スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしのなく頃に 語咄し編2 感想

■りかさとうぉーず

梨花と沙都子のケンカから仲直りするまでの話。
安定した面白さがあり、文章も読みやすい。
しかし、オチが読みやすく、これといった展開もみせないために無難な作品とも云える。

が、ネタ的な会話などもあるため、無難ではあるが、一定量をきちんと超えた作品である。
梨花と沙都子のケンカの会話とその後の後悔の描写はよかった。

評価-★★★★☆


■雛げし編

魅音が雛見沢から離れて、受験勉強している設定。
さらに、なぜ鬼ヵ淵から雛見沢という名前になったのか?の説明を雛人形のアイディアを取り入れ、独自にこなしている。

また、この作品はひぐらしのルール的なものをちらほら見ることができる。
雛見沢症候群発症のきっかけも判り易く、納得がいく。
しかし、オチが弱い。

話の感じ的には鬼隠し編と似たようなものがある。
ちょっとの誤解から、疑心暗鬼に陥り、雛見沢症候群発症と。
ま、今回は発症までには至らなかったけど。

評価-★★★☆☆


■嘘塗し編

悟史が目覚めて、疑心暗鬼に取りつかれ、また雛見沢症候群を発症する話。
時系列は勿論、7月を越えている。

悟史が目覚めて、何故、疑心暗鬼に至るのか?
詩音の心理描写などの表現は上手かった。
それに悟史が詩音のスタンガンを装備しているのは一種のサプライズに思えた。

が、最後のほうはオヤシロ様の助け(?)があり、強引にハッピーエンドにした感じがある。

評価-★★★☆☆


■お漏らしで泣く頃に

梨花がお漏らしをしてしまい、それをどう隠すかというお話。

単なるお漏らしに力を注ぐのはネタ的にはいいが、「惨劇を乗り越えた仲間たちなら~」とかの表現が多い。
しかも単なるお漏らしで惨劇もくそもないだろうと思う。
冷めて見たら、そこまで面白くない。
オチのほうもイマイチだった。

評価-★★☆☆☆


■皆殺し編:限定補完オークション

皆殺し編で書かれてなかった部分の補完パート。

皆殺し編の沙都子救出イベントを終わらしたところで、わいわいするのはいいが、少しネタに走り過ぎた感が否めない。
ありえないものが出品されたりとか。
あと、魅音の描写に多少違和感がある。

まぁ、圭一のずる賢さとか、オークションを部活にするとかそういう所は原作っぽくてよかった。

評価-★★★☆☆


■里恋し編

鉄平が改心して戻ってくるお話。

鉄平は原作で殺したいキャラぶっちぎり1位の人間なので、改心するというこの話に惹かれる人は多いと思う。
しかし、描写がちょっと「?」な部分もあったりする。

まぁ、それを見過ごしてもいいくらいの見やすさはある。
といってもオチは読めるし、展開も誘拐とかそんな感じなので、一定の面白さでしかない。

評価-★★★☆☆


■胡蝶の夢

梨花にとって最悪の世界のお話。
圭一は雛見沢には来ない。
レナ、魅音は暴れん坊で犬猿の中。
沙都子は鉄平によって監禁状態。
詩音は生まれた瞬間に殺されている。
羽生は実体化できない上に血肉が大好き。
その他もろもろ。

夢か現実なのか結局よく判らない話だった。
連続怪死事件の内容もほとんど変わっている。
綿流しは従来の腸流しに戻り、希望が何一つ持てやしない。
最後は羽生に腸を食われてるし。

原作ぶち壊しの作品ではあるが、好き嫌いが別れる作品であると思う。

評価-★★★☆☆


■あるスクラップブックが示す断片的な顛末 あるいはある神の末路を記す断片的な記録 

スクラップブックの内容を提示しているだけの文章。
しかし、アイディアが面白い。

最初は何のことだがチンプンカンプンだが、読み進めていく内にあぁなるほどと思う。
さらに、本当にスクラップブックのような書き方なので、ミステリー風な印象を受ける。
例えば (ここは掠れていて読めない) とかの表現があったりする。

純粋にすごいと思える作品だった。
話的には惨劇後の鷹野たちの動きだろう。

評価-★★★★☆


■祭囃子その後に

実は「ひぐらし」は役者の演じるドラマ(映画?)だったという設定。
だから富竹も本当の名前は違うらしい。
で、富竹は圭一から次回作の脚本を見せられる。

完璧にギャグ。
富竹フラッシュ!とかある。
話も無茶苦茶で、富竹の語り口調もなんか腹立つ(笑)
でも普通に面白かった。

「君も頭まで筋肉になったのかい?」
は、名言。

評価-★★★★★


■百年目の恋

梨花が圭一に恋をするお話。
ちなみに他の3人はとっくに圭一に恋をしている設定。

書き方は丁寧で、恋愛系ひぐらしとしてはいい感じだと思う。
だけど、梨花が恋をするというのが個人的には「?」なのでずっと違和感があった。
まぁ個人的な意見ではあるが。

だが女キャラ4人の「前原圭一被害者の会」とかの話や、魅音の動かし方は上手いなと思った。

評価-★★★☆☆


■地獄のかぁいいレッスン

レナが先生になって、かぁいいものを提出しろ!というお話。

ギャグとして書いているのだろうが、ギャグにしては陳腐。
レナの「かぁいいは爆発だよ」とか意味不明だし、レナの云ってることに矛盾があったり、校庭に爆破装置しかけたり、もう無茶苦茶。

何を楽しめばいいのか、どこに浸ればいいのかさっぱり判らなかった。

評価-★☆☆☆☆

スポンサーサイト

ひぐらしのなく頃に 語咄し編 感想

■贄流し

川でやる部活でのお話。

その川には逸話があって、こんな感じ。


昔、その川で溺れた子供がいて、その子供を助けるためにその友達が飛び込んだ。

しかし、流れが急で助けに行った友達も危なくなった。

人を一人担いで泳ぐことは無理だ、そう判断した瞬間、目の前に板が。

早速、それにしがみ付くが人二人の重さには耐えられない。

だから、助けにいった友達は溺れている子供を突き飛ばして、自分だけは助ろうとした。

その後、その溺れた友達の遺体は見つからず、鬼隠しにあったのではないかと云われている。

そして、助けに行った子供は病院で「足音が聞こえる。あいつがオレを許してくれない」と呟いて死んだらしい。


多少、違うところもあるだろうが筋は間違ってないはずだ。

この話を前提に話が進んでいく。

そして、この話と全く同じ状況になり…という話。

ひぐらしさは出ているのだが、今回は「仲間」とかそういうのに赴きを置いている感じがしたのでグロさは一切なし。

だが、その川の話は新説ひぐらしって感じで好きだな。

評価―★★★★☆


■やめないで知恵先生

知恵先生のお見合いをぶっ壊してやろうぜというお話。

しかも最終的には部活メンバーVS知恵先生になるという謎の展開も。

「部活メンバーに勝てるやつなんてそういねぇよ、プロも倒せるんだぞ」と思って見ていると知恵先生の異常な強さには驚愕の一言。

無限にカレースプーンを投げる様はきっと月姫の某キャラのマネなんだろうな。

っていうか長州小力ネタには笑えた。

評価―★★★★☆


■女こまし編~最高のパラダイスをどうかあなたに……~

圭一がすけこましになるお話。

沙都子の罠を軽やかにかわす圭一は圭一じゃないぞ。

ちなみに圭一がすけこましになる原因は監督の作った惚れ薬(だっけ?)のせい。

まぁよくあるネタですな。

とりあえず、パラダイスというのは女から見たホスト的なパラダイスという感じ。

でも最後はグロかった。ある意味。

評価―★★★☆☆


■示豆壊し編

本当は示すと豆で一つ。

パソコンではそんな字はでない。

この編はハードSFなお話。

しかも登場人物が何かおかしい。

園崎慶一とか前原美音とか。

しかも羽入が憑いているのは慶一。

うーん…。

その上レナはロボット。

ちなみに羽入は知的生命体的な何か。

たしかHANYUとか書いて英語の意味があった。

(H)ハイテクノロジー(A)アンドロイドなんとかかんとかーみたいな。

実際はハイテクノロジーではないが。

何か自分にはついていけない世界だった。

SFが好きな人はすごくよかったという作品らしいが、そうじゃない人にはついていけない。

評価―★★☆☆☆


■消えた少女の記憶

ちょっと大人になった圭一の話。

だけど、出身は雛見沢だったり、レナと魅音と詩音は幼馴染だったり、原作と違うところも。

圭一はその雛見沢での記憶を失くしており、それを思い出すために雛見沢に帰省する話。

触れてはならない過去に回帰していくジャパニーズホラー的な要素のある作品だった。

わらべ唄があったり、首が飛んだり、グロさはあるけど後味がさっぱりしない作品かと思った。

評価―★★★☆☆


■罰ゲームは特効薬。

女性キャラに少しの幸せをあげようというお話。

というか魅音の提案で「圭一が罰ゲームで一人ずつデートする」というのが前置きなんだが。

デート云々はダラダラしてそうだと思ったが、キャラの心情描写が上手く、また、核を突いておりすごいと思った。

それに「大きな家の小さな幸せ」とかサブタイトルも妙にしっくりきて、なるほどなという感じ。

話は最初から最後までほんわかするお話だった。

評価―★★★★★


■皆愛し編  

圭一が雛見沢にいないお話。

だが沙都子は叔父から救われており、惨劇は免れている面が幾つかある。

そして、梨花はその状況で鷹野に立ち向かう…という感じ。

まぁ、梨花は鷹野が敵かどうかは知らないし、羽入もいない世界なので、勝ち目のない戦いだが、頑張った世界のお話だと思う。

評価―★★★☆☆


■リトル・デーモン

非常にクオリティの高い作品だった。

キャラはハワードや流花(るか)などオリジナルキャラだらけだが、非常にひぐらしらしい作品であった。

ハワードはアメリカ?のB29に乗っていた射撃手で、神風特攻隊にやられ、パラシュートで鬼ヶ淵村の森に落ちて、そこで流花に出会って…というお話。

とりあえずすごかった。

英語表記もそうだが、最後のオチにまで結びつけ、さらに前半部の伏線といったら、感嘆の一言。

これは非常にオススメのストーリーだ。

評価―★★★★★


野菜炒めの憂鬱

沙都子が野菜炒めを美味しく作るために切磋琢磨するお話。

魅音の頑張りと沙都子の頑張りが全面的に出ている感じで、圭一が羨ましくなる。

それに沙都子の描写がよくできており、入り込みやすい作品だった。

作者はきっと料理の心得があるに違いない。

評価―★★★☆☆


鬼騙し編

圭一とレナと魅音が梨花たちと同じ年代になるお話。

悟史はお兄さんらしいが、ぶっちゃけよく判らん。

圭一が鬼ごっことかくれんぼを混ぜた遊び「鬼隠し」(各々自分の名前を書いたアイスの棒を持っておりそれを奪い合うゲーム、奪った棒は缶に刺す)を考案し、それで遊ぶのだが、どんどんどんどん行方不明者が増えていく。

沙都子、魅音、圭一、の棒が缶に刺さり、悟史は立ち向かうが…という感じ。

何かよく判らん作品だったというのが本音。

年齢もよく判らんし、物語も凄まじく進むのでついていけない。

梨花は双子説は本当かどうか気になるところではあるが。

評価―★★☆☆☆

無痛 感想。



“見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、

「痛み」の感覚をまったく持たない男、

別れた妻を執拗に追い回すストーカー、

殺人容疑のまま施設を脱走した十四歳少女、

そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条―。

神戸市内の閑静な住宅地で、これ以上ありえないほど凄惨な一家四人残虐殺害事件が起こった。

凶器のハンマー他、Sサイズの帽子、LLサイズの靴痕跡など多くの遺留品があるにもかかわらず、捜査本部は具体的な犯人像を絞り込むことができなかった。

そして八カ月後、精神障害児童施設に収容されている十四歳の少女が、あの事件の犯人は自分だと告白した、が…。 ”


以下、反転。

あらすじに惹かれて購入したが、物語と合っていなかった気がする。

だが、グロテスクな表現は何とも生々しかった。

特に生きたまま人間の解剖をする描写などははっきりとイメージすることができた。

グロいのが苦手な人はこの本を読むことはオススメできないな。


主人公は診断能力に優れた医者だが、特殊な能力はそれだけ。

一般的な物語では主人公が異常なまでの活躍を見せるが、今回の主人公は現実的な行動をして、現実的な言動をして、リアリティを損ねないように関わっている。

そのせいかは分からんが、主人公の性格が掴み難い。

「主人公はどんな性格?」と聞かれると、上手く答えることはできない。

妙に皮肉っぽくなったり、寛大な態度を見せたり。

あと、何故か注射器(ビタミン剤)を持ち歩いていたが、医者だからって注射器を常備装備しているものなんだろうか?


犯人は誘拐してきた人間を手術のように解剖していくという仕事っぷりを見せるが、最後だけ妙にトロトロしているように感じた。

最後というのは主人公が犯人によって拘束され、解剖されかけている男の子を助けようとしている所だが、このシーンでは妙に犯人が素直に耳を傾ける。

犯人は先天的な病気で痛みを知らないらしく、そこに付け込んだ主人公が犯人に「メスをコンセントに刺せ」と命令したのだが、普通聞くだろうか?

犯人は幼いころ教師に「あなたは痛みが分からないからどんなことにも注意していかなきゃダメよ」的なことを云われていたのに、そうやすやすと受け入れるものかと疑問に感じた。

ましてや電気だ。

教師が危険なことを教えていないはずがない。

だが、本当に驚くのはこの後で、感電した犯人がまだ生きていること。

いくら無痛だからと云って、内臓まで無痛ではないと思うのだが。


若干、リアリティとズレるところはあった気がするし、もう一人の医者の役割がうまく掴めないところもあったが、読みやすい文章と巧みな表現が素晴らしかった。

評価:3.5





明日から、4時に仕事を上がれる。

今までは4時45分だった。

マジで嬉しい。

職場にも大分慣れたし。


ともかく今は体を休めておこう。

Q&A 感想。



“2002年2月11日午後2時過ぎ、都内郊外の大型商業施設において重大死傷事故発生。

死者69名、負傷者116名。未だ事故原因を特定できず―。

質問と答え(Q&A)だけで物語が進行する、リアルでシリアスなドラマ。

謎が謎を呼ぶ“恩田陸ワールド”の真骨頂。”



恩田陸(おんだりく)の本に手を出すのはこれが初めてだが、立ち読みをして面白そうだったから購入した。

この本はタイトルの通り、Q&A方式で描かれている。

情景描写の部分がまるでないのだ。

例を書くと、


今からあなたに質問をします。よろしければ返事をしてください。

「はい」

それは否定ですか?肯定ですか?

「肯定です」


このような感じだ。

本来、情景描写に使用する場所を、セリフにしている。

これで情景描写を補い、本として成り立たせているのだ。

補うといっても、一時しのぎではない。

セリフなのに、こちらには鮮明な画像が浮かんでくるのが『Q&A』の面白いところだ。


『Q&A』はセリフだけで構成されている。

セリフで、情景描写をし、謎を解き、行動する。

それでもこの本についていけるのは、作者の文才がすごいからだと思う。

この作者の代表作は『六番目の小夜子』だ。


以下、ネタバレあり。そして辛口。

続きを読む

東京少女 感想。



”クリスマスイブの夜、渋谷の街で、モテナイ男・ヒロはデートクラブの美少女と出会う。

クマのぬいぐるみを大事そうに持ち歩いていた姫様。

一度きりのつもりが、ふたりで過ごす時間が長くなればなるほど、姫様と離れられなくなっていくヒロ。

美しくミステリアスなお姫様もやがて、ヒロの純粋な優しさに心を開いていく。”




2ちゃんねるから生まれたから電車男みたいなのかなと思っていたが、大分違っていた。

この本は著者、ヒロ氏が自分の体験談を小説風に書き連ねて進行されていたものらしい。

ヒロ氏は読書家でも小説家でもない。

なのに、情景描写や人の心情、その他の表現が凄まじく上手い。

素人とは思えないが、ヒロ氏は自分を素人と云っている。

これが才能か。_| ̄|○

読みやすい文章なので取っ付きやすい印象だった。

小説の途中で出る、他の人がヒロ氏へ書いた質問をヒロ氏が答えているが、肝心の質問が分からないのでこちらとしては「?」な感じ。

そこはもっとこれを本にした人がどうにかすべきじゃなかったんだろうか。


内容としては、ちょっとの恋物語とちょっとのミステリー。

電車男みたいに壮大な恋物語ではない。

むしろ恋人になっているのかどうかさえ怪しい。

>デートクラブで買った美少女。

付き合うというよりは、付き添うって感じの色が強かった。


ヒロ氏の仲間にオタというものがいるが、このオタはある意味最強。

情報収集のためハッキングもするし、やばい橋も渡るし。

画像からデータ解析もするし。

まぁもともとヒロ氏が美少女の鞄からフロッピーを発見して、それを勝手に見て意味が分からないからオタに解析を頼んだというわけだが。

ちなみにオタはヒロ氏の持っているレアものの靴をもらうことを条件に動いている。

ぶっちゃけ引きこもりのオタクらしいが、最後はかなりいい味を出す人。


美少女はリカだの恵子だの色々な名前を持っている。

フロッピーは麻薬とかそういうことに近いもので、かなりやばい。

一般人が美少女の持つフロッピーを見ても意味不明だが、画像解析をして初めて意味を成すものらしい。

また、過去に弟が死んで、親の愛を知らずに育った悲劇のヒロイン。

この過去の戒めを溶かしていくのが、ヒロ氏の役割。


全体的に面白くはあったが、短いというか、オチが物足りないというか。

現実にあった(?)ものに劇的なオチを求めるのもどうかと思うが、何かすごいオチを期待してしまった。

麻薬系に繋がってる美少女とヒロ氏の最後のオチ。

それはもう期待せずにはいられないだろう。普通。

まぁ終わってない終わり方なので、このオチでもよかったかもしれないが・・・。

自分は終わるなら終わらせて欲しかった。


評価:3.5
(満点は5)
プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。