スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イドへ至る森へ至るイド 購入。

Sound Horizonの「イドへ至る森へ至るイド」のCD、購入しました。

限定版を購入したんですが、その後の情報で4曲目が違うというものを見つけたので通常版も買いに走りました。










聞いた感想は、もう素晴らしいとしか云いようがないです。

1曲目からかっこいい曲で、2曲目、3曲目も歌うと絶対気持ちいいんだろうなという曲ばっかりです。

というか初音ミクが登場してたりで、どんどん豪華になっていってますね。

まさかクリプトンも味方につけるとは。



わざわざ考察はできませんが、相変わらず謎の多い感じで終わってます。

7thアルバムの序章に過ぎないらしいんで、次回のアルバムは前作を大きく上回ってくれそうです。

今回も男の歌が多かったらいいんですが。



あぁ、あと4曲目ですが、確かに曲は違います。

通常版だと「復讐劇へと至る物語…」というタイトルになってました。

限定版ではタイトルは表示されず。

一体なんなんでしょうね。





っていうかイドイドも早くカラオケで配信してください。

必ず歌いに行きます(笑)

スポンサーサイト

国王生誕祭DVD レビュー

3月24日にSound Horizonの映像作品「Across The Horizon」が発売されます。

内容は国王生誕祭と被りまくってるんですが、どうなんでしょう。

買う価値があるかどうかは判り兼ねます。

とりあえず、元々の国王生誕祭は購入しているので、レビューしてみましょう。

今更ですが。
















まず外装です。



見た瞬間「でかっ」と思いました。

判り難いと思うので比較画像も貼っておきます。



名探偵コナンの単行本で比較しました。

大きさは判ってもらえたと思います。






予約特典も付いてきました。

 

木製の縦長DVDケースです。



この紐?の部分を引っ張ると、



こんな感じになります。

いちいちでかい箱を開けて中のディスクを取り出すのは面倒なので、自分はこちらにディスクを入れています。







さて、特典はもうないので、本体の方にいきましょう。

本体は上の画像でも判る通り、かなりでかいです。

正直、アルバムかと思いました。

 

裏は曲目になります。

で、この箱を開けると「あら不思議、そこには一面の花畑が」状態に。



よく見ると、SHの文字ができています。

DVD本編であった、薔薇のモニュメント(?)の画像でしょう。



薔薇の扉を開けると、いよいよディスクのご対面です。



ディスクはなんと4枚組。

今回の生誕祭は2日間行われたので、4枚組となりました。

 

1枚目は本編で、2枚目はアンコール等です。

ちなみにディスクカバーは取り外すことができます。



マントみたいな生地です。

触り心地が素晴らしい。










さて、本編の感想ですが。

本編は今まで発表した楽曲を演奏し、歌い、見る人を感動と笑いに引き込みます。

昔の楽曲が、アレンジされているのは素晴らしかったです。

陛下の歌う「黒の予言書」とか。

じまんぐの歌う「Ark」とか。

YUUKIの歌う「緋色の花」とか。

とにかく素晴らしかったです。




しかも、今回は新曲が用意されていました。

「遺言」

「冬の伝言」

「海を渡った征服者達」

3曲ですが、昔の楽曲がアレンジされているので少ない気はしません。



「遺言」は陛下からのメッセージソングです。

「冬の伝言」は「11文字の伝言」のアンサーソングです。

「海を渡った征服者達」は「聖戦のイベリア」に関係のある曲です。


個人的には「海を渡った征服者達」が一番好きですかね。

大塚さんのセリフは鳥肌ものです。


「冬の伝言」はほとんど日本語じゃないので「ジュセー」とかばっかり云ってる曲だなぁとか思いました。歌詞はいいんですが。

日本語部分は感動するので、全編日本語にしてほしかったです。


「遺言」はサビが粉雪(レミオロメン)みたいに音程が上がる曲です。

歌詞もメロディも覚えやすくいい曲だと思いました。





笑いの部分ですが、所々小ネタを挟んできます。



こんなのです。

コラじゃないのがすごい。

普通にクスリと笑ってしまいます。







感動も笑いも新曲も用意された国王生誕祭DVD。

お値段は高めの設定ですが、SHファンは買って損はないと思います。

個人的には5つ星ですから。


お疲れさまでした。

Q.E.D. レビュー

今更ですけど、Acid Black Cherryの2ndアルバムを買ったので、レビューします(`・ω・´)




近作は、ある事件に沿って作られた物語曲構成となってます。

無実を訴えながらもQ.E.D.(証明終了)されてしまった男の話。

誰が犯人で、誰が虚実を語るのか。




小説のような物語を見ると同時に、歌詞からもヒントを得て、事件を解くのはいかかでしょう?

歌詞を見ると、大体の真相が掴めます。







<曲目>

1.Mother
2.cord name【JUSTICE】
3.Jigsaw ~ジグソー Q.E.D. version~
4.罪と罰 ~神様のアリバイ~
5.眠り姫
6.チェリーチェリー
7.1954 LOVE/HATE
8.I'm not a ghost
9.優しい嘘
10.黒い太陽
11.Maria
12.20+∞Century Boys







購入したアルバムはBタイプ

Bタイプにはライブ映像とアルバム制作の過程みたいなのが入っています。

CDのみを買った場合(Cタイプ)は、Q.E.D.の物語が深く理解できるように、資料みたいなのが付いているらしいです。

Aタイプはアルバムに入っている曲のPV詰め合わせ+裏PV詰め合わせです。








歌詞カードは前半ページは事件の内容や資料が書かれています。

この事件概要を見て歌を聴くと、今までに出ているシングルの印象が変わります。

例えば「眠り姫」。



「眠り姫」サビ

焼けた傷口がまだ痛くて 君の優しい声が今もこだまして
少し泣かせて下さい さよなら 誰よりも愛した人




これだけの情報なら「過去に犯した過ち的なものが痛い」とか「愛した人が死んで、心にぽっかり穴が空いて火傷みたいに痛い」とかそんな感じになるかと思います。


しかし、事件概要を見ると、

焼けた傷口→ナイフで刺された傷跡

になります。



これだけじゃちょっと判り難いんで、この事件の概要を簡単に書くと、

・夫と妻がケンカ。

・妻が「大嫌い」と云う。

・夫が怒って外に出ていく。

・でもやっぱり気になって家に帰る。

・家から男が出てくる。

・ナイフで刺される。

・妻も刺されてる。

・「眠り姫」状態。

・その後、妻は死んでしまう。


という感じでしょうかね。

まぁ、事件概要と云っても、全体の事件の一部ですけど。

ちなみに「眠り姫」状態は、もうまんま「眠り姫」の歌のことです。



ほら、ちょっと曲の印象が変わりませんでしたか?

今回のアルバムは前作のアルバムより数倍いいです。

前作のアルバムがちょっと微妙かなと思った自分には期待以上でした。









サスペンスとか推理物とか好きな人は聴いてみて下さい。

ちなみに今回いいなと思った曲は「罪と罰 ~神様のアリバイ~」ですかね。

まぁ、全体的に好きな曲が多いですけどね。

葬月エクレシア 紹介。

アーティスト:少女病
アルバム:葬月エクレシア(そうげつエクレシア)

葬月エクレシア

「少女病」の「葬月エクレシア」の紹介です。

レビューではありません。

まだCD持ってないので。

現在、通販で頼んでいるので、CDが届いて時間があればレビューしていきたいです。

(その際、このページを消して、レビューに書き直します)


【スタッフ】

Produced&Directed by:少女病
Vocal:Mitsuki,Lico
Voices:茅原実里,加藤英美里,神谷浩史
Lyrics:少女病
Compose&Arrange:ピクセルビー,HIR,橋本鏡也,RD-Sounds
Guitar:光収容
Bass:岸田[岸田教団]
Drums:みっちゃん[岸田教団 & The 明星ロケッツ]
1stViolin:Weisswurst
2ndViolin:岡田鉄平
Viola:1000_fine
Cello:Snuggle
Mastaring:小泉由香[Orange]
Illustlation:三月まうす
DesignWork:lunatic joker

前回書いた通り、長門がいますね。
あと今回は楽器が多いですね。



【曲順】

01.黒雪に散る天人花
02.十四行詩の輪環
03.星降る夜……
04.忘却の鐘が響く前に
05.Sanctity
06.優しい雨音
07.記憶の残像
08.method
09.廃墟に響く刹那の叫び
10.葬奏
11.period



【備考】

まだ、全ての曲を知らないので物語や曲調やらは何とも云えませんが、視聴曲を聴く限り、かなり期待できそうですね。

遥かにレベルアップしてる感じがします。


ただ、ジャケットはノエシスの感じがよかったなぁ。

あぁ、早く全てを聴きたいものです。

覚醒ノエシス レビュー

アーティスト:少女病(しょうじょびょう)
シングル:覚醒ノエシス(かくせいのえしす)

覚醒ノエシス

「少女病」の「覚醒ノエシス」の感想です。

続きを読む

プロフィール

ななし

Author:ななし
「休止中」





 【性別】
 ♂


 【好きなアーティスト】
 Acid Black Cherry
 Janne Da Arc
 Sound Horizon
 RADWIMPS
 BUMP OF CHICKEN
 少女病

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。