、CDに特典がついていないのは特典が最初からないからか…?

何かしらあると思ったんだが。

自分の人生を振り返る。

昔、歯医者に漢字の間違いの指摘をしたことがあります。

歯医者はさぞ、悔しかったでしょうね。

どうもkeiです。


今日は自分の人生を適当に振り返ろうと思う。

だって書くことないんだもん。


○保育園期○

・骨が外れたり、血を流したりとケガばかりした。

・保育園に遊びに来た着ぐるみゴジラのファスナーを開けようとした。

・元気だった。

・逆上がりは最初の一回でできた。

・運動会のかけっこでゴールと同時にこけた。

・着ぐるみの秘密を誰に云われるでもなく知っていた。


○小学生期○

・授業開始のチャイムが鳴っても、外で遊んでいた。

・授業はほとんど聞いてなかった。

・国語は何故か点数がよかった。

・音楽の授業をサボり、リコーダーが全く吹けなかった。

・元気だった。

・サッカーが好きだった。

・ケガばかりしていた。

・シビアな面もあった。
(例えば遊戯王とかのカードゲームを自分の金で集めたことがないなど)

・すばしっこかった。
(鬼ごっことかで5人くらいに追いかけられても逃げ切った。足が速かったわけではない)

・誰とでも話していた。


○中学生期○

・担任に目の敵にされ、理不尽な理由で10回以上怒られた。

・サッカー部に入部するが、礼儀を知らなかったので先輩を無視する。
(「先に生まれただけで偉そうにすんな」と反感していた模様)

・後に更正し、内心「うぜぇなぁ」と思いつつも無難に付き合っていった。

・修学旅行に行く際、先輩にお土産を頼まれたが、「賞味期限がやばかったので買いませんでした」と言い訳をする。最初から買う気などなかった。

・音楽の授業に聞く耳を持たなくなる。

・しかし、一番最初に来てピアノをいじくるので成績は3だった。

・テスト勉強はしなかったが、宿題は人の2倍以上やった。

・テストの点が悪くても、総合点はテストの点がいい奴を越えていた。

・英語のテストは酷かったのに4だった。びびった。

・班の奴とのいざこざで無口になる。
(いざこざ:隣の女子が通知表を見たと泣き出し、オレの前の席の女子が喧嘩売ってきて「謝れや!」と云ってくるので「はいはい。ごめんごめん」と云ったらさらに向こうが怒って、班の女子全員敵にしちゃったテヘ♪って感じ。勿論オレは通知表を見た覚えはない。班には男子もいたが、そいつはうざいため眼中になかった。で、その環境のせいで約一ヶ月誰とも喋らなくなったのがおとなしくなる兆候だと思われる)

・初対面が苦手になる。

・今まで名前で呼ばれていたのに、おとなしくなると苗字に「くん」付けで呼ばれるようになった。

・全体的にやる気がなくなる。

・部活を辞める。
(上手い奴が練習せずに選抜になれるのに、マジメに練習している奴が試合に出れないのはおかしいと反感を抱く。まぁオレはマジメに練習もせずにただなんとなく過ごしてきただけだが。あと、面倒になった)

・高校受験の内申が下がるのを恐れ、美術部に入る。

・美術部は一回、海の日のポスターを適当に書いて、それ以降ずっと遊んでいた。

・美術部では後輩を作る気はなかったが、同年の女子とはよく話していた。
(っていうか美術部に男子は3人しかいなかった)

・3年の最後のクラスで友達が少ないことに気付く。

・しかし、どうでもいいかとそのまま適当に高校へ進学。

・推薦だったので受験勉強など一度もすることなく、楽に入学できた。

・クラスが一丸となって、思い出を作ろうとしているのを見て鼻で笑いたくなった。
(メッセージカードみたいなのを書かされることになり、「話したこともない奴に何を書けと云うんだ」と無理やりなものを感じたから。で、話したこともない奴に「keiなら高校受かる」とか書いてあって、お前に何が分かるんだと本気でうざかった覚えがある)


○高校生期○

・目標が「平穏な高校生活を送る」だった。

・どうでもいい奴の前ではおとなしいキャラで通し、仲のよい人の前では本性を晒していた。
(「まるで別人」と云われるほどはっきりしていた)

・ホームページを作る。

・カラオケに行き始める。

・学校行事にやる気がない。

・文科系の部活(文芸部ではない)に入部するが、不満が募り男子全員で退部する。

・2年から文芸部に入るが、ろくな先輩がいなかったので無視する。

・オレは何もしてないのに(進路に響かない程度の)特別指導を喰らう。

・宿題を2倍してもしょうがないので、最低限度のことしかしなくなる。

・テスト勉強をするようになり、それに比例してテストの点数が跳ね上がったので、勉強を頑張るようになる。

・しかし理解するのが面倒になり、暗記をして満点を取った。

・授業中はバレないように読書をし、話を聞き、ノートもとった上で高得点を取っていたので、マジメな生徒を装うことができた。

・基本的にマジメだったが、やる気はなかった。

・おばはんスクーターと事故る。

・身だしなみ指導がうざかったが、オレは妥協されていたらしく、コネがあるんじゃない?との噂が立っていた。

・他にも様々な噂が流れていた。

・文芸部の部長になる(イヤイヤ)。

・文芸部で初めてまともな後輩ができる。
(サッカー部でも後輩はいたがどれも微妙だった。それに男に先輩なんて云われたくな以下略)

・何回か全校生徒の前などで発表をしなければいけなくなったが、持ち前のずる賢さで見事回避する。

・よく遊ぶ友達ができる。後にファミリーと名づけられる。

・進路は就職に決める。

・就職試験と運動会が被り、運動会の練習をサボる。後にクラスの奴と陰湿な反発があった。

・クラスの思い出とかマジでいらねぇなと思い始める。

・ファミリーと遊びだして、非日常な生活を送るようになる。

・ファミリーと遊びだして、幹事的な役割を勤めるようになる。

・ファミリーと遊びだして、報われない苦労があることを知り、遊ぶ回数を減らした。
(オレが云いださないと誰も「(全員で)集まろう」とは云わないから可能だった)

・口癖が「どうでもいい」「まぁいいか」になる。

・考えがシビアになり、矛盾すること、無責任なことは云わなくなった。

・はしゃがなくなった。

・客観的な見方が得意になった。

・誰からも叩かれなくなった。

・勉強を頑張り、学年3位の成績になる。

・そのおかげで大企業に試験を受けにいけるチケットを勝ち取る。

・大企業の試験も見事合格。

・車の免許の試験も全て一発で合格した。

・オレって優等生じゃね?と自意識過剰になる。

・反抗期はなかったが、甘えたいと思う時期があった。
(今もあるが)

・親に「アンタは昔から何も変わらん」と云われる。
(顔はほぼ変化がないし、体型も太ったりすることなく常に一定のまま)


○社会人期○

・時間の流れが速く感じる。

・日々に戸惑いを感じる。

・皆が髪の毛を染めている中、オレ一人だけ黒髪をキープしている。

・しかし、染めてみたいとも思っている。

・土日が暇でしょうがない。

・1年で100万円以上貯めるのが目標。
(まぁ余裕だが)

・ココア一日2杯。誰か美味いココアの作り方教えてくれないか?


まぁ、こんな感じだ。

自分の人生を簡略化して書くとこんなもんしかないが、日々に書き溜めた記事がその内容を詳しく書いているので、そんなに短い人生ではないと実感する。

だって、オレが日記を書いている理由は読み返して、思い出を振り返ることができるようにするためだし。

ま、思い出に浸る暇もないってくらい思い出を作りたいのが本音だけど。


今日は楽しかったとか、

昨日は今日と違うことがあったとか、

明日も楽しかったらいいなとか、

そういう考えをしていこうとしている自分に乾杯!

以上。

突発性感情的自己破綻症候群

お願い…。

何も見なかったことにして。

私のせいじゃないの。

私は悪くないの。

だって、私は彼が好きだったんだもの。

彼の背中に刺さった包丁は私が故意にやったんじゃない。

私は病気なの。

カッとすると、意識が飛んで記憶がなくなるの。

だからそんな包丁、私は知らない。

気が付いたら彼が倒れてたの。

…でも、これだけは覚えてる。

悪いのは彼。

彼が私の病気の引き金を引いてしまったの。

そう、彼は私を裏切った。

私は彼をこんなにも愛していたのに、彼は私を捨てようとした。

私を弄んだ挙句、捨てようとした。

それが許せなかった。

そう思った時、私の意識が飛んだの。


だから、

彼を殺したのは私じゃない。


私は何も悪くない。

悪くない悪くない悪くない……。

悪いのは彼。

そう、彼。

彼が私の病気の引き金を引いた。

彼が引き金を引かなかったらこんなことにはならなかった。

だから、悪いのは彼悪いのは彼悪いのは彼……。


ねぇ、あなたは信じてくれる?

私のことを信じてくれる?

私の云ったことを信じてくれる?

彼の背中に刺さった包丁を私が抜こうとしても、あなたは私を信じてくれる?

ねぇ、何か云って。

何か云ってよ。

そんな目で私を見ないで。

信じて。

私を信じて。

私だけを信じて。

信じて信じて信じて……。

お願いだから。

……その目があなたの答え?

私を信じてよ。

お願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願いお願い……。

…嗚呼、あなたが私を信じてくれないから。

彼の背中にあるはずの包丁がなぜか手元に。



私を信じてくれなかったあなた。

あなたの顔面に突き刺さった包丁。

彼の背中には包丁の刺し跡。血溜まり。

私は彼とあなたに挟まれて、ただ泣いている。

誰も私を信じてくれなかったことに悲しみ、泣いている。

笑 い な が ら 。

嗚呼、次は私が包丁を刺される番かな?








「さ、物語書くか」と思い、「お願い…」と何となく書いたら思い浮かんだ作品。

地味に伏線を入れたり、謎だらけだったりするのは設定不足。


オレの書く物語に出てくる登場人物に名前はない。

時たまA君とかの適当な名前が入るが、あれは少年犯罪を犯したら「加害者A君」とかって書かれるのとかけてたりする。

で、まぁ、それは例外として、大体名前はない。

私、僕、あなた、etc。

名前をつけない理由はややこしくなるのもあるが、ぶっちゃけるとキャラの全体像を書くのが面倒だからやってない。

例えば、今回の「私」に名前が付いていたら、当然、「彼」にも名前があるわけで、「彼」と「私」がどういう経緯で付き合ってたのかっていうのも書かないといけない。

まぁ、別にしなくてもいいんだろうけど、名前をつけると中途半端で書き終えられないっていう個人的なポリシーがあるってわけです。

だからこれからも名前をつけることは滅多にないだろう。

オレは短編で、かつ、繋がりや伏線を乱用した物語を書きたいから。


ま、今回の話はちょっと微妙だけど。

お仕事。

明日は休みだ。

本来は。

会社のイベントっぽいものがある模様。

それに出ないといけない。

ざっけんなよ!

どうもkeiです。


朝、出勤しようとチャリに乗ったら、チャリがパンクしていることに気付き、急遽親に乗せてってもらった。

(うちの会社は半年は車通勤ダメ)

朝から波乱万丈だな、と思いながらゆらゆらと車に乗り遅刻することなく出勤した。


昼休み以外にも休憩がある。

その時は飲み物を飲んでゆっくりしたり、タバコでニコチン充電一服したり、まぁ適当に休憩するようだ。

オレはタバコはダメなので飲み物を飲んでいる。

会社にある飲み物は、コーヒー、ココア、お茶、マンゴージュース。

で、ほぼ全員がコーヒーを飲むのに対し、オレはココアを一人だけ選んで飲んでいる。

なんつーの?

ココアはオレ専用みたいな?(違

まぁ、そんな感じで自分で作って、飲んでダラダラしている。

一日2杯飲んでいるが太りはしないだろうな?

午後は美味いココアを作ろうと砂糖をちょこちょこ入れて実験してるし。

仕事しろよ。


全員のコーヒーの用意をしなければいけなくなった。

コーヒーを飲まないオレにとって、そんなこと知ったことじゃない。

しかも各々好みがあるらしい。

だー、めんどくせぇ!

近くにいた人に聞いたが、どれも「適当でええぞ」しか云わない。

だからオレも適当に作った。

で、みんな気の向いた時に勝手にお湯入れてそれを飲んでる。

よく飲めるよなー、と普通に関心する。

一人だけ作り直してる人がいたが。


今はとりあえず名前を覚えるだけで精一杯だな。

まだ全員と会ってないし。

…にしても1日がこんなにも早いとはね。


充実してるのかな。

うん、職場の雰囲気は好きだよ。

もっと馴染んでいきたいな。

愛に関する20の質問。

1、付き合う人の条件は?

DQNじゃなければ…。


2、初対面の異性を見るときにまず目が行くところは?

外見よりは内面を見るように心がけているので、これと云って見るパーツはない。
強いて云えば「全体」かと。


3、あなたを好きになる人はどんな人でしょう?

よっぽどの変わりものだろうね。


4、あなたが好きになる人はどんな人ですか?

優しい人。
面白い人。


5、料理はできたほうがいいですか?

できるに越したことはないけどどっちでもいい。


6、スタイルに好みはありますか?

むっちゃ太いのは少しキツい。


7、抱きしめたい派ですか?抱きしめられたい派ですか?

両方。
(どっちでもいい)


8、甘えたい派ですか?甘えられたい派ですか?

両方。
時には甘えたいときもある。


9、あなたにトキメキはありますか?

あるにはある。
なんだかんだでドキドキすることは多い。
平常心を装ってるが、心臓はバクバク。


10、「手を繋ぐ」「抱きしめる」「抱きしめられる」「キスをする」の中で恥ずかしいと思うのはどれですか。

「抱きしめる」から全部。
まぁ、恥ずかしいのとは少し違うが。


11、あなたの告白の仕方は?

まず相手をガムテープでぐるぐる巻きにした後、拳銃を顔に押し付け「オレと付き合え、さもなくば撃つ」と云う。
チキンなんで告白は無理だろうな。
まぁ云うならメールじゃなく、口で云うと思う。


12、あなたが人を好きになった場合どのように自分の好意をその人に伝えますか?

伏線を大量に入れる。
微妙なジャブを入れてみる。
だが、別に好きでもない人に勘違いされることもあるので、よくわからない。


13、浮気は許せますか?

無理だろうな。
オレも誰かと付き合ってるなら、異性と二人で会ったりはしないね。


14、束縛したいですか?されたいですか?

されてみたいな。
さすがに「毎日会え」とか云われたらしんどいが、「休日は毎日会え」って云われたら、イヤにならない限り「別にいいよ」と思うかもしれない。


15、独占欲はありますか?

あるにはある。
っていうかない人なんていないと思うが。


16、一目惚れをしたことは?

ない。
キレイだなと思うことはあるが、見とれることはない。
話したことのない異性に興味はない。


17、「綺麗な子」「可愛い子」「お洒落な子」ならどの子と付き合いたい?

可愛い子。
一番面白そう。


18、あなたは尽くす人ですか?

割と尽くすほうだと思う。
好きな人(ライクでも)にお願いをされるとしんどいことでもやり遂げるしな。


19、仕事と彼女、どちらを選びますか?

彼女を守るために仕事をとる。
(命に関わるなら別)


20、彼女のお願いの許容範囲は?

金銭的にやばいの以外。
「金貸して」「あれ(万を軽く超えるもの)買って」とか。






書くネタがないので、久しぶりに質問シリーズでお送りました。


仕事場で割と会話するようになりました。

割といい人が多いですが、夜の街に連れ込まれる可能性があるのだけは勘弁して欲しいですね。


高校の時に少しキツいなと思ってたズボンがブカブカになってました。

どうやらウエストが細くなったようです。

いつも履いているジーパンもベルトをしなければどんどんズレてしまいます。

体重は1キロほど減りましたが、まさか痩せていってるのでしょうか。


kei「あぁしんどかった。今日はしんどい一日だったな。仕事をするってこんな感じなのか。一日って早いよなぁ。こう考えたら1年って早くね?あーあ、こうやってオレも死んでいくのかなー」

母「


kei「仕事で疲れたー。はぁー、まぁ仕事なんてほとんどやってないんだけどさ。あーあ、学生が羨ましい。でも働くってこういうことなんだよな。これでお金もらって生活していくんだよな。あーあ、しんどいなー。あーあ……。でも、明日はもっとしんどい一日になるよね。ね?ハム太郎?

弟「黙れ」


明日もがんばるぞぉ。

・職場 ・映画 ・PS3 ・言葉

『例えばもし全てを捨てて守るべきものがあるとしたら

それはキミじゃなきゃ意味がないんだよ』

ってJanne Da Arcの曲にあった気がする。

かっくいいね。

オレもこんなこと云ってみたいね。

臭ッって云われそうだけど。

どうもkeiです。


・職場

今のオレの職場環境は素晴らしい。

まずエアコン完備。

最近暑くなってきたからこれはマジで嬉しい。

あとコーヒー、ココア、お茶飲み放題。

でも、コーヒーの入れ方覚えないといけないんだよな。

まぁ、そんな感じで今週も割としんどいのか楽なのかよくわからない、一週間になりそう。

環境的に云えば楽だけど、精神的にはしんどいや。

誰かオレにホットメールを。

って云って送ってくれる奇異な人はいないけどね。


・映画

サイレントヒルが映画化される。

ホラーゲームの映画化は最近流行っているのだろうか。

まぁ、当たり外れの大きいゲームの映画化は、頑張ってほしいものだ。

サイレントヒル自体は名前と概要しか知らないが、観てみたいな。


そういえばデスノートが来月に映画公開だが、出来栄えはどうだろうか。

本編とは少し違うようだが、コケないようにしてもらいたいものだ。

公式HPでムービー(ショボい)を見れたが、ライトが元からマッドみたいな印象を受けたので、本編と結構違うんじゃないかなーと思う。

リュークのCGはいつ公開されるのかは気になるが。


・PS3

PS3の発売日と値段が決まった。

発売日は11月11日。

値段は5万8千円。

高。

しかも一番安いので5万8千円というから驚きだ。

ゲームのムービーも見たがほぼ映画みたいな映像だった。

すごいもんだ。

しかも、『ファイナルファンタジー』『バイオハザード』『メタルギアソリッド』の大作タイトルが既にソフトを製作中なので期待したい。

買うかどうかは別としてだが。


・言葉

オレの中であんまり好きな言葉じゃないのが、「頑張れ」と「バイバイ」だ。

「バイバイ」は別れの挨拶だからただ単純にイヤ。

だからオレは「じゃあまた」とか「次も会おうな」という意味合いも兼ねている別れの挨拶を使っている。

「頑張れ」は突き放してる感じがしてイヤ。

「オレ○○に行かないかんのんよねー」

「頑張れ」

突き放してる感じがしない?

オレに云ってもしょうがないんだから、適当に頑張っててよみたいな。

まぁ、オレが勝手に思ってるだけなんだけど。



にしてもこの眠さはすごいな。

まぁ寝るのは11時だが。

日常と本。

何だろうこの眠気は。

はっ、まさか、お迎え!?

三途の川が見えそうです。

どうもkeiです。


仕事が始まってからというもの、日常の日記ネタがなかったりします。

仕事の内容は個人的には書きたくないですし、説明するのが面倒な気がします。

絶対つまらないでしょうしね。


って感じで日々の日記の量が減ってきているわけです。

毎日同じことをしているわけではないですが、慣れない環境で日々に戸惑いを感じて生活してますし。

今日なんかすごく眠いですからね。

絶対、疲れてますよねオレ。


あぁそうだ。

今日、仕事が終わってからTSUTAYAに行き、Janne Da ArcのNewシングルを買いました。

予約してたので、予約棚に入れられているわけですが、実習中の札をつけた店員がなんともトロかったですね。

CDを探し出すので5分くらいかかった挙句、特典のポスターをつけてもいいのかで、いちいち他のところにいる上司に聞きに行っていましたから。

まぁ迷ったのはオレがCDを2枚買ったからなんでしょうが。

でもそのポスターどう見ても、2枚とも同じものなんですが配布ミスじゃないでしょうね?

で、値段は合計3370円。

オレは1万円と70円を出して会計したわけですが、なぜかお釣りが1700円でした。


…は?

いや、正直こいつアホかと。


実習中とかいう以前の問題じゃないかと思うんですが。

5千円と間違えてますよね。

とりあえず指摘して、お釣りもちゃんと貰いましたが、オレの中でTSUTAYAのイメージが大分下がりました。

レジには2名の店員がいたのですが、両方とも実習中の札をつけ、要領悪くトロトロトロトロ。

この2人のせいで10分くらいかかったと思います。

なんかもう疲労が溜まる一日でした。



■最近読んだ本

『陽気なギャングが地球を回す』

銀行強盗を如何に鮮やかに行って逃走するかが書かれている。

ジャンルはサスペンスだが、どこかコメディっぽかった。

映画にもなっている。


■読みたい本

『無痛』

『殺してしまえば分からない』

『ハリーポッターと謎のプリンス』(未発売)

今のところこの3冊を読んでみたい。

でも今は本を読む時間も少ない。

とりあえず、ハリーポッターは買おうと思う。

あと、多分、無痛も。

精神的慢性疲労。

まぁ簡単に云えば脱力?みたいな。

自分でも無問題って分かってるからほっときゃあいいんだけど。


この時期になると、食欲が失せる。

朝も昼も夜も食べる量がかなり減った。

確か去年も昼ご飯が食べれなくなって、一週間抜いたら4キロ痩せた覚えがある。

で、さすがにやばいかもな、って思って病院行って注射してもらったら治った。

体重も戻った。


体調は昨日からおかしかった。

確か、

朝はフレンチトースト。

昼はパピコ。

夜は(本来昼で食べるはずの)チャーハン。

だった。

フレンチトースト食って、そこからは気分が優れなかった。

胃薬で対応していくしかないのか…?

にしても昼ご飯パピコっておかしいよな。


Tとヤツからプレゼントを貰った。

一日遅かったが、確かに受け取ったので感謝している。

今年のプレゼントは1つか。


仕事が月~金まで目白押しだ。

今日も色々やって結構疲れた。

とりあえずは癒せてもらえたが、オレは困らせてばっかりだなと思う。


オレは自分でも思うが、

「意地悪」で「傲慢」で「自分勝手」で「口八丁」な「糞餓鬼」、

だと思う。

素直にはなれないし、ふざけてばっかりだし、そのくせ誰かに甘えようとするし。

「人生いかに楽して金儲けするかじゃね?」とか思ってるし。

しんどいのは皆同じなの分かってて、「疲れた」とか云うし。

へなちょこだよな、オレ。

まぁ人に弱音を吐くのは、心が落ち着いているときだけなんだけど。


でもさ、

誰かに甘えるとそれは少なからず誰かの負担になるってこと、

忘れてたよ。

ごめんな。


オレと知り合った全ての人に「意地悪してごめん」と云いたい。

何故か知らんが、罪悪感と謝罪感が充満している。


ミルキーのことをキルミーとか云うオレは末期ですか?

願わくば、これ以上誰かの重みにならぬよう、祈るしかないな。




近々、物語をまた描いていくつもりだ。

今度は長ったらしい病気の名前っぽいものをテーマにしていきたい。

『突発性感情的自己破綻症候群』(ヒステリー)

とか、

『自暴自棄自己中心的自己依存症』

とかいう感じだ。

本当の病名も出てくるだろうが、症状はこんなんじゃね?レベルなので矛盾もあるだろうが、そこはスルーしてもらえたらなと思う。

あとできれば症候群系は○×依存症に繋げれたらいいな。

実は頭の中であの続編が断片的にできていたりする。

まぁ、とっくに放置された作品なので、気が向いたときに、覚えていれば続きを書こうと思う。

期待する人なんていないと思うけどね。

誕生日の次の日。

昨日は誕生日でした。

誕生日プレゼントはハグでした。

オレの力でも人の背骨って簡単に折れるんじゃね?と正直思いました。


……っていうか誰からもプレゼント貰えなかったんですが。

「何欲しい?」っていう質問は何だったのだろう。

もう何も信じられませんね!!1!!111!!

どうもkeiです。


土曜日から金曜日までずっと休みだったけど、今日は仕事があった。

つっても仕事なんて一つもしてないけどね。

まぁそこそこ疲れた。


でだ、誕生日に話を戻そう。

昨日は誕生日だった。

でも気分は最悪で、とても自分の誕生日を喜べるような心境じゃなかった。

何かもうムカついてムカついて。

そのせいかどうかは知らんが、結局、何も貰えなかったしな。

あー、虚しい。

人生で最悪の誕生日かもな、と本気でそう思ってた。

病んでたし。

けれど、その後、超レアなものを見て、超嬉しいことをされて、とりあえずは人生最悪の誕生日を免れた。

今日の仕事にも支障を来たすことはなかったのでよかった。


…にしても男どもオレに最近、冷たくないか?

メールも返ってきやしねぇ。

すごく理不尽な仕打ちをされてる気がする。

いや、気じゃないけど。

なんとなく壁を感じるな。

皆、給料とか酒とか車とかばっかり話してるし。


僕はもう同じようなことばかり聞きたくありません。


なんとなくイヤになる今日この頃。

枯れて朽ちて堕ちて

キミはとても卑しい人間だね。

え?なんで否定するの?

本当は分かってるんでしょ?

自分はとても卑しい人間だって。

醜い人間だって。


例えばキミがその片手に持ってる携帯で誰かに助けを求めても、

その助けは誰かの迷惑になるだけさ。

足枷になるだけさ。

せっかくの休日をキミなんかのために割いたら悪いでしょ?

自分だってそう思ってるじゃないか。

「迷惑がかかる」「足枷になる」って。

理解しているのに、なぜ助けを求めようとするの?

頑張れよ。

いつもみたいに強がってみたらいい。

そして一人で堕ちていけよ。

一人で腐っていけばいい。

何で拒絶するのかな?

だってさ、キミが今誰かに助けを求めたって、

キミのために動いてくれる人なんていやしないよ。

だってキミ、卑しい人間だもん。


キミは前に誰かのために最善手を尽くしたと云った。

確かに割と必死に頑張ってたかもしれないけど、

それは自分がいい人に見られたいからでしょう?

いい人を演じたいからでしょう?

善人ぶりたいだけなんだ。

でもね、キミがいい人を演じているのは、皆お見通しなんだよ。

だから、キミが助けを求めたって、卑しい人間の前には助けなんて来ない。

その片手に持ってる携帯はただの飾りさ。

幾ら待ったって、「頼れ」「縋れ」なんていう言葉は来ない。

それはキミが形成できなかった人間関係のせい。

本当は皆いい人で、助けてくれるのに、

キミは卑しい人間で、どうしようもないほどのバカだから、

皆は愛想をつかして離れていく。

キミは誰かに頼っちゃダメなんだよ。


さぁ、これでどうすればいいかの検討はついたよね?

知らないフリしたって無駄。

本当は分かってるくせに。

どこまで卑しい人間なの?キミは。

まぁ今に始まったことじゃないし、しょうがないよね。

生まれた頃から刻み付けられたようなもんなんだから。


ねぇ、卑しい人間のキミ。

そろそろ、答えを云って欲しいな。

まだ、拒絶するの?

まぁいいや。

それなからこっちから云ってあげる。



そうさ、いなくなっちゃえばいいんだ。



キミがいなくたって、なんにも困りはしない。

むしろ世界は正常に機能していく。


キミは邪魔なんだ。

この世界にも。

キミの居場所はないんだ。

どの世界にも。


一人でどんどん頑張っててよ。

一人でどんどん堕ちていっててよ。

一人でどんどん腐っていっててよ。


それがこっちの望みだから。

でもいい加減、その携帯を握り締めて待つのは、

やめたほうがいいよ。

見苦しいから。

誰からも愛されてない君に、

助けなんてくるはずもないんだから。


さぁ、どんどん枯れていくキミを見せて欲しいな。

さぁ、どんどん朽ちていくキミを見せて欲しいな。

さぁ、さぁ、さぁ………。






早く堕ちろよ。






SHの一部を借りた。

今の精神状態はこうかもしれない。

昨日までは、まだマシだったのにな。

疲労が顔に出てるんだって。

朽ちてきてるのかもね。


今のオレのメッキ、サビだらけだろうな。

ごめんな。

・ポケモン ・夕方 ・飲酒 ・ひぐらし風文章2 ・SH歌詞

・ポケモン

11 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:12:26.70 ID:DlllhnWY0
タマタマ たまごポケモン 0,4m/2,5kg

かいせつ
たまごだと おもって さわると なかまが どんどん 
あつまってきて しゅうだんこうげきに あう。


15 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:14:57.25 ID:0HBg5wJp0
>>11
なにその集団リンチ。


16 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:15:11.78 ID:i7B6yYSV0
>>11
それなんて雛見沢?



18 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:16:03.69 ID:DlllhnWY0
ギャラドス きょうあくポケモン 6,5m/235,0kg

 かいせつ
めったに すがたを あらわさないが ひとたび あばれだすと
おおきな としが かいめつする ときもある。


19 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:16:28.43 ID:Arl5mu0m0
TUEEEEE


20 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:17:29.45 ID:TY1x4MjU0
都市単位wwwwwww


22 名前:ケビン田中 ◆YXuuINDA66 [] 投稿日:2006/05/02(火) 21:18:40.92 ID:i3WXIkRP0
つまりギャラドス6匹パーティーで星の屑作戦の成就も可能と言うことかw



30 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:20:40.63 ID:7vRRRqCO0
ユンゲラー ねんりきポケモン

あるあさのこと。 ちょうのうりょく
しょうねんが べットから めざめると
ユンゲラーに へんしん していた。


31 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:20:46.71 ID:5Hgsa/TU0
これは怖い



32 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:20:50.65 ID:i7B6yYSV0
カイリュー ドラゴンポケモン 2.2m/210.kg

おおきな たいかくで そらを とぶ。
ちきゅうを やく16じかんで
1しゅう してしまう。


36 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:22:21.17 ID:X58UXInW0
>>32
時速2500kmキタコレ



33 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:21:22.57 ID:DlllhnWY0
ゲンガー シャドーポケモン 1,5m/40,5kg

やまで そうなんしたとき いのちをうばいに くらやみから
あらわれることが あるという。


34 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:22:06.27 ID:njYU5ZfoO
子供がみたらトラウマになりかねない



67 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:29:31.68 ID:7vRRRqCO0
スリーパー さいみんポケモン

ふりこのようなものを もちあるく。
こどもに さいみんじゅつを かけて
どこかへ つれさるじけんが あった。


72 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:29:58.81 ID:4PXzfdyZ0
>>67
きめぇwwwwwwwwwwww


68 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:29:49.74 ID:X58UXInW0
>>67
ちょwww
変質者wwwwww


76 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:30:25.82 ID:7vRRRqCO0
>>68
顔もアレだしな



79 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:30:42.53 ID:XeqJrzRv0
トランセル 0.7m 9.9kg

カラが かたくなるまえに
つよい しょうげきを うけると
なかみが でてしまうので ちゅうい。


82 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:31:03.33 ID:4RF3V5ED0
>>79
(;´Д`)


87 名前:ケビン田中 ◆YXuuINDA66 [] 投稿日:2006/05/02(火) 21:31:26.43 ID:i3WXIkRP0
>>79
グロいwwwwwゲロップwww


88 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:31:29.09 ID:+5m0gd3W0
>>79
ちょwww中身wwwwww


89 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:31:34.67 ID:NUkjflSI0
>>79
テラエグヅ


90 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:31:45.92 ID:TY1x4MjU0
>>79
バロスwwwwwwwwwwww



163 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/05/02(火) 21:41:17.43 ID:hmXzTeUm0
コラッタ
いっしょう のびつづける まえばは
けずらないで ほうって おくと じめんに
ささって うごけなく なる らしい。

ちょwwwバカスwwコラッタじゃなくてコマッタに改名しろwww



ポケモンってえらい危険な生物(モンスター)ですね。

現実にいてほしいと思った考えが改まりましたよ。

あぁ、ちなみに好きなポケモンはソーナンスです。

何も狙ってないですよ。


・夕方

昨日、弟に勉強を教えて、風呂入った後、広告を見て、ジュースが安いことに気付き、フジに行くことにした。

しかし、途中でMACを見つけて、「MACの方が安いかも」と何故か思い、MACに行った。

MACに入り、飲み物を探すが、アクエリアスやコーラなどの飲み物は影も形もなかった。

しょうがないので、店から出ようとしたら、レジのほうに某国語教師(女)がいて、目が合った。

数分ほど話をして、オレはパルティフジに行き、飲み物を2本買って家に帰った。

教師に色々報告できたのでよかった。


書き方を変えたら、6行で書き終えた。

でも抽象的過ぎるから使えない書き方だな。


・飲酒

最近、「酒を飲む」とかそんな単語をよく聞く。

別に飲んでもいいと思うし、打ち上げとかで飲むのは仕方ないと思う。

でも、オレは酒は飲まない。

歓迎会で飲まされることになると思うけど、そこら辺は妥協する。

それ以外では絶対飲まない。

理由1:金がかかる。

理由2:お酒は二十歳になってから。

理由3:過去の教訓を忘れるなかれ。

だって、仲間内で酒持ち寄って飲むのは面白いかもしれないけど、金かかるし、手間もかかるし、法を犯してるし。

うん、法を犯してまでの楽しみはいらないな。

それで捕まったら最悪だし。

それにオレが捕まったら会社の株没落するしね。

飲酒運転で捕まっただけで『○○社員飲酒運転』とかいう記事が新聞に載るし。いや冗談抜きで。

オレにはそんな重みがあるから飲酒は無理なわけです。

だから、仲間内での飲み会も反対派。今は。

まぁ、オレのいないところで勝手に飲んでくれれば、それでいいけどね。

酒飲んでまで、法を犯してまで、楽しもうとする心理は理解できないけど。


・ひぐらし風文章2

自由ってなに?
人が楽だと思うこと。

自由ってなに?
体が縛られてないこと。

自由ってなに?
いつ殺しても構わないこと。


「助けて」だって。
何を助ければいいんだか。

「許して」だって。
何を許せばいいんだか。

「殺して」だって。
どうやって殺せばいいんだか。


お願いがあります。
云われなくても分かります。

お願いがあります。
云われなくても分かります。

お願いが―――
云われなくても分かってました。


これは希望という名の鉛筆です。
絵描きが云いました。

これは希望という名の楽譜です。
作曲家が云いました。

これは希望という名の包丁です。
殺人鬼が云いました。


この世の終わりが見えました。
それは私の世界が消えていく幻想。

この世の終わりが見えました。
それは私の友達が死んでいく夢想。

この世の終わりが見えました。
それは私自身が朽ちていく埋葬。

(死に掛けの人間の最期)


雨がやめば何になる?
虹になるんじゃないかな?

雪がやめば何になる?
春になるんじゃないかな?

君が病めば何になる?
砂になるんじゃないかな?


おはじきは幾つ欲しい?
一つあれば十分だよ。

おはじきは何色がいい?
黒色でいいよ。

おはじきの使い方分かる?
引き金を引くだけだろ。

(おはじき=銃)


君の存在を否定しよう。
あなたにそんな権利はない。

君の存在を否定しよう。
あなたにそんな手腕はない。

君の存在を肯定しよう。
まさかその包丁で…?


死ぬってなに?
命が無くなることだよ。

死ぬってなに?
心が朽ちていくことだよ。

死ぬってなに?
体が引き裂かれることだよ。



そういえばひぐらしのアニメも始まってたな。

1話だけ見たけど。

クオリティの高さには驚きの一言だった。



・SH歌詞

Sound Horizonの歌詞をほぼコンプリートした。

手に入れることはほぼ絶望的な昔のアルバムの歌詞も全部ゲットした。

「緋色の花」や「ゆりかご」とかの歌詞を見たらRevoくんの素晴らしさは昔から健在なんだなと分かった。

歌詞ファイルに収めたいけど、量が多いので諦めよう。


SHはやっぱり最高だな。

学校にて。

デスノートがアニメ化するそうです。

多分、NANAのアニメが終わった後、放送するんでしょうね。

映画にアニメに、デスノート大人気ですね。

本編(第2部)はもうすぐ終わりそうですが。

どうもkeiです。



 9時半ごろ、学校に行った。

雨が降っていたが、弱まったところを見計らって行ったので大して濡れなかった。

 正門には教師が立っていた。

今日は保護者を含めた会議とかがあるらしい。

授業も午前中には終わるようだ。

 その教師と少し話しをして、原付を裏に止め、校内に入った。

校内に入り、世話になった教師を探す。

 担任に会った。

顧問に会った。

その他の教師に会った。

バタバタしていたけど、会うことはできた。

 次は正門の前で立っている教師と話をすることにした。

この時点で10時くらいだったが、既に1年生が下校を始めていた。

その数十分後には2年生も下校を始めた。

で、その時、武を見た。

親の迎えを待っていた。

特になにも話さなかった。

 正門にいるのも飽きて、裏門が開いているか見に行くことにした。

体育館に続く通路を通っていると清水という名の教師と会い、ここでも少し話した。

 オレは今回、「ドブガエルのなく頃に(研修記録)」を持っていたのでそれを見せると、「コピーさせてくれ」と云われた。

もしかしたら授業で使うかもしれないとのこと。

まぁ、役に立つならコピーさせてもいいか。

オレは清水教諭と一緒に事務室に行った。

 事務室は一般人、一般生徒は入室できないので廊下で待った。

待っていると、正面入り口で誰かの親と教師が何か云い合いを始めた。

暇なのでその会話に耳を傾けることにする。

親「携帯で迎えを呼びよんのに携帯を取り上げるのはどういうことよ。事情は聞くべきやないん?」

教師「事情を聞かなかったのはこちらも迂闊でしたが、校内への携帯の持込は禁止されていまして」

親「ほやかて、事情は聞くべきやろ」

教師「校内での携帯の使用は禁止されているんですよ」

親「迎えを呼ぶくらいで携帯を取り上げるのはどうか思うんじゃけどね」

教師「ですが、携帯を使用していて、迎えかどうかをわざわざ確かめるわけにも行きませんから。友達と話しているかもしれませんし」

娘「階段のところで使っただけよ」

教師「だから校内は使ったらいかんのんよ」

娘「なら正門出たら使ってえん?」

教師「極端な話ではあるけど、使ってほしくはないです」

親「まぁ、こいつが悪いのかもしれんけど、娘じゃけん。男の子ならともかく女の子なんやけん」

教師「それはわかってます。ですが、娘さんだけ特別扱いをするわけにはいかないんです」

親「事情は聞いて欲しかったんよ」

教師「それは迂闊でした。すいません」

親「お前にも落ち度はあるんやからな」

娘「はーい」

親「じゃあまぁ、それだけ云いたかっただけやから」

教師「はい、分かりました」

(以下略)

んー、バカな親子だなー。

携帯の使用は禁止されているのに、使用していて、事情を聞けって貴方アホかと。

迎えを呼んでいる?

公衆電話があるだろ。

それかせめて隠れて使えよと。

事情なんか聞く必要ないし。

あーあ、最近親もDQNが多いよな。

生徒が無断アルバイトをしていて保護者と一緒に指導を受けていると親は、

「校長先生が迷ったらGOと云ってましたよね。だから私も子供にアルバイトをさせたんです」

とか云った人がいるらしい。

親もバカばっかりだ。

 清水教諭のコピーが終わり、話をしていると、生徒が3人やってきた。

部室の鍵がないらしい。

その時の会話がまたバカ丸出しなので、その会話をずっと聞いていた。

A「部室の鍵ないんスよ」

清水「最後に鍵閉めたのは誰なん?」

B「○○」

C「○○帰りよったよ」

A「○○ふざけんなよ。あぁ用務室に鍵あるんじゃないん?」

B「なかった」

A「ホンマに?オレ行って見てくるわ」

清水「どうするかねぇ」

A「なかった」

B「やっぱり」

A「どうするんスか?今日はもう無理でしょ」

清水「いっぺん帰ったらええや」

A「いや、昼飯持ってきてない子とかおるじゃないですか」

清水「じゃけん、いっぺん帰って飯食ってきたらええや」

A「それでも集まるの遅くなるじゃないですか」

清水「っていうか今日、昼からって云ってなかったっけ?」

A「聞いてないです」

B「知らん」

C「知らん」

清水「あっれー?」

A「今日はもう自主練でよくないッスか?部室も開いてないし、やることないッスよ」

清水「いや、やることはあろ」

A「体育館は他が使いよるし、トレーニング室は野球部がおるし、無理ッスよ」

清水「外周したらええや」

A「雨降ってますよ」

清水「あぁ降っとん?」

A「今日はもうよくないッスか?」

清水「校舎内走ったらええや」

A「お客さんいるじゃないですか」

清水「あと20分で終わるよ」

A「あと20分もあるんですか。部室も開いてないし、寒いですよ」

清水「寒い?」

A「寒いです。今日はもうよくないですか。弁当持ってきてない子とかもおるし」

清水「弁当は持っとん?」

A「オレだけ持ってます」

清水「まぁあと20分まってや」

A「えぇあと20分も…」

(以下略)

Aが休ませろと云っているのがありありと分かった。

でも云うこと結構、矛盾してたりするから、こいつはバカだなと思った。

昼飯持ってきてない子は家に帰ればいいし、集まるのが遅くなるってお前どれだけ家遠いんだよと。

全員揃わないとできない部活なんてないだろう。

しかも語尾にスをつけたら敬語になると勘違いしている頭の弱さは隠したほうがいいぞ。

 清水教諭がどっか行った。

廊下で呆けていると、羽倉という名の女性教師が廊下を通った。

羽倉「あらー、どしたんkeiくん」

kei「ハハハー、挨拶ですよー」

羽倉「あぁそう、元気なん?」

kei「まぁ、そこそこですね。そういえば今2階にいるのは3年生ですよね」

羽倉「そうじゃね」

kei「で、4階は2年生ですか」

羽倉「ううん、2年生は3階。1年生は職員室側の校舎の4階を使いよんよ」

kei「うっそ!?はぁーまたよくわからんことを」

とりあえず、教室の配置が変わったことに驚きつつ、オレは羽倉教諭の後に続いて、準備室まで行った。

 準備室の扉には謎の機械が取り付けられていた。

羽倉教諭の話によると、カードを通して開けるようになったらしい。

どこからそんな予算が出たのだろうか。

 オレは準備室で羽倉教諭からカプチーノとカントリーマァムをもらい、雑談をした。

仕事の研修のことや前の部活(文芸部ではない)をやめた理由などを話した気がする。

前の部活の不満は腐るほどあったので、それを8割方教えてあげた。

納得していたので、話の分かる人なのだなと思った。

 そんな不満を「今だから云える」的な感じで話していると、見たことない教師が準備室に入ってきた。

新任の教師か。

その教師は生徒の写真の一覧を持ち、「カラーコピーさせてくれません?」と云ってきた。

羽倉教諭は「いいですよ」と云ったが、スキャナに取り込むことを教えたのはオレだった。

それはともかく、新任の教師は気さくでいい人そうな気がした。

 印刷を終えて、新任教師はどっかに行った。

オレはしばらくパソコンをいじって、羽倉にうちの高校のHPのダメ出しをしてやった。

その後、他の教師も準備室に帰ってきて、その教師とも話した。

2時くらいまでいた。

 雨はポツポツ降っているがそれは無視して、TSUTAYAに行った。

CDを予約して、雑誌を立ち読みして帰った。

 家に着き、昼ご飯を食べて、弟に勉強を教えた。

kei「オレの屍を越えてみろ

弟「黙れ」

(屍は成績と訳しましょう)

まぁ、そんな感じで今に至る。
プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。